評価について

  • 年会費の安さ、ETCの手数料、家族カードの年会費

    年会費の安さについて評価します。

    条件評価
    年会費無料
    1円 〜 2,000円
    2,001円 〜 20,000円
    20,001円 〜 50,000円
    50,001円以上
    初年度無料+1
    ETC年会費・発行手数料無料+1
    家族カード年会費無料
    (本会員が有料の場合のみ)
    +1
  • ポイント還元率の高さ

    ポイント還元率の高さによって評価を決めています。

    ポイント還元率評価
    2.0%
    1.5% 〜 1.99%
    1.2% 〜 1.49%
    1.0% 〜 1.19%
    0.6% 〜 0.99%
    0.3% 〜 0.59%
    0.3%未満
    ポイントなし
  • 国際ブランドの多様性

    国際ブランドの多様性がどれだけあるかを評価しています。
    1つだけしか選べない場合は「2」、2つの場合は「3」、3つの場合は「4」、4つの場合は「5」としています。

    選べる国際ブランドの数評価
    4つ以上
    3つ
    2つ
    1つ

    例えば、楽天カードの場合、選べる国際ブランドは、「マスターカード」「VISA」「JCB」「アメックス」の4つとなるので、「5」としています。

  • 決済機能の多様性

    「waon」「Edy」などの電子マネー機能や、「Applepay」「googlepay」などのスマホ決済機能の数の多さで評価します。

    決済機能の数評価
    5つ以上
    3〜4つ
    1〜2つ
  • 旅行保険

    無料で付帯されている旅行保険の内容について、加算方式で評価します。

    加算条件評価
    海外旅行保険が付帯+1
    国内旅行保険が付帯
    家族特約が付帯
    航空遅延保険が付帯
    適応条件が「自動付帯」
    手厚い補償金額
    傷害・疾病治療がない-1
    旅行保険機能なし

    例えば、エポスカードの場合は、海外旅行保険が自動付帯されているので、「2」となります。

学生向けカード比較表

2019年07月15日

学生向けカード比較表
  1. - 目次 -
  2. -学生向けクレジットカードのおすすめカード比較表-
  3. 1 学生限定のお得なカード!
    1. 1.1 学生向けカードと一般カードの違い
    2. 1.2 学生向けカードのポイントについて
  4. 2 ポイント還元率について
    1. 2.1 ポイントの使い道
  5. 3 旅行保険付帯カード
    1. 3.1 旅行保険とは
    2. 3.2 クレカの旅行保険
  6. 4 国際ブランド
    1. 4.1 国際ブランドの特徴
  7. 5 審査について
  8. 6 まとめ

学生向けクレジットカードのおすすめカード比較表

学生向けクレジットカードのおすすめカードをスペック別に、比較しました!
どのカードが良いかチェックしましょう!

カード名JCB CARD EXTAGE三井住友カード(学生)JALカード navi(学生専用)学生専用ライフカード
カードJCB CARD EXTAGE三井住友カード(学生)JALカード navi(学生専用)学生専用ライフカード
国際ブランド
入会条件

18歳以上〜29歳以下本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方学生可高校生を除く

18歳以上学生専用

18歳以上〜30歳以下学生専用大学院、大学、短大、専門学校、高専4・5年生の方

18歳以上〜25歳以下学生専用

年会費(税込)

本会員無料無料無料無料
学生特典初回更新時(5年後)に自動的にJCB一般カード(ORIGINAL SERIES)に切り替わります。
初回のカード更新までに退会の場合、カード発行手数料2,200円
在学中の年会費無料。
VISA・MasterCard2枚お申し込みの場合の2枚目の年会費は275円
卒業後:1,375円
卒業後は普通カードに自動的に切り替わります。カード入会申込時に入力した「卒業予定年」の3月31日をもって通常のライフカード(年会費無料)へサービス移行
ポイントポイント名Oki DokiポイントワールドプレゼントポイントJALマイルLIFEサンクスポイント
還元率(常時)0.5%0.5%1.0%0.5%
電子マネー機能

-

-

-

スマホ決済機能
海外旅行保険適応条件利用付帯利用付帯自動付帯自動付帯
死亡後遺障害2,000万円2,000万円1,000万円2,000万円
傷害治療100万円100万円50万円200万円
疾病治療100万円100万円50万円200万円
携行品損害100万円15万円100万円20万円
賠償責任2,000万円2,500万円2,000万円2,000万円
救援者費用100万円150万円100万円200万円
航空機遅延保険----
国内旅行保険適応条件--自動付帯-
死亡後遺障害--1,000万円-
入院保険金日額--10,000円-
通院保険金日額----
手術保険金----
航空機遅延保険----
詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ
公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ
カード名三井住友カード アミティエ (学生)ANA JCBカード<学生用>ANA VISAカード<学生用>楽天カード アカデミー
カード三井住友カード アミティエ (学生)ANA JCBカード<学生用>ANA VISAカード<学生用>楽天カード アカデミー
国際ブランド
入会条件

18歳以上学生専用女性の方

18歳以上学生専用日本国内の大学、短大、専門学校、工業高専の4・5年生、大学院生の方

18歳以上学生専用

18歳以上〜28歳以下学生専用楽天会員の方

年会費(税込)

本会員無料無料無料無料
学生特典在学中の年会費無料
VISA・MasterCard2枚お申し込みの場合の2枚目の年会費は275円
卒業後:1,375円
在学中の年会費無料在学中の年会費無料
ポイントポイント名ワールドプレゼントポイントOki Dokiポイントワールドプレゼントポイント楽天スーパーポイント
還元率(常時)0.5%1.0%0.5%1.0%
電子マネー機能

-

スマホ決済機能
海外旅行保険適応条件自動付帯自動付帯自動付帯利用付帯
死亡後遺障害2,000万円
(自動付帯:300万円)
1,000万円1,000万円2,000万円
傷害治療100万円--200万円
疾病治療100万円--200万円
携行品損害20万円--20万円
賠償責任2,500万円--2,000万円
救援者費用150万円100万円100万円200万円
航空機遅延保険----
国内旅行保険適応条件自動付帯自動付帯自動付帯-
死亡後遺障害2,000万円
(自動付帯:300万円)
1,000万円1,000万円-
入院保険金日額----
通院保険金日額----
手術保険金----
航空機遅延保険----
詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ
公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ
カード名セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード三井住友カード A(学生)三井住友カード デビュープラス(学生)イニシャルカード
カードセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード三井住友カード A(学生)三井住友カード デビュープラス(学生)イニシャルカード
国際ブランド
入会条件

18歳以上(高校生は除く)

18歳以上学生専用

18歳以上〜25歳以下学生専用研究生・聴講生・科目履修生・語学学校生・予備学校生・認可校以外の専門学校生の方は、「学生の方」としての申込は不可

18歳以上〜29歳以下本人に安定した継続的な収入のある方学生可高校生を除く未成年の方は親権者の同意が必要

年会費(税込)

本会員3,300円275円1,375円1,375円
学生特典26歳になるまで年会費無料マイ・ペイすリボの登録+年1回以上のカード利用で年会費無料
年間利用合計額が100万円〜300万円未満で年会費20%割引
卒業後1,650円
VISA・MasterCard2枚お申し込みの場合の2枚目の年会費は275円
年300万円以上利用で翌年度無料
年1回以上利用で翌年度無料年20万円以上利用で翌年度無料
在学中の年会費無料
ポイントポイント名セゾン永久不滅ポイントワールドプレゼントポイントワールドプレゼントポイントグローバルポイント
還元率(常時)0.5%0.5%1.0%0.49%
電子マネー機能

-

-

-

スマホ決済機能
海外旅行保険適応条件自動付帯自動付帯-自動付帯
死亡後遺障害3,000万円2,000万円
(自動付帯:300万円)
-2,000万円
傷害治療300万円100万円-200万円
疾病治療300万円100万円-200万円
携行品損害30万円20万円-100万円
賠償責任3,000万円2,500万円-2,000万円
救援者費用200万円150万円-200万円
航空機遅延保険----
国内旅行保険適応条件利用付帯自動付帯--
死亡後遺障害3,000万円2,000万円
(自動付帯:300万円)
--
入院保険金日額5,000円---
通院保険金日額3,000円---
手術保険金----
航空機遅延保険----
詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ
公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ

学生限定のお得なカード!

学生は世間一般的に何かと優遇されます。それは、クレジットカードでも同じ!
そんな学生限定のお得なカードを並べて比較してみました。

学生向けカードと一般カードの違い

学生向けカードと一般カードの違いについては、シンプルに学生限定で年会費が無料になるところです。

上記の表にも記載している通り、通常だと年会費が、1,350円するカードを、学生の間は年会費無料で持てます。
特にセゾンブルーアメックスに関しては、通常年会費が3,240円もするのですが、それが年会費無料で持てるようになるので、かなりお得ですね。

学生向けカードのポイントについて

どの学生向けカードを選べば良いかの判断基準を以下にまとめます。

これら、3点のポイントを比較して、良いものを選ぶようにしましょう。
なぜ、この3点が重要なのかを、以下にて説明していきます。

ポイント還元率について

ポイント還元率は、クレカを選ぶ上で最も重要な判断基準となります。
理由は、以下のグラフにて説明します。 このグラフは、ポイント還元率の差で、どれくらいたまるポイントに影響するかのグラフになります。

ポイント還元率が0.5%,1.0%,1.2%のクレジットカードを利用した際のたまるポイント数の違いをグラフにしています。
見てわかる通り、ポイント還元率が高いほど、たくさんポイントが貯まります。

この先、何年もクレカを使い続けることを考えると、ポイント還元率が良いカード選ばないと、損します。
なので、出来るだけポイント還元率の高いカードを選びましょう。

ポイントの使い道

上記の比較表のポイントの交換先の項目を見るとわかりますが、ポイントの種類により交換先が変わります。

楽天を使わない人が、楽天ポイントを貯めても、使えないですよね。
自分のライフスタイルに合わせて、カードを選ぶのも重要です。

一番無難な交換先は、キャッシュバックです。飛行機に良く乗るのであれば、マイルが最もお得です。
マイルの使い方によっては、マイルの価値が2倍以上になります。
詳しくは以下の記事をチェックしてください。

旅行保険付帯カード

学生向きのクレジットカードには、旅行保険が無料で付帯されているカードがあります。
旅行保険付帯されていると、どうメリットがあるか簡単に説明します。

旅行保険とは

海外旅行先で怪我や伝染病にかかってしまった場合、海外では日本の健康保険は使えないので、全額実費になり、高額な治療費を請求されることがあります。

また他にも、日本と違い、海外では油断してるとカバンを盗まれたり、運が悪いと強盗にあうこともありえます。

そういった際に、海外旅行保険に入っていれば、治療費や被害にあった金額を保障してくれます。

クレカの旅行保険

クレカに旅行保険が付帯されている場合は、保険の種類によって、旅行保険の適応条件が異なるので、注意が必要です。

クレカの旅行保険の適応条件には、利用付帯と自動付帯の2パターンがあります。
どちらも、旅行前に旅行保険の申請などの手続きはしなくていいのですが、適応となる条件に違いがあります。

自動付帯の方が、シンプルで良いですよね。旅行保険の 適応条件はカードを選ぶ時のポイントになります。 上記の比較表に、適応条件についても、記載してるのでチェックしましょう。

旅行保険付きカードで選ぶのであれば、 保険の内容が良いセゾンブルーアメックスがおすすめです。

詳しい、旅行保険の内容について、以下のページで説明してますので、チェックしてください。

国際ブランド

国際ブランドとは、VISA、Mastercard、AMEX、JCBなどのことです。
よくお店の前や、レジの前に、使える国際ブランドのマーク掲示されています。

店によって使える国際ブランドが、異なります。基本的にVISAとマスターはどこでも使えます。
クレジットカードを選ぶの基準として、 どこでも使えるVISAかMastercardを選ぶようにしましょう。

国際ブランドの特徴

主な国際ブランドは、VISA、Mastercard、AMEX、JCB、銀聯カード、ダイナースカード、日本では馴染みがないですが、ディスカバーカードの7つ存在します。

VISA

この中で、最も使われているのが、VISAでして、次にMastercardになります。
VISAとmastercardだけで、世界中のクレジットカードの取り扱い件数の大部分を占めます。

VISAは北米に強く、Mastercardはヨーロッパに強いと言われています。
近頃は、中国の銀聯カードが、世界中で使えるようになってきており、最も成長している国際ブランドになります。
中国内では、銀聯カードしか使えない店が結構あります。

JCBは、唯一日本で発行されている国際ブランドとなります。
日本ではほとんど、使えることができるのですが、海外では、使えないことがよくあります。

富裕層向けの国際ブランドがアメックスとダイナースクラブになります。
高級レストランやホテルでは、ほとんど使えますが、庶民的な店では使えないことがあります。

審査について

クレジットカードは、申込みすると、まず審査から始まります。
審査基準は、基本的に安定収入があることになります。
借金がある方や、過去に自己破産した方は、審査が通らず、クレジットカードは発行出来ません。

学生の場合は、安定収入がないので、申し込みの際に保護者の同意が必要となります。
クレカを申し込む前に、保護者に相談しましょう。

まとめ

ここまで、クレジットカードを選ぶ基準について、説明してきました。自分のライフスタイルの合わせて選ぶことをおすすめします。

海外旅行に行く予定があるのであれば、旅行保険付帯のクレジットカードを選ぶと良いでしょう。
飛行機をよく使うのであれば、マイルがたまるJALカードnaviANAカード(学生用)をおすすめします。
楽天をよく使う方であれば、楽天カードアカデミーを選ぶといいです。

また、クレジットカードは1枚に限らず、2枚持つことも可能です。
例えば、1枚は普段使用するカード、2枚目は旅行保険用として分けて使うやり方です。
年会費無料なので、損はしませんので、賢い方法です。

2枚持ちでおすすめなのが、セゾンブルーアメックスです。
家に置いておくだけで、旅行保険の効果があります。

以上


関連記事