評価について

  • 年会費の安さ、ETCの手数料、家族カードの年会費

    年会費の安さについて評価します。

    条件評価
    年会費無料
    1円 〜 2,000円
    2,001円 〜 20,000円
    20,001円 〜 50,000円
    50,001円以上
    初年度無料+1
    ETC年会費・発行手数料無料+1
    家族カード年会費無料
    (本会員が有料の場合のみ)
    +1
  • ポイント還元率の高さ

    ポイント還元率の高さによって評価を決めています。

    ポイント還元率評価
    2.0%
    1.5% 〜 1.99%
    1.2% 〜 1.49%
    1.0% 〜 1.19%
    0.6% 〜 0.99%
    0.3% 〜 0.59%
    0.3%未満
    ポイントなし
  • 国際ブランドの多様性

    国際ブランドの多様性がどれだけあるかを評価しています。
    1つだけしか選べない場合は「2」、2つの場合は「3」、3つの場合は「4」、4つの場合は「5」としています。

    選べる国際ブランドの数評価
    4つ以上
    3つ
    2つ
    1つ

    例えば、楽天カードの場合、選べる国際ブランドは、「マスターカード」「VISA」「JCB」「アメックス」の4つとなるので、「5」としています。

  • 決済機能の多様性

    「waon」「Edy」などの電子マネー機能や、「Applepay」「googlepay」などのスマホ決済機能の数の多さで評価します。

    決済機能の数評価
    5つ以上
    3〜4つ
    1〜2つ
  • 旅行保険

    無料で付帯されている旅行保険の内容について、加算方式で評価します。

    加算条件評価
    海外旅行保険が付帯+1
    国内旅行保険が付帯
    家族特約が付帯
    航空遅延保険が付帯
    適応条件が「自動付帯」
    手厚い補償金額
    傷害・疾病治療がない-1
    旅行保険機能なし

    例えば、エポスカードの場合は、海外旅行保険が自動付帯されているので、「2」となります。

法人カード比較表

2019年07月10日

法人カード比較表
  1. - 目次 -
  2. -法人カードのおすすめカード比較表-
  3. 1 法人カードについて
    1. 1.1 一般のクレジットカードとの違い
    2. 1.2 法人カードのメリット
  4. 2 コストパフォーマンスについて
  5. 3 出張向けの機能について
    1. 3.1 海外旅行保険について
    2. 3.2 空港ラウンジ

法人カードのおすすめカード比較表

法人カードのおすすめカードをスペック別に、比較しました!
どのカードが良いかチェックしましょう!

カード名ライフカードビジネス(スタンダード)ビジネクスト・法人クレジットカードセゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードJCB法人カード
カードライフカードビジネス(スタンダード)ビジネクスト・法人クレジットカードセゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードJCB法人カード
国際ブランド
カード入会条件

法人の代表者または個人事業主

法人の代表者または個人事業主

20歳以上法人の代表者または個人事業主

18歳以上法人の代表者または個人事業主

限度額

10万円〜500万円

5万円〜300万円
※300万円超の限度額設定も相談可能

-

-

年会費(税込)初年度無料無料1,100円無料
本会員無料無料1,100円1,375円
追加カード無料発行不可無料1,375円
ポイントポイント名-LIFEサンクスポイントセゾン永久不滅ポイントOki Dokiポイント
還元率(常時)-0.25%0.5%0.47%
電子マネー機能

-

-

-

-

スマホ決済機能
空港ラウンジ国内----
海外----
海外旅行保険適応条件---利用付帯
死亡後遺障害---3,000万円
傷害治療---100万円
疾病治療---100万円
携行品損害---100万円
賠償責任---2,000万円
救援者費用---100万円
航空機遅延保険----
国内旅行保険適応条件---利用付帯
死亡後遺障害---3,000万円
入院保険金日額----
通院保険金日額----
手術保険金----
航空機遅延保険----
詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ
公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ
カード名三井住友ビジネスカード クラシック(一般)カードUC法人カード 一般MUFGカード ビジネス(Visa・MasterCard)ANA JCB法人カード 一般カード
カード三井住友ビジネスカード クラシック(一般)カードUC法人カード 一般MUFGカード ビジネス(Visa・MasterCard)ANA JCB法人カード 一般カード
国際ブランド
カード入会条件

法人の代表者

法人の代表者または個人事業主

法人の代表者または個人事業主黒字決算の方

18歳以上法人の代表者または個人事業主

限度額

20万円〜150万円

20万円〜300万円

40万円〜80万円
※カード使用者の合算枠

-

年会費(税込)初年度1,375円1,375円1,375円2,475円
本会員1,375円1,375円1,375円2,475円
追加カード440円1,375円1,375円825円
ポイントポイント名ワールドプレゼントポイント永久不滅ポイントグローバルポイントOki Dokiポイント
還元率(常時)0.45%0.5%0.49%1.0%
電子マネー機能

-

-

-

-

スマホ決済機能
空港ラウンジ国内----
海外----
海外旅行保険適応条件利用付帯--自動付帯
死亡後遺障害2,000万円--1,000万円
傷害治療50万円---
疾病治療50万円---
携行品損害15万円---
賠償責任2,000万円---
救援者費用100万円--100万円
航空機遅延保険----
国内旅行保険適応条件---自動付帯
死亡後遺障害---1,000万円
入院保険金日額----
通院保険金日額----
手術保険金----
航空機遅延保険----
詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ
公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ
カード名ETC/JCB法人カード 一般カードSBS Executive Business Card CLASSICANA JCB法人カード ワイドカード三井住友ビジネスカード ゴールドカード
カードETC/JCB法人カード 一般カードSBS Executive Business Card CLASSICANA JCB法人カード ワイドカード三井住友ビジネスカード ゴールドカード
国際ブランド
カード入会条件

18歳以上法人の代表者または個人事業主

法人の代表者または個人事業主

18歳以上法人の代表者または個人事業主

法人の代表者

限度額

-

10万円〜150万円

-

20万円〜300万円

年会費(税込)初年度無料無料12,925円11,000円
本会員1,375円11,000円12,925円11,000円
追加カード1,375円(初年度無料)1,650円(初年度無料)825円2,200円
ポイントポイント名Oki DokiポイントワールドプレゼントポイントOki Dokiポイントワールドプレゼントポイント
還元率(常時)0.47%0.45%1.0%0.5%
電子マネー機能

-

-

-

-

スマホ決済機能
空港ラウンジ国内---利用可能
海外----
海外旅行保険適応条件-利用付帯自動付帯自動付帯
死亡後遺障害-2,000万円5,000万円5,000万円
(自動付帯:1,000万円)
傷害治療-50万円150万円300万円
疾病治療-50万円150万円300万円
携行品損害-15万円50万円50万円
賠償責任-2,000万円2,000万円5,000万円
救援者費用-100万円100万円500万円
航空機遅延保険----
国内旅行保険適応条件--自動付帯利用付帯
死亡後遺障害--5,000万円5,000万円
入院保険金日額--10,000円5,000円
通院保険金日額--2,000円2,000円
手術保険金--10万円20万円
航空機遅延保険----
詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ
公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ
カード名JCBゴールド法人カードMUFGカード・ゴールドプレステージ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード三井住友ビジネスカード プラチナカード
カードJCBゴールド法人カードMUFGカード・ゴールドプレステージ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード三井住友ビジネスカード プラチナカード
国際ブランド
カード入会条件

18歳以上法人の代表者または個人事業主

勤続年数または営業年数3年以上法人の代表者または個人事業主2期連続黒字決算の方

20歳以上

法人の代表者

限度額

-

100万円〜300万円
※カード使用者の合算枠

-

150万円〜500万円

年会費(税込)初年度無料11,000円22,000円55,000円
本会員11,000円11,000円22,000円55,000円
追加カード3,300円2,200円3,300円5,500円
ポイントポイント名Oki DokiポイントMUFGカード・アメリカン・エキスプレス・カード グローバルポイントセゾン永久不滅ポイントワールドプレゼントポイント
還元率(常時)0.47%0.49%0.5%0.5%
電子マネー機能

-

-

-

-

スマホ決済機能

-

空港ラウンジ国内利用可能利用可能利用可能利用可能
海外--プライオリティパスプライオリティパス
海外旅行保険適応条件自動付帯自動付帯自動付帯自動付帯
死亡後遺障害1億円
(自動付帯:5,000万円)
5,000万円1億円1億円
傷害治療300万円300万円300万円500万円
疾病治療300万円300万円300万円500万円
携行品損害100万円100万円50万円100万円
賠償責任1億円5,000万円5,000万円1億円
救援者費用400万円400万円300万円1,000万円
航空機遅延保険10万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
6万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等1万円、寄託手荷物遅延費用1万円、寄託手荷物紛失費用2万円)
16万円
(乗継遅延費用3万円、出航遅延費用等3万円、寄託手荷物遅延費用10万円)
10万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
国内旅行保険適応条件自動付帯利用付帯利用付帯自動付帯
死亡後遺障害5,000万円5,000万円5,000万円1億円
入院保険金日額5,000円5,000円5,000円5,000円
通院保険金日額2,000円2,000円3,000円2,000円
手術保険金20万円20万円-20万円
航空機遅延保険18万円
(乗継遅延費用10万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
6万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等1万円、寄託手荷物遅延費用1万円、寄託手荷物紛失費用2万円)
-18万円
(乗継遅延費用10万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ
公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ
カード名MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードダイナースクラブ ビジネスカード
カードMUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードダイナースクラブ ビジネスカード
国際ブランド
カード入会条件

勤続年数または営業年数3年以上法人の代表者または個人事業主2期連続黒字決算の方

20歳以上法人の代表者または個人事業主

27歳以上法人の代表者または個人事業主

限度額

100万円〜500万円
※カード使用者の合算枠

-

一律の利用制限なし

年会費(税込)初年度22,000円無料29,700円
本会員22,000円13,200円29,700円
追加カード3,300円6,600円無料
ポイントポイント名MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード グローバルポイントメンバーシップ・リワードダイナースクラブ リワードポイント
還元率(常時)0.49%1.0%0.4%
電子マネー機能

-

-

-

スマホ決済機能

-

-

空港ラウンジ国内利用可能利用可能利用可能
海外プライオリティパス-利用可能
海外旅行保険適応条件自動付帯利用付帯自動付帯
死亡後遺障害1億円
(自動付帯:5,000万円)
5,000万円1億円
(自動付帯:5,000万円)
傷害治療300万円300万円300万円
疾病治療300万円300万円300万円
携行品損害100万円100万円100万円
賠償責任5,000万円4,000万円1億円
救援者費用400万円400万円300万円
航空機遅延保険6万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等1万円、寄託手荷物遅延費用1万円、寄託手荷物紛失費用2万円)
--
国内旅行保険適応条件自動付帯利用付帯利用付帯
死亡後遺障害5,000万円5,000万円1億円
入院保険金日額5,000円-5,000円
通院保険金日額2,000円-3,000円
手術保険金20万円-20万円
航空機遅延保険6万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等1万円、寄託手荷物遅延費用1万円、寄託手荷物紛失費用2万円)
--
詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ
公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ

法人カードについて

法人カードとは、法人(企業、個人事業主など)が使えるクレジットカードのことです。
以下にて、簡単に説明します。

一般のクレジットカードとの違い

一般カードと比較して、利用する上では、ほとんど大差はないです。
ここで、重要なポイントが法人口座に設定できるところです。

法人カードのメリット

法人カードを持つ理由としては、経理業務の削減が挙げられます。

法人カードを持っていない場合、個人のクレジットカードで備品の購入や接待など行った場合は、経費申請や経費精算の業務が発生します。 しかし、法人カードを使用していれば、経費申請や経費精算を省略でき、業務効率が上がります。

特に、フリーランスや個人事業主で活動している場合は、私用と業務用とで、 経費が混合されてしまい、後々の確定申告時にめんどくさいことになります。
そうなる前に、法人カードで私用と業務用をしっかり分けておくことをお勧めします。

コストパフォーマンスについて

コストパフォーマンスを考える上で、重要なポイントが、年会費、追加カードの年会費、ポイント還元の3つとなります。

例えば、年会費が無料のライフカードビジネスですが、ポイント還元がありません。
同じ、年会費実質無料のセゾンパールであれば、ポイント還元が0.5%あるので、コストパフォーマンスは高いことがわかります。

年会費が高くても、セゾンプラチナビジネスアメックスに関しては、年会費がカードを年間200万円以上使うと、10,800円となり、 ポイント還元率が1.25%もあるので、年間200万円以上使う人にとっては、コストパフォーマンスが最も良いカードになります。

ダイナースビジネスカードに関しても、年会費は、29,160円と高いのですが、 追加カードの年会費が無料なので、追加カードをたくさん発行すれば、1枚あたりの年会費は安くなります。

カード枚数TOTAL年会費(税込)
1枚29,160円
2枚14,580円
3枚9,720円
4枚7,290円
5枚5,832円
6枚4,860円
7枚4,166円
8枚3,645円
9枚3,240円
10枚2,916円

たくさん追加カードを発行するのであれば、ダイナースビジネスカードはポイント還元率も高いので、おすすめです。

出張向けの機能について

法人カードに限らず、クレジットカードには旅行向けの機能が付帯されています。
中でも、お得な機能としては、海外旅行保険付帯空港ラウンジ利用パス機能です。

海外旅行保険について

クレジットカードには、海外旅行保険が付帯されてカードと、付帯されていないカードがあります。
カードの年会費やランク(ゴールド、プラチナなど)によって、付帯の有無や付帯されている内容が変わります。
上記の比較表に旅行保険についてまとめてありますので、チェックしてみてください。

法人カードの旅行保険は、海外出張に行く時に役に立ちます。
海外出張中に怪我や病気にかかってしまった場合、日本の健康保険は使えないので、 全額実費になり、高額な治療費を請求されることがあります。 他にも、海外では油断してるとカバンを盗まれたり、強盗に会うこともありえます。

海外旅行保険が付帯れていれば、治療費や被害にあった金額を保障してくれます。

空港ラウンジ

空港ラウンジ

ゴールドランク以上のクレカには国内空港の待合いラウンジが利用できるパス機能がついています。
ラウンジの受付にクレカを提示するだけで、ラウンジの利用が可能です。

プラチナランク以上になると、海外の空港のラウンジが利用できるプライオリティパスなどを年会費無料で発行することができます。

プライオリティパス

法人カードで空港ラウンジのパス機能があれば、飛行機を使う出張で、役に立ちます。
空港ラウンジでは、ドリンクが飲み放題、軽食も食べ放題、フリーwi-fi、充電が可能といった環境が整っているので、搭乗までの待ち時間で一仕事することが可能です。

空港ラウンジの機能についても、上記の比較表にまとめていますので、チェックしてください。

以上


関連記事