評価について

  • 年会費の安さ、ETCの手数料、家族カードの年会費

    年会費の安さについて評価します。

    条件評価
    年会費無料
    1円 〜 2,000円
    2,001円 〜 20,000円
    20,001円 〜 50,000円
    50,001円以上
    初年度無料+1
    ETC年会費・発行手数料無料+1
    家族カード年会費無料
    (本会員が有料の場合のみ)
    +1
  • ポイント還元率の高さ

    ポイント還元率の高さによって評価を決めています。

    ポイント還元率評価
    2.0%
    1.5% 〜 1.99%
    1.2% 〜 1.49%
    1.0% 〜 1.19%
    0.6% 〜 0.99%
    0.3% 〜 0.59%
    0.3%未満
    ポイントなし
  • 国際ブランドの多様性

    国際ブランドの多様性がどれだけあるかを評価しています。
    1つだけしか選べない場合は「2」、2つの場合は「3」、3つの場合は「4」、4つの場合は「5」としています。

    選べる国際ブランドの数評価
    4つ以上
    3つ
    2つ
    1つ

    例えば、楽天カードの場合、選べる国際ブランドは、「マスターカード」「VISA」「JCB」「アメックス」の4つとなるので、「5」としています。

  • 決済機能の多様性

    「waon」「Edy」などの電子マネー機能や、「Applepay」「googlepay」などのスマホ決済機能の数の多さで評価します。

    決済機能の数評価
    5つ以上
    3〜4つ
    1〜2つ
  • 旅行保険

    無料で付帯されている旅行保険の内容について、加算方式で評価します。

    加算条件評価
    海外旅行保険が付帯+1
    国内旅行保険が付帯
    家族特約が付帯
    航空遅延保険が付帯
    適応条件が「自動付帯」
    手厚い補償金額
    傷害・疾病治療がない-1
    旅行保険機能なし

    例えば、エポスカードの場合は、海外旅行保険が自動付帯されているので、「2」となります。

Amazonカードってどんなカード?特徴やメリット、デメリットを徹底解説!

2020年05月22日

Amazonカードってどんなカード?特徴やメリット、デメリットを徹底解説!
  1. - 目次 -
  2. -Amazonカードの比較表-
  3. 1 Amazonカードの特徴は?
  4. 3 Amazonカードのメリットは?
    1. 3.1 ポイント還元率
    2. 3.2 年会費の割引
    3. 3.3 即日発行
  5. 4 Amazonクラシックカードにはデメリットもある?
    1. 4.1 他のカードの方が、ポイント還元率が高い場合がある
    2. 4.2 海外旅行保険の付帯なし
  6. 5 まとめ

Amazonカードの比較表

Amazonカードのクラシックとゴールドをスペック別に、比較しました!
どう違いがあるかをチェックしましょう!

カード名Amazon MasterCardクラシックAmazon MasterCardゴールド
カードAmazon MasterCardクラシックAmazon MasterCardゴールド
国際ブランド
カード入会条件

18歳以上(高校生は除く)

30歳以上本人に安定した継続的な収入のある方

年会費(税込)初年度無料11,000円
本会員1,375円11,000円
家族カード無料無料
ETCカード550円550円(初年度無料)
ポイントポイント名AmazonポイントAmazonポイント
還元率(常時)1.0%1.0%
決済機能電子マネー

-

-

スマホ決済
国内空港ラウンジ-利用可能
海外旅行保険適応条件-自動付帯
死亡後遺障害-5,000万円
(自動付帯:1,000万円)
傷害治療-300万円
疾病治療-300万円
携行品損害-50万円
賠償責任-5,000万円
救援者費用-500万円
航空機遅延保険--
国内旅行保険適応条件-自動付帯
死亡後遺障害-5,000万円
(自動付帯:1,000万円)
入院保険金日額-5,000円
通院保険金日額-2,000円
手術保険金-20万円
航空機遅延保険--
詳細ページ詳細ページ詳細ページ
公式ページ公式ページ公式ページ

Amazonカードの特徴は?

Amazonカードの最大の特徴は、「Amazonで買い物をするとポイントが大量に貯まる」ということです。

Amap zonには、たくさんの商品があり、プライム会員になると比較的すぐに届きますよね。この利便性の高さから、Amazonを利用する人もたくさんいるのですが、日常的にAmazonを利用しているのであれば、Amazonカードを是非持っておくべきです。

そうすることで、Amazonの買い物にポイントを有効利用することもでき、お得に賢く買い物をすることができます。

また、Amazonカードはプライム会員の方が優遇されるという特徴もあります。

などが、プライム会員でない人に比べて多少優遇されるのです。

Amazonカードのメリットは?

そんなAmazonカードには、いくつかのメリットがあります。

それでは、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

ポイント還元率

まずはポイント還元率です。

ポイント還元率
カード名Amazon MasterCardクラシックAmazon MasterCardゴールド
カードAmazon MasterCardクラシックAmazon MasterCardゴールド
Amazonで利用プライム会員2.0%2.5%
一般会員1.5%2.5%
Amazon以外1.0%1.0%
(マイ・ペイすリボを設定の場合)1.5%1.5%

以上のように、ちょっとしたものでもAmazonで購入するという場合には、Amazonカードを持っておいて損はないでしょう。

ただ、もしそこまでAmazonを使わないという場合であれば、ポイントを貯めるメリットはあまりないと言えます。

なぜなら、Amazonポイントは、Amazon内でしか使うことができないからです。

Tポイントやマイルなどとは一切交換することができないため、Amazonのヘビーユーザー以外は慎重に検討することをおすすめします。

年会費の割引

Amazonカードには、クラシック、ゴールド共に年会費が発生します。

クラシックの場合は、初年度無料、2年目以降1250円となっていて、ゴールドの場合は一律1万円となっています。

ただ、どちらも条件を満たすと、年会費が無料になったり、割引になったりする場合があります。

クラシックカードの場合は、年間1円でもAmazonカードで買い物をすれば翌年も無料となるため、実質年会費無料と言っても過言ではありません。

ただし、ゴールドカードの場合は、割引にはなっても、無料にすることはできません。

もし少しでも安くゴールドカードを持ちたい場合には、是非マイ・ペイすリボやウェブ明細割引などを利用してみることをおすすめします。

また、ゴールドカードには、プライム会員を無料で使うことができる特典がついています。

プライム会員の年会費も、ゴールカードの年会費に含まれているため、かなりお得だと言えます。

プライム会員になるためには、年間4,900円(税込)を支払う必要がありますが、ゴールドカードの年会費も最大で4,000円まで落とすことができますので、総合的にみるとお得になる場合もあるのです。

即日発行

Amazonカードをできるだけ早く発行したいという場合には、即時審査サービスを使うことがおすすめです。

即時審査サービスを使えば、数分程度で入会審査が完了します。

その後、テンポラリーカードが発行されます。

ただ、このテンポラリーカードというのは、実物が自宅に届くわけではなく、番号が発行されますので、その番号を使って買い物をすると、3万円までの買い物をAmazon内で行うこができるのです。

もし、今すぐ欲しいものがある、今すぐAmazonカードを使いたいという場合には、即時審査サービスを使ってみることをおすすめします。

ただ、即時審査サービスを使った場合でも、Amazonカードが届くまでには大体1週間から10日程度かかります。

そのため、もしAmazonカードをAmazon以外でも使いたいと考えている場合には、使う予定の1週間から10日前までに申し込みを完了させておく必要があります。

Amazonクラシックカードにはデメリットもある?

Amazonカードは、Amazonを日常的に使う人からすると、かなり効率的にポイントが貯められる最強カードになります。

そのポイントを利用して、欲しい商品を買うこともできますし、端数をポイントで支払うということもできるようになります。

ただ、そんなAmazonカードにもいくつかデメリットがあります。

これからAmazonカードを発行しようと考えている人は、メリットだけでなく、デメリットにも着目して慎重に検討することをおすすめします。

それでは詳しく見ていきましょう。

他のカードの方が、ポイント還元率が高い場合がある

Amazonクラシックカードを利用しようと考えているのであれば、ポイントの還元率に着目する必要があります。

なぜなら、Amazonでのポイント還元率が、Amazonカードよりも高いクレジットカードが存在するからです。

Amazonクラシックカードは、ポイント還元率が1.5%となっていますが、上記に記載したポイントアップサイトを利用することで、Amazonクラシックカードよりも高いポイントを受け取ることができるのです。

そのため、効率よくAmazonのポイントを貯めたいと考えているのであれば、クラシックカードよりも別のカードを作る方がお得と言えます。

また、プライム会員になると、クラシックカードでもポイント還元率が2%になります。

ただ、もしプライム会員になっていながらクラシックカードを持とうとしているのであれば、ゴールドカードを検討することをおすすめします。

そうすることで、プライム会員の年会費もお得になり、尚且つポイントの還元率も高くなるからです。

海外旅行保険の付帯なし

Amazonクラシックカードには、海外旅行保険が付いていません。

一方、『JCB CARD W』には、2000万円までの海外旅行保険がついています。

もし海外に行く機会が多いのであれば、Amazonクラシックカードではなく、JCB CARD Wを発行することがおすすめです。

まとめ

Amazonカードは、Amazonのヘビーユーザーには非常におすすめのクレジットカードですが、クラシックカードを発行する場合には、注意が必要です。

他にもっとAmazonのポイント還元率が高いカードがいくつか存在し、お得にポイントを貯めることができるからです。

ただ、プライム会員になっていて、Amazonのポイントをより効率的に貯めたいという場合には、クラシックカードではなく、ゴールドカードを選択するとより賢くポイントを受けとることができます。

このように、Amazonを使う頻度をもう一度よく考えて、Amazonカードを使う方がお得なのか、それ以外のカードを使う方がお得なのかということを総合的に判断して、発行するカードを決めることが大事になってきます。


関連記事