評価について

  • 年会費の安さ、ETCの手数料、家族カードの年会費

    年会費の安さについて評価します。

    条件評価
    年会費無料
    1円 〜 2,000円
    2,001円 〜 20,000円
    20,001円 〜 50,000円
    50,001円以上
    初年度無料+1
    ETC年会費・発行手数料無料+1
    家族カード年会費無料
    (本会員が有料の場合のみ)
    +1
  • ポイント還元率の高さ

    ポイント還元率の高さによって評価を決めています。

    ポイント還元率評価
    2.0%
    1.5% 〜 1.99%
    1.2% 〜 1.49%
    1.0% 〜 1.19%
    0.6% 〜 0.99%
    0.3% 〜 0.59%
    0.3%未満
    ポイントなし
  • 国際ブランドの多様性

    国際ブランドの多様性がどれだけあるかを評価しています。
    1つだけしか選べない場合は「2」、2つの場合は「3」、3つの場合は「4」、4つの場合は「5」としています。

    選べる国際ブランドの数評価
    4つ以上
    3つ
    2つ
    1つ

    例えば、楽天カードの場合、選べる国際ブランドは、「マスターカード」「VISA」「JCB」「アメックス」の4つとなるので、「5」としています。

  • 決済機能の多様性

    「waon」「Edy」などの電子マネー機能や、「Applepay」「googlepay」などのスマホ決済機能の数の多さで評価します。

    決済機能の数評価
    5つ以上
    3〜4つ
    1〜2つ
  • 旅行保険

    無料で付帯されている旅行保険の内容について、加算方式で評価します。

    加算条件評価
    海外旅行保険が付帯+1
    国内旅行保険が付帯
    家族特約が付帯
    航空遅延保険が付帯
    適応条件が「自動付帯」
    手厚い補償金額
    傷害・疾病治療がない-1
    旅行保険機能なし

    例えば、エポスカードの場合は、海外旅行保険が自動付帯されているので、「2」となります。

楽天カードの徹底解説

2019年09月30日

楽天カードの徹底解説
  1. - 目次 -
  2. -楽天カードの比較表-
  3. 1 楽天カードの特徴
    1. 1.1 楽天カードの強み
      1. 1.1.1 常に1%ポイント還元
      2. 1.1.2 楽天グループでお得なSPU!
      3. 1.1.3 年会費が安い
      4. 1.1.4 国際ブランドの選択が豊富
      5. 1.1.5 プライオリティパス
    2. 1.2 楽天カードの弱み

楽天カードの比較表

楽天カードのおすすめカードをスペック別に、比較しました!
どう違いがあるかをチェックしましょう!

カード名楽天カード楽天ゴールドカード楽天プレミアムカード楽天ブラックカード
カード楽天カード楽天ゴールドカード楽天プレミアムカード楽天ブラックカード
国際ブランド
カード入会条件

18歳以上(高校生は除く)

20歳以上本人に安定した継続的な収入のある方

20歳以上本人に安定した継続的な収入のある方

インビテーション(招待制)

年会費(税込)初年度無料2,200円11,000円33,000円
本会員無料2,200円11,000円33,000円
家族カード無料550円550円無料
ETCカード550円<br>※楽天PointClub会員ランクがプラチナ会員の場合、無料無料無料無料
ポイントポイント名楽天スーパーポイント楽天スーパーポイント楽天スーパーポイント楽天スーパーポイント
還元率(常時)1.0%1.0%1.0%1.0%
有効期限有効期限は最終更新日から1年間です。なので、ポイントを獲得したり、利用したりすると、有効期限も更新されます。
楽天カードを使っていれば、実質有効期限なしと考えて問題ないでしょう。
決済機能電子マネー
スマホ決済
空港ラウンジ国内-利用可能本会員のみ利用可能本会員のみ利用可能本会員のみ
海外--プライオリティパス本会員のみ無料プライオリティパス同伴者2名まで無料
海外旅行保険適応条件利用付帯利用付帯自動付帯自動付帯
死亡後遺障害2,000万円2,000万円5,000万円
(自動付帯:4,000万円)
1億円
傷害治療200万円200万円300万円300万円
疾病治療200万円200万円300万円300万円
携行品損害20万円20万円50万円
(自動付帯:20万円)
50万円
賠償責任2,000万円2,000万円3,000万円1億円
救援者費用200万円200万円200万円300万円
航空機遅延保険----
適応条件(家族特約)---自動付帯
死亡後遺障害(家族特約)---1,000万円
傷害治療(家族特約)---100万
疾病治療(家族特約)---100万
携行品損害(家族特約)---20万円
賠償責任(家族特約)---5,000万円
救援者費用(家族特約)---100万
航空機遅延保険(家族特約)----
国内旅行保険適応条件--利用付帯自動付帯
死亡後遺障害--5,000万円5,000万円
入院保険金日額--5,000円5,000円
通院保険金日額--3,000円3,000円
手術保険金----
航空機遅延保険----
適応条件(家族特約)---自動付帯
死亡後遺障害(家族特約)---1,000万円
入院保険金日額(家族特約)---5,000円
通院保険金日額(家族特約)---3,000円
手術保険金(家族特約)----
航空機遅延保険(家族特約)----
詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ
公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ

楽天カードの特徴

楽天カードマン

楽天カードは、クレジットカードの中でもコストパフォーマンスが優れているカードです。
CMもずっとやってますし、かなり有名なカードですね。
この記事では楽天カードの特徴を強みと弱みに分けて解説していきます。

楽天カードの強み

楽天カードの強みについて説明していきます。
以下に強みをまとめてみました。

常に1%ポイント還元

やったー

楽天カードで支払いをすると金額の1.0%が楽天ポイントで常時還元されます。
他社のクレジットカードでよくある0.5%還元率と比較すると、還元率が2倍もあるので、とてもお得なことがわかります。

貯まった楽天ポイントは、そのまま楽天市場などで使えるため、使い勝手も便利ですね。
また、有効期限についても、最後にポイントを獲得した月から1年間となるので、実質無期限になります。

楽天グループでお得なSPU!

楽天グループで楽天カードを使って買い物するとさらにお得になるプログラムがSPU(スーパーポイントアッププログラム)です。
SPUは楽天グループを利用すればするほど、ポイント還元率がアップする仕組みになってます。

SPUまとめ
ポイントアップ条件ポイント上限還元率
通常(ベース)-1.0%
楽天カード
(どれか一つ)
楽天カード(一般)5,000ポイント+2.0%
楽天ゴールドカード+4.0%
楽天プレミアムカード15,000ポイント+4.0%
楽天銀行+楽天カード引き落とし口座を楽天銀行に設定5,000ポイント+1.0%
楽天でんき楽天でんきの加入・利用+0.5%
楽天の保険+楽天カード「楽天の保険」の保険料を、楽天カードで支払う+1.0%
楽天モバイル通話SIMの利用+2.0%
楽天証券500円以上のポイント投資する+1.0%
楽天TVNBAまたはパ・リーグSpecialを契約している会員ランクによって変動+1.0%
楽天市場アプリ楽天市場アプリでお買い物+0.5%
楽天ブランドアベニュー月1回の買い物する(※1)+1.0%
楽天トラベル対象サービス・対象期間の利用+1.0%
楽天ビューティ1回1,500円以上の利用する(※1)+1.0%
楽天ブックス1回1,000円以上の利用する(※1)+0.5%
楽天Kobo1回1,000円以上の利用する(※1)+0.5%
最大還元率-16.0%

※1 条件を達成すると、達成月の全てのお買い物に、ポイントアップが適応となります。

最大で常時16%のポイント還元となります。
しかし、気をつけないといけないのが、ポイント上限があることです。

ポイント上限
会員ランク別ポイント上限
ダイヤモンド15,000ポイント
プラチナ12,000ポイント
ゴールド9,000ポイント
シルバー7,000ポイント
その他5,000ポイント

このポイント上限は、各項目ごとのポイント条件となります。
例えば、楽天モバイルですと上限が5,000Pですが、2%の還元ですので、25万円で上限に達する計算です。

年会費が安い

楽天カードはクレジットカードの中でも、年会費が安いカードです。
一般カードは年会費が無料で、楽天ゴールドでも年会費が2,200円で持つことができます。

国際ブランドの選択が豊富

国際ブランド

他社のカードの国際ブランドは、JCB、マスターカード、VISAの3種類のどれかが多いですが、 楽天カードの場合はさらにAMEXも選択できます。
アメックスにしては、珍しく年会費も無料となります。

基本的には、VISAかマスターを選ぶことをおすすめします。
JCBとAMEXが使えない店が結構あります。

エクスペディアの割引、百貨店の割引などのお得な優待特典が揃っています。

プライオリティパス

プライオリティパス

プライオリティパスは、世界の1200か所以上の空港ラウンジが使えるパスカードです。
楽天プレミアムカードと楽天ブラックカードは、プライオリティパスを無料で持つことができます。

しかも、通常年会費429米ドルもするプレステージ会員のプライオリティパスとなります。
プレミアムの年会費が11,000円なので、これはかなりお得です!

他社では、プラチナカードのプライオリティパスが付いてくるのですが、 楽天カードの場合は、ゴールドカード相当の楽天プレミアムカードに付いてきます。

もし、プライオリティパスを持ちたい人がいるなら、楽天プレミアムカードを申し込んだ方がいいですね。


また、プライオリティパス利用の注意点としては、同伴者がいた場合は、有料となるところです。
同伴者は$32(約3500円)も取られてしまいます。

ただし、楽天ブラックカードから発行したプライオリティパスは、同伴者2名までが無料でラウンジを使えます。
これは、アメックスのブラックカード(センチュリオンカード)と同等のサービスとなっています。
年会費はセンチュリオンカードの10分の1以下なのに、すごいです。。。

楽天カードの弱み

微妙な感じ

今度は、楽天カードの弱いところについて説明していきます。
といっても、コストパフォーマンス的には申し分ない楽天カードです。
実際あまり否定的な要素はないのですが、あえて厳しめにまとめました。

券面はかっこよくないですね。
前の漢字の楽天よりかは、良くなったとは思います。

ETCについても、有料となるので、気になる方は、ETCカードが無料となるカードを申し込みましょう。
セゾンやJCBが無料になります。

以上


関連記事