評価について

  • 年会費の安さ、ETCの手数料、家族カードの年会費

    年会費の安さについて評価します。

    条件評価
    年会費無料
    1円 〜 2,000円
    2,001円 〜 20,000円
    20,001円 〜 50,000円
    50,001円以上
    初年度無料+1
    ETC年会費・発行手数料無料+1
    家族カード年会費無料
    (本会員が有料の場合のみ)
    +1
  • ポイント還元率の高さ

    ポイント還元率の高さによって評価を決めています。

    ポイント還元率評価
    2.0%
    1.5% 〜 1.99%
    1.2% 〜 1.49%
    1.0% 〜 1.19%
    0.6% 〜 0.99%
    0.3% 〜 0.59%
    0.3%未満
    ポイントなし
  • 国際ブランドの多様性

    国際ブランドの多様性がどれだけあるかを評価しています。
    1つだけしか選べない場合は「2」、2つの場合は「3」、3つの場合は「4」、4つの場合は「5」としています。

    選べる国際ブランドの数評価
    4つ以上
    3つ
    2つ
    1つ

    例えば、楽天カードの場合、選べる国際ブランドは、「マスターカード」「VISA」「JCB」「アメックス」の4つとなるので、「5」としています。

  • 決済機能の多様性

    「waon」「Edy」などの電子マネー機能や、「Applepay」「googlepay」などのスマホ決済機能の数の多さで評価します。

    決済機能の数評価
    5つ以上
    3〜4つ
    1〜2つ
  • 旅行保険

    無料で付帯されている旅行保険の内容について、加算方式で評価します。

    加算条件評価
    海外旅行保険が付帯+1
    国内旅行保険が付帯
    家族特約が付帯
    航空遅延保険が付帯
    適応条件が「自動付帯」
    手厚い補償金額
    傷害・疾病治療がない-1
    旅行保険機能なし

    例えば、エポスカードの場合は、海外旅行保険が自動付帯されているので、「2」となります。

JCBカードまとめ

2019年04月21日

JCBカードまとめ
  1. - 目次 -
  2. -JCBカードの比較表-
  3. 1 JCBについて
  4. 2 JCB(オリジナルシリーズ)の特徴
    1. 2.1 高還元率で年会費無料のJCB CARD W
    2. 2.2 ポイント還元率は低い
    3. 2.3 追加(家族)カードが年会費無料
    4. 2.4 ハワイでもJCB
  5. 3 プレミアムサービス
    1. 3.1 グルメ・ベネフィット
    2. 3.2 ザ・クラス・メンバーズ・セレクション
    3. 3.3 ディズニーリゾートJCBラウンジ
    4. 3.4 プライオリティパス
  6. 4 感想

JCBカードの比較表

JCBカードのおすすめカードをスペック別に、比較しました!
どう違いがあるかをチェックしましょう!

カード名JCB CARD WJCB CARD EXTAGEJCB一般カードJCB GOLD EXTAGE
カードJCB CARD WJCB CARD EXTAGEJCB一般カードJCB GOLD EXTAGE
国際ブランド
カード入会条件

18歳以上〜39歳以下本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方学生可

18歳以上〜29歳以下本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方学生可高校生を除く

18歳以上本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方

20歳以上〜29歳以下本人に安定した継続的な収入のある方

年会費(税込)初年度無料無料無料無料
本会員無料無料1,375円3,300円
家族カード無料無料440円
本会員の翌年の年会費が無料の場合は家族会員も無料
1,100円(初年度無料)
ポイントポイント名Oki DokiポイントOki DokiポイントOki DokiポイントOki Dokiポイント
還元率(常時)1.0%0.5%0.5%0.5%
決済機能電子マネー

-

-

-

スマホ決済
空港ラウンジ国内---利用可能
海外----
海外旅行保険適応条件利用付帯利用付帯利用付帯利用付帯
死亡後遺障害2,000万円2,000万円3,000万円5,000万円
傷害治療100万円100万円100万円200万円
疾病治療100万円100万円100万円200万円
携行品損害100万円100万円100万円100万円
賠償責任2,000万円2,000万円2,000万円3,000万円
救援者費用100万円100万円100万円200万円
航空機遅延保険----
適応条件(家族特約)----
死亡後遺障害(家族特約)----
傷害治療(家族特約)----
疾病治療(家族特約)----
携行品損害(家族特約)----
賠償責任(家族特約)----
救援者費用(家族特約)----
航空機遅延保険(家族特約)----
国内旅行保険適応条件--利用付帯利用付帯
死亡後遺障害--3,000万円5,000万円
入院保険金日額---5,000円
通院保険金日額---2,000円
手術保険金---20万円
航空機遅延保険----
詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ
公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ
カード名JCBゴールドJCBゴールド ザ・プレミアJCBプラチナJCB THE CLASS
カードJCBゴールドJCBゴールド ザ・プレミアJCBプラチナJCB THE CLASS
国際ブランド
カード入会条件

20歳以上本人に安定した継続的な収入のある方

インビテーション(招待制)

-

インビテーション(招待制)

年会費(税込)初年度無料11,000円27,500円55,000円
本会員11,000円16,500円27,500円55,000円
家族カード1,100円無料3,300円無料
ポイントポイント名Oki DokiポイントOki DokiポイントOki DokiポイントOki Dokiポイント
還元率(常時)0.5%0.5%0.5%0.5%
決済機能電子マネー

-

-

-

スマホ決済
空港ラウンジ国内利用可能本会員のみ利用可能本会員のみ利用可能本会員のみ利用可能同伴者1名まで無料
海外-プライオリティパス本会員のみプライオリティパス本会員のみプライオリティパス本会員のみ
海外旅行保険適応条件自動付帯自動付帯自動付帯自動付帯
死亡後遺障害1億円
(自動付帯:5,000万円)
1億円1億円1億円
傷害治療300万円300万円1,000万円1,000万円
疾病治療300万円300万円1,000万円1,000万円
携行品損害100万円50万円100万円100万円
賠償責任1億円1億円1億円1億円
救援者費用400万円400万円1,000万円1,000万円
航空機遅延保険10万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
10万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
10万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
10万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
適応条件(家族特約)利用付帯自動付帯自動付帯自動付帯
死亡後遺障害(家族特約)1,000万円1,000万円1,000万円1,000万円
傷害治療(家族特約)200万円200万円200万円200万円
疾病治療(家族特約)200万円200万円200万円200万円
携行品損害(家族特約)100万円50万円50万円50万円
賠償責任(家族特約)2,000万円2,000万円2,000万円2,000万円
救援者費用(家族特約)200万円200万円200万円200万円
航空機遅延保険(家族特約)-10万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
-10万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
国内旅行保険適応条件自動付帯自動付帯自動付帯自動付帯
死亡後遺障害5,000万円1億円1億円1億円
入院保険金日額5,000円5,000円10,000円5,000円
通院保険金日額2,000円2,000円2,000円2,000円
手術保険金20万円20万円40万円20万円
航空機遅延保険10万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
10万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
18万円
(乗継遅延費用10万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
10万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)

プレミアムサービス

グルメ優待サービス
全国250店舗で、事前予約、専用クーポンの提示、JCBゴールドの支払いをすると飲食代金またはコース代金より20%OFFとなるサービスです。
JCB GOLD Service Club Off

全国70,000ヵ所以上の施設で利用できる優待サービスです。

映画館やスポーツクラブなど身近な場所での優待が利用できます。

ダイニング30-
日本各地の対象店舗を事前予約いただき、専用クーポン提出のうえJCBカードでお支払いいただくと、ご利用合計金額またはコース代金より30%引きとなります。
JCBプレミアムステイプラン-
日本各地のホテル・旅館に宿泊できるJCBの特別な宿泊プランです。
JCB Lounge 京都-
京都駅ビル内に、「JCB Lounge 京都」を用意しています。
コンシェルジュサービス--
旅の手配・予約、ゴルフ場のご案内、その他さまざまなご相談を可能な限り承ります。24時間・365日利用できます。
グルメ・ベネフィット--
国内の厳選した有名レストランの所定のコースメニューを2名様以上で予約すると、1名様分の料金が無料となる期間限定の優待サービスです。
ザ・クラス メンバーズ・セレクション---
選び抜いた上質な品々のなかから、年に1回お好きな商品をひとつ選び、無料で利用できます。
ディズニーリゾートJCBラウンジ---

年1回、ランドかシーにあるJCBラウンジを利用できるチケットがもらえます。利用するには前日までに予約が必要です。

詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ
公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ

JCBについて

日本で唯一の国際カードブランド

JCB

JCBはクレジットカード発行会社でもあり、国際ブランドを提供している会社でもあります。

主な国際ブランドは、VISA、Mastercard、AMEX、JCB、銀聯カード、ダイナースカード、 日本では馴染みがないですが、ディスカバーカードの7つ存在します。
その内のほとんどがアメリカの企業が運営する国際ブランドとなり、銀聯が中国、JCBが日本となっています。

シェアでいうと、VISAとMastercardが2トップでしたが、近年銀聯カードが急成長し、発行枚数が世界一となりました。
といっても、銀聯カードはほとんどがデビットカードになります。 一方、JCBの発行枚数の世界シェアは、クレジットカード全体の約1%しかない状況。
1%とはいえ、発行枚数は1億枚を突破しており順調に会員数は拡大傾向にあります。

JCBカードは、日本の発祥の国際ブランドなのですが、最近は日本でもVISAかマスターしか使えない店もたまにあります。
お店への手数料がVISAやマスター比べてに高いようですね。残念です。

海外でも使えない店はよくあるので、海外旅行に行く方には、VISAやマスターがオススメです。

海外でJCBを使う上で、良いポイントは世界中にJCBプラザがあり、困った時に日本語で対応してもらえる事です。
(参考) https://www.jcb.jp/ws/plaza/index.html

JCBの特徴としては、自社でもクレジットカードを発行しているところです。
国際ブランドによって、委託発行タイプと自社発行タイプに分かれます。以下にまとめます。

国際ブランドVISAマスターカードJCBアメックスダイナースクラブ
VISAマスターカードJCBAMEXVIダイナースSA
発行国アメリカアメリカ日本アメリカアメリカ

カード発行

委託-
自社--

JCB(オリジナルシリーズ)の特徴

JCBが直接発行しているオリジナルシリーズの特徴を説明します。

高還元率で年会費無料のJCB CARD W

比較表を見ていただいたら分かる通り、ポイント還元率が常時1.0%となっており、
最上級のthe classで買い物するより、ポイントが貯まる逆転現象が起きています。

他社の楽天カードなどを意識して、登場したカードなので、バランスが崩壊している状況です。

ポイント還元率は低い

「JCB CARD W」以外はプラチナカードでさえも、ポイント還元率が0.5%しかありません。
JCBスターメンバーズというサービスがあっても、最高で0.85%となっており、楽天カードなどに比べると残念です。

追加(家族)カードが年会費無料

JCB一般カードを除いて、年会費無料で追加カード発行できるところは、嬉しいですね。

ハワイでもJCB

ワイキキビーチ

ハワイのワイキキに行くのならJCBカードあれば、便利です。
トロリーバスが乗り放題になり、ワイキキを周回できます。
ワイキキの店では、JCBが結構使えますし、JCBカードなら割引してくれる提携店もあります。
色々お得なキャンペーンも、ずっとやってます。

詳細はこちら

プレミアムサービス

JCBの上位クラスのカードですと、プレミアムサービスが利用できます。 いくつかありますので、一部を紹介します。

グルメ・ベネフィット

2名以上で行くと、1人分のコース料金が無料になるサービスです。
利用できる店は指定されており、3日前までに電話で予約する必要があります。
半年に1回しか使えないサービスになりますので、ここぞという時に使いましょう!

ザ・クラス・メンバーズ・セレクション

ザ・クラス・メンバーズ・セレクションは年一回JCBからプレゼントをもらえるサービスです。
「厳選ギフトコース」「テーマパーク&トラベルコース」のギフトカタログから好きなものを選んでプレゼントがもらえます。
2万円相当の高級な品々です。

ディズニーリゾートJCBラウンジ

年に1度、ディズニーランドかディズニーシーのJCBラウンジを使えるチケットがもらえます。
ラウンジを利用するには、前日までに予約が必要となります。めんどくさいですね。
メリットとしては、落ち着いて休憩できたり、同じエリアのアトラクションの優先入場が可能です。
あとは、特別ゲストとしてもてなしてもらえるので優越感に浸れますね。

プライオリティパス

プライオリティパス

JCBゴールド ザ・プレミア、JCBプラチナ、JCB THE CLASSは、プライオリティが無料で発行できます。
世界の1200か所以上の空港ラウンジが使えるパスカードです。
通常年会費429米ドルもするプレステージ会員のプライオリティパスが無料で持てます。

注意点としては、JCB THE CLASS以外は本人分しか使えないので、同伴者も利用する場合は別途料金の支払いが必要です。
家族で旅行の時は、使いづらいです。

感想

最近、日本でもJCBが使えないパターンが多いですね。
VISAやマスターなら世界中で使えるので、国際ブランドとしては、VISAかマスターがいいですね。
年会費がかかる割には、ポイント還元率が悪いので、スペックは良くないカードではないですね。


関連記事