評価について

  • 年会費の安さ、ETCの手数料、家族カードの年会費

    年会費の安さについて評価します。

    条件評価
    年会費無料
    1円 〜 2,000円
    2,001円 〜 20,000円
    20,001円 〜 50,000円
    50,001円以上
    初年度無料+1
    ETC年会費・発行手数料無料+1
    家族カード年会費無料
    (本会員が有料の場合のみ)
    +1
  • ポイント還元率の高さ

    ポイント還元率の高さによって評価を決めています。

    ポイント還元率評価
    2.0%
    1.5% 〜 1.99%
    1.2% 〜 1.49%
    1.0% 〜 1.19%
    0.6% 〜 0.99%
    0.3% 〜 0.59%
    0.3%未満
    ポイントなし
  • 国際ブランドの多様性

    国際ブランドの多様性がどれだけあるかを評価しています。
    1つだけしか選べない場合は「2」、2つの場合は「3」、3つの場合は「4」、4つの場合は「5」としています。

    選べる国際ブランドの数評価
    4つ以上
    3つ
    2つ
    1つ

    例えば、楽天カードの場合、選べる国際ブランドは、「マスターカード」「VISA」「JCB」「アメックス」の4つとなるので、「5」としています。

  • 決済機能の多様性

    「waon」「Edy」などの電子マネー機能や、「Applepay」「googlepay」などのスマホ決済機能の数の多さで評価します。

    決済機能の数評価
    5つ以上
    3〜4つ
    1〜2つ
  • 旅行保険

    無料で付帯されている旅行保険の内容について、加算方式で評価します。

    加算条件評価
    海外旅行保険が付帯+1
    国内旅行保険が付帯
    家族特約が付帯
    航空遅延保険が付帯
    適応条件が「自動付帯」
    手厚い補償金額
    傷害・疾病治療がない-1
    旅行保険機能なし

    例えば、エポスカードの場合は、海外旅行保険が自動付帯されているので、「2」となります。

オリコカード解説

2019年05月14日

オリコカード解説
  1. - 目次 -
  2. -オリコカードの比較表-
  3. 1 オリコカードについて
  4. 2 オリコカードの特徴
    1. 2.1 高い還元率
    2. 2.2 年会費が安い
    3. 2.3 カードのデザイン
  5. 3 まとめ

オリコカードの比較表

オリコカードのおすすめカードをスペック別に、比較しました!
どう違いがあるかをチェックしましょう!

カード名Orico Card THE POINTオリコカードOrico Card THE POINT PREMIUM GOLDOrico Card THE PLATINUM
カードOrico Card THE POINTオリコカードOrico Card THE POINT PREMIUM GOLDOrico Card THE PLATINUM
国際ブランド
カード入会条件

18歳以上(高校生は除く)

18歳以上(高校生は除く)

20歳以上本人に安定した継続的な収入のある方

20歳以上本人に安定した継続的な収入のある方

年会費(税込)初年度無料無料1,986円20,370円
本会員無料1,375円1,986円20,370円
家族カード無料無料無料無料
ETCカード無料無料無料無料
ポイントポイント名オリコポイント暮らスマイルオリコポイントオリコポイント
還元率(常時)1.0%0.5%1.0%1.0%
決済機能電子マネー

-

スマホ決済
空港ラウンジ国内--利用可能本会員のみ利用可能本会員のみ
海外---ラウンジ・キー本会員のみ
海外旅行保険適応条件-自動付帯自動付帯自動付帯
死亡後遺障害-2,000万円2,000万円1億円
(自動付帯:5,000万円)
傷害治療-200万円200万円300万円
疾病治療-200万円200万円300万円
携行品損害-20万円100万円100万円
賠償責任-2,000万円2,000万円3,000万円
救援者費用-200万円200万円300万円
航空機遅延保険---19万円
(乗継遅延費用3万円、出航遅延費用等3万円、寄託手荷物遅延費用3万円、寄託手荷物紛失費用10万円)
適応条件(家族特約)---自動付帯
死亡後遺障害(家族特約)---2,000万円
傷害治療(家族特約)---200万円
疾病治療(家族特約)---200万円
携行品損害(家族特約)---100万円
賠償責任(家族特約)---1,000万円
救援者費用(家族特約)---200万円
航空機遅延保険(家族特約)---19万円
(乗継遅延費用3万円、出航遅延費用等3万円、寄託手荷物遅延費用3万円、寄託手荷物紛失費用10万円)
国内旅行保険適応条件-自動付帯自動付帯利用付帯
死亡後遺障害-1,000万円1,000万円1億円
入院保険金日額---5,000円
通院保険金日額---3,000円
手術保険金---5万円
航空機遅延保険---16万円
(出航遅延費用等3万円、寄託手荷物遅延費用3万円、寄託手荷物紛失費用10万円)
適応条件(家族特約)---利用付帯
死亡後遺障害(家族特約)---2,000万円
入院保険金日額(家族特約)---3,000円
通院保険金日額(家族特約)---1,500円
手術保険金(家族特約)---5万円
航空機遅延保険(家族特約)---16万円
(出航遅延費用等3万円、寄託手荷物遅延費用3万円、寄託手荷物紛失費用10万円)
詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ
公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ

オリコカードについて

TOKIOの長瀬君のCMでおなじみのオリコカード

oricoロゴ

オリコは、独立系のクレジットカード発行会社になります。

主力のカードは、Orico Card THE POINT(オリコ・ザ・ポイント)でして、スペックが良いので、人気のカードです。

オリコカードの特徴

オリコのカードはスペックが高いので良いところを説明します。

高い還元率

オリコ・ザ・ポイントは還元率が常時1.0%のカードです。
楽天カードも還元率が常時1.0%ですが、楽天ポイントなので、楽天でしか使えません。
しかし、オリコポイントの場合は、楽天ポイントやアマゾンギフト券などのに様々なポイントへ等価交換可能なので、 使い勝手は、オリコポイントの方が優れています。

ゴールド以上の場合は、ポイントが貯まりやすくなるシステムがあります。

カード名Orico Card THE POINTOrico Card THE POINT PREMIUM GOLDOrico Card THE PLATINUM
カードOrico Card THE POINTOrico Card THE POINT PREMIUM GOLDOrico Card THE PLATINUM
常時還元率1.0%1.0%1.0%

オリコモール

+0.5%+1.0%+1.0%

電子マネー

-+0.5%+0.5%
誕生日月--+1.0%
  1. ※ オリコモールの特別加算は一部対象外のショップがあります。

アマゾンや楽天でお買い物するときは、オリコモール経由だと、ポイントが貯まりやすいですね。 いちいちオリコモール経由で買い物をするのはめんどくさいですが、、、

年会費が安い

今やクレジットカードの年会費無料がスタンダードになっていますが、 オリコの場合は、ゴールドカードやプラチナカードも他社と比較して安いです。
また、家族カードも年会費無料。
ETCカードも年会費無料とコストパフォーマンスの良さは、素晴らしいと思います。

カードのデザイン

シンプルでカッコいいと思います。
皮の財布に入れていても、合わせやすいデザインですね。

まとめ

クレジットカードを選ぶ基準としての、年会費、ポイント還元率は素晴らしいカードとなります。
一点惜しい点でいうと、国際ブランドでVisaを選べないところです。まあ、マスターカードで十分ですけどね。
総合的なスペックは高いので、オススメできるカードです。

以上


関連記事