評価について

  • 年会費の安さ、ETCの手数料、家族カードの年会費

    年会費の安さについて評価します。

    条件評価
    年会費無料
    1円 〜 2,000円
    2,001円 〜 20,000円
    20,001円 〜 50,000円
    50,001円以上
    初年度無料+1
    ETC年会費・発行手数料無料+1
    家族カード年会費無料
    (本会員が有料の場合のみ)
    +1
  • ポイント還元率の高さ

    ポイント還元率の高さによって評価を決めています。

    ポイント還元率評価
    2.0%
    1.5% 〜 1.99%
    1.2% 〜 1.49%
    1.0% 〜 1.19%
    0.6% 〜 0.99%
    0.3% 〜 0.59%
    0.3%未満
    ポイントなし
  • 国際ブランドの多様性

    国際ブランドの多様性がどれだけあるかを評価しています。
    1つだけしか選べない場合は「2」、2つの場合は「3」、3つの場合は「4」、4つの場合は「5」としています。

    選べる国際ブランドの数評価
    4つ以上
    3つ
    2つ
    1つ

    例えば、楽天カードの場合、選べる国際ブランドは、「マスターカード」「VISA」「JCB」「アメックス」の4つとなるので、「5」としています。

  • 決済機能の多様性

    「waon」「Edy」などの電子マネー機能や、「Applepay」「googlepay」などのスマホ決済機能の数の多さで評価します。

    決済機能の数評価
    5つ以上
    3〜4つ
    1〜2つ
  • 旅行保険

    無料で付帯されている旅行保険の内容について、加算方式で評価します。

    加算条件評価
    海外旅行保険が付帯+1
    国内旅行保険が付帯
    家族特約が付帯
    航空遅延保険が付帯
    適応条件が「自動付帯」
    手厚い補償金額
    傷害・疾病治療がない-1
    旅行保険機能なし

    例えば、エポスカードの場合は、海外旅行保険が自動付帯されているので、「2」となります。

年会費無料カード比較表

2019年06月02日

年会費無料カード比較表
  1. - 目次 -
  2. -年会費無料カードのおすすめカード比較表-
  3. 1 年会費無料カードの重要ポイント
  4. 2 年会費
  5. 3 ポイント還元率
  6. 4 旅行保険付帯
  7. 5 ETCカード
  8. 6 まとめ

年会費無料カードのおすすめカード比較表

年会費無料カードでおすすめのカードをスペック別に、比較しました!
どのカードが良いかチェックしましょう!

カード名楽天カードOrico Card THE POINTdカードエポスカード
カード楽天カードOrico Card THE POINTdカードエポスカード
国際ブランド
年会費本会員無料無料無料無料

ETCカード

550円
※楽天PointClub会員ランクがプラチナ会員の場合、無料
無料550円(初年度無料)
※年1回以上利用で翌年度無料
無料
※1枚まで発行可能
ポイントポイント名楽天スーパーポイントオリコポイントdポイントエポスポイント
常時還元率1.0%1.0%1.0%0.5%
決済機能電子マネー

-

スマホ決済
海外旅行保険適応条件利用付帯--自動付帯
死亡後遺障害2,000万円--500万円
傷害治療200万円--200万円
疾病治療200万円--270万円
携行品損害20万円--20万円
賠償責任2,000万円--2,000万円
救援者費用200万円--100万円
航空機遅延保険----
国内旅行保険適応条件----
死亡後遺障害----
入院保険金日額----
通院保険金日額----
手術保険金----
航空機遅延保険----
スペック分析
評価
3.753.253.03.0
詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ
公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ
カード名JCB CARD Wイオンカードセレクトau WALLET クレジットカードセブンカード・プラス
カードJCB CARD Wイオンカードセレクトau WALLET クレジットカードセブンカード・プラス
国際ブランド
年会費本会員無料無料無料無料

ETCカード

無料無料無料
※発行手数料1,100円
無料
ポイントポイント名Oki DokiポイントときめきポイントWALLET ポイントnanacoポイント
常時還元率1.0%0.5%1.0%0.5%
決済機能電子マネー

-

-

スマホ決済
海外旅行保険適応条件利用付帯-利用付帯-
死亡後遺障害2,000万円-2,000万円-
傷害治療100万円-200万円-
疾病治療100万円-200万円-
携行品損害100万円-20万円-
賠償責任2,000万円-2,000万円-
救援者費用100万円-200万円-
航空機遅延保険----
国内旅行保険適応条件----
死亡後遺障害----
入院保険金日額----
通院保険金日額----
手術保険金----
航空機遅延保険----
スペック分析
評価
3.253.02.752.25
詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ
公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ
カード名ライフカード三菱UFJニコス VIASOカードセゾンカードインターナショナルリクルートカード
カードライフカード三菱UFJニコス VIASOカードセゾンカードインターナショナルリクルートカード
国際ブランド
年会費本会員無料無料無料無料

ETCカード

無料無料
※発行手数料1,100円
無料無料
※新規発行手数料:1,100円(JCBは無料)
ポイントポイント名LIFEサンクスポイントVIASOポイントセゾン永久不滅ポイントリクルートポイント
常時還元率0.5%0.5%0.5%1.2%
決済機能電子マネー

-

-

-

-

スマホ決済
海外旅行保険適応条件-利用付帯-利用付帯
死亡後遺障害-2,000万円-2,000万円
傷害治療-100万円-100万円
疾病治療-100万円-100万円
携行品損害-100万円--
賠償責任-2,000万円-2,000万円
救援者費用-100万円-100万円
航空機遅延保険----
国内旅行保険適応条件---利用付帯
死亡後遺障害---1,000万円
入院保険金日額----
通院保険金日額----
手術保険金----
航空機遅延保険----
スペック分析
評価
3.02.253.04.25
詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ
公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ
カード名セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードセディナカード三井住友カード
カードセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードセディナカード三井住友カード
国際ブランド
年会費本会員1,100円無料1,375円

ETCカード

無料無料
※ETC利用でポイント1.5倍
※発行手数料1,100円
550円(初年度無料)
※年1回以上利用で翌年度無料
ポイントポイント名セゾン永久不滅ポイントわくわくポイントワールドプレゼントポイント
常時還元率0.5%0.5%0.5%
決済機能電子マネー

-

スマホ決済
海外旅行保険適応条件--利用付帯
死亡後遺障害--2,000万円
傷害治療--50万円
疾病治療--50万円
携行品損害--15万円
賠償責任--2,000万円
救援者費用--100万円
航空機遅延保険---
国内旅行保険適応条件---
死亡後遺障害---
入院保険金日額---
通院保険金日額---
手術保険金---
航空機遅延保険---
スペック分析
評価
2.252.52.5
詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ
公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ

年会費無料カードの重要ポイント

クレジットカードを持つなら、お得なカードが良いですよね。
お得なカードといえば、年会費が無料のカードです。
その中でも、サービス内容は異なりますので、どこを見るべきかポイントを説明します。

以下に、重要なポイントをまとめしました。

  1. ① 年会費
  2. ② ポイント還元率
  3. ③ 旅行保険付帯しているかどうか
  4. ④ ETCカードが無料かどうか

順に説明します。

年会費

上記の表については、年会費無料の代表的なカードのみをピックアップして、比較しました。
年会費無料のカードは、他にもたくさんあります。

三井住友VISAカードやJCBカードなどの昔からあるカードは、年会費がかかります。
でも、スペックは変わりません。むしろ年会費無料のカードの方が、ポイント還元率が良かったりします。

もし、年会費がかかるカードを使っている場合は、見直した方が良いでしょう。

ポイント還元率

ポイント還元率は最も重要な点となります。
お金に直結する為です。
以下が、ポイント還元率のシミュレーショングラフです。

還元率が0.5%,1.0%,1.2%のクレジットカードを利用した際の還元ポイントの違いをグラフにしています。
当たり前ですが、使えば使うほど、差が大きくなります。少しでも得をしたい方は、1.2%のリクルートカードがオススメです。

旅行保険付帯

クレジットカードには、良く旅行保険がなぜか無料で付いてきます。
必要ない方もいると思いますが、どうせなら、旅行保険付きのカードを選びましょう。

そもそも旅行保険て何?て方は、以下の記事にまとめてますので、チェックしてください。

旅行保険で選ぶときのポイントは、『保険の適応条件』と『補償内容』が重要です。

『保険の適応条件』は自動付帯と利用付帯の2パターンあります。
利用付帯は、旅行費(飛行機代や宿泊費など)を事前にクレジットカードで支払いする必要があります。
自動付帯は、カードを所有しているだけで大丈夫です。
どちらも、旅行保険の申請などの必要はないです。
どう考えても、後者の自動付帯の方がめんどくさくなくて良いですよね。
自動付帯か利用付帯かはしっかり把握しておきましょう。

『補償内容』に付いては、当たり前ですが補償金額が高い方がいいです。
海外旅行で良く使われる補償が、旅行先での治療費などの補償です。
日本の健康保険は適応外なので、多額の治療費がかかる可能性があります。

自分のクレジットカードに旅行保険が付帯されていると知らない方はたくさんいます。
万が一に備えて、今一度、確認しておきましょう。

ETCカード

ETCカードに年会費がかかるクレジットカードとかからないクレジットカードがあります。
ETCカードの年会費を支払っている方は、一度見直しましょう。

ETCレーン

まとめ

今回のおすすめしたポイントが全て当てはまっているカードはリクルートカードになります。
知名度は低いカードですけど、実は飛び抜けて優秀なカードです。
ただ、知名度が低いし、見た目がダサいという意見もあります。

知名度が高く、ポイント還元率が高いオリコカードや楽天もおすすめです。
人気のカードです。

上記の表では紹介しきれませんでしたが、それぞれのクレジットカード特有の優待特典もあります。
例えば、スーパーの西友によく通う方は、優待割引があるセゾンカードがお得です。
カラオケのシダックスやカラオケ館に行くのであれば、エポスカードがお得です。
自分のライフスタイルに合わせてカードを選ぶの良いですね。

以上


関連記事