評価について

  • 年会費の安さ、ETCの手数料、家族カードの年会費

    年会費の安さについて評価します。

    条件評価
    年会費無料
    1円 〜 2,000円
    2,001円 〜 20,000円
    20,001円 〜 50,000円
    50,001円以上
    初年度無料+1
    ETC年会費・発行手数料無料+1
    家族カード年会費無料
    (本会員が有料の場合のみ)
    +1
  • ポイント還元率の高さ

    ポイント還元率の高さによって評価を決めています。

    ポイント還元率評価
    2.0%
    1.5% 〜 1.99%
    1.2% 〜 1.49%
    1.0% 〜 1.19%
    0.6% 〜 0.99%
    0.3% 〜 0.59%
    0.3%未満
    ポイントなし
  • 国際ブランドの多様性

    国際ブランドの多様性がどれだけあるかを評価しています。
    1つだけしか選べない場合は「2」、2つの場合は「3」、3つの場合は「4」、4つの場合は「5」としています。

    選べる国際ブランドの数評価
    4つ以上
    3つ
    2つ
    1つ

    例えば、楽天カードの場合、選べる国際ブランドは、「マスターカード」「VISA」「JCB」「アメックス」の4つとなるので、「5」としています。

  • 決済機能の多様性

    「waon」「Edy」などの電子マネー機能や、「Applepay」「googlepay」などのスマホ決済機能の数の多さで評価します。

    決済機能の数評価
    5つ以上
    3〜4つ
    1〜2つ
  • 旅行保険

    無料で付帯されている旅行保険の内容について、加算方式で評価します。

    加算条件評価
    海外旅行保険が付帯+1
    国内旅行保険が付帯
    家族特約が付帯
    航空遅延保険が付帯
    適応条件が「自動付帯」
    手厚い補償金額
    傷害・疾病治療がない-1
    旅行保険機能なし

    例えば、エポスカードの場合は、海外旅行保険が自動付帯されているので、「2」となります。

プラチナカード比較表

2019年07月10日

プラチナカード比較表
  1. - 目次 -
  2. -プラチナカードのおすすめカード比較表-
  3. 1 プラチナカードの比較ポイント
  4. 2 ステイタス
  5. 3 年会費
  6. 4 ポイント還元率
  7. 5 空港ラウンジ
  8. 6 旅行保険機能
  9. 7 レストラン同伴者サービス
  10. 8 感想

プラチナカードのおすすめカード比較表

プラチナカードのおすすめカードをスペック別に、比較しました!
どのカードが良いかチェックしましょう!

カード名ライフカードビジネスライト(スタンダード)セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードJCBプラチナMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
カードライフカードビジネスライト(スタンダード)セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードJCBプラチナMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
国際ブランド
カード入会条件

18歳以上高校生は除く法人の代表者または個人事業主

18歳以上(高校生は除く)

-

20歳以上本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方

年会費(税込)本会員無料22,000円27,500円22,000円
家族カード無料3,300円3,300円3,300円(初年度無料)
ポイントポイント名-セゾン永久不滅ポイントOki DokiポイントMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード グローバルポイント
還元率(常時)-1.25%0.5%0.2%
決済機能電子マネー

-

-

-

-

スマホ決済
空港ラウンジ国内

-

利用可能

同伴者1名も無料

利用可能

本会員のみ

利用可能

本会員のみ

海外

-

プライオリティパス

本会員のみ

プライオリティパス

本会員のみ

プライオリティパス

家族カードでも発行可能

海外旅行保険適応条件--自動付帯自動付帯
死亡後遺障害--1億円1億円
(自動付帯:5,000万円)
傷害治療--1,000万円200万円
疾病治療--1,000万円200万円
携行品損害--100万円100万円
賠償責任--1億円3,000万円
救援者費用--1,000万円200万円
航空機遅延保険--10万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
6万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等1万円、寄託手荷物遅延費用1万円、寄託手荷物紛失費用2万円)
適応条件(家族特約)--自動付帯自動付帯
死亡後遺障害(家族特約)--1,000万円1,000万円
傷害治療(家族特約)--200万円-
疾病治療(家族特約)--200万円-
携行品損害(家族特約)--50万円-
賠償責任(家族特約)--2,000万円-
救援者費用(家族特約)--200万円-
航空機遅延保険(家族特約)----
国内旅行保険適応条件--自動付帯自動付帯
死亡後遺障害--1億円5,000万円
入院保険金日額--10,000円5,000円
通院保険金日額--2,000円2,000円
手術保険金--40万円20万円
航空機遅延保険--18万円
(乗継遅延費用10万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
6万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等1万円、寄託手荷物遅延費用1万円、寄託手荷物紛失費用2万円)
適応条件(家族特約)---自動付帯
死亡後遺障害(家族特約)---1,000万円
入院保険金日額(家族特約)---5,000円
通院保険金日額(家族特約)---2,000円
手術保険金(家族特約)---20万円
航空機遅延保険(家族特約)----
詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ
公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ
カード名エポスプラチナカード三井住友カード プラチナTRUST CLUB ワールドカードOrico Card THE PLATINUM
カードエポスプラチナカード三井住友カード プラチナTRUST CLUB ワールドカードOrico Card THE PLATINUM
国際ブランド
カード入会条件

20歳以上本人に安定した継続的な収入のある方

30歳以上本人に安定した継続的な収入のある方

25歳以上年収400万円以上本人に安定した継続的な収入のある方

20歳以上本人に安定した継続的な収入のある方

年会費(税込)本会員30,000円<br>※インビテーションの場合は、20,000円55,000円13,200円20,370円
家族カード本会員の家族はエポスゴールドカードを年会費無料で発行可能無料無料無料
ポイントポイント名エポスポイントワールドプレゼントポイントTRUST CLUB リワードポイントオリコポイント
還元率(常時)0.5%0.5%0.75%1.0%
決済機能電子マネー

-

-

スマホ決済

-

空港ラウンジ国内

利用可能

同伴者1名も無料

利用可能

同伴者1名も無料

利用可能

本会員のみ

利用可能

本会員のみ

海外

プライオリティパス

本会員のみ

プライオリティパス

本会員のみ

プライオリティパス

本会員のみ

ラウンジ・キー

本会員のみ

海外旅行保険適応条件自動付帯自動付帯利用付帯自動付帯
死亡後遺障害1億円1億円7,000万円1億円
(自動付帯:5,000万円)
傷害治療300万円500万円200万円300万円
疾病治療300万円500万円200万円300万円
携行品損害100万円100万円30万円100万円
賠償責任1億円1億円3,000万円3,000万円
救援者費用200万円1,000万円100万円300万円
航空機遅延保険14万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用10万円)
10万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
-19万円
(乗継遅延費用3万円、出航遅延費用等3万円、寄託手荷物遅延費用3万円、寄託手荷物紛失費用10万円)
適応条件(家族特約)---自動付帯
死亡後遺障害(家族特約)---2,000万円
傷害治療(家族特約)---200万円
疾病治療(家族特約)---200万円
携行品損害(家族特約)---100万円
賠償責任(家族特約)---1,000万円
救援者費用(家族特約)---200万円
航空機遅延保険(家族特約)---19万円
(乗継遅延費用3万円、出航遅延費用等3万円、寄託手荷物遅延費用3万円、寄託手荷物紛失費用10万円)
国内旅行保険適応条件利用付帯利用付帯利用付帯利用付帯
死亡後遺障害1億円1億円7,000万円1億円
入院保険金日額5,000円5,000円-5,000円
通院保険金日額3,000円2,000円-3,000円
手術保険金20万円20万円-5万円
航空機遅延保険-18万円
(乗継遅延費用10万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
-16万円
(出航遅延費用等3万円、寄託手荷物遅延費用3万円、寄託手荷物紛失費用10万円)
適応条件(家族特約)---利用付帯
死亡後遺障害(家族特約)---2,000万円
入院保険金日額(家族特約)---3,000円
通院保険金日額(家族特約)---1,500円
手術保険金(家族特約)---5万円
航空機遅延保険(家族特約)---16万円
(出航遅延費用等3万円、寄託手荷物遅延費用3万円、寄託手荷物紛失費用10万円)
詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ
公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ
カード名ジャックスカードプラチナミライノ カード PLATINUMJAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナANA VISAプラチナ プレミアムカード
カードジャックスカードプラチナミライノ カード PLATINUMJAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナANA VISAプラチナ プレミアムカード
国際ブランド
カード入会条件

23歳以上本人に安定した継続的な収入のある方

20歳以上本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方

20歳以上本人に安定した継続的な収入のある方

30歳以上本人に安定した継続的な収入のある方

年会費(税込)本会員22,000円27,500円34,100円88,000円
家族カード無料発行不可17,050円4,400円(初年度無料)
ポイントポイント名ラブリィポイントミライノ ポイントJALマイルANAマイル/ワールドプレゼントポイント
還元率(常時)1.5%1.2%1.0%1.5%
決済機能電子マネー

-

-

スマホ決済

-

空港ラウンジ国内

利用可能

本会員のみ

利用可能

本会員のみ

利用可能

同伴者1名まで無料

利用可能

同伴者1名も無料

海外

ラウンジ・キー

本会員のみ

プライオリティパス

本会員のみ

プライオリティパス

家族カードでも発行可能

プライオリティパス

家族カードでも発行可能

海外旅行保険適応条件自動付帯自動付帯自動付帯自動付帯
死亡後遺障害1億円1億円1億円
(自動付帯:5,000万円)
1億円
傷害治療300万円1,000万円200万円500万円
疾病治療300万円-200万円500万円
携行品損害100万円100万円100万円100万円
賠償責任3,000万円1億円3,000万円1億円
救援者費用300万円500万円200万円1,000万円
航空機遅延保険15万円
(乗継遅延費用3万円、出航遅延費用等3万円、寄託手荷物遅延費用3万円、寄託手荷物紛失費用6万円)
--10万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
適応条件(家族特約)自動付帯自動付帯-自動付帯
死亡後遺障害(家族特約)2,000万円1,000万円-1,000万円
傷害治療(家族特約)200万円500万円-500万円
疾病治療(家族特約)200万円--500万円
携行品損害(家族特約)100万円50万円-100万円
賠償責任(家族特約)1,000万円5,000万円-1億円
救援者費用(家族特約)200万円250万円-1,000万円
航空機遅延保険(家族特約)15万円
(乗継遅延費用3万円、出航遅延費用等3万円、寄託手荷物遅延費用3万円、寄託手荷物紛失費用6万円)
---
国内旅行保険適応条件利用付帯自動付帯自動付帯自動付帯
死亡後遺障害1億円1億円5,000万円1億円
入院保険金日額5,000円5,000円10,000円5,000円
通院保険金日額3,000円5,000円3,000円2,000円
手術保険金5,000万円-40万円20万円
航空機遅延保険15万円
(乗継遅延費用3万円、出航遅延費用等3万円、寄託手荷物遅延費用3万円、寄託手荷物紛失費用6万円)
--10万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
適応条件(家族特約)利用付帯自動付帯--
死亡後遺障害(家族特約)2,000万円1,000万円--
入院保険金日額(家族特約)5,000円2,500円--
通院保険金日額(家族特約)3,000円2,500円--
手術保険金(家族特約)5,000万円---
航空機遅延保険(家族特約)15万円
(乗継遅延費用3万円、出航遅延費用等3万円、寄託手荷物遅延費用3万円、寄託手荷物紛失費用6万円)
---
詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ
公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ
カード名アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
カードアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
国際ブランド
カード入会条件

20歳以上

年会費(税込)本会員143,000円
家族カード無料
ポイントポイント名メンバーシップ・リワード
還元率(常時)1.0%
決済機能電子マネー

-

スマホ決済
空港ラウンジ国内

利用可能

同伴者1名も無料

海外

アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクション

同伴者は1~2名まで無料

海外旅行保険適応条件自動付帯
死亡後遺障害1億円
(自動付帯:5,000万円)
傷害治療1,000万円
疾病治療1,000万円
携行品損害100万円
賠償責任5,000万円
救援者費用1,000万円
航空機遅延保険15万円
(乗継遅延費用3万円、出航遅延費用等3万円、寄託手荷物遅延費用3万円、寄託手荷物紛失費用6万円)
適応条件(家族特約)利用付帯
死亡後遺障害(家族特約)1億円
傷害治療(家族特約)1,000万円
疾病治療(家族特約)1,000万円
携行品損害(家族特約)100万円
賠償責任(家族特約)5,000万円
救援者費用(家族特約)1,000万円
航空機遅延保険(家族特約)15万円
(乗継遅延費用3万円、出航遅延費用等3万円、寄託手荷物遅延費用3万円、寄託手荷物紛失費用6万円)
国内旅行保険適応条件利用付帯
死亡後遺障害1億円
入院保険金日額5,000円
通院保険金日額3,000円
手術保険金20万円
航空機遅延保険-
適応条件(家族特約)利用付帯
死亡後遺障害(家族特約)1億円
入院保険金日額(家族特約)5,000円
通院保険金日額(家族特約)3,000円
手術保険金(家族特約)20万円
航空機遅延保険(家族特約)-
詳細ページ詳細ページ
公式ページ公式ページ

プラチナカードの比較ポイント

プラチナカードの機能を分解して、比較することで違いが見えてきます。
以下のポイントを比較しました。

  1. ①ステイタス
  2. ②年会費
  3. ③ポイント還元率
  4. ④空港ラウンジ
  5. ⑤旅行保険機能
  6. ⑥レストラン同伴者サービス

順々に説明します。

ステイタス

プラチナカードを所有するほとんどのユーザーは、ステイタスを求めて申し込みしています。
財布の中身が、楽天カードですとかっこ悪いですからね。。

ステイタスが最も高いカードはアメックスプラチナです。
ただ、年会費が140,400円もします。でも、だからこそステイタスが高いわけです。
年会費とステイタスは比例していると考えても、正しいと思います。
決して、プラチナカードだからと言って、ステイタスが高いかは、微妙なところです。

あの大金持ちのビルゲイツはアメックスグリーンを使っているようです。
ファッションと同じように人それぞれの価値観でステイタスも変わると考えいてます。

笑顔

年会費

プラチナカードの年会費は安いものでも最低20,000円になります。
最も高いアメックスプラチナ(140,400円)と比較すると7倍以上もあります。
オリコプラチナの7年分の年会費です。同じプラチナカードとしてしまって良いのかと思います。
というか、アメックスが高すぎますね。

プラチナカードにおいては、年会費が安ければ良いわけではないですが、 合理的に考えるなら、年会費が安くコスパの良いカードが選ぶことは正しい判断です。

セゾン・プラチナ・ビジネス・アメックスは年間200万円以上利用すると、翌年の年会費が10,800円(税込)になりますね。
プラチナカードで、10,800円は破格です。

ポイント還元率

プラチナカードは、一般カードよりもポイント還元率が高い傾向があります。 とはいっても、年会費が高いので、相当な金額を使わない限り、年会費の元を取るのは難しいです。
以下の記事でプラチナカードの損得分岐点をグラフにしてますので、チェックしてみてください。

空港ラウンジ

空港ラウンジ

プラチナカードの空港ラウンジについては、国内ラウンジ+海外ラウンジのどちらも使えるようになっています。
カードによっては、ラウンジを同伴者の分まで無料で使えたり、家族カードにもプライオリティパスが追加できたりします。この辺りが差別化ポイントとなっています。
彼女や友達と旅行に行って、1人しか入れないと微妙じゃないですか、こういう時に重宝します。

プラチナカード空港ラウンジ比較表

旅行保険

プラチナカードには、旅行保険が海外+国内のどちらも付帯されています。

保険の補償内容も最高クラスに良いものとなっていますが、
補償金額や保険適応条件、家族保険に違いあります。
そのあたりが、差別化できるポイントとなってきます。表にまとめましたので、チェックしてみて下さい。

プラチナカード旅行保険比較表

レストラン同伴者サービス

プラチナカードにはレストラン同伴者サービスが付いてくることがあります。
これは、高級レストランでの食事代金が、1名分無料なるお得なサービスです。
それが付いてないカードもあるので、こちらも気にしましょう。

感想

プラチナカードと言いつつも、券面はプラチナの白銀ではなく、ブラックが多いですね。
一般的にブラックカードと言われているカードではないです。
プラチナカードよりも、さらに上の、幻のブラックカードが存在します。

プラチナカードを選ぶときは、コスパ重視のカードを選ぶか、 ステイタス重視の年会費が高いカード選ぶかです。
比較ポイントは多いので、じっくり考えて申し込みましょう。


関連記事