評価について

  • 年会費の安さ、ETCの手数料、家族カードの年会費

    年会費の安さについて評価します。

    条件評価
    年会費無料
    1円 〜 2,000円
    2,001円 〜 20,000円
    20,001円 〜 50,000円
    50,001円以上
    初年度無料+1
    ETC年会費・発行手数料無料+1
    家族カード年会費無料
    (本会員が有料の場合のみ)
    +1
  • ポイント還元率の高さ

    ポイント還元率の高さによって評価を決めています。

    ポイント還元率評価
    2.0%
    1.5% 〜 1.99%
    1.2% 〜 1.49%
    1.0% 〜 1.19%
    0.6% 〜 0.99%
    0.3% 〜 0.59%
    0.3%未満
    ポイントなし
  • 国際ブランドの多様性

    国際ブランドの多様性がどれだけあるかを評価しています。
    1つだけしか選べない場合は「2」、2つの場合は「3」、3つの場合は「4」、4つの場合は「5」としています。

    選べる国際ブランドの数評価
    4つ以上
    3つ
    2つ
    1つ

    例えば、楽天カードの場合、選べる国際ブランドは、「マスターカード」「VISA」「JCB」「アメックス」の4つとなるので、「5」としています。

  • 決済機能の多様性

    「waon」「Edy」などの電子マネー機能や、「Applepay」「googlepay」などのスマホ決済機能の数の多さで評価します。

    決済機能の数評価
    5つ以上
    3〜4つ
    1〜2つ
  • 旅行保険

    無料で付帯されている旅行保険の内容について、加算方式で評価します。

    加算条件評価
    海外旅行保険が付帯+1
    国内旅行保険が付帯
    家族特約が付帯
    航空遅延保険が付帯
    適応条件が「自動付帯」
    手厚い補償金額
    傷害・疾病治療がない-1
    旅行保険機能なし

    例えば、エポスカードの場合は、海外旅行保険が自動付帯されているので、「2」となります。

アメックスVSセゾンアメックス

2019年11月23日

アメックスVSセゾンアメックス
  1. - 目次 -
  2. -セゾンアメックスと本家アメックスの比較表-
  3. 1 セゾンアメックスと本家アメックスの比較
    1. 1.1 カードが似ている理由
  4. 2 年会費について
    1. 2.1 追加カード
    2. 2.2 ETCカード
  5. 3 ポイント還元について
    1. 3.1 セゾンアメックスのポイントプログラム
    2. 3.2 セゾンクラッセ
    3. 3.3 アメリカン・エキスプレスのポイントプログラム
    4. 3.4 メンバーシップ・リワード・プラス
  6. 4 空港ラウンジ
    1. 4.1 プライオリティパス
    2. 4.2 アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクション
  7. 5 優待特典について
    1. 5.1 アメリカン・エキスプレス・コネクト
  8. 6 結論

セゾンアメックスと本家アメックスの比較表

セゾンアメックスと本家アメックスをスペック別に、比較しました!
どう違いがあるかをチェックしましょう!

カード名セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードアメリカン・エキスプレス・カードアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
カードセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードアメリカン・エキスプレス・カードアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
国際ブランド
カード入会条件

18歳以上(高校生は除く)

20歳以上

20歳以上本人に安定した継続的な収入のある方

20歳以上本人に安定した継続的な収入のある方

年会費(税込)初年度無料無料13,200円31,900円
本会員1,100円11,000円13,200円31,900円
家族カード無料1,100円6,600円13,200円
ETCカード無料無料年会費無料
※発行手数料935円
※5枚まで発行可能
年会費無料
※発行手数料935円
※5枚まで発行可能
ポイントポイント名セゾン永久不滅ポイントセゾン永久不滅ポイントメンバーシップ・リワードメンバーシップ・リワード
還元率(常時)0.5%0.75%0.3%0.3%
ポイントポイント名永久不滅ポイントメンバーシップ・リワード
ポイント価値1ポイント→ 5円相当1ポイント→ 0.3円~0.5円相当
還元率0.5%
(1,000円で1ポイント)
0.75%
(1,000円で1.5ポイント)
0.3~0.5%
(100円で1.0ポイント)
0.3~0.5%
(100円で1.0ポイント)
ポイントアッププログラムプログラム名-セゾンマイルクラブメンバーシップ・リワード・プラス
年会費
(税込)
-4,400円3,300円
還元率-JALマイル1.0% + 永久不滅ポイント0.25%0.5~1.0%
決済機能電子マネー

-

-

-

-

スマホ決済
空港ラウンジ国内-利用可能本会員のみ利用可能同伴者1名まで無料利用可能同伴者1名まで無料
海外--プライオリティパス無料付帯※通常年会費 99米ドル(スタンダード会員)プライオリティパス無料付帯※通常年会費 99米ドル(スタンダード会員)
海外旅行保険適応条件-自動付帯利用付帯自動付帯
死亡後遺障害-5,000万円5,000万円1億円
(自動付帯:5,000万円)
傷害治療-300万円100万円300万円
(自動付帯:200万円)
疾病治療-300万円100万円300万円
携行品損害-30万円100万円100万円
賠償責任-3,000万円3,000万円4,000万円
救援者費用-200万円200万円400万円
(自動付帯:300万円)
航空機遅延保険-16万円
(乗継遅延費用3万円、出航遅延費用等3万円、寄託手荷物遅延費用10万円)
10万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
10万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
国内旅行保険適応条件-利用付帯利用付帯自動付帯
死亡後遺障害-5,000万円5,000万円5,000万円
入院保険金日額-5,000円--
通院保険金日額-3,000円--
手術保険金----
航空機遅延保険----
詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ
公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ
カード名セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードアメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード
カードセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードアメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード
国際ブランド
カード入会条件

18歳以上(高校生は除く)

20歳以上

20歳以上

-

年会費(税込)初年度22,000円22,000円143,000円143,000円
本会員22,000円22,000円143,000円143,000円
家族カード3,300円3,300円無料発行不可
ETCカード無料無料年会費無料
※発行手数料935円
※5枚まで発行可能
550円
※5枚まで発行可能
ポイントポイント名セゾン永久不滅ポイントセゾン永久不滅ポイントメンバーシップ・リワードメンバーシップ・リワード
還元率(常時)1.25%0.5%1.0%1.0%
ポイントポイント名永久不滅ポイントメンバーシップ・リワード
ポイント価値1ポイント→ 5円相当1ポイント→ 0.3円~0.5円相当
還元率0.5%
(1,000円で1ポイント)
0.75%
(1,000円で1.5ポイント)
0.3~0.5%
(100円で1.0ポイント)
0.3~0.5%
(100円で1.0ポイント)
ポイントアッププログラムプログラム名-セゾンマイルクラブメンバーシップ・リワード・プラス
年会費
(税込)
-4,400円3,300円
還元率-JALマイル1.0% + 永久不滅ポイント0.25%0.5~1.0%
決済機能電子マネー

-

-

-

-

スマホ決済
空港ラウンジ国内利用可能同伴者1名も無料利用可能本会員のみ利用可能同伴者1名も無料利用可能
海外プライオリティパス本会員のみプライオリティパス本会員のみアメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクション同伴者は1~2名まで無料プライオリティパス無料付帯
海外旅行保険適応条件-自動付帯自動付帯自動付帯
死亡後遺障害-1億円1億円
(自動付帯:5,000万円)
1億円
(自動付帯:5,000万円)
傷害治療-300万円1,000万円1,000万円
疾病治療-300万円1,000万円1,000万円
携行品損害-50万円100万円-
賠償責任-5,000万円5,000万円100万円
救援者費用-300万円1,000万円-
航空機遅延保険-16万円
(乗継遅延費用3万円、出航遅延費用等3万円、寄託手荷物遅延費用10万円)
15万円
(乗継遅延費用3万円、出航遅延費用等3万円、寄託手荷物遅延費用3万円、寄託手荷物紛失費用6万円)
-
国内旅行保険適応条件-利用付帯利用付帯自動付帯
死亡後遺障害-5,000万円1億円5,000万円
入院保険金日額-5,000円5,000円5,000円
通院保険金日額-3,000円3,000円3,000円
手術保険金--20万円20万円
航空機遅延保険----
ゴルフ保険-

ホールインワン・アルバトロスで30万円

ダイニング by 招待日和--
→指定のレストランで、所定のコースメニューを2名以上で予約すると、1名分の料金が無料になります。
コンシェルジュデスク--
→24時間365日対応可能の秘書サービスです。レストランやホテルの予約など、無料で請け負ってくれます。条件を使えれば、その条件にあった店を探し出し、予約までしてくれるます。
メタルカード--
→普通カードはプラスチックですが、重厚感がある金属製のカードが選べます。重厚感がありかっこいいですが、ICチップが使えないなどのデメリットもあります。
バースデーギフト--
→毎年、アメックス社から何かしらお誕生日プレゼントがもらえます。内容は選べないです。
フリー・ステイ・ギフト--
→年に1度、国内の対象ホテルでペア宿泊券(一泊)をプレゼント。

ホテル・メンバーシップ

ヒルトン・オナーズ-ゴールド会員
Radisson Rewards™-Goldエリートステータス
シャングリ・ラ ゴールデンサークル-ジェイド会員
マリオット ボンヴォイ-ゴールドエリート会員
→通常では年間登録料もしくは年間数十泊が必要となるホテルグループの上級メンバーシップに、無条件でご登録出来ます。
詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ
公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ

セゾンアメックスと本家アメックスの比較

似ているカードのセゾンアメックスと本家アメックスカードを比較してみました。

分解して比較してみると、全然違うのが分かりますね。
この記事では、両者を徹底的に比較してみたいと思います!

カードが似ている理由

セゾンアメックスとアメックスカードはデザインが似ていますね。
カードに詳しくない方でしたら、区別はつかないと思います。
実は本家アメックス以外で、このセンチュリオンデザインを使っているカードはセゾンアメックスのみとなります。

これは、昔、当時のクレディセゾンの社長が、アメリカのアメックス社へ足を運び、このデザインを使わせて欲しいと直談判されたらしいです。
何度かの交渉の末、アメックス社から特別に許可を得たらしいです。
結果、見事にセンチュリオン(百人隊長)のデザインが使えるようになりました。

年会費について

カード名初年度年会費追加カードETCカード
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス®・カード無料無料
※ただし、1年間に一度も利用がないと1,100円かかります。
無料無料
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス®・カード無料11,000円6,600円
セゾンプラチナ・アメリカン・エキススプレス®・カード22,000円22,000円3,300円
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキススプレス®・カード22,000円
※年間200万円以上の利用で、次年度年会費が半額の11,000円
アメリカン・エキスプレス®・カード13,200円1,100円発行手数料935円/枚
アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード31,900円1枚まで無料
2枚目以降13,200円
アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード 143,000円4枚まで無料
5枚目以降13,200円
アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・プラチナ・カード

年会費については、一目瞭然ですね。
桁違いの差があることがわかります。
誰でも持てるカードではありません。
これが、アメックスカードのハイステイタスと言われる理由です。

追加カード

追加カードについては、意外にもアメックスカードの方がお得ですね。

ETCカード

ETCカードについては、セゾンカードは完全無料です。
アメックスカードもETCの年会費は無料ですが、手数料を取られてしまいます。

ポイント還元について

ポイント

ポイントについては、どちらもマイルが溜まりやすい特徴がありますので、詳しく説明します。
まずは、セゾンカードの方から見ていきましょう。

セゾンアメックスのポイントプログラム

カード名セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
カードセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
有効期限なし
ポイントの価値1ポイント → 5円相当
ポイント還元1,000円で1ポイント1,000円で1.5ポイント1,000円で1ポイント
ポイント還元率0.5%0.75%0.5%
海外でのポイント還元1,000円で2ポイント
1.0%
セゾンマイルクラブの入会××年会費4400円で入会可年会費無料で入会可年会費無料で入会可
セゾンマイルクラブのポイント還元1,000円につき10マイル(JAL) + 2,000円ごとに1ポイント
ポイント還元率JALマイル1.0% + 永久不滅ポイント0.25%
主な交換先JALマイル 200P → 600マイル
ANAマイル 200P → 500マイル
Amazonギフト券 200P → 1,000円分
支払い充当 200P → 900円分

セゾンマイルクラブは、とってもお得ですね。
常時1%のJALマイル還元は、JALカードプラチナに匹敵します。
さらに、永久不滅ポイントが+0.25%もついてきます。

セゾンクラッセ

さらにセゾンカードにはセゾンクラッセと呼ばれるサービスがあり、星6クラスにすることで、永久不滅ポイントがさらに貯まりやすくなります。

セゾンクラッセ星6クラス永久不滅ポイント2倍
セゾンクラッセ星6クラス + セゾンマイルクラブ1,000円につき10マイル(JAL) + 1,000円ごとに1ポイント

セゾンクラッセを6クラスにすることで、永久不滅ポイントが2倍貯まります。
セゾンマイルクラブの場合は、常時JALマイルと永久不滅ポイントが、合わせて1.5%もたまるカードとなるので、他カードより圧倒的にポイント還元率が高くなります。

次に、本家アメックスカードのポイントについて見ていきましょう。

アメリカン・エキスプレスのポイントプログラム

カード名アメリカン・エキスプレス・カードアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
カードアメリカン・エキスプレス・カードアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
有効期限3年
ただし、一度でもアイテム交換すれば、無期限になります。
ポイントの価値1ポイント → 0.3~0.5円相当
ポイント還元100円で1ポイント
航空マイルへの交換2,000ポイント → 1,000マイル
(還元率0.5%)
楽天スーパーポイントへの交換3,000ポイント → 1,000マイル
(還元率0.33%)
支払い充当の場合1ポイント → 0.3円
(還元率0.3%)
メンバーシップ・リワード・プラス年会費3300円で入会可年会費無料で入会可

セゾンアメックスと違い、ポイント還元率が低いですね。

メンバーシップ・リワード・プラス

本家アメックスも、ポイント還元率がアップするメンバーシップ・リワード・プラスについて説明します。

メンバーシップ・リワード・プラス
航空マイルへの交換1,000~1,250ポイント → 1,000マイル
(還元率0.8%~1.0%)(※1)
楽天スーパーポイントへの交換3,000ポイント → 1,500マイル
(還元率0.5%)
支払い充当の場合1ポイント → 0.5円~1.0円
(還元率0.5%~1.0%)

※1 ANAマイルの場合は、1,000ポイント → 1,000マイル(還元率1.0%)
      ANAマイル以外の場合は、1,250ポイント → 1,000マイル(還元率0.8%)

マイルの交換は、お得ですね。
特にANAマイルはお得な交換先です。

結果として、ポイント還元については、セゾンアメックスの方が、お得ですね。

空港ラウンジ

ラウンジ

クレジットカードのサービスで、空港ラウンジが利用できる機能について説明します。

カード名国内空港ラウンジプライオリティパス
同伴同伴
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス®・カード××××
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス®・カード×年11,000円でプレステージ会員の発行が可能×
セゾンプラチナ・アメリカン・エキススプレス®・カード×無料でプレステージ会員の発行が可能×
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキススプレス®・カード×無料でプレステージ会員の発行が可能×
アメリカン・エキスプレス®・カード1名まで無料無料でスタンダード会員の発行が可能 br ※利用につき32米ドルかかってしまいます。×
アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード1名まで無料無料でスタンダード会員の発行が可能 br ※年2回まで無料です。×
アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード1名まで無料無料でプレステージ会員の発行が可能1名まで無料

セゾンアメックスはゴールドカード以上で、国内空港の提携ラウンジが利用できますが、同伴者は有料となってしまいます。
一方、本家アメックスの場合は、全てのカードで国内空港の提携ラウンジが利用でき、同伴者も1名まで無料になります。

こちらは、本家アメックスの方がサービスはいいですね。

プライオリティパス

プライオリティパス

プライオリティパスとは世界の1200か所以上の空港ラウンジが使えるパスカードです。
セゾンプラチナアメックスとセゾンプラチナビジネスアメックスであれば、無料で発行が可能です。
セゾンゴールドアメックスの場合でも、別途11,000円の年会費を支払えば、発行が出来ます。

セゾンアメックスの場合、通常年会費429米ドル(約45000円)もするプレステージ会員が発行できます。
注意点としては、プライオリティパス1枚に付きで1人しか使えないので、2人以上の利用は別途料金がかかります。
また、家族カードの場合は、プライオリティパスは発行できません。

本家アメックスの場合は、全てのカードでプライオリティパスは発見できますが、グリーンとゴールドでは会員ステイタスがスタンダードになります。
プラチナになると、無料でプレステージ会員が発行可能となり、さらに同伴者も1名まで無料になります。
また、家族カードでもプライオリティパスが発行できるので、家族での旅行でもプライオリティパスが利用しやすいですね。

アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクション

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードは、プライオリティパスで使えるラウンジの他に、 センチュリオン・ラウンジをはじめ、デルタスカイクラブなどの世界1,200ヶ所以上の空港ラウンジが利用できます。

優待特典について

ハッピー

共通の優待特典として、アメリカン・エキスプレス・コネクトが利用できます。

アメリカン・エキスプレス・コネクト

アメリカンエキスプレスコネクト

アメリカン・エキスプレス・コネクトはアメックスが提供する優待サービスリストです。
実際に内容を見た方が、はやいと思いますので、以下より確認してみてください。
アメリカン・エキスプレス・コネクト詳細(公式ページへ)

エクスペディアの割引やキャッシュバックキャンペーンなど、意外と目からウロコ的な特典があるのでチェックしてみてください!

他にも、たくさんの優待特典があります。

結論

お得したい方が持つのであれば、セゾンアメックスがおすすめです。
ステイタスを優先して、カードを選ぶのであれば、本家アメックスが良いでしょう。
人それぞれ価値観は違うので、選ぶときの参考にしてください!
以上です。


関連記事