評価について

  • 年会費の安さ、ETCの手数料、家族カードの年会費

    年会費の安さについて評価します。

    条件評価
    年会費無料
    1円 〜 2,000円
    2,001円 〜 20,000円
    20,001円 〜 50,000円
    50,001円以上
    初年度無料+1
    ETC年会費・発行手数料無料+1
    家族カード年会費無料
    (本会員が有料の場合のみ)
    +1
  • ポイント還元率の高さ

    ポイント還元率の高さによって評価を決めています。

    ポイント還元率評価
    2.0%
    1.5% 〜 1.99%
    1.2% 〜 1.49%
    1.0% 〜 1.19%
    0.6% 〜 0.99%
    0.3% 〜 0.59%
    0.3%未満
    ポイントなし
  • 国際ブランドの多様性

    国際ブランドの多様性がどれだけあるかを評価しています。
    1つだけしか選べない場合は「2」、2つの場合は「3」、3つの場合は「4」、4つの場合は「5」としています。

    選べる国際ブランドの数評価
    4つ以上
    3つ
    2つ
    1つ

    例えば、楽天カードの場合、選べる国際ブランドは、「マスターカード」「VISA」「JCB」「アメックス」の4つとなるので、「5」としています。

  • 決済機能の多様性

    「waon」「Edy」などの電子マネー機能や、「Applepay」「googlepay」などのスマホ決済機能の数の多さで評価します。

    決済機能の数評価
    5つ以上
    3〜4つ
    1〜2つ
  • 旅行保険

    無料で付帯されている旅行保険の内容について、加算方式で評価します。

    加算条件評価
    海外旅行保険が付帯+1
    国内旅行保険が付帯
    家族特約が付帯
    航空遅延保険が付帯
    適応条件が「自動付帯」
    手厚い補償金額
    傷害・疾病治療がない-1
    旅行保険機能なし

    例えば、エポスカードの場合は、海外旅行保険が自動付帯されているので、「2」となります。

ゴールドカード比較表

2019年07月15日

ゴールドカード比較表
  1. - 目次 -
  2. -ゴールドカードのおすすめカード比較表-
  3. 1 ゴールドカードについて
    1. 1.1 ステイタス性
    2. 1.2 ヤングゴールドと普通のゴールドカードの違い
  4. 2 一般カードとの比較
    1. 2.1 年会費
    2. 2.2 入会審査
    3. 2.3 ポイント還元率
    4. 2.4 空港ラウンジ
    5. 2.5 旅行保険
  5. 3 ゴールドカードを選ぶときのポイント
    1. 3.1 ステイタス性で選ぶ
    2. 3.2 コストパフォーマンスで選ぶ
    3. 3.3 プライオリティパス付帯
    4. 3.4 旅行保険良いカード
    5. 3.5 ライフスタイルで選ぶ

ゴールドカードのおすすめカード比較表

ゴールドカードでおすすめのカードをスペック別に、比較しました!
どのカードが良いかチェックしましょう!

カード名楽天ゴールドカードOrico Card THE POINT PREMIUM GOLD三井住友カード プライムゴールドMUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
カード楽天ゴールドカードOrico Card THE POINT PREMIUM GOLD三井住友カード プライムゴールドMUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
国際ブランド
入会条件

20歳以上本人に安定した継続的な収入のある方

20歳以上本人に安定した継続的な収入のある方

20歳以上〜30歳以下本人に安定した継続的な収入のある方満30歳になった後、最初のカード更新時にゴールドカードへランクアップ

18歳以上本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方

年会費(税込)

初年度2,200円1,986円無料無料
次年度以降2,200円1,986円5,500円2,095円
ポイントポイント名楽天スーパーポイントオリコポイントワールドプレゼントポイントMUFGカード・アメリカン・エキスプレス・カード グローバルポイント
常時還元率1.0%1.0%0.5%0.49%
電子マネー機能

-

スマホ決済機能
空港ラウンジ国内利用可能本会員のみ利用可能本会員のみ利用可能本会員のみ利用可能本会員のみ
海外----
海外旅行保険適応条件利用付帯自動付帯自動付帯自動付帯
死亡後遺障害2,000万円2,000万円5,000万円
(自動付帯:1,000万円)
2,000万円
傷害治療200万円200万円300万円200万円
疾病治療200万円200万円300万円200万円
携行品損害20万円100万円50万円100万円
賠償責任2,000万円2,000万円5,000万円2,000万円
救援者費用200万円200万円500万円200万円
航空機遅延保険----
適応条件(家族特約)----
死亡後遺障害(家族特約)----
傷害治療(家族特約)----
疾病治療(家族特約)----
携行品損害(家族特約)----
賠償責任(家族特約)----
救援者費用(家族特約)----
航空機遅延保険(家族特約)----
国内旅行保険適応条件-自動付帯自動付帯利用付帯
死亡後遺障害-1,000万円5,000万円
(自動付帯:1,000万円)
2,000万円
入院保険金日額--5,000円3,000円
通院保険金日額--2,000円2,000円
手術保険金--20万円12万円
航空機遅延保険---6万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等1万円、寄託手荷物遅延費用1万円、寄託手荷物紛失費用2万円)
適応条件(家族特約)----
死亡後遺障害(家族特約)----
入院保険金日額(家族特約)----
通院保険金日額(家族特約)----
手術保険金(家族特約)----
航空機遅延保険(家族特約)----
詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ
公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ
カード名エポスゴールドカードイオンゴールドカードジャックスカードゴールドセディナカードゴールド
カードエポスゴールドカードイオンゴールドカードジャックスカードゴールドセディナカードゴールド
国際ブランド
入会条件

20歳以上本人に安定した継続的な収入のある方

イオンカード会員で一定の基準を満たし招待された方

20歳以上本人に安定した継続的な収入のある方

18歳以上(高校生は除く)

年会費(税込)

初年度5,000円
※インビテーションの場合は、無料
無料無料2,095円
次年度以降5,000円
※インビテーションの場合は、無料
無料5,500円2,095円
ポイントポイント名エポスポイントときめきポイントラブリィポイントわくわくポイント
常時還元率0.5%0.5%0.5%0.5%
電子マネー機能

-

-

-

スマホ決済機能
空港ラウンジ国内利用可能本会員のみ利用可能本会員のみ利用可能本会員のみ-
海外----
海外旅行保険適応条件自動付帯利用付帯自動付帯自動付帯
死亡後遺障害1,000万円5,000万円3,000万円2,000万円
傷害治療300万円300万円200万円100万円
疾病治療300万円300万円200万円100万円
携行品損害20万円30万円20万円10万円
賠償責任2,000万円3,000万円3,000万円1,000万円
救援者費用100万円200万円200万円100万円
航空機遅延保険--10万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
-
適応条件(家族特約)----
死亡後遺障害(家族特約)----
傷害治療(家族特約)----
疾病治療(家族特約)----
携行品損害(家族特約)----
賠償責任(家族特約)----
救援者費用(家族特約)----
航空機遅延保険(家族特約)----
国内旅行保険適応条件-利用付帯利用付帯利用付帯
死亡後遺障害-3,000万円3,000万円2,000万円
入院保険金日額-5,000円5,000円3,000円
通院保険金日額-3,000円3,000円2,000円
手術保険金----
航空機遅延保険--10万円
(乗継遅延費用6万円、出航遅延費用等1万円、寄託手荷物遅延費用1万円、寄託手荷物紛失費用2万円)
-
適応条件(家族特約)----
死亡後遺障害(家族特約)----
入院保険金日額(家族特約)----
通院保険金日額(家族特約)----
手術保険金(家族特約)----
航空機遅延保険(家族特約)----
詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ
公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ
カード名P-one カード<G>dカード GOLD三井住友カード ゴールド楽天プレミアムカード
カードP-one カード<G>dカード GOLD三井住友カード ゴールド楽天プレミアムカード
国際ブランド
入会条件

18歳以上本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方学生可

18歳以上(高校生は除く)

30歳以上本人に安定した継続的な収入のある方

20歳以上本人に安定した継続的な収入のある方

年会費(税込)

初年度3,300円11,000円11,000円11,000円
次年度以降3,300円11,000円11,000円11,000円
ポイントポイント名自動割引dポイントワールドプレゼントポイント楽天スーパーポイント
常時還元率1.0%1.0%0.5%1.0%
電子マネー機能

-

スマホ決済機能
空港ラウンジ国内-利用可能本会員のみ利用可能本会員のみ利用可能本会員のみ
海外---プライオリティパス本会員のみ無料
海外旅行保険適応条件利用付帯自動付帯自動付帯自動付帯
死亡後遺障害2,000万円1億円
(自動付帯:5,000万円)
5,000万円
(自動付帯:1,000万円)
5,000万円
(自動付帯:4,000万円)
傷害治療-300万円300万円300万円
疾病治療-300万円300万円300万円
携行品損害-50万円50万円50万円
(自動付帯:20万円)
賠償責任-5,000万円5,000万円3,000万円
救援者費用-500万円500万円200万円
航空機遅延保険-6万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等1万円、寄託手荷物遅延費用1万円、寄託手荷物紛失費用2万円)
--
適応条件(家族特約)-自動付帯--
死亡後遺障害(家族特約)-1,000万円(自動付帯:1,000万円)--
傷害治療(家族特約)-50万円--
疾病治療(家族特約)-50万円--
携行品損害(家族特約)-15万円--
賠償責任(家族特約)-1,000万円--
救援者費用(家族特約)-50万円--
航空機遅延保険(家族特約)----
国内旅行保険適応条件利用付帯利用付帯自動付帯利用付帯
死亡後遺障害2,000万円5,000万円5,000万円
(自動付帯:1,000万円)
5,000万円
入院保険金日額-5,000円5,000円5,000円
通院保険金日額-3,000円2,000円3,000円
手術保険金-5万円20万円-
航空機遅延保険-10万円
(乗継遅延費用6万円、出航遅延費用等1万円、寄託手荷物遅延費用1万円、寄託手荷物紛失費用2万円)
--
適応条件(家族特約)----
死亡後遺障害(家族特約)----
入院保険金日額(家族特約)----
通院保険金日額(家族特約)----
手術保険金(家族特約)----
航空機遅延保険(家族特約)----
詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ
公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ
カード名セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードau WALLET ゴールドカードJCBゴールドビューゴールドプラスカード
カードセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードau WALLET ゴールドカードJCBゴールドビューゴールドプラスカード
国際ブランド
入会条件

20歳以上

20歳以上本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方au携帯電話(スマホ・タブレット・ケータイ・Wi-Fiルーターなど)、auひかり、auひかり ちゅらのいずれかを個人契約の方※申し込みにはau IDが必要

20歳以上本人に安定した継続的な収入のある方

20歳以上本人に安定した継続的な収入のある方

年会費(税込)

初年度無料11,000円無料11,000円
次年度以降11,000円11,000円11,000円11,000円
ポイントポイント名セゾン永久不滅ポイントWALLET ポイントOki DokiポイントJRE POINT
常時還元率0.75%1.0%0.5%0.5%
電子マネー機能

-

-

スマホ決済機能
空港ラウンジ国内利用可能本会員のみ利用可能本会員のみ利用可能本会員のみ利用可能本会員のみ
海外----
海外旅行保険適応条件自動付帯自動付帯自動付帯自動付帯
死亡後遺障害5,000万円5,000万円1億円
(自動付帯:5,000万円)
5,000万円
傷害治療300万円200万円300万円100万円
疾病治療300万円200万円300万円100万円
携行品損害30万円100万円100万円20万円
賠償責任3,000万円3,000万円1億円3,000万円
救援者費用200万円200万円400万円100万円
航空機遅延保険16万円
(乗継遅延費用3万円、出航遅延費用等3万円、寄託手荷物遅延費用10万円)
4万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円)
10万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
-
適応条件(家族特約)--利用付帯-
死亡後遺障害(家族特約)--1,000万円-
傷害治療(家族特約)--200万円-
疾病治療(家族特約)--200万円-
携行品損害(家族特約)--100万円-
賠償責任(家族特約)--2,000万円-
救援者費用(家族特約)--200万円-
航空機遅延保険(家族特約)----
国内旅行保険適応条件利用付帯利用付帯自動付帯自動付帯
死亡後遺障害5,000万円5,000万円5,000万円5,000万円
入院保険金日額5,000円5,000円5,000円5,000円
通院保険金日額3,000円3,000円2,000円3,000円
手術保険金-5万円20万円5万円
航空機遅延保険--10万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
-
適応条件(家族特約)----
死亡後遺障害(家族特約)----
入院保険金日額(家族特約)----
通院保険金日額(家族特約)----
手術保険金(家族特約)----
航空機遅延保険(家族特約)----
詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ
公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ
カード名UCカード ゴールドゴールドカードセゾンライフカードゴールドアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
カードUCカード ゴールドゴールドカードセゾンライフカードゴールドアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
国際ブランド
入会条件

25歳以上年収500万円以上

18歳以上(高校生は除く)

23歳以上本人に安定した継続的な収入のある方

20歳以上本人に安定した継続的な収入のある方

年会費(税込)

初年度11,000円無料11,000円31,900円
次年度以降11,000円11,000円11,000円31,900円
ポイントポイント名永久不滅ポイントセゾン永久不滅ポイントLIFEサンクスポイントメンバーシップ・リワード
常時還元率0.5%0.5%0.5%0.3%
電子マネー機能

-

-

-

-

スマホ決済機能
空港ラウンジ国内利用可能本会員のみ-利用可能本会員のみ利用可能同伴者1名まで無料
海外---プライオリティパス無料付帯※通常年会費 99米ドル(スタンダード会員)
海外旅行保険適応条件自動付帯自動付帯自動付帯自動付帯
死亡後遺障害5,000万円3,000万円1億円1億円
(自動付帯:5,000万円)
傷害治療200万円100万円300万円300万円
(自動付帯:200万円)
疾病治療200万円100万円300万円300万円
携行品損害100万円50万円40万円100万円
賠償責任2,000万円2,000万円1億円4,000万円
救援者費用200万円100万円300万円400万円
(自動付帯:300万円)
航空機遅延保険-16万円
(乗継遅延費用3万円、出航遅延費用等3万円、寄託手荷物遅延費用10万円)
-10万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
適応条件(家族特約)--自動付帯-
死亡後遺障害(家族特約)--1,000万円-
傷害治療(家族特約)--150万円-
疾病治療(家族特約)--150万円-
携行品損害(家族特約)--20万円-
賠償責任(家族特約)--5,000万円-
救援者費用(家族特約)--300万円-
航空機遅延保険(家族特約)----
国内旅行保険適応条件自動付帯利用付帯自動付帯自動付帯
死亡後遺障害5,000万円3,000万円1億円5,000万円
入院保険金日額5,000円5,000円10,000円-
通院保険金日額2,000円3,000円4,000円-
手術保険金--20万円-
航空機遅延保険----
適応条件(家族特約)--自動付帯-
死亡後遺障害(家族特約)--1,000万円-
入院保険金日額(家族特約)--5,000円-
通院保険金日額(家族特約)--2,000円-
手術保険金(家族特約)----
航空機遅延保険(家族特約)----
詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ
公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ

ゴールドカードについて

ゴールドカードというと、年会費が高くて、高級なイメージを持つと思いますが、実はそんなことないんです。
年会費が1,950円で持てるオリコポイントゴールドがあれば、年会費が31,320円もするアメックスゴールドもあり、同じゴールドカードでもピンキリです。

一般的に、年会費が安い(2000円〜5000円くらいの)ゴールドカードはヤングゴールドと呼ばれており、 手頃な年会費で、見た目はゴールドカードなので、人気があります。

ステイタス性

ハイスペック男子

ゴールドカードを持つ理由として、ステイタス性を重視する方は多いです。

ステイタス性では、ゴールドカードは3番目になります。
クレジットカードのヒエラルキー(階級)を図に示します。

ゴールドカード

幻のカードと呼ばれる、ブラックカードこそが、最高峰のクレジットカードになります。
ブラックカードを所持している方は、世界でもほんの一握りしかいない、超VIPカードになります。

ただし、ステイタス性が上がる分、比例して年会費も高額になります。
プラチナカードは最低2万円以上、ブラックカードは最低5万円以上必要となります。
入会については、カード会社からのインビテーション(招待制)がないと入会できません。

券面のカッコ良さを求める方では、ヤングゴールドで十分だと思います。
自分がヤングゴールドを使っていても、一般の人は、年会費が安いカードだとは誰も思わないでしょう。

ヤングゴールドと普通のゴールドカードの違い

ヤングゴールドの、三井住友VISAプライムゴールドカードやJCB GOLD EXTAGEは20代限定の年齢制限があります。
三井とJCBは20代限定として、発券しているようです。

一方、MUFGカード ゴールドや楽天ゴールドカードは年齢制限はないですが、旅行保険の内容が良かったり、ポイントがたまりやすかったりします。

一般カードとの比較

ゴールドカードが一般カードが、見た目以外で何が違うのか、 異なるポイントをまとめてみました。

これらについて、詳しく説明していきます。

年会費

以下の表に、一般カードとゴールドカードの年会費を、シリーズ別で並べてみました。

シリーズ一般カードヤングゴールドゴールドカード
カード名年会費
(税込)
カード名年会費
(税込)
カード名年会費
(税込)
セゾンアメックス セゾンパール無料セゾンブルー3,240円セゾンゴールド10,800円
楽天カード楽天カード無料楽天ゴールドカード2,160円楽天プレミアムカード10,800円
JCB JCB CARD W1,350円 JCB GOLD EXTAGE3,240円 JCBゴールド10,800円
三井住友VISAカード三井住友VISAクラシックカード1,350円三井住友VISAプライムゴールドカード5,400円三井住友VISAゴールドカード10,800円
オリコ・ザ・ポイントOrico Card THE POINT無料 Card THE POINT PREMIUM GOLD1,950円--
エポスエポスカード無料エポスゴールドカード5,400円 --
ライフカード ライフカード無料 -- ライフカードゴールド10,800円
ニコス MUFGカード スマート1,080円 MUFGカード ゴールド2,057円 MUFGカード ゴールドプレステージ10,800円
ジャックス ジャックスカード1,375円 ジャックスカードゴールド5,400円 --
dカード dカード無料-- dカードゴールド10,800円

この表を見ると、2000円前後のヤングゴールドはお得なことがわかります。

入会審査

ほとんどの一般カードは、申込の年齢基準は18歳以上になりますが、ゴールドカードの場合は、20歳以上で学生は不可となります。
審査内容は公開されていませんので漠然とした回答になってしまいますが、一般のカードと比較すると、ゴールドカードは厳しい内容となっています。

ポイント還元率

ポイント還元率についても、ゴールドカードは、一般カードよりも優遇されています。
一部優遇されていないカードもあるので、以下の表にまとめてみました。

シリーズポイント還元アップ特典内容
セゾンアメックス還元率が常時0.75%(+0.25%)になる。
楽天カード楽天で利用の場合、還元率が+2.0%アップ
オリコ・ザ・ポイント電子マネーで決済すると、還元率が+0.5%アップ
エポス年間の利用額によってボーナスポイントがもらえる。
ニコスグローバルPLUS、アニバーサリー月の制度によって、ポイント還元率がアップします。
ジャックスラブリィ☆アップステージで翌年のポイント還元率がアップする
dカードドコモへの支払いの10%もポイント還元される!
JCB×-
三井住友VISAカード×-
ライフカード×-

ポイント還元率がアップするのは、嬉しいですね。
逆に、ポイント還元率が変わらないカードについては、申込について考え直した方がいいですね。

ポイント還元率に差ができると、毎月の利用金額によっては、逆にゴールドカードにした方が得することもあります。

毎月の利用金額、ゴールドカードの年会費、ポイント還元率の差から、ゴールドカードの方が得になる損益分岐点を算出することができます。
ゴールドカードに変えるべき損益分岐については、各カードの記事に載せてますので、チェックしましょう。

空港ラウンジ

空港ラウンジ

空港ラウンジは、空港での飛行機の待ち時間を、快適に過ごせる会員限定の待合室です。
ゴールドカード以上のランクであれば、ほぼ空港ラウンジが利用可能です。(ヤングゴールドもOK)

以下が空港ラウンジのサービスになります。

出張で使う時は、仕事ができるので、便利です。
トイレが空いてて綺麗なのも、良かったりします。

便利そうなのですが、注意点がありますので、以下にまとめます。

同伴者は有料となるのは、家族旅行で来てる場合、致命的です。
また、制限区外にあるラウンジに関しては、かなり時間に余裕がないと、使えないですね。

旅行保険

海外旅行先で怪我や伝染病にかかってしまった場合、海外では日本の健康保険は使えないので、 全額実費になり、高額な治療費を請求されることがあります。

また他にも、日本と違い、海外では油断してると、カバンを盗まれたり、運が悪いと強盗にあうこともありえます。

そういった際に、海外旅行保険に入っていれば、治療費や被害にあった金額を保障してくれます。

クレジットカードには、海外旅行保険が付帯されているカードがあります。

カードのランクに比例して、保険の内容も良くなります。
一般カードよりも、ゴールドカードの方が、良い保険が付いてきます。

一般カードの保険よりも、以下の内容がパワーアップします。

中でも、家族全体に保険が適応されるのは、ありがたいことです。
ゴールドカードの旅行保険にフォーカスして、比較した記事があるので、気になる方は、以下記事をチェックしてください。

ゴールドカードを選ぶときのポイント

ゴールドカードを選ぶときのポイントを解説します。

こちらも、順を追って説明します。

ステイタス性で選ぶ

ステイタス性を求める方は、以下のアメリカン・エキスプレス・カードか、ダイナースクラブをおすすめします。どちらも誰もがステイタスカードとして認めています。

アメリカン・エキスプレス・カードアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードダイナースクラブカード
アメリカン・エキスプレス・カードアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードダイナースクラブカード
12,960円/年31,320円/年23,760円/年

上記のカード以外であれば、プラチナカードを選ぶと良いでしょう。

コストパフォーマンスで選ぶ

コストパフォーマンスで選ぶには、年会費とポイント還元率が重要です。

常時還元率が高い、dカードGOLD、楽天ゴールドカード、Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDがコストパフォーマンスが高いカードになります。
特に、dカードGOLDに関しては、ドコモユーザーであれば、かなりおすすめのカードになります。

ドコモの毎月の携帯代をdカードGOLDで支払うと、10%もポイント還元率が付きます。
年間の携帯代が10万円を超えるだけで、年会費の元が取れます。
それ以外の支払いについても常時1.0%の還元率があり、ポイントは携帯代の料金の値引きで使えます。

プライオリティパス付帯

プラチナカードの場合は、プライオリティパスが無料で付いてきます。
プライオリティパスとは、海外の空港ラウンジが無料で使えるパスカードのことです。

通常年会費429米ドルもかかる、プライオリティパスを無料で持つことができます。
すごいお得だと思いますが、冷静に考えると、プライオリティパスを通常年会費を払ってまで、申し込む人はいてるのかと、気になるところです。。

ゴールドカードの中で、唯一プライオリティパスが無料で付いてくるカード あります。
それが、楽天プレミアムカードです。年会費10,800円でプライオリティパスが付いてくるのはお得ですね。

アメックスゴールドもついてくるのですが、そもそも年会費が一般のプラチナカードより高いので、お得感はないですね。。

旅行保険良いカード

ゴールドカードの旅行保険での見極めるポイントは家族特約、航空遅延保険が付いてくるかどうかになります。

ゴールドカード中でも、家族特約、航空遅延保険が付いてくるカードは、セゾンゴールドアメックス、JCBゴールド、MUFGカードゴールドプレステージ、dカードGOLD、アメックスゴールドになります。

特にセゾンゴールドアメックスは家族特約が、海外旅行保険だけでなく、国内旅行保険、航空遅延保険にも補償が及ぶので、おすすめのカード になります。

家族旅行

ライフスタイルで選ぶ

クレジットカード選ぶ上で、基本的なことになりますが、ライフスタイルに合わせてクレカを選びましょう。

お金に余裕があれば、男性の場合、ゴールドカードやプラチナカードを持つのが良い でしょう。
いい年して、支払いの時に、年会費無料カードを使っていては、かっこ悪いですしね。

またライフスタイルで言うと、ドコモユーザーはdカードGOLD、楽天ユーザーは楽天ゴールドカードといった感じで、ライフスタイルに合わせて、カードを選びましょう。 dカードGOLDに関しては、メインカードとしては使わずに、ドコモの支払い限定の使い方をしても良いくらいです。

以上


関連記事