評価について

  • 年会費の安さ、ETCの手数料、家族カードの年会費

    年会費の安さについて評価します。

    条件評価
    年会費無料
    1円 〜 2,000円
    2,001円 〜 20,000円
    20,001円 〜 50,000円
    50,001円以上
    初年度無料+1
    ETC年会費・発行手数料無料+1
    家族カード年会費無料
    (本会員が有料の場合のみ)
    +1
  • ポイント還元率の高さ

    ポイント還元率の高さによって評価を決めています。

    ポイント還元率評価
    2.0%
    1.5% 〜 1.99%
    1.2% 〜 1.49%
    1.0% 〜 1.19%
    0.6% 〜 0.99%
    0.3% 〜 0.59%
    0.3%未満
    ポイントなし
  • 国際ブランドの多様性

    国際ブランドの多様性がどれだけあるかを評価しています。
    1つだけしか選べない場合は「2」、2つの場合は「3」、3つの場合は「4」、4つの場合は「5」としています。

    選べる国際ブランドの数評価
    4つ以上
    3つ
    2つ
    1つ

    例えば、楽天カードの場合、選べる国際ブランドは、「マスターカード」「VISA」「JCB」「アメックス」の4つとなるので、「5」としています。

  • 決済機能の多様性

    「waon」「Edy」などの電子マネー機能や、「Applepay」「googlepay」などのスマホ決済機能の数の多さで評価します。

    決済機能の数評価
    5つ以上
    3〜4つ
    1〜2つ
  • 旅行保険

    無料で付帯されている旅行保険の内容について、加算方式で評価します。

    加算条件評価
    海外旅行保険が付帯+1
    国内旅行保険が付帯
    家族特約が付帯
    航空遅延保険が付帯
    適応条件が「自動付帯」
    手厚い補償金額
    傷害・疾病治療がない-1
    旅行保険機能なし

    例えば、エポスカードの場合は、海外旅行保険が自動付帯されているので、「2」となります。

ANAカードまとめ

2019年06月06日

ANAカードまとめ
  1. - 目次 -
  2. -ANAカードの比較表-
  3. 1 ANAカードについて
    1. 1.1 ANAマイルがたまる
  4. 2 まとめ

ANAカードの比較表

ANAカードのおすすめカードをスペック別に、比較しました!
どう違いがあるかをチェックしましょう!

カード名ANA JCBカード ZEROANAアメリカン・エキスプレス・カードJALカードSuicaANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)
カードANA JCBカード ZEROANAアメリカン・エキスプレス・カードJALカードSuicaANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)
国際ブランド
カード入会条件

18歳以上〜29歳以下本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方

20歳以上本人に安定した継続的な収入のある方

18歳以上(高校生は除く)

18歳以上本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方学生可

年会費(税込)初年度無料7,700円無料無料
本会員無料7,700円2,200円2,200円
追加カード発行不可2,750円発行不可1,100円
ポイントポイント名Oki DokiポイントANAアメリカン・エキスプレス メンバーシップ・リワードJALマイルANAマイル/Oki Dokiポイント
有効期限〜24ヶ月〜36ヶ月-〜24ヶ月
還元率(常時)0.5%1.0%0.5%1.0%
入会・継続マイル-1,000マイル-1,000マイル
搭乗ボーナス-10%10%10%
電子マネー機能

-

スマホ決済機能
空港ラウンジ国内-利用可能本会員のみ--
海外----
海外旅行保険適応条件-利用付帯自動付帯自動付帯
死亡後遺障害-3,000万円1,000万円1,000万円
傷害治療-100万円--
疾病治療-100万円--
携行品損害-100万円--
賠償責任-3,000万円--
救援者費用-200万円100万円-
航空機遅延保険----
適応条件(家族特約)----
死亡後遺障害(家族特約)----
傷害治療(家族特約)----
疾病治療(家族特約)----
携行品損害(家族特約)----
賠償責任(家族特約)----
救援者費用(家族特約)----
航空機遅延保険(家族特約)----
国内旅行保険適応条件-利用付帯自動付帯自動付帯
死亡後遺障害-2,000万円1,000万円1,000万円
入院保険金日額--10,000円-
通院保険金日額----
手術保険金----
航空機遅延保険----
詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ
公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ
カード名ANA JCB 一般カードANA JCB ワイドカードANA VISA 一般カードANA VISA ワイドカード
カードANA JCB 一般カードANA JCB ワイドカードANA VISA 一般カードANA VISA ワイドカード
国際ブランド
カード入会条件

18歳以上本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方学生可

18歳以上本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方学生可

18歳以上(高校生は除く)

18歳以上(高校生は除く)

年会費(税込)初年度無料7,975円無料7,975円
本会員2,200円7,975円2,200円7,975円
追加カード1,100円
本会員と同時申込みで初年度無料
1,650円1,100円(初年度無料)1,650円
マイ・ペイすリボの登録+年1回以上のカード利用で年会費1,072円(577円割引)
ポイントポイント名ANAマイル/Oki DokiポイントANAマイル/Oki DokiポイントANAマイル/ワールドプレゼントポイントANAマイル/ワールドプレゼントポイント
有効期限〜24ヶ月〜24ヶ月〜24ヶ月〜24ヶ月
還元率(常時)1.0%1.0%0.5%0.5%
入会・継続マイル1,000マイル1,000マイル1,000マイル2,000マイル
搭乗ボーナス10%10%10%25%
電子マネー機能

-

-

スマホ決済機能
空港ラウンジ国内----
海外----
海外旅行保険適応条件自動付帯自動付帯自動付帯自動付帯
死亡後遺障害1,000万円5,000万円1,000万円5,000万円
傷害治療-150万円-150万円
疾病治療-150万円-150万円
携行品損害-50万円-50万円
賠償責任-2,000万円-2,000万円
救援者費用100万円100万円100万円100万円
航空機遅延保険----
適応条件(家族特約)----
死亡後遺障害(家族特約)----
傷害治療(家族特約)----
疾病治療(家族特約)----
携行品損害(家族特約)----
賠償責任(家族特約)----
救援者費用(家族特約)----
航空機遅延保険(家族特約)----
国内旅行保険適応条件自動付帯自動付帯自動付帯自動付帯
死亡後遺障害1,000万円5,000万円1,000万円5,000万円
入院保険金日額-10,000円-10,000円
通院保険金日額-2,000円-2,000円
手術保険金-10万円-10万円
航空機遅延保険----
詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ
公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ
カード名ANA JCB ワイドゴールドカードANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードANA VISA ワイドゴールドカードANA JCBカード プレミアム
カードANA JCB ワイドゴールドカードANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードANA VISA ワイドゴールドカードANA JCBカード プレミアム
国際ブランド
カード入会条件

20歳以上本人に安定した継続的な収入のある方

20歳以上本人に安定した継続的な収入のある方

30歳以上本人に安定した継続的な収入のある方

30歳以上本人に安定した継続的な収入のある方

年会費(税込)初年度15,400円34,100円15,400円77,000円
本会員15,400円34,100円15,400円77,000円
追加カード4,400円17,050円4,400円
マイ・ペイすリボの登録+年1回以上のカード利用で年会費2,750円(1,650円割引)
WEB明細書サービス利用特典+マイ・ペイすリボ特典の併用割引で4,400円 → 2750円 (1650円割引)
4,400円
ポイントポイント名Oki DokiポイントANAアメリカン・エキスプレス メンバーシップ・リワードANAマイル/ワールドプレゼントポイントOki Dokiポイント
有効期限〜24ヶ月無期限〜24ヶ月〜60ヶ月
還元率(常時)1.0%1.0%1.0%2.0%
入会・継続マイル2,000マイル2,000マイル2,000マイル10,000マイル
搭乗ボーナス25%25%25%50%
電子マネー機能

-

スマホ決済機能
空港ラウンジ国内利用可能本会員のみ利用可能本会員のみ利用可能本会員のみ利用可能同伴者1名も無料
国内線ANAラウンジも利用可能(本人のみ)
海外---プライオリティパス本会員のみ
海外旅行保険適応条件自動付帯自動付帯自動付帯自動付帯
死亡後遺障害1億円
(自動付帯:5,000万円)
1億円
(自動付帯:5,000万円)
5,000万円1億円
傷害治療300万円300万円
(自動付帯:200万円)
150万円1,000万円
疾病治療300万円300万円150万円1,000万円
携行品損害50万円100万円50万円100万円
賠償責任1億円4,000万円3,000万円1億円
救援者費用400万円400万円
(自動付帯:300万円)
100万円1,000万円
航空機遅延保険10万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
--10万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
適応条件(家族特約)自動付帯-自動付帯自動付帯
死亡後遺障害(家族特約)1,000万円-1,000万円1,000万円
傷害治療(家族特約)200万円-50万円200万円
疾病治療(家族特約)200万円-50万円200万円
携行品損害(家族特約)--15万円50万円
賠償責任(家族特約)2,000万円-1,000万円2,000万円
救援者費用(家族特約)200万円-50万円200万円
航空機遅延保険(家族特約)----
国内旅行保険適応条件自動付帯利用付帯自動付帯自動付帯
死亡後遺障害5,000万円5,000万円5,000万円1億円
入院保険金日額5,000円-5,000円5,000円
通院保険金日額2,000円-2,000円2,000円
手術保険金--20万円5万円
航空機遅延保険10万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
-6万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等1万円、寄託手荷物遅延費用1万円、寄託手荷物紛失費用2万円)
10万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ
公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ
カード名ANA VISAプラチナ プレミアムカードANAダイナースカードANA アメリカン・エキスプレス®・プレミアム・カードANAダイナース プレミアムカード
カードANA VISAプラチナ プレミアムカードANAダイナースカードANA アメリカン・エキスプレス®・プレミアム・カードANAダイナース プレミアムカード
国際ブランド
カード入会条件

30歳以上本人に安定した継続的な収入のある方

33歳以上勤続年数または営業年数10年以上役職者または自営の方、自家保有の方

25歳以上、定職がある方

インビテーション(招待制)

年会費(税込)初年度88,000円29,700円165,000円167,400円
本会員88,000円29,700円165,000円167,400円
追加カード4,400円(初年度無料)6,600円無料無料
ポイントポイント名ANAマイル/ワールドプレゼントポイントダイナースクラブ リワードポイントメンバーシップ・リワードダイナースクラブ リワードポイント
有効期限〜48ヶ月無期限無期限
還元率(常時)1.5%1.0%1.0%1.5%
入会・継続マイル10,000マイル2,000マイル10,000マイル10,000マイル
搭乗ボーナス50%40%50%50%
電子マネー機能

-

-

-

スマホ決済機能
空港ラウンジ国内利用可能同伴者1名も無料利用可能本会員のみ利用可能同伴者1名も無料
国内線ANAラウンジも利用可能(本人のみ)
利用可能本会員のみ
海外プライオリティパス家族カードでも発行可能利用可能本会員のみプライオリティパス同伴者1名まで無料プライオリティパス本会員のみ
海外旅行保険適応条件自動付帯自動付帯自動付帯自動付帯
死亡後遺障害1億円1億円
(自動付帯:5,000万円)
1億円
(自動付帯:5,000万円)
1億円
傷害治療500万円300万円1,000万1,000万円
疾病治療500万円300万円1,000万1,000万円
携行品損害100万円100万円100万円100万円
賠償責任1億円1億円5,000万円1億円
救援者費用1,000万円400万円1,000万円500万円
航空機遅延保険10万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
-18万円
(乗継遅延費用3万円、出航遅延費用等3万円、寄託手荷物遅延費用3万円、寄託手荷物紛失費用6万円)
10万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
適応条件(家族特約)自動付帯-利用付帯自動付帯
死亡後遺障害(家族特約)1,000万円-1,000万円1,000万円
傷害治療(家族特約)500万円-1,000万200万円
疾病治療(家族特約)500万円-1,000万200万円
携行品損害(家族特約)100万円-100万円50万円
賠償責任(家族特約)1億円-5,000万円2,000万円
救援者費用(家族特約)1,000万円-1,000万円200万円
航空機遅延保険(家族特約)--18万円
(乗継遅延費用3万円、出航遅延費用等3万円、寄託手荷物遅延費用3万円、寄託手荷物紛失費用6万円)
10万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
国内旅行保険適応条件自動付帯自動付帯利用付帯利用付帯
死亡後遺障害1億円1億円
(自動付帯:5,000万円)
1億円1億円
入院保険金日額5,000円10,000円5,000円5,000円
通院保険金日額2,000円3,000円3,000円3,000円
手術保険金20万円10万円20万円20万円
航空機遅延保険10万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
---
詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ
公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ
  1. ※1 カード入会、カード継続でマイルがもらえます。
  2. ※2 フライトマイル(搭乗区間の区間マイル×利用運賃のマイル積算率)の該当%がプラスで貯まります。
  3. ※3 マイルを移行するには、6,480円/年のポイント移行コースへ加入必須。
  4. ※4 JCBの場合、idはなし
    VISA、MASTERの場合、QuicPayはなし
    VISA、MASTERの場合、GooglePayはなし

ANAカードについて

ANAカードは、ANAマイルが貯まりやすいカードです。ANAをよく使う人にオススメです。

ANAカードの良いところと悪いところをまとめてみました。

ANAマイルがたまる

ANAカードは、使えば使うほどマイルが貯まります。
マイルがたまるアクションは以下の通りです。

ショッピングは、シンプルにクレジットカードで支払うとマイルがたまるシステムとなります。
クレジットカードのランクがワイド以下ですと、支払額の0.5%がポイント還元されます。
ゴールドカード以上は還元率が1.0%以上になります。
ただし、ワイド以下でもJCBなら5,400円/年、三井なら6,480円/年の10マイルコース費用を支払うことで、還元率を1.0%にすることが出来ます。

年会費は高いですが、ANAVISAプレミアムとANAダイナースプレミアムは常時1.5%の高い還元率となります。
接待などで、年間何百万も使う方は、1~2年で家族3人でハワイに行けるくらいマイルが貯まります。

また、ANAJCBプレミアムは常時1.3%から、さらにJCBスターメンバーズ特典で以下内容のポイントアップが可能です。

JCBスターメンバーズ
集計期間の利用金額(税込)メンバーランクプラチナ/ゴールドその他

300万円以上

ロイヤルα

+25%UP

-

100万円以上

スターα

+20%UP

50万円以上

スターβ

+10%UP

チケットカウンター

まとめ

ANAカードは年会費は高いですが、JALカードに比べるとマイルが貯まりやすいです。
余裕があれば、持ちたいカードですね。すぐにハワイに行けそうです。

以上


関連記事