評価について

  • 年会費の安さ、ETCの手数料、家族カードの年会費

    年会費の安さについて評価します。

    条件評価
    年会費無料
    1円 〜 2,000円
    2,001円 〜 20,000円
    20,001円 〜 50,000円
    50,001円以上
    初年度無料+1
    ETC年会費・発行手数料無料+1
    家族カード年会費無料
    (本会員が有料の場合のみ)
    +1
  • ポイント還元率の高さ

    ポイント還元率の高さによって評価を決めています。

    ポイント還元率評価
    2.0%
    1.5% 〜 1.99%
    1.2% 〜 1.49%
    1.0% 〜 1.19%
    0.6% 〜 0.99%
    0.3% 〜 0.59%
    0.3%未満
    ポイントなし
  • 国際ブランドの多様性

    国際ブランドの多様性がどれだけあるかを評価しています。
    1つだけしか選べない場合は「2」、2つの場合は「3」、3つの場合は「4」、4つの場合は「5」としています。

    選べる国際ブランドの数評価
    4つ以上
    3つ
    2つ
    1つ

    例えば、楽天カードの場合、選べる国際ブランドは、「マスターカード」「VISA」「JCB」「アメックス」の4つとなるので、「5」としています。

  • 決済機能の多様性

    「waon」「Edy」などの電子マネー機能や、「Applepay」「googlepay」などのスマホ決済機能の数の多さで評価します。

    決済機能の数評価
    5つ以上
    3〜4つ
    1〜2つ
  • 旅行保険

    無料で付帯されている旅行保険の内容について、加算方式で評価します。

    加算条件評価
    海外旅行保険が付帯+1
    国内旅行保険が付帯
    家族特約が付帯
    航空遅延保険が付帯
    適応条件が「自動付帯」
    手厚い補償金額
    傷害・疾病治療がない-1
    旅行保険機能なし

    例えば、エポスカードの場合は、海外旅行保険が自動付帯されているので、「2」となります。

イオンカードまとめ

2019年11月18日

イオンカードまとめ
  1. - 目次 -
  2. -イオンカードの比較表-
  3. 1 イオンでお得なクレジットカード
    1. 1.1 イオンでのメリットについて
      1. 1.1.1 お客様感謝デー
      2. 1.1.2 GG感謝デー
  4. 2 ゴールドカードが年会費無料!
    1. 2.1 申し込みはインビテーションのみ
  5. 3 優待特典が優秀!
  6. 4 イオンカードの悪いところ
    1. 4.1 ポイント還元率が低い
    2. 4.2 券面が生活感丸出し

イオンカードの比較表

イオンカードのセレクトとゴールドをスペック別に、比較しました!
どう違いがあるかをチェックしましょう!

カード名イオンカードセレクトイオンゴールドカード
カードイオンカードセレクトイオンゴールドカード
国際ブランド
カード入会条件

18歳以上学生可イオン銀行の口座をお持ちの方

イオンカード会員で一定の基準を満たし招待された方

年会費本会員無料無料
家族カード無料無料
ETCカード無料無料※ETCゲート車両損傷お見舞金制度付帯(年1回、一律5万円分)
ポイントポイント名ときめきポイントときめきポイント
還元率(常時)0.5%0.5%
キャッシュカード機能
電子マネー機能
スマホ決済機能
空港ラウンジ国内-利用可能
海外--
旅行保険付帯機能海外-

-

利用付帯

5,000万円

国内-

-

利用付帯

3,000万円

イオンラウンジ-全国のイオンでラウンジが利用可能
お客さま感謝デー毎月20日・30日に開催。商品が5%OFFになる
G.G感謝デー55歳以上の方は毎月15日に商品が5%OFFになる。じじぃ感謝でーに見えてしまいますねー。本当はG.G(グランドジェネレーション)感謝デーらしいです。
映画鑑賞割引イオンシネマの一般通常料金を会員の方と同伴の方(大人1名さままで)各300円引き。
詳細ページ詳細ページ詳細ページ
公式ページ公式ページ公式ページ

イオンでお得なクレジットカード

イオンカードは、イオンでよくお買い物する人であれば、超オススメのカードです。
この記事では、イオンカードがどれほどお得なのかを説明していきます。

イオンでのメリットについて

イオン系列で利用した場合のイオンカードのメリットについて以下にまとめました。

年会費無料のカードなので、イオンで良く買い物される方なら、メリットは大きいですね。

お客様感謝デー

お客様感謝デーは毎月20日、30日に開催されます。
イオンカードを持っていれば、5%offになります。
一部、タバコなどは対象外です。

GG感謝デー

GG感謝デーは毎月15日に開催され、55歳以上の方が対象となります。
こちらも、イオンカードを持っていれば、5%offになります。

ゴールドカードが年会費無料!

イオンゴールドカード

一般的なゴールドカードであれば、年会費が必要ですが、イオンゴールドカードは、年会費が無料です!
しかも、見た目だけではなく、しっかりと一般的なゴールドカード同様に、旅行保険や航空ラウンジの利用などが可能となります。
とってもお得なカードですね!

申し込みはインビテーションのみ

素晴らしいカードですが、残念ながら簡単には手に入りません。
イオンゴールドカードを持つためには、まずイオンカード持たなければなりません。
さらに年間で100万円以上の利用をしなくてはいけません。

イオンでの利用だけで、100万円を使うのは、困難ですので、家計の全ての支払いをイオンカードにまとめましょう。
毎月8万5千円以上の利用があれば、到達できます!

優待特典が優秀!

イオンカードは、イオン系列以外でも優待特典を受けれる店がたくさんあります。
日本全国の飲食店、遊園地、カラオケ、エステサロンなどで使えるサービス特典がたくさんあるので、チェックしましょう!
イオンカードの優待特典(公式サイト)

イオンカードの悪いところ

うんざり顔

今後は、逆に他のカードと比較して、イオンカードの悪いところについて説明します。

この2つが良くない点ですね。
説明していきます。

ポイント還元率が低い

イオン以外でカードを利用した場合は、ポイント還元率が0.5%となります。
しかも、ゴールドカードになっても、ポイント還元率は同じで変わりません。
楽天カードが常時1.0%なので、比較すると半分しかないですね。
イオン以外では、別のクレジットカードを使ったほうがいいですね。

券面が生活感丸出し

カード券面がどうしてもイオンカードなので、生活感があふれ出します。。
券面も紫色なので、財布に入れると目立ちます。

主婦であれば、気にならないと思いますが、、
気になる方は、ゴールドカードを頑張って目指しましょう!

以下の記事では、年会費無料のカードを比較しているので、チェックしてみてください。


関連記事