評価について

  • 年会費の安さ、ETCの手数料、家族カードの年会費

    年会費の安さについて評価します。

    条件評価
    年会費無料
    1円 〜 2,000円
    2,001円 〜 20,000円
    20,001円 〜 50,000円
    50,001円以上
    初年度無料+1
    ETC年会費・発行手数料無料+1
    家族カード年会費無料
    (本会員が有料の場合のみ)
    +1
  • ポイント還元率の高さ

    ポイント還元率の高さによって評価を決めています。

    ポイント還元率評価
    2.0%
    1.5% 〜 1.99%
    1.2% 〜 1.49%
    1.0% 〜 1.19%
    0.6% 〜 0.99%
    0.3% 〜 0.59%
    0.3%未満
    ポイントなし
  • 国際ブランドの多様性

    国際ブランドの多様性がどれだけあるかを評価しています。
    1つだけしか選べない場合は「2」、2つの場合は「3」、3つの場合は「4」、4つの場合は「5」としています。

    選べる国際ブランドの数評価
    4つ以上
    3つ
    2つ
    1つ

    例えば、楽天カードの場合、選べる国際ブランドは、「マスターカード」「VISA」「JCB」「アメックス」の4つとなるので、「5」としています。

  • 決済機能の多様性

    「waon」「Edy」などの電子マネー機能や、「Applepay」「googlepay」などのスマホ決済機能の数の多さで評価します。

    決済機能の数評価
    5つ以上
    3〜4つ
    1〜2つ
  • 旅行保険

    無料で付帯されている旅行保険の内容について、加算方式で評価します。

    加算条件評価
    海外旅行保険が付帯+1
    国内旅行保険が付帯
    家族特約が付帯
    航空遅延保険が付帯
    適応条件が「自動付帯」
    手厚い補償金額
    傷害・疾病治療がない-1
    旅行保険機能なし

    例えば、エポスカードの場合は、海外旅行保険が自動付帯されているので、「2」となります。

三井住友カードまとめ

2019年05月11日

三井住友カードまとめ
  1. - 目次 -
  2. -三井住友カードの比較表-
  3. 1 三井住友カードについて
  4. 2 三井住友カードの特徴
    1. 2.1 年会費がかかる
    2. 2.2 ポイント還元率が低い
    3. 2.3 知名度が高い
    4. 2.4 デザインがシックでおしゃれ
    5. 2.5 プラチナは実質還元率が、1.0%!!
  5. 3 まとめ

三井住友カードの比較表

三井住友カードのおすすめカードをスペック別に、比較しました!
どう違いがあるかをチェックしましょう!

カード名三井住友カード(学生)三井住友カード三井住友カード アミティエ三井住友カード デビュープラス
カード三井住友カード(学生)三井住友カード三井住友カード アミティエ三井住友カード デビュープラス
国際ブランド
カード入会条件

18歳以上学生専用

18歳以上(高校生は除く)

18歳以上女性の方

18歳以上〜25歳以下学生可

年会費(税込)初年度無料1,375円1,375円無料
本会員無料1,375円1,375円1,375円
家族カード440円
本会員在学中は年会費無料
440円
年3回以上利用で翌年度無料
VISA・MasterCard2枚お申し込みの場合の2枚目の年会費は275円
440円
VISA・MasterCard2枚お申し込みの場合の2枚目の年会費は275円
440円(初年度無料)
年1回以上利用で翌年度無料
ETCカード550円(初年度無料)
※年1回以上利用で翌年度無料
550円(初年度無料)
※年1回以上利用で翌年度無料
550円(初年度無料)
※年1回以上利用で翌年度無料
550円(初年度無料)
※年1回以上利用で翌年度無料
ポイントポイント名ワールドプレゼントポイントワールドプレゼントポイントワールドプレゼントポイントワールドプレゼントポイント
還元率(常時)0.5%0.5%0.5%1.0%
決済機能電子マネー

-

スマホ決済
空港ラウンジ国内----
海外----
海外旅行保険適応条件利用付帯利用付帯自動付帯-
死亡後遺障害2,000万円2,000万円2,000万円
(自動付帯:300万円)
-
傷害治療100万円50万円100万円-
疾病治療100万円50万円100万円-
携行品損害15万円15万円20万円-
賠償責任2,500万円2,000万円2,500万円-
救援者費用150万円100万円150万円-
航空機遅延保険----
適応条件(家族特約)----
死亡後遺障害(家族特約)----
傷害治療(家族特約)----
疾病治療(家族特約)----
携行品損害(家族特約)----
賠償責任(家族特約)----
救援者費用(家族特約)----
航空機遅延保険(家族特約)----
国内旅行保険適応条件--自動付帯-
死亡後遺障害--2,000万円
(自動付帯:300万円)
-
入院保険金日額----
通院保険金日額----
手術保険金----
航空機遅延保険----
適応条件(家族特約)----
死亡後遺障害(家族特約)----
入院保険金日額(家族特約)----
通院保険金日額(家族特約)----
手術保険金(家族特約)----
航空機遅延保険(家族特約)----
詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ
公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ
カード名三井住友カード プライムゴールド三井住友カード ゴールド三井住友カード プラチナ
カード三井住友カード プライムゴールド三井住友カード ゴールド三井住友カード プラチナ
国際ブランド
カード入会条件

20歳以上〜30歳以下本人に安定した継続的な収入のある方満30歳になった後、最初のカード更新時にゴールドカードへランクアップ

30歳以上本人に安定した継続的な収入のある方

30歳以上本人に安定した継続的な収入のある方

年会費(税込)初年度無料11,000円55,000円
本会員5,500円11,000円55,000円
家族カード1,100円(初年度無料)1,100円(初年度無料)
VISA・MasterCard2枚お申し込みの場合の2枚目の年会費は1,100円
無料
ETCカード550円(初年度無料)
※年1回以上利用で翌年度無料
550円(初年度無料)
※年1回以上利用で翌年度無料
無料
ポイントポイント名ワールドプレゼントポイントワールドプレゼントポイントワールドプレゼントポイント
還元率(常時)0.5%0.5%0.5%
決済機能電子マネー
スマホ決済
空港ラウンジ国内利用可能本会員のみ利用可能本会員のみ利用可能同伴者1名も無料
海外--プライオリティパス本会員のみ
海外旅行保険適応条件自動付帯自動付帯自動付帯
死亡後遺障害5,000万円
(自動付帯:1,000万円)
5,000万円
(自動付帯:1,000万円)
1億円
傷害治療300万円300万円500万円
疾病治療300万円300万円500万円
携行品損害50万円50万円100万円
賠償責任5,000万円5,000万円1億円
救援者費用500万円500万円1,000万円
航空機遅延保険--10万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
適応条件(家族特約)---
死亡後遺障害(家族特約)---
傷害治療(家族特約)---
疾病治療(家族特約)---
携行品損害(家族特約)---
賠償責任(家族特約)---
救援者費用(家族特約)---
航空機遅延保険(家族特約)---
国内旅行保険適応条件自動付帯自動付帯利用付帯
死亡後遺障害5,000万円
(自動付帯:1,000万円)
5,000万円
(自動付帯:1,000万円)
1億円
入院保険金日額5,000円5,000円5,000円
通院保険金日額2,000円2,000円2,000円
手術保険金20万円20万円20万円
航空機遅延保険--18万円
(乗継遅延費用10万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
適応条件(家族特約)---
死亡後遺障害(家族特約)---
入院保険金日額(家族特約)---
通院保険金日額(家族特約)---
手術保険金(家族特約)---
航空機遅延保険(家族特約)---
詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ
公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ

三井住友カードについて

三井住友カード

メガバンクの三井住友フィナンシャルグループの、三井住友カード株式会社が発行するクレジットカードです。
知名度も高いカードなので、安心安全で無難なカードです。

三井住友カードといった商品名ですが、国際ブランドをMastarcardにすることも出来ます。

三井住友カードの特徴

正直なところ、他社のカードに比べて特徴はあまりないカードです。
なので、良いところと悪いところに分けてみました。 まずは、悪いところから説明します。

年会費がかかる

デビュープラスや学生限定のカードなど以外は、年会費がかかります。
さらに、ETCも年会費がかかってしまいます。

ポイント還元率が低い

デビュープラスは、1.0%となりますが、それ以外のカードは0.5%しかありません。
溜まったポイントの使い勝手についてですが、IDのキャッシュバック以外は、さらに還元率が下がることになるので、 ポイントの使い勝手は、良いとはいえないです。

微妙な顔

次に良いところを、説明します。

知名度が高い

CMを昔からよくやっていたので、「三井住友カード」を知らない人は少ないです。
発行している会社も、メガバンクの三井住友銀行のSMBCグループ会社なので、安心感があります。
初めてクレジットカードを選ぶときは、有名で安心感のあるこのカードを選ぶ方は多いです。

デザインがシックでおしゃれ

カードのデザインですが、パルテノン神殿が描かれており、上品なデザインでかっこいいと思います。

プラチナは実質還元率が、1.0%!!

プラチナに関しては、VJAギフトカードの0.5%の還元があるので、実質還元率はワールドプレゼントと合わせて、1.0%となります。
注意点としては、半年で50万円以上の利用をしないといけません。まぁ、プラチナを申し込まれる方なので、問題ないと思います。

まとめ

知名度が高く、シックなデザインのカードなので、人気のあるカードです。
しかし、カードスペックについては、年会費もかかり、ポイント還元率が低いので、スペックに関しては, あまりオススメできるカードではございません。
カードのマーケティングがうまいですね!

以上


関連記事