評価について

  • 年会費の安さ、ETCの手数料、家族カードの年会費

    年会費の安さについて評価します。

    条件評価
    年会費無料
    1円 〜 2,000円
    2,001円 〜 20,000円
    20,001円 〜 50,000円
    50,001円以上
    初年度無料+1
    ETC年会費・発行手数料無料+1
    家族カード年会費無料
    (本会員が有料の場合のみ)
    +1
  • ポイント還元率の高さ

    ポイント還元率の高さによって評価を決めています。

    ポイント還元率評価
    2.0%
    1.5% 〜 1.99%
    1.2% 〜 1.49%
    1.0% 〜 1.19%
    0.6% 〜 0.99%
    0.3% 〜 0.59%
    0.3%未満
    ポイントなし
  • 国際ブランドの多様性

    国際ブランドの多様性がどれだけあるかを評価しています。
    1つだけしか選べない場合は「2」、2つの場合は「3」、3つの場合は「4」、4つの場合は「5」としています。

    選べる国際ブランドの数評価
    4つ以上
    3つ
    2つ
    1つ

    例えば、楽天カードの場合、選べる国際ブランドは、「マスターカード」「VISA」「JCB」「アメックス」の4つとなるので、「5」としています。

  • 決済機能の多様性

    「waon」「Edy」などの電子マネー機能や、「Applepay」「googlepay」などのスマホ決済機能の数の多さで評価します。

    決済機能の数評価
    5つ以上
    3〜4つ
    1〜2つ
  • 旅行保険

    無料で付帯されている旅行保険の内容について、加算方式で評価します。

    加算条件評価
    海外旅行保険が付帯+1
    国内旅行保険が付帯
    家族特約が付帯
    航空遅延保険が付帯
    適応条件が「自動付帯」
    手厚い補償金額
    傷害・疾病治療がない-1
    旅行保険機能なし

    例えば、エポスカードの場合は、海外旅行保険が自動付帯されているので、「2」となります。

ダイナースクラブまとめ

2019年04月27日

ダイナースクラブまとめ
  1. - 目次 -
  2. -ダイナースカードの比較表-
  3. 1 ダイナースクラブについて
    1. 1.1 ダイナースクラブといえば、ステイタス
    2. 1.2 使えるところが少ない!?
  4. 2 ダイナースクラブについて
    1. 2.1 マイルの還元率がめちゃ高い!
    2. 2.2 コンシェルジュデスク!?
  5. 3 まとめ

ダイナースカードの比較表

ダイナースカードのノーマルとANAカードをスペック別に、比較しました!
どう違いがあるかをチェックしましょう!

カード名JALカード CLUB-AゴールドカードダイナースクラブカードANAダイナースカードANAダイナース プレミアムカード
カードJALカード CLUB-AゴールドカードダイナースクラブカードANAダイナースカードANAダイナース プレミアムカード
国際ブランド
カード入会条件

20歳以上本人に安定した継続的な収入のある方

27歳以上

33歳以上勤続年数または営業年数10年以上役職者または自営の方、自家保有の方

インビテーション(招待制)

年会費(税込)初年度17,600円24,200円29,700円167,400円
本会員17,600円24,200円29,700円167,400円
家族カード8,800円5,500円6,600円無料
ポイントポイント名JALマイルダイナースクラブ リワードポイントダイナースクラブ リワードポイントダイナースクラブ リワードポイント
還元率(常時)1.0%0.4%1.0%1.5%
決済機能電子マネー

-

-

-

-

スマホ決済
空港ラウンジ国内利用可能利用可能利用可能利用可能
海外--利用可能プライオリティパス
海外旅行保険適応条件自動付帯自動付帯自動付帯自動付帯
死亡後遺障害5,000万円1億円
(自動付帯:5,000万円)
1億円
(自動付帯:5,000万円)
1億円
傷害治療150万円300万円300万円1,000万円
疾病治療150万円300万円300万円1,000万円
携行品損害100万円50万円100万円100万円
賠償責任2,000万円1億円1億円1億円
救援者費用150万円300万円400万円500万円
航空機遅延保険10万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
--10万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
適応条件(家族特約)---自動付帯
死亡後遺障害(家族特約)---1,000万円
傷害治療(家族特約)---200万円
疾病治療(家族特約)---200万円
携行品損害(家族特約)---50万円
賠償責任(家族特約)---2,000万円
救援者費用(家族特約)---200万円
航空機遅延保険(家族特約)---10万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
国内旅行保険適応条件自動付帯自動付帯自動付帯利用付帯
死亡後遺障害5,000万円1億円
(自動付帯:5,000万円)
1億円
(自動付帯:5,000万円)
1億円
入院保険金日額10,000円-10,000円5,000円
通院保険金日額3,000円-3,000円3,000円
手術保険金40万円-10万円20万円
航空機遅延保険10万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
---
適応条件(家族特約)---自動付帯
死亡後遺障害(家族特約)---1,000万円
入院保険金日額(家族特約)---5,000円
通院保険金日額(家族特約)---3,000円
手術保険金(家族特約)---20万円
航空機遅延保険(家族特約)----
ゴルファー保険--
エグゼクティブ ダイニング
→指定のレストランで、所定のコースメニューを2名以上で予約すると、1名分の料金が無料になります。6名以上の場合は、2名分が無料になります。
コナミスポーツクラブ法人会員
→「コナミスポーツクラブ」を法人会員料金で利用できます
プレミアム専用デスク--
→24時間365日対応可能の秘書サービスです。レストランやホテルの予約など、無料で請け負ってくれます。条件を使えれば、その条件にあった店を探し出し、予約までしてくれるます。
バースデーギフト--
→毎年、ダイナース社から何かしらお誕生日プレゼントがもらえます。内容は選べません。

上級会員資格

一休.comプレミアサービス会員--ダイヤモンドダイヤモンド
CLASS ONE--
→ビジネス・ファーストクラス旅行専門のH.I.S.エグゼクティブメンバーズクラブ
ダイナースクラブ 銀座ラウンジ--
→ダイナースクラブの銀座ラウンジが利用可能
手荷物宅配サービス
→海外から帰国の際に、荷物1個を対象空港から指定の場所まで無料で郵送します。
コートお預かりサービス--
→空港で30日間コートを預かってもらえるサービス。
キャンセルプロテクション--
→旅行やコンサートなどのイベントが、急な入院や通院などの事由でキャンセルとなってしまった場合、キャンセル費用が補償される
詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ
公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ
カード名ダイナースクラブ・プレミアムカード
カードダイナースクラブ・プレミアムカード
国際ブランド
カード入会条件

インビテーション(招待制)

年会費(税込)初年度140,400円
本会員140,400円
家族カード無料
ポイントポイント名ダイナースクラブ リワードポイント
還元率(常時)2.0%
決済機能電子マネー

-

スマホ決済
空港ラウンジ国内利用可能
海外プライオリティパス
海外旅行保険適応条件自動付帯
死亡後遺障害1億円
傷害治療1,000万円
疾病治療1,000万円
携行品損害100万円
賠償責任1億円
救援者費用1,000万円
航空機遅延保険10万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
適応条件(家族特約)自動付帯
死亡後遺障害(家族特約)1,000万円
傷害治療(家族特約)200万円
疾病治療(家族特約)200万円
携行品損害(家族特約)50万円
賠償責任(家族特約)2,000万円
救援者費用(家族特約)200万円
航空機遅延保険(家族特約)10万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
国内旅行保険適応条件利用付帯
死亡後遺障害1億円
入院保険金日額5,000円
通院保険金日額3,000円
手術保険金20万円
航空機遅延保険-
適応条件(家族特約)自動付帯
死亡後遺障害(家族特約)1,000万円
入院保険金日額(家族特約)5,000円
通院保険金日額(家族特約)3,000円
手術保険金(家族特約)20万円
航空機遅延保険(家族特約)-
ゴルファー保険--
エグゼクティブ ダイニング
→指定のレストランで、所定のコースメニューを2名以上で予約すると、1名分の料金が無料になります。6名以上の場合は、2名分が無料になります。
コナミスポーツクラブ法人会員
→「コナミスポーツクラブ」を法人会員料金で利用できます
プレミアム専用デスク--
→24時間365日対応可能の秘書サービスです。レストランやホテルの予約など、無料で請け負ってくれます。条件を使えれば、その条件にあった店を探し出し、予約までしてくれるます。
バースデーギフト--
→毎年、ダイナース社から何かしらお誕生日プレゼントがもらえます。内容は選べません。

上級会員資格

一休.comプレミアサービス会員--ダイヤモンドダイヤモンド
CLASS ONE--
→ビジネス・ファーストクラス旅行専門のH.I.S.エグゼクティブメンバーズクラブ
ダイナースクラブ 銀座ラウンジ--
→ダイナースクラブの銀座ラウンジが利用可能
手荷物宅配サービス
→海外から帰国の際に、荷物1個を対象空港から指定の場所まで無料で郵送します。
コートお預かりサービス--
→空港で30日間コートを預かってもらえるサービス。
キャンセルプロテクション--
→旅行やコンサートなどのイベントが、急な入院や通院などの事由でキャンセルとなってしまった場合、キャンセル費用が補償される
詳細ページ詳細ページ
公式ページ公式ページ

ダイナースクラブについて

国際ブランドの一つ

ダイナースクラブ

ダイナースはクレジットカード発行会社でもあり、7大国際ブランドの一つでもあります。

7大国際ブランドとは、VISA、Mastercard、AMEX、JCB、ダイナースクラブ、銀聯カード、 日本では馴染みがないですが、ディスカバーカードのことを指します。
その内のほとんどがアメリカの企業が運営する国際ブランドとなり、銀聯が中国、JCBが日本となっています。

ダイナースの特徴としては、自社のみでクレジットカードを発行しているところです。

国際ブランドVISAマスターカードJCBアメックスダイナースクラブ
VISAマスターカードJCBAMEXVIダイナースSA
発行国アメリカアメリカ日本アメリカアメリカ

カード発行

委託-
自社--

自社で全て管理しているので、その商品価値としてのブランディングが保たれております。

ダイナースクラブといえば、ステイタス

ご存知の方も多いですが、ダイナースクラブは高いステイタスを誇るクレジットカードです。
最低の年会費が、23,760円(税込)もするので、他社のプラチナカードに匹敵する年会費です。
庶民には少し背伸びしないと持てないカードですね。

さらに、ダイナースクラブには、ブラックカードが実在します。
もはや、幻のカードとなっており、限られた人のみが所有できるVIPカードです。
持つには、インビテーションを受けないといけないので、庶民には手の届かないカードです。
持てたとしても、年会費が140,400円(税込)もするので、庶民である私にとっては、必要のないカードです。

持っているだけで崇拝されるアイテム、まるで水戸黄門のご印籠のような効果が発揮できますww

使えるところが少ない!?

ダイナースクラブが使える店は、visaやマスターに比べると少ないです。 使えたとしても、高級店ばかりで、私がよく行く庶民の店は使えません。そもそも、クレジットカードすら使えないけどね。。
ただ、JCBとの提携によって、JCBの使えるお店で、ダイナースクラブが使えます。一部使えないお店もあるようです。 なので、結論、ほとんどの庶民のお店でも使えます!

ボンボン

ダイナースクラブの特徴

ダイナースクラブカードの良いところを説明します。

マイルの還元率がめちゃ高い!

ダイナースクラブカードは100円ごとに1ptたまります。 これは、普通に使うと0.4円/ptの価値しかないですが、 マイルに変更すれば、1ptで1マイルへ交換できます。 なので、常時のポイント還元率が1%もあります。 交換先のANAマイルは年間40,000マイルしか交換できないので、年間400万円以上使うのであれば、注意です。

さらにプラチナムの場合は、なんと還元率が常時2.0%になります。 なので、200万円使うと、ハワイ往復分のマイルがたまります。このポイント還元率は、私の知る限りクレジットカードの中で最高還元率となります。

しかし、残念ながら、2019年9月16日よりマイル還元率が、2.0%から1.5%へ改悪してしまいます。
つまり、ANAプラチナムと肩を並べる形です。

コンシェルジュデスク

プラチナム会員は24時間365日無料で対応可能なコンシェルジュサービスが付きます。
コンシェルジュに条件を伝えれば、条件にあったレストラン、ホテルなどを紹介、予約までしてもらえます。

まとめ

今回記事制作をするにあたり、ダイナースクラブについて色々調べました。
まずこのカードの良さとして、常時2.0%というポイント還元率が素晴らしいです。
しかし、改悪予定です。。残念。
そして、ステイタスの高さです。支払いの際は、高級車に乗っているかのような優越感に浸れるでしょう。 ただ、年会費が高いので庶民には手の届きにくいカードですね。

以上


関連記事