評価について

  • 年会費の安さ、ETCの手数料、家族カードの年会費

    年会費の安さについて評価します。

    条件評価
    年会費無料
    1円 〜 2,000円
    2,001円 〜 20,000円
    20,001円 〜 50,000円
    50,001円以上
    初年度無料+1
    ETC年会費・発行手数料無料+1
    家族カード年会費無料
    (本会員が有料の場合のみ)
    +1
  • ポイント還元率の高さ

    ポイント還元率の高さによって評価を決めています。

    ポイント還元率評価
    2.0%
    1.5% 〜 1.99%
    1.2% 〜 1.49%
    1.0% 〜 1.19%
    0.6% 〜 0.99%
    0.3% 〜 0.59%
    0.3%未満
    ポイントなし
  • 国際ブランドの多様性

    国際ブランドの多様性がどれだけあるかを評価しています。
    1つだけしか選べない場合は「2」、2つの場合は「3」、3つの場合は「4」、4つの場合は「5」としています。

    選べる国際ブランドの数評価
    4つ以上
    3つ
    2つ
    1つ

    例えば、楽天カードの場合、選べる国際ブランドは、「マスターカード」「VISA」「JCB」「アメックス」の4つとなるので、「5」としています。

  • 決済機能の多様性

    「waon」「Edy」などの電子マネー機能や、「Applepay」「googlepay」などのスマホ決済機能の数の多さで評価します。

    決済機能の数評価
    5つ以上
    3〜4つ
    1〜2つ
  • 旅行保険

    無料で付帯されている旅行保険の内容について、加算方式で評価します。

    加算条件評価
    海外旅行保険が付帯+1
    国内旅行保険が付帯
    家族特約が付帯
    航空遅延保険が付帯
    適応条件が「自動付帯」
    手厚い補償金額
    傷害・疾病治療がない-1
    旅行保険機能なし

    例えば、エポスカードの場合は、海外旅行保険が自動付帯されているので、「2」となります。

エポスカードの徹底解説!

2019年11月19日

エポスカードの徹底解説!
  1. - 目次 -
  2. -エポスカードの比較表-
  3. 1 エポスカードについて
  4. 2 エポスカードの良いところ
    1. 2.1 還元率が実は高い
      1. 2.1.1 ボーナスポイント
      2. 2.1.2 ファミリーボーナスポイント
      3. 2.1.3 誕生月ポイント2倍!
      4. 2.1.4 有効期限が無期限
    2. 2.2 選べるポイントアップショップ
    3. 2.3 マルイでの優待特典
      1. 2.3.1 マルコとマルオの7日間
    4. 2.4 優待特典がすごい!
    5. 2.5 旅行保険が無料付帯
    6. 2.6 インビテーションで年会費が安くなる
    7. 2.7 空港ラウンジが使える
      1. 2.7.1 プライオリティパス
  5. 3 エポスカードの悪いところ
    1. 3.1 ポイント還元率が低い
    2. 3.2 国際ブランドがVISAのみ

エポスカードの比較表

エポスカードのノーマルとゴールドとプラチナをスペック別に、比較しました!
どう違いがあるかをチェックしましょう!

カード名エポスカードエポスゴールドカードエポスプラチナカード
カードエポスカードエポスゴールドカードエポスプラチナカード
国際ブランド
カード入会条件

18歳以上(高校生は除く)

20歳以上本人に安定した継続的な収入のある方

20歳以上本人に安定した継続的な収入のある方

年会費初年度無料5,000円
※インビテーションの場合は、無料
30,000円
※インビテーションの場合は、20,000円
次年度以降無料5,000円
※インビテーションの場合は、無料
30,000円
※インビテーションの場合は、20,000円
家族カード発行不可本会員の家族はエポスゴールドカードを年会費無料で発行可能本会員の家族はエポスゴールドカードを年会費無料で発行可能
ETCカード無料<br>※1枚まで発行可能無料<br>※1枚まで発行可能無料<br>※1枚まで発行可能
ポイントポイント名エポスポイントエポスポイントエポスポイント
ポイント有効期限〜24ヶ月無期限無期限
還元率(常時)0.5%0.5%0.5%
決済機能電子マネー

-

-

-

スマホ決済
空港ラウンジ国内

-

利用可能

本会員のみ

利用可能

同伴者1名も無料

海外

-

-

プライオリティパス

本会員のみ

海外旅行保険適応条件自動付帯自動付帯自動付帯
死亡後遺障害500万円1,000万円1億円
傷害治療200万円300万円300万円
疾病治療270万円300万円300万円
携行品損害20万円20万円100万円
賠償責任2,000万円2,000万円1億円
救援者費用100万円100万円200万円
航空機遅延保険--14万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用10万円)
国内旅行保険適応条件--利用付帯
死亡後遺障害--1億円
入院保険金日額--5,000円
通院保険金日額--3,000円
手術保険金--20万円
航空機遅延保険---
詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ
公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ

エポスカードについて

エポスカードは、百貨店のマルイグループが発行するクレジットカードです。

元々はマルイの提携カードから始まり、今はクレジットカード事業が独立して、マルイグループ内でも本業の小売事業よりも、 利益を出すようになっています。

クレジットカード業界の中でも、エポスカードは順調に成長し、拡大を続けています。
エポスカードが伸びている理由は、他社よりもカードスペックが優れている点にあると思います。
この記事では、エポスカードについて、解説していきます。

エポスカードの良いところ

まずは、エポスカードの良いところについて、まとめてみました。

順に説明していきます。

還元率が実は高い

エポスカードのポイント還元率は通常0.5%しかないので、正直低いですね。
しかし、ゴールド以上であれば、ボーナスポイントとファミリーボーナスポイントがもらえるので、利用金額によっては、他社のカードより得することもあります。

ボーナスポイント

ボーナスポイントについて以下の表にまとめます。

カード名エポスカードエポスゴールドカードエポスプラチナカード
カードエポスカードエポスゴールドカードエポスプラチナカード
常時還元率0.5%0.5%0.5%
ボーナスポイント(還元率)
年間50万円→損益分岐点 普通のカードよりゴールドの方がお得
年間50万円以上-2,500pt
(+0.25%~0.5%)
-
年間100万円以上-10,000pt
(+0.5%~1.0%)
※上限pt
20,000pt
(+1.0%~2.0%)
年間200万円→損益分岐点 ゴールドカードよりプラチナの方がお得
年間200万円以上-10,000pt
(+0.33%~0.5%)
30,000pt
(+1.0%~1.5%)
年間300万円以上-10,000pt
(+0.2%~0.33%)
40,000pt
(+0.8%~1.33%)
年間500万円以上-10,000pt
(+0.14%~0.2%)
50,000pt
(+0.71%~1.0%)
年間700万円以上-10,000pt
(+0.11%~0.14%)
60,000pt
(+0.78%~0.86%)
年間900万円以上-10,000pt
(+0.09%~0.11%)
70,000pt
(+0.63%~0.77%)
年間1,100万円以上-10,000pt
(+0.08%~0.09%)
80,000pt
(+0.62%~0.72%)
年間1,300万円以上-10,000pt
(+0.07%~0.08%)
90,000pt
(+0.6%~0.69%)
年間1,500万円以上-10,000pt
(+0.07%)
100,000pt
(+0.66%)
※上限pt

表で記載した通り、年間の利用額によって、ゴールドやプラチナはボーナスポイントがもらえます。
ボーナスポイントを加味したポイント還元率を算出すると、 プラチナは最大2.5%、ゴールドは最大1.5%にもなります。

年会費を加味した損益分岐についても、記載しました。
年間50万円以上利用するのであれば、エポスゴールドカードの方が得をします。
年間200万円以上利用する場合は、エポスプラチナカードの方が得をする計算になります。

ボーナスポイントがもらえるタイミングは集計期間の終了後、翌々月の中旬になります。

ファミリーボーナスポイント

さらにファミリー登録をしている場合は、ファミリーボーナスポイントをもらうことができます。

カード名エポスカードエポスゴールドカードエポスプラチナカード
カードエポスカードエポスゴールドカードエポスプラチナカード
ファミリーボーナスポイント(還元率)年間100万円以上-1,000pt
(+0.05%~0.1%)
2,000pt
(+0.1%~0.2%)
年間200万円以上-2,000pt
(+0.05%~0.1%)
4,000pt
(+0.1%~0.2%)
年間300万円以上-3,000pt
(+0.05%~0.1%)
6,000pt
(+0.1%~0.2%)

年間の利用額は、家族の合計金額になります。
ファミリーボーナスポイントは代表会員へと、付与されます。

誕生月ポイント2倍!

エポスプラチナカードは、誕生日月になると、ポイント還元率が2倍になります。
2倍といっても、そもそもポイント還元率が0.5%なので、1.0%の還元率になるだけです。。

有効期限が無期限

ゴールドとプラチナだけですが、有効期限が無期限となります。
有効期限を気にしなくて良くなるのは、嬉しいですね。


エポスカードは、通常の還元率は低いですが、ボーナスポイントによって、他社高還元率カードを、圧倒するポイント還元率になります。
残念ながら、ゴールドとプラチナのみのボーナスとなるので、普通のエポスカードのポイント還元率は低いです。

選べるポイントアップショップ

エポスカードには、「選べるポイントアップショップ」というサービスがあります。
このサービスは、ゴールドとプラチナのみが対象となります。

サービス内容としては、よく使うサービスを最大3つまで登録することができます。
登録すれば、登録した店でのポイント還元率が3倍(1.5%)になります。
300以上の候補があり、店だけでなく、東京電力などの、公共料金も登録可能です。
選べるポイントアップショップ (公式ぺージ )

選ぶときのコツは、年間で最もよくお金を使う店を選ぶようにしましょう!

マルイでの優待特典

ショッピング

エポスカードは、マルイとモディにて、優待特典があります。

マルコとマルオの7日間

年4回「マルコとマルオの7日間」のキャンペーンをしています。
期間中は、エポスカードで支払うと、10%の割引になります。
さらに、購入した品物の送料が全品無料にもなります。

優待特典がすごい!

エポスカードは、マルイ以外でも優待を受けれる店がたくさんあります。
日本全国の飲食店、遊園地、カラオケ、エステサロンなどで使える割引や特典がもらえるなどサービスがたくさんああります。
日々、優待の内容も変動しておりますので、以下の公式ページよりでチェックしてください!
エポトクプラザ (公式サイト)

旅行保険が無料付帯

エポスカードには、年会費無料なのに、海外旅行保険が無料で付帯されています。
保険の内容についても、保険の適応条件が自動付帯となっており、カードを所持しているだけで、保険適応となります。
海外で、怪我や病気などで病院に行くことがあっても、補償されるので、安心ですね。

以下の記事にて、クレジットカードの保険について、詳しく解説しているので、参考にしてください。

インビテーションで年会費が安くなる

エポスゴールドカードは、通常のエポスカードからの昇格(インビテーションが届く)の場合、 年会費が、通常5,000円かかるのですが、永久に無料になります。
もしくは、エポスゴールドカードを年間50万円以上利用した場合でも、翌年から年会費が永久に無料になります。

エポスプラチナカードも同様です。
エポスゴールドカードからの昇格(インビテーションが届く)の場合、 年会費が、通常30,000円かかるのですが、永久に20,000円になります。
エポスプラチナカードを年間100万円以上利用した場合でも、翌年から年会費が永久に20,000円になります。

空港ラウンジが使える

空港ラウンジ

空港ラウンジは、空港での飛行機の 待ち時間を、快適に過ごせる会員限定の待合室です。
エポスゴールドカード以上で、空港の提携ラウンジが無料で使えるようになります。
エポスゴールドカードは、年会費無料で持つこともできるので、お得ですね。
ただし、同伴者がいる場合は、有料となってしまいます。

エポスプラチナカードの場合は、同伴者がいても1名だけなら無料になります。
さらに、プライオリティパスも無料で付いてきます。

プライオリティパス

プライオリティパス

プライオリティパスとは、海外の空港ラウンジが無料で使えるパスカードのことです。
世界の1200か所以上の空港ラウンジが利用できます。
しかも、通常年会費429米ドルもするプレステージ会員のプライオリティパスとなります。

ただし、同伴者は有料となってしまいます。

エポスカードの悪いところ

ざんねん

今度は逆に、エポスカードの悪いところについて説明します。

ポイント還元率が低い

エポスカードのポイント還元率は、0.5%しかありません。
ポイント還元率は、クレジットカード選ぶ際に、最も重視するところなので、残念です。

国際ブランドがVISAのみ

エポスカードは国際ブランドが、VISAしか選べません。
クレジットカードの複数枚持つことを考えると、国際ブランドは複数選べた方がいいですね。


関連記事