評価について

  • 年会費の安さ、ETCの手数料、家族カードの年会費

    年会費の安さについて評価します。

    条件評価
    年会費無料
    1円 〜 2,000円
    2,001円 〜 20,000円
    20,001円 〜 50,000円
    50,001円以上
    初年度無料+1
    ETC年会費・発行手数料無料+1
    家族カード年会費無料
    (本会員が有料の場合のみ)
    +1
  • ポイント還元率の高さ

    ポイント還元率の高さによって評価を決めています。

    ポイント還元率評価
    2.0%
    1.5% 〜 1.99%
    1.2% 〜 1.49%
    1.0% 〜 1.19%
    0.6% 〜 0.99%
    0.3% 〜 0.59%
    0.3%未満
    ポイントなし
  • 国際ブランドの多様性

    国際ブランドの多様性がどれだけあるかを評価しています。
    1つだけしか選べない場合は「2」、2つの場合は「3」、3つの場合は「4」、4つの場合は「5」としています。

    選べる国際ブランドの数評価
    4つ以上
    3つ
    2つ
    1つ

    例えば、楽天カードの場合、選べる国際ブランドは、「マスターカード」「VISA」「JCB」「アメックス」の4つとなるので、「5」としています。

  • 決済機能の多様性

    「waon」「Edy」などの電子マネー機能や、「Applepay」「googlepay」などのスマホ決済機能の数の多さで評価します。

    決済機能の数評価
    5つ以上
    3〜4つ
    1〜2つ
  • 旅行保険

    無料で付帯されている旅行保険の内容について、加算方式で評価します。

    加算条件評価
    海外旅行保険が付帯+1
    国内旅行保険が付帯
    家族特約が付帯
    航空遅延保険が付帯
    適応条件が「自動付帯」
    手厚い補償金額
    傷害・疾病治療がない-1
    旅行保険機能なし

    例えば、エポスカードの場合は、海外旅行保険が自動付帯されているので、「2」となります。

マイルがたまるカード比較表

2019年07月18日

マイルがたまるカード比較表
  1. - 目次 -
  2. -マイルが貯まるカードのおすすめカード比較表-
  3. 1 クレジットカードでマイルを貯める
    1. 1.1 カード入会でためる
      1. 1.1.1 入会ボーナス
      2. 1.1.2 継続ボーナス
    2. 1.2 ショッピングでためる
      1. 1.2.1 セゾンビジネスプラチナアメックス
      2. 1.2.2 スターウッド・プリファード・ゲスト・アメックス・カード(SPG)
      3. 1.2.3 アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
      4. 1.2.4 ANA VISAプラチナ プレミアムカード
    3. 1.3 フライトでためる
      1. 1.3.1 入会搭乗ボーナス/毎年初回搭乗ボーナス(JALのみ)
      2. 1.3.2 搭乗ボーナスによる加算
  4. 2 まとめ

マイルが貯まるカードのおすすめカード比較表

マイルが貯まるカードのおすすめカードをスペック別に、比較しました!
どのカードが良いかチェックしましょう!

カード名楽天ANAマイレージクラブカードANAアメリカン・エキスプレス・カードJALカードSuicaJALカード 普通カード
カード楽天ANAマイレージクラブカードANAアメリカン・エキスプレス・カードJALカードSuicaJALカード 普通カード
国際ブランド
カード入会条件

18歳以上(高校生は除く)

20歳以上本人に安定した継続的な収入のある方

18歳以上(高校生は除く)

18歳以上(高校生は除く)

年会費(税込)初年度無料7,700円無料無料
本会員550円7,700円2,200円2,200円
家族カード無料2,750円発行不可1,100円(初年度無料)
ポイントポイント名楽天スーパーポイントANAアメリカン・エキスプレス メンバーシップ・リワードJALマイルJALマイル
入会ボーナス-1,000マイル--
継続ボーナス-1,000マイル--
還元率(常時)1.0%1.0%0.5%0.5%

搭乗ボーナス

初回ボーナス

--1,000マイル1,000マイル

毎年初回搭乗ボーナス

--1,000マイル1,000マイル
搭乗ボーナスの加算率-10%10%10%
電子マネー機能

-

スマホ決済機能
空港ラウンジ国内

-

-

利用可能

本会員のみ

-

-

-

-

海外

-

-

-

-

-

-

-

-

海外旅行保険適応条件利用付帯利用付帯自動付帯自動付帯
死亡後遺障害2,000万円3,000万円1,000万円1,000万円
傷害治療200万円100万円--
疾病治療200万円100万円--
携行品損害20万円100万円--
賠償責任2,000万円3,000万円--
救援者費用200万円200万円100万円100万円
航空機遅延保険----
適応条件(家族特約)----
死亡後遺障害(家族特約)----
傷害治療(家族特約)----
疾病治療(家族特約)----
携行品損害(家族特約)----
賠償責任(家族特約)----
救援者費用(家族特約)----
航空機遅延保険(家族特約)----
国内旅行保険適応条件-利用付帯自動付帯自動付帯
死亡後遺障害-2,000万円1,000万円1,000万円
入院保険金日額--10,000円-
通院保険金日額----
手術保険金----
航空機遅延保険----
適応条件(家族特約)----
死亡後遺障害(家族特約)----
入院保険金日額(家族特約)----
通院保険金日額(家族特約)----
手術保険金(家族特約)----
航空機遅延保険(家族特約)----
詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ
公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ
カード名JAL アメリカン・エキスプレス・カード 普通カードANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)ANA JCB 一般カードアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
カードJAL アメリカン・エキスプレス・カード 普通カードANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)ANA JCB 一般カードアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
国際ブランド
カード入会条件

18歳以上本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方

18歳以上本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方学生可

18歳以上本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方学生可

20歳以上本人に安定した継続的な収入のある方

年会費(税込)初年度6,600円無料無料11,000円
本会員6,600円2,200円2,200円11,000円
家族カード2,750円
本会員が入会初年度の場合は年会費無料
1,100円1,100円
本会員と同時申込みで初年度無料
5,500円
ポイントポイント名JALマイルANAマイル/Oki DokiポイントANAマイル/Oki Dokiポイントアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード メンバーシップ・リワード
入会ボーナス-1,000マイル1,000マイル5,000ポイント
(5,000マイル相当)
継続ボーナス-1,000マイル1,000マイル5,000ポイント
(5,000マイル相当)
還元率(常時)0.5%1.0%1.0%1.0%

搭乗ボーナス

初回ボーナス

1,000マイル---

毎年初回搭乗ボーナス

1,000マイル---
搭乗ボーナスの加算率10%10%10%-
電子マネー機能

-

-

-

スマホ決済機能

-

空港ラウンジ国内

利用可能

-

-

-

-

-

利用可能

-

海外

-

-

-

-

-

-

-

-

海外旅行保険適応条件自動付帯自動付帯自動付帯利用付帯
死亡後遺障害3,000万円
(自動付帯:1,000万円)
1,000万円1,000万円2,000万円
傷害治療100万円--100万円
疾病治療100万円--100万円
携行品損害100万円--100万円
賠償責任2,000万円--3,000万円
救援者費用100万円-100万円200万円
航空機遅延保険---10万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
適応条件(家族特約)----
死亡後遺障害(家族特約)----
傷害治療(家族特約)----
疾病治療(家族特約)----
携行品損害(家族特約)----
賠償責任(家族特約)----
救援者費用(家族特約)----
航空機遅延保険(家族特約)----
国内旅行保険適応条件自動付帯自動付帯自動付帯利用付帯
死亡後遺障害3,000万円
(自動付帯:1,000万円)
1,000万円1,000万円2,000万円
入院保険金日額5,000円---
通院保険金日額2,000円---
手術保険金20万円---
航空機遅延保険----
適応条件(家族特約)----
死亡後遺障害(家族特約)----
入院保険金日額(家族特約)----
通院保険金日額(家族特約)----
手術保険金(家族特約)----
航空機遅延保険(家族特約)----
詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ
公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ
カード名MileagePlusセゾンカードデルタ スカイマイルJCBカード テイクオフカードJALカードSuica CLUB-AカードJALカード CLUB-Aカード
カードMileagePlusセゾンカードデルタ スカイマイルJCBカード テイクオフカードJALカードSuica CLUB-AカードJALカード CLUB-Aカード
国際ブランド
カード入会条件

18歳以上(高校生は除く)

18歳以上本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方学生可スカイマイルに入会している方

18歳以上(高校生は除く)

18歳以上(高校生は除く)

年会費(税込)初年度1,650円無料11,000円11,000円
本会員1,650円1,650円11,000円11,000円
家族カード発行不可440円(初年度無料)発行不可3,850円
ポイントポイント名マイレージプラススカイマイルJALマイルJALマイル
入会ボーナス----
継続ボーナス----
還元率(常時)0.5%1.0%0.5%0.5%

搭乗ボーナス

初回ボーナス

--5,000マイル5,000マイル

毎年初回搭乗ボーナス

--2,000マイル2,000マイル
搭乗ボーナスの加算率--25%25%
電子マネー機能

-

-

-

スマホ決済機能

-

空港ラウンジ国内

-

-

-

-

-

-

-

-

海外

-

-

-

-

-

-

-

-

海外旅行保険適応条件自動付帯自動付帯自動付帯自動付帯
死亡後遺障害3,000万円2,000万円5,000万円5,000万円
傷害治療300万円50万円150万円150万円
疾病治療300万円50万円150万円150万円
携行品損害30万円100万円100万円100万円
賠償責任2,000万円2,000万円2,000万円2,000万円
救援者費用300万円50万円100万円400万円
航空機遅延保険----
適応条件(家族特約)----
死亡後遺障害(家族特約)----
傷害治療(家族特約)----
疾病治療(家族特約)----
携行品損害(家族特約)----
賠償責任(家族特約)----
救援者費用(家族特約)----
航空機遅延保険(家族特約)----
国内旅行保険適応条件--自動付帯自動付帯
死亡後遺障害--5,000万円5,000万円
入院保険金日額--10,000円10,000円
通院保険金日額--2,000円2,000円
手術保険金--40万円40万円
航空機遅延保険----
適応条件(家族特約)----
死亡後遺障害(家族特約)----
入院保険金日額(家族特約)----
通院保険金日額(家族特約)----
手術保険金(家族特約)----
航空機遅延保険(家族特約)----
詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ
公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ
  1. ※1 年間200万円以上の利用で、次年度年会費が10,800円になります。
  2. ※2 カード入会でもらえるボーナス
  3. ※3 マイルを移行するには、6,480円/年のポイント移行コースへ加入必須。
  4. ※3 カード継続(年会費を払うと)もらえるボーナス
  5. ※4 カード入会後初めて搭乗するともらえるボーナス
  6. ※5 カード継続で年会費を払ってから、1回目の搭乗でもらえるボーナス
  7. ※6 10マイルコースを選択するとマイル還元率が1.0%になりますが、マイル移行手数料5,400円/年が掛かってします。
  8. ※7 マイルを移行するには、6,480円/年のポイント移行コースへ加入必須。
  9. ※8 JCBの場合、idはなし。VISA、MASTERの場合、QuicPayはなし
  10. ※9 VISA、MASTERの場合、GooglePayはなし
  11. ※10 Marriott Bonvoyポイントは、100円で3ポイント貯まり、3ポイントで1マイルと交換できます。
    交換先のマイルの航空会社は、ANA,JALを含む40社以上へ交換可能です。
  12. ※11 リワードポイントは、100円で1ポイント貯まり、1ポイントで1マイルと交換できます。
    交換先のマイルの航空会社は、ANAを含む(JALは含まない)15社へ交換可能です。
  13. ※12 キャンペーン期間:2019年5月16日(木)~2020年3月31日(火)
  14. ※13 入会後3ヶ月以内に10万円以上の利用で30,000ポイントプレゼント
  15. ※14 60,000ポイントのロットで交換の場合、25,000マイルに交換できます。

クレジットカードでマイルを貯める

マイルの一般的な貯め方としては、飛行機に乗ることですが、クレジットカードを使うことでも結構たまります。

どちらかというと、一般の方は、普段飛行機なんて、そんなに乗らないので、クレジットカードでためる方が、一般的ですね。

この記事では、マイルがたまるカードを比較して、どのクレジットカードが良いかのポイントをまとめてみます。

まず、クレジットカードでマイルたまるポイントは以下となります。

順に説明していきます。

カード入会でためる

カードを発行時や、年に一度のカード更新時に、マイルがもらえます。

入会ボーナス

クレジットカードを発行すると、入会ボーナスでマイルやポイントがもらえます。
年会費が高いカードだと、10,000マイルも、もらえたりするので、すぐにマイルがたまります。

また、時期によっては入会キャンペーンを実施していることもあります。
通常よりもかなりお得にマイルがもらえることもあるので、良いキャンペーンの場合は、入会ボーナス狙いで申込のも良いと思います。

注意点として、たくさんカードを発行してしまうと、多額の年会費がかかったり、カードの管理が複雑になるので、使わないカードは解約しましょう。

継続ボーナス

年に一度、クレジットカードの年会費の支払いすると、継続ボーナスでマイルやポイントがもらえます。
こちらも、年会費が高いカードだと、10,000マイルも、もらえたりするので、すぐにマイルがたまります。

ANAカードは複数持ちが可能なので、裏技として、以下のカードを複数持ちすることで、 毎年の継続ボーナスを、ガツンと獲得できます。

カード年会費入会・継続ボーナス
ANA JCB 一般カードANA JCB 一般カード2,160円
(初年度無料)
1,000マイル
ANA VISA 一般カードANA VISA 一般カード2,160円
(初年度無料)
1,000マイル
ANA マスター 一般カードANA マスター 一般カード2,160円
(初年度無料)
1,000マイル
ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード2,160円
(初年度無料)
1,000マイル
ANA VISA SuicaカードANA VISA Suicaカード2,160円
(初年度無料)
1,000マイル
ANA VISA nimoca カードANA VISA nimoca カード2,160円
(初年度無料)
1,000マイル

注意点として、同じ国際ブランドの上位カードを持つ場合は、重複できません。

上記のカードを全て継続すると、合計年会費が12,960円で、6,000マイル手に入ります。
6,000マイルですと、ANAではローシーズンの東京〜大阪間の片道チケットが発行できます。
新幹線代とそんなに変わらないですが、良いのか悪いのかは、微妙なところです。。。

かなりのパワープレーですが、どうしても、マイルを貯めたい方は有りかもですね。

ショッピングでためる

フライト

マイルをガンガン貯めたいのであれば、この方法がベストです。

マイル還元率の良いカードであれば、飛行機をあまり乗らない方でも、国内往復分のマイルくらいなら1年くらいで貯まります。

セゾン・ビジネス・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾン・ビジネス・プラチナ・アメックス

ショッピングでJALマイルを貯めるので、おすすめのカードは、セゾン・ビジネス・プラチナ・アメックスです。
良い点は、JALマイルがたまりやすいところと、コスパが良いところです。

高還元率をもらうために、まず、セゾンマイルクラブに速攻で加入しましょう。
プラチナの場合は、年会費無料で加入できます。(ゴールドの場合は、4,000円/年かかります。)

セゾンマイルクラブの仕組みについて説明します。
入会しすると、ショッピング金額の1.0%(JALマイル)+0.25%(永久不滅ポイント)が、それぞれ還元されるようになります。
合わると、1.25%の還元率になります!

JALマイルを増やしたい場合は、永久不滅ポイントをJALマイルにで交換する事が可能です。
ただ、交換率は50%なので、ちょっともったいないですね。
ということで、JALマイルのみの還元率にすると、1.125%もたまるカードとなります。

年間200万以上使う人に限られますが、このマイル還元率の良さで、この年会費はかなりお得です。
そもそも、JALカードのプラチナよりも、JALマイルの還元率が高いのも異常ですね。。

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPG)

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード

海外旅行が好きな方に、おすすめなのが、SPGとなります。

年会費は、33,480円と高いですが、それに応じた特典が付いてます。
SPGを使ってたまるMarriott Bonvoy(MB)ポイントについて説明します。

ショッピングで、100円ごとにMBポイントが3ポイント貯まります。
3ポイントで1マイルへ交換です。60,000ポイントで交換した場合、5000マイルのボーナスがもらえます。
ということは、60,000ポイントの場合は、25,000マイルへと交換になります。
つまり、マイルの還元率は1.25%となります。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミアムカード

スカイトラベラーは航空券や旅費の支払いをするときに、効果を発揮します。

特徴としては、航空券購入での還元率が高いところです。
また、航空券だけではなく、対象旅行代理店で予約したホテル代、新幹線、フェリーなどの費用も対象となります。

デメリットとしては、JALマイルに交換できない事、ANAマイルへの交換に手数料(5,400円/年)がかかってしまうことです。

ANA VISAプラチナ プレミアムカード

ANA VISAプラチナ プレミアムカード

接待や、経費などで高額な出費をする方におすすめなのが、ANA VISAプラチナ プレミアムカードです。

年会費は86,400円と鬼のように高いですが、最高レベルのスペックです。
接待などで、支払いをクレカで立て替えている方は、ガンガンマイルがたまるので、すぐにハワイに行けますねw

フライトでためる

フライト

航空系のクレジットカードを持っていると、フライトでたまるマイルが増加したり、登場するだけでボーナスマイルがもらえることがあります。

以下の2パターンに分けて説明します。

入会搭乗ボーナス/毎年初回搭乗ボーナス(JALカードのみ)

入会搭乗ボーナスは、カード入会後、初めて搭乗するともらえるボーナスです。
毎年初回搭乗ボーナスは、カード継続で年会費を払ってから、1回目の搭乗でもらえるボーナスです。

入会搭乗ボーナスと毎年初回搭乗ボーナスは、JALカードのみです。
ANAカードの場合は、搭乗しなくても、クレジットカードの入会時と継続にボーナスマイルがもらえます。

陸マイラーにとっては、ANAカードの方がためやすいですね。

ボーナスマイルによる加算

ANA/JALカードを持っていれば、飛行機に搭乗した時にもらえるフライトマイルに、追加でボーナスマイルをもらえます。
ボーナスマイルの算出法は以下となります。

ボーナスマイル(積算率)は、上記の比較表に記載してますので、確認してください。

ANA VISAプラチナ プレミアムカードを持っていれば、通常の1.5倍もマイルがもらえることになりますので、フライトでもかなりお得です。

まとめ

JALのマイルをためている丘マイラーの方は、セゾン・ビジネス・プラチナ・アメックスをお勧めします。理由は、コスパの良さとマイル還元率です。

ANAのマイルをためている丘マイラーの方は、ソラチカカードをお勧めします。
10マイルコースに入ると、年会費は上がってしまいますが、普通に還元率が良いです。

裏技として、10マイルコース(マルチポイントコース)に設定しておいて、 2年に1回ペースで貯まったOki Dokiポイントをマイルに変更することで、 1年分のマイル移行手数料(5,400円)がケチれます。

どこでも良いので、航空マイルを貯めたい方は、Mileage Plus JCBゴールドカードをお勧めします。
たまるマイルは、ユナイテッド航空のマイルですが、ANAと共にスターアライアンスに属しているため、ユナイテッド航空のマイルでもANAを予約できます。
しかも、ポイント有効期限は、ポイントを獲得する度に、リセットされるため、カードを使い続ける限り、期限が切れることはありません。
ポイント還元率常時1.5%は素晴らしいです。


関連記事