評価について

  • 年会費の安さ、ETCの手数料、家族カードの年会費

    年会費の安さについて評価します。

    条件評価
    年会費無料
    1円 〜 2,000円
    2,001円 〜 20,000円
    20,001円 〜 50,000円
    50,001円以上
    初年度無料+1
    ETC年会費・発行手数料無料+1
    家族カード年会費無料
    (本会員が有料の場合のみ)
    +1
  • ポイント還元率の高さ

    ポイント還元率の高さによって評価を決めています。

    ポイント還元率評価
    2.0%
    1.5% 〜 1.99%
    1.2% 〜 1.49%
    1.0% 〜 1.19%
    0.6% 〜 0.99%
    0.3% 〜 0.59%
    0.3%未満
    ポイントなし
  • 国際ブランドの多様性

    国際ブランドの多様性がどれだけあるかを評価しています。
    1つだけしか選べない場合は「2」、2つの場合は「3」、3つの場合は「4」、4つの場合は「5」としています。

    選べる国際ブランドの数評価
    4つ以上
    3つ
    2つ
    1つ

    例えば、楽天カードの場合、選べる国際ブランドは、「マスターカード」「VISA」「JCB」「アメックス」の4つとなるので、「5」としています。

  • 決済機能の多様性

    「waon」「Edy」などの電子マネー機能や、「Applepay」「googlepay」などのスマホ決済機能の数の多さで評価します。

    決済機能の数評価
    5つ以上
    3〜4つ
    1〜2つ
  • 旅行保険

    無料で付帯されている旅行保険の内容について、加算方式で評価します。

    加算条件評価
    海外旅行保険が付帯+1
    国内旅行保険が付帯
    家族特約が付帯
    航空遅延保険が付帯
    適応条件が「自動付帯」
    手厚い補償金額
    傷害・疾病治療がない-1
    旅行保険機能なし

    例えば、エポスカードの場合は、海外旅行保険が自動付帯されているので、「2」となります。

dカードのスペックやお得な使いかたを解説!

2020年05月09日

dカードのスペックやお得な使いかたを解説!
  1. - 目次 -
  2. -dカードの比較表-
  3. 1 dカードの強み
    1. 1.1 通常のdカードであれば年会費が無料
    2. 1.2 ポイントがザクザク貯まる
    3. 1.3 補償や保険が充実している
    4. 1.4 旅行やレジャーでのサポートも充実している
  4. 2 dカードの弱み
    1. 2.1 通常のdカードだと還元率は低め
    2. 2.2 国内旅行保険と海外旅行保険はdカードGOLDのみ
  5. 3 dカードGOLDは年会費がかかる

dカードの比較表

dカードのノーマルとゴールドをスペック別に、比較しました!
どう違いがあるかをチェックしましょう!

カード名dカードdカード GOLD
カードdカードdカード GOLD
国際ブランド
カード入会条件

18歳以上(高校生は除く)

18歳以上(高校生は除く)

年会費(税込)初年度無料11,000円
本会員無料11,000円
家族カード無料1,100円(初年度無料)
ETCカード550円(初年度無料)<br>※年1回以上利用で翌年度無料無料
ポイントポイント名dポイントdポイント
還元率(常時)1.0%1.0%
決済機能電子マネー
スマホ決済
国内空港ラウンジ-利用可能本会員のみ
海外旅行保険適応条件-自動付帯
死亡後遺障害-1億円
(自動付帯:5,000万円)
傷害治療-300万円
疾病治療-300万円
携行品損害-50万円
賠償責任-5,000万円
救援者費用-500万円
航空機遅延保険-6万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等1万円、寄託手荷物遅延費用1万円、寄託手荷物紛失費用2万円)
適応条件(家族特約)-自動付帯
死亡後遺障害(家族特約)-1,000万円(自動付帯:1,000万円)
傷害治療(家族特約)-50万円
疾病治療(家族特約)-50万円
携行品損害(家族特約)-15万円
賠償責任(家族特約)-1,000万円
救援者費用(家族特約)-50万円
航空機遅延保険(家族特約)--
国内旅行保険適応条件-利用付帯
死亡後遺障害-5,000万円
入院保険金日額-5,000円
通院保険金日額-3,000円
手術保険金-5万円
航空機遅延保険-10万円
(乗継遅延費用6万円、出航遅延費用等1万円、寄託手荷物遅延費用1万円、寄託手荷物紛失費用2万円)
詳細ページ詳細ページ詳細ページ
公式ページ公式ページ公式ページ

最近ではテレビコマーシャルをはじめ、さまざまなメディアでdカードについて取り上げられていますね。

dカードには通常のdカードとdカードGOLDの2種類があるのですが、ここではdカードGOLDを含めたdカードの強みと弱みを解析していきたいと思います。

dカードの強み

まずは、dカードの強みについて説明していきます。

以下にdカードの強みをまとめてみました。

それぞれについて詳しく見ていきたいと思います。

1.1 通常のdカードであれば年会費が無料

通常のdカードであれば、年会費は無料となっています。

クレジットカードを利用する上で、年会費を気にする方というのはとても多い傾向にあります。

通常のdカードに限りますが、年会費が無料というのは大きな強みになってくるかと思います。

実際に「年会費が無料なら……」と申し込みをしようと思えますよね。

年会費無料というのは、申し込みへのハードルをぐっと下げてくれる要素でもあるのです。

1.2 ポイントがザクザク貯まる

dカードにおいてはポイントがザクザク貯まるというのも強みになります。

通常のdカードでもdカードGOLDでも基本的には100円(税込み)につき1ポイント貯まるようになっています。

つまり、1%のポイント還元率です。

これにプラスして、dカード特約店での利用やdカードポイントUPモールの経由によってもらえるポイントがアップしていきます。

dカード特約店に関してはENEOSやオリックスレンタカーなどのカーライフ、ルートインホテルズやJALなどの旅行、髙島屋や伊勢丹などのショッピング、ショップジャパンやドコモオンラインショップなどのネットショッピング、日経ヴェリタスや日経ビジネス/日経WOMANなどの本・出版、スターバックスカードドトールバリューカードなどのレストラン・カフェといった具合にさまざまなジャンルが用意されています。

日頃利用するであろうジャンルはほぼ網羅されていますので、使いどころが多いのも魅力ですね。

dカードポイントUPモールに関しては、dアカウントとパスワードが必要になりますが基本的にはdカードポイントUPモールを経由してdカードで購入するだけでOKです。

それだけで1.5倍から10.5倍のポイントが貯まるようになります。

Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなど定番ショップと提携しているので、こちらもかなり使えますよ。

dカード特約店利用でのポイントアップもdポイントUPモールでのポイントアップもdカードとdカードGOLDの両方に対応しています。

さらに、dカードGOLDだけのポイント還元があります。

dカードGOLDなら毎月のドコモのケータイもしくは「ドコモ光」の利用料金1000円(税抜き)につき、税抜き金額の10%のdポイントが貯まるようになっています。

1000円(税抜き)につき100ポイントですので、これは大きいです。

1.3 補償や保険が充実している

dカードは補償や保険もかなり充実しています。

まず、dカードケータイ補償についてです。

利用中の携帯電話端末が購入から通常のdカードなら1年以内、dカード GOLDなら3年以内に、偶然の事故で紛失・盗難または修理不能(水濡れ・全損等)となってしまい、新しく同じ機種・同じカラーの携帯電話端末をドコモショップ等で契約中のdカードを利用して購入した場合に購入費用の一部を補償するというのがdカードケータイ補償になります。

通常のdカードであれば新端末の購入金額または頭金および事務手数料のうち最大10,000円、dカード GOLDであれば新端末の購入金額または頭金および事務手数料のうち最大100,000円がdカード利用代金の請求額から補償金額を減額する形で補償されます。

次に、お買物あんしん保険についてです。

通常のdカードまたはdカード GOLDで購入した品物が万一盗難や破損などの損害を受けた場合に購入日から起算して90日間まで補償してくれるのがお買物あんしん保険です。

通常のdカードの場合、対象となる物品をdカードを使って国内でリボ払いまたは3回以上の分割払いをしているときや海外で支払っているときに年間100万円を上限に補償してくれます。

dカードGOLDの場合、対象となる物品をdカードGOLDを使って購入したときに年間300万円を上限に補償してくれます。

そして、通常のdカードもdカードGOLDも万が一不正使用の被害に遭ったときでも安心です。

紛失や盗難によってクレジットカードや会員番号を他人に不正使用されてしまった場合も会員補償制度がありますので、特殊なケースを除き、紛失・盗難の届け出日の90日前から期限なしでその損害を補償してくれますよ。

1.4 旅行やレジャーでのサポートも充実している

通常のdカードもdカードGOLDも旅行やレジャーでのサポートが期待できます。

世界各地で日本語スタッフが現地の最新情報やホテル、レストランの紹介、各種交通機関などを案内してくれますし、世界最大のネットワークを誇るハーツレンタカーの割引優待サービスも用意されています。

さらに、海外でもカード紛失・盗難受付デスクが24時間年中無休で対応してくれます。

これらは通常のdカードでもdカードGOLDでも利用できるのですが、dカードGOLDでのみ利用できるサポートもあります。

例えば、ラウンジ入口でdカード GOLDと当日のフライトチケットの半券を提示すれば国内・ハワイの主要空港でラウンジが無料で利用できます。

他にも国内旅行保険や海外旅行保険もdカードGOLDだけとなっています。

国内旅行保険では国内での出張や旅行での不慮の事故をサポートする国内旅行傷害保険に利用航空機の遅延などによって生じた思わぬ費用を補償する国内航空便遅延費用特約がセットになっており、最大で5000万円まで補償してくれます。

海外旅行保険では海外旅行中のケガや病気による治療費用の他にも旅行に欠かせないカメラなど携行品の損傷、あるいはホテルのカーペットなどを汚してしまった場合の損害賠償まで幅広くサポートしてくれて、その補償額は最大で1億円となっています。

dカードの弱み

dカードに限ったことではないのですが、良い面があれば悪い面もあります。

dカードの弱みとしては、以下が挙げられます。

弱みについてもそれぞれ詳しく見ていきましょう。

2.1 通常のdカードだと還元率は低め

通常のdカードもdカードGOLDも基本的なポイント還元率は同じなのですが、やはりdカードGOLDに関しては毎月のドコモケータイおよび「ドコモ光」利用料金の10%ポイント還元が大きいです。

dカード特約店やdポイントUPモールでポイントアップを図っても、どうしてもdカードGOLDには敵わないですね。

2.2 国内旅行保険と海外旅行保険はdカードGOLDのみ

通常のdカードには国内旅行保険と海外旅行保険がついていないのに対して、dカードGOLDには国内旅行保険と海外旅行保険がついてきます。

最近では国内旅行だけではなく海外旅行を楽しむ方が増えていますので、クレジットカード全体で見ても国内旅行保険や海外旅行保険がついているものが多い印象です。

補償上限が少なくともついていて当然くらいの感覚の方もいるでしょう。

そういった中で国内旅行保険も海外旅行保険もついていない通常のdカードというのは、いまいちパンチに欠ける部分もあるかもしれませんね。

dカードGOLDは年会費がかかる

通常のdカードが年会費無料なのに対して、dカードGOLDは年会費がかかります。

何百円や数千円くらいであれば「まぁ……」という方もいるかもしれませんが、dカードGOLDの年会費は何と税抜きで10000円です。

結構な負担になりますし、申し込みをする上でのハードルはかなり高いと思います。

ただ、年会費に関しては毎月のドコモのケータイおよび「ドコモ光」利用料金の10%還元だけで元が取れる可能性はあります。


関連記事