評価について

  • 年会費の安さ、ETCの手数料、家族カードの年会費

    年会費の安さについて評価します。

    条件評価
    年会費無料
    1円 〜 2,000円
    2,001円 〜 20,000円
    20,001円 〜 50,000円
    50,001円以上
    初年度無料+1
    ETC年会費・発行手数料無料+1
    家族カード年会費無料
    (本会員が有料の場合のみ)
    +1
  • ポイント還元率の高さ

    ポイント還元率の高さによって評価を決めています。

    ポイント還元率評価
    2.0%
    1.5% 〜 1.99%
    1.2% 〜 1.49%
    1.0% 〜 1.19%
    0.6% 〜 0.99%
    0.3% 〜 0.59%
    0.3%未満
    ポイントなし
  • 国際ブランドの多様性

    国際ブランドの多様性がどれだけあるかを評価しています。
    1つだけしか選べない場合は「2」、2つの場合は「3」、3つの場合は「4」、4つの場合は「5」としています。

    選べる国際ブランドの数評価
    4つ以上
    3つ
    2つ
    1つ

    例えば、楽天カードの場合、選べる国際ブランドは、「マスターカード」「VISA」「JCB」「アメックス」の4つとなるので、「5」としています。

  • 決済機能の多様性

    「waon」「Edy」などの電子マネー機能や、「Applepay」「googlepay」などのスマホ決済機能の数の多さで評価します。

    決済機能の数評価
    5つ以上
    3〜4つ
    1〜2つ
  • 旅行保険

    無料で付帯されている旅行保険の内容について、加算方式で評価します。

    加算条件評価
    海外旅行保険が付帯+1
    国内旅行保険が付帯
    家族特約が付帯
    航空遅延保険が付帯
    適応条件が「自動付帯」
    手厚い補償金額
    傷害・疾病治療がない-1
    旅行保険機能なし

    例えば、エポスカードの場合は、海外旅行保険が自動付帯されているので、「2」となります。

アメックスカードの徹底解説

2019年09月29日

アメックスカードの徹底解説
  1. - 目次 -
  2. -アメックス・エキスプレスの比較表-
  3. 1 アメックス・エキスプレスについて
    1. 1.1 国際ブランドとカード発行
    2. 1.2 アメックスのステイタス性
  4. 2 アメリカン・エキスプレスのスペックについて
    1. 2.1 アメリカン・エキスプレスの強み
      1. 2.1.1 ステイタスのブランド性が高い
      2. 2.1.2 マイルが貯まりやすい
      3. 2.1.3 国内の空港ラウンジが2名まで使える
      4. 2.1.4 追加(家族)カードが年会費無料
      5. 2.1.5 優待特典がスゴイ!
    2. 2.2 アメックスの弱み
      1. 2.2.1 還元率が低い
      2. 2.2.2 年会費が高すぎる
      3. 2.2.3 アメックスが使えない店がある
  5. 3 アメックスの優待特典について
    1. 3.1 アメリカン・エキスプレス・コネクト
    2. 3.2 プライオリティパス
    3. 3.3 ゴールド・ダイニング by 招待日和/2 for 1ダイニング by 招待日和
    4. 3.4 コンシェルジュサービス
      1. 3.4.1 グローバル・ホットライン
      2. 3.4.2 オーバーシーズ・アシスト
      3. 3.4.3 プラチナ・コンシェルジェ・デスク
      4. 3.4.4 センチュリオン・パーソナル・コンシェルジェ
    5. 3.5 手荷物無料宅配サービス
    6. 3.6 メタルカード
    7. 3.7 バースデーギフト
    8. 3.8 フリー・ステイ・ギフト

アメックス・エキスプレスの比較表

アメックス・エキスプレスのグリーンとゴールドとプラチナ、そしてブラックをスペック別に、比較しました!
どう違いがあるかをチェックしましょう!

カード名アメリカン・エキスプレス・カードアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードセンチュリオン・カード
カードアメリカン・エキスプレス・カードアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードセンチュリオン・カード
国際ブランド
カード入会条件

20歳以上本人に安定した継続的な収入のある方

20歳以上本人に安定した継続的な収入のある方

20歳以上

インビテーション(招待制)

年会費(税込)初年度13,200円31,900円143,000円935,000円
(内:入会金550,000円)
本会員13,200円31,900円143,000円385,000円
家族カード6,600円13,200円1枚目無料無料4枚まで発行可能無料
ETCカード年会費無料
※発行手数料935円
※5枚まで発行可能
年会費無料
※発行手数料935円
※5枚まで発行可能
年会費無料
※発行手数料935円
※5枚まで発行可能
年会費無料
※発行手数料935円
※5枚まで発行可能
ポイント名称メンバーシップ・リワード
ポイント還元100円 → 1ポイント
航空マイルへの交換2,000ポイント → 1,000マイル
(還元率0.5%)
楽天スーパーポイントへの交換3,000ポイント → 1,000マイル
(還元率0.33%)
支払い充当の場合1ポイント → 0.3円
(還元率0.3%)
有料プログラム名称メンバーシップ・リワード・プラス
年間参加費3,300円(税込)無料
航空マイルへの交換 1,000~1,250ポイント → 1,000マイル
(還元率0.8%~1.0%)(※1)
楽天スーパーポイントへの交換3,000ポイント → 1,500マイル
(還元率0.5%)
支払い充当の場合1ポイント → 0.5円~1.0円
(還元率0.5%~1.0%)
スマホ決済機能
空港ラウンジ国内利用可能
同伴者1名まで無料
利用可能
同伴者1名まで無料
利用可能
同伴者1名も無料
利用可能
同伴者1名まで無料
海外プライオリティパス無料付帯
※通常年会費 99米ドル(スタンダード会員)
プライオリティパス無料付帯
※通常年会費 99米ドル(スタンダード会員)
アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクション
同伴者は1~2名まで無料
アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクション
同伴者は1~2名まで無料
海外旅行保険適応条件利用付帯自動付帯自動付帯自動付帯
死亡後遺障害5,000万円1億円
(自動付帯:5,000万円)
1億円
(自動付帯:5,000万円)
1億円
傷害治療100万円300万円
(自動付帯:200万円)
1,000万円2,000万円
疾病治療100万円300万円1,000万円2,000万円
携行品損害100万円100万円100万円100万円
賠償責任3,000万円4,000万円5,000万円1億円
救援者費用200万円400万円
(自動付帯:300万円)
1,000万円1,000万円
航空機遅延保険10万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
10万円
(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
15万円
(乗継遅延費用3万円、出航遅延費用等3万円、寄託手荷物遅延費用3万円、寄託手荷物紛失費用6万円)
18万円
(乗継遅延費用3万円、出航遅延費用等3万円、寄託手荷物遅延費用3万円、寄託手荷物紛失費用6万円)
適応条件(家族特約)--利用付帯自動付帯
死亡後遺障害(家族特約)--1億円1,000万円
傷害治療(家族特約)--1,000万円2,000万円
疾病治療(家族特約)--1,000万円2,000万円
携行品損害(家族特約)--100万円100万円
賠償責任(家族特約)--5,000万円1億円
救援者費用(家族特約)--1,000万円1,000万円
航空機遅延保険(家族特約)--15万円
(乗継遅延費用3万円、出航遅延費用等3万円、寄託手荷物遅延費用3万円、寄託手荷物紛失費用6万円)
18万円
(乗継遅延費用3万円、出航遅延費用等3万円、寄託手荷物遅延費用3万円、寄託手荷物紛失費用6万円)
国内旅行保険適応条件利用付帯自動付帯利用付帯自動付帯
死亡後遺障害5,000万円5,000万円1億円1億円
入院保険金日額--5,000円10,000円
通院保険金日額--3,000円6,000円
手術保険金--20万円40万円
航空機遅延保険---18万円
(乗継遅延費用3万円、出航遅延費用等3万円、寄託手荷物遅延費用3万円、寄託手荷物紛失費用6万円)
適応条件(家族特約)--利用付帯自動付帯
死亡後遺障害(家族特約)--1億円1,000万円
入院保険金日額(家族特約)--5,000円10,000円
通院保険金日額(家族特約)--3,000円6,000円
手術保険金(家族特約)--20万円40万円
航空機遅延保険(家族特約)---18万円
(乗継遅延費用3万円、出航遅延費用等3万円、寄託手荷物遅延費用3万円、寄託手荷物紛失費用6万円)
ダイニング by 招待日和-

→指定のレストランで、所定のコースメニューを2名以上で予約すると、1名分の料金が無料になります。

コンシェルジュデスク--

→24時間365日対応可能の秘書サービスです。レストランやホテルの予約など、無料で請け負ってくれます。条件を使えれば、その条件にあった店を探し出し、予約までしてくれるます。

メタルカード--

→普通カードはプラスチックですが、重厚感がある金属製のカードが選べます。重厚感がありかっこいいですが、ICチップが使えないなどのデメリットもあります。

バースデーギフト--

→毎年、アメックス社から何かしらお誕生日プレゼントがもらえます。内容は選べないです。

フリー・ステイ・ギフト--

→年に1度、国内の対象ホテルでペア宿泊券(一泊)をプレゼント。

ホテル・メンバーシップ

ヒルトン・オナーズ--ゴールド会員ダイヤモンド会員
Radisson Rewards™--GoldエリートステータスGoldエリートステータス
シャングリ・ラ ゴールデンサークル--ジェイド会員ダイヤモンド会員
マリオット ボンヴォイ--ゴールドエリート会員ゴールドエリート会員
インターコンチネンタルホテルズ---プラチナエリート

→通常では年間登録料もしくは年間数十泊が必要となるホテルグループの上級メンバーシップに、無条件でご登録出来ます。

国内航空券アッパーシートプログラム---

→コンシェルジュを通して、宿泊と国内線航空券(普通席)を購入した場合、ファーストクラス(JAL)、もしくはスーパーシートプレミアム(ANA)に無料で変更してくれます。

インターナショナル・エアライン・プログラム---

→コンシェルジュを通して予約する場合、提携航空会社の国際線航空券(日本発着のビジネスクラス)を優待料金にて手配可能です。

エアライン・メンバーシップ-

→エミレーツ航空のマイレージプログラム、「スカイワーズ(ゴールド)」に登録することができます。

VIPエアポートサービス--

→アメックスを通してビジネスクラス以上の往復航空券を購入した場合、現地での入国、現地からの出国を現地係員が出迎えし、入国レーンの通過をサポートしてくれます。

エアポート送迎サービス(海外)---

→アメックスを通してビジネスクラス以上の往復航空券を購入した場合、海外の各空港と滞在先ホテルの間を車で往復無料送迎してくれるサービスです。

エアポート送迎サービス(国内)---

→アメックスを通してビジネスクラス以上の往復航空券を購入した場合、海外旅行の出発と帰国時、空港までの往復送迎をしてくれるサービス。

手ぶらチェックインサービス---

→アメックスを通してビジネスクラス以上のJAL国際線の往復航空券を購入した場合、自宅で預けた荷物を海外の到着空港のターンテーブルで無料で受け取れるサービス。※米国路線、米国経由便を除く。

ファイン・ショッピング---
詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ詳細ページ
公式ページ公式ページ公式ページ公式ページ

アメックス・エキスプレスについて

この記事では、アメリカン・エキスプレス(アメックス)について詳しく解説していきます。

アメックスといえば、年会費が高いカード、ステイタスカードのイメージが強いと思います。
それ以外にも、あまり知られていない特徴が結構あるカードですので、皆さんにわかるように、お伝えします。

国際ブランドとカード発行

クレジットカードの国際ブランドの一つです

amex

アメリカン・エキスプレスはクレジットカード発行会社でもあり、国際ブランドを提供している会社でもあります。

国際ブランドは、VISA、Mastercard、AMEX、JCB、銀聯カード、ダイナースカード、 日本では馴染みがないですが、ディスカバーカードの7つ存在します。
その内、VISA、Mastercard、AMEX、ダイナースカード、ディスカバーはアメリカの企業、銀聯カードが中国、そしてJCBが日本となっています。

国際ブランドの会社は、カード発行を委託しているパターンと自社発行を行っているパターンがありますので、説明します。

国際ブランドVISAマスターカードJCBアメックスダイナースクラブ
VISAマスターカードJCBAMEXダイナース
発行国アメリカアメリカ日本アメリカアメリカ

カード発行

委託-
自社--

アメックスの特徴は、カード発行を委託と自社の両方で行なっているところです。JCBと同じですね。

アメックスのステイタス性

ハイスペック男子

アメックスといえば、ステイタスカードです。
アメックスカードの中で、年会費が一番安いアメックスグリーンで13,200円もします。
この時点で一般カードのゴールドカード以上の年会費です。

アメックスゴールドになると、年会費が税込で31,900円もします。
一般カードのプラチナカードが約20,000円で持てるので、それを超えています。
ここまでくると、一般庶民には手が出ないですね。

アメックスプラチナになると、年会費が税込で143,000円になります。
ぶっ飛んだ年会費ですね。月額にすると12,000円もかかります。光熱費並みです。
相当お金に余裕がないと、持てませんね。。

アメリカン・エキスプレスには、ブラックカードとなるセンチュリオンカードが実在します。
もはや、幻のカードとなっており、世界中で限られた人のみが所有できる超VIPカードとなっています。
さらっと上記の比較表に混ぜてしまいましたが、私も調べるまでは、詳細についてあまり知りませんでした。
公式サイトでは、全く情報はないのですが、ネット上では、ブラックカード(センチュリオンカードの)記事が散見されましたので、表にまとめる事ができました。
調べれば、調べるほど、一般カードとは桁違いのサービスに驚きです。
持っているだけで成功者の証となります。

クレジットカードのヒエラルキー(階級)を図に示します。

ゴールドカード

ヒエラルキー表の頂点となるブラックカードこそが、最高峰のステイタスカードになります。
ブラックカードを所持できるのは、世界でもほんのひと握りしかいない、成功者になります。

アメリカン・エキスプレスのスペックについて

アメリカン・エキスプレス・カードのスペックについて詳しく説明します。
アメックスの強みと弱みの二つに分けて解説していきます。

アメリカン・エキスプレスの強み

イェーイ

まずは、アメックスの強みについて説明していきます。
以下に、強みについてまとめてみました。

順に詳しく説明していきます。

ステイタスのブランド性が高い

セレブパーティー

アメックスカードの最大の特徴はステイタス性です。
ぶっちゃけ、お得なカードとしては程遠いアメックスカードですが、ステイタス性は抜群です。

見た目もシックなデザインなので、おしゃれです。見た目に気を使う方は、財布の中身もおしゃれにしたいですね。
おしゃれでカードを選ぶのなら、やっぱりアメックスがオススメです。

マイルが貯まりやすい

空港

アメックスカードを使うとたまるリワードポイントですが、交換先として一番効率が良いのは、航空マイルになります。
マイルへ交換する先としてオススメが、ANAマイルです。リワードプラスに加入してる場合は、ANAマイルのみ交換率が1.0%となるためです。

また、マイルは、数あるポイントの種類の中でも、価値が高く、マイルから別のポイントへは交換率100%で交換できたりもします。 なので、飛行機に乗らない方でも、マイルが貯まることは良いことになります。

旅行などで、飛行機をよく利用する方にとっては、マイルはかなり便利です。
飛行機代をマイルで支払うことで、通常の1マイル=1円の価値よりも、マイルの価値が上がります。(飛行機代をマイルで割り戻した場合です。)
ビジネスクラスなどのクラスを上げると、さらにマイルの価値が跳ね上がります。

マイルの価値については、以下の記事にまとめていますので、チェックしましょう。

国内の空港ラウンジが2名まで使える

空港ラウンジ

アメックスカードは、空港の提携ラウンジを2名まで使うことができます。
他社のゴールドカードやプラチナカードも同様の提携ラウンジが使える特典はついていますが、本人しか使えないことが多いです。

アメックスの提携ラウンジ特典なら、カップルで旅行など行くときなんかは、便利ですね。

追加(家族)カードが年会費無料

アメックスグリーンカード以外のアメックスカードは、追加(家族)カードが、年会費無料で発行できます。
他にも、本会員カードと同等の優待を受けれるので、使わなくても発行することをおすすめします。

カード年会費旅行保険空港ラウンジ
アメリカン・エキスプレス・カードアメリカン・エキスプレス・カード6,600円/枚
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード1枚目は無料
2枚目以降、13,200円/枚
アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード4枚まで無料
センチュリオン・カードセンチュリオン・カード4枚まで無料

最大枚数は共通で6枚まで発行可能です。
普通なら高額な年会費なのに、無料で持つことが出来るできると考えると、かなりお得ですね!

優待特典がスゴイ!

アメックスのプラチナ以上になると、他社にはない優待特典がついてきます。
たくさんあるので、後の記事でまとめて説明します。

アメックスの弱み

微妙な感じ

続いて、アメックスの弱みについて説明していきます。

正直、全然お得なカードではありません。
ステイタスでカード選ぶ方のみオススメするカードです。

還元率が低い

楽天カードやオリコカードの年会費無料のカードが、還元率を1.0%もあるのに対して、 年会費の高いアメックスカードでは、還元率が0.3%~0.5%しかないです。

有料オプションのリワード・プラスで還元率を上げることもできますが、年会費がさらに3,300円も加算されてしまいます。
そもそも、高い年会費を支払っているし、リワード・プラスにしたところで、1.0%の還元率なので、年会費無料の楽天カードやオリコカードと変わらないのは、サービスとしては良くないですね。

年会費が高すぎる

これは、あえて書く必要もないと思いますし、 年会費が高いというと、「じょあ、申し込むなよ」言われてしまいますが、やっぱり高すぎでしょ。。
プラチナの年会費なんて、14万円もしますしね。
庶民には考えられないですね。。

ただ、この年会費だからこそ、限られた人しか寄せ付けないので、価値が出るのだと思います。

アメックスが使えない店がある

日本国内では、アメックスが使えない店は結構あります。
クレジットカード決済機能がある店では、VISAかマスターであれば、どこでも問題なく使えます。

使えない店といっても、庶民の店です。
アメックスを持つような方が通う、高級店では、ほとんど使えます。

アメックスの優待特典について

アメックスの優待特典についてまとめます。
たくさんあるので、使いそうなオススメの特典を紹介していきます。

アメリカン・エキスプレス・コネクト

アメリカンエキスプレスコネクト

アメリカン・エキスプレス・コネクトはアメックスが提供する優待サービスリストです。
実際に内容を見た方が、はやいと思いますので、以下より確認してみてください。
アメリカン・エキスプレス・コネクト詳細(公式ページへ)

エクスペディアの割引やキャッシュバックキャンペーンなど、意外と目からウロコ的な特典があるのでチェックしてみてください!

プライオリティパス

プライオリティパス

プライオリティパスは、世界の1200か所以上の空港ラウンジが使えるパスカードです。
アメックスであれば、プライオリティパスが無料で発行が可能です。
ただしカードのランクによって、プライオリティパスのランクが異なります。

カードクラス本人同伴者
アメリカン・エキスプレス・カードアメリカン・エキスプレス・カードスタンダード
通常US$99が無料
US$32US$32
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードスタンダード
通常US$99が無料
年間2回まで無料US$32
アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードプレステージ
通常US$429が無料
無料1名まで無料
センチュリオン・カードセンチュリオン・カードプレステージ
通常US$429が無料
無料2名まで無料

家族カード会員でも、プライオリティパスが発行できるので、プラチナの場合、夫婦で持てば、家族4人無料で空港ラウンジが使えます。

ゴールド・ダイニング by 招待日和/2 for 1ダイニング by 招待日和

食事

アメックスゴールドの場合は、「ゴールド・ダイニング by 招待日和」が利用可能です。
アメックスプラチナ、センチュリオンの場合は、「2 for 1ダイニング by 招待日和」が利用可能となります。

どちらのサービスも以下の内容になります。
国内外約200店舗のレストランにて、所定のコースメニューを2名以上で予約すると、1名分のコース料理代が無料になります。
1店舗につき半年に1回のみ利用が可能です。4月1日と10月1日にリセットされます。

コンシェルジュサービス

アメックスでは、どのカードもコンシェルジュサービスが利用できます。
海外の旅行先で困ったときや、食事の手配するときなどに使うと便利です。

カードのランクによってもコンシェルジュサービスの内容が異なるため、まとめてみます。

カード名称
アメリカン・エキスプレス・カードアメリカン・エキスプレス・カードグローバル・ホットライン
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードオーバーシーズ・アシスト
アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードプラチナ・コンシェルジェ・デスク
センチュリオン・カードセンチュリオン・カードセンチュリオン・パーソナル・コンシェルジェ

グローバル・ホットライン

海外でのレストランの予約、医療機関の紹介など緊急時の支援まで、世界中のほとんどの国から、24時間通話料無料で日本語で対応可能です。

オーバーシーズ・アシスト

グローバルホットラインよりも上級のサービスになります。
海外情報サービスで、レストラン、ホテル、レンタカー、ゴルフなどの予約、予約確認、予約の変更などが手配が可能です。
万が一のときの為に、緊急支援サービスで、医療機関の手配、帰国の手配、弁護士の手配などが可能です。

プラチナ・コンシェルジェ・デスク

海外だけではなく、国内のレストラン、ホテル、ギフトの手配や相談だけでも可能です。
対応範囲が広いので、丸投げな依頼をしても、最適なプランを提案から手配までしてもらえます。

センチュリオン・パーソナル・コンシェルジェ

センチュリオンになると、専用の担当コンシェルジェが付きます。
といっても、必ずその方が担当するわけではないです。

かなり融通が効くらしく、入手困難なチケットの手配も相談できるようです。
このあたりもVIP待遇ですね。

手荷物無料宅配サービス

海外旅行の際に、自宅⇄空港でスーツケースを無料で郵送手配してもらえるサービスです。
対象空港:成田国際空港、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港

グリーン、ゴールドは、スーツケース1つまで、プラチナ、センチュリオンはスーツケース2つまで対応が可能です。

メタルカード

白金

プラチナ、センチュリオンはメタル製のカードが発券出来ます。
メリットは特別感ですね。自己満足に浸れます。
レストランで決済するときに店員さんに驚かれますね。

金属なので、デメリットもあります。
ATMなどで磁気読み取りが出来ない事があるようです。

バースデーギフト

バースデーケーキ

プラチナとセンチュリオンになると、誕生日にバースデーギフトが届きます。
プレゼントの中身は、革製品の小物などらしいです。

個人的な意見としてですが、いらないものを貰う確率を考えると、その分年会費を安くして欲しいですね。

フリー・ステイ・ギフト

ホテル

プラチナとセンチュリオンになると、1年に1度、国内の対象ホテルに2名で利用できる無料宿泊券がもらえます!
対象ホテル一覧(公式ページ)

高級ホテルばかりなので、嬉しいですね。
子供がいる場合は、追加料金が必要となります。

以上


関連記事