評価について

  • 年会費の安さ、ETCの手数料、家族カードの年会費

    年会費の安さについて評価します。

    条件評価
    年会費無料
    1円 〜 2,000円
    2,001円 〜 20,000円
    20,001円 〜 50,000円
    50,001円以上
    初年度無料+1
    ETC年会費・発行手数料無料+1
    家族カード年会費無料
    (本会員が有料の場合のみ)
    +1
  • ポイント還元率の高さ

    ポイント還元率の高さによって評価を決めています。

    ポイント還元率評価
    2.0%
    1.5% 〜 1.99%
    1.2% 〜 1.49%
    1.0% 〜 1.19%
    0.6% 〜 0.99%
    0.3% 〜 0.59%
    0.3%未満
    ポイントなし
  • 国際ブランドの多様性

    国際ブランドの多様性がどれだけあるかを評価しています。
    1つだけしか選べない場合は「2」、2つの場合は「3」、3つの場合は「4」、4つの場合は「5」としています。

    選べる国際ブランドの数評価
    4つ以上
    3つ
    2つ
    1つ

    例えば、楽天カードの場合、選べる国際ブランドは、「マスターカード」「VISA」「JCB」「アメックス」の4つとなるので、「5」としています。

  • 決済機能の多様性

    「waon」「Edy」などの電子マネー機能や、「Applepay」「googlepay」などのスマホ決済機能の数の多さで評価します。

    決済機能の数評価
    5つ以上
    3〜4つ
    1〜2つ
  • 旅行保険

    無料で付帯されている旅行保険の内容について、加算方式で評価します。

    加算条件評価
    海外旅行保険が付帯+1
    国内旅行保険が付帯
    家族特約が付帯
    航空遅延保険が付帯
    適応条件が「自動付帯」
    手厚い補償金額
    傷害・疾病治療がない-1
    旅行保険機能なし

    例えば、エポスカードの場合は、海外旅行保険が自動付帯されているので、「2」となります。

【プラチナカードver】旅行保険比較表

更新日: 2019年11月11日
カード名三井住友VISAプラチナセゾンプラチナアメックスJCB プラチナジャックスカードプラチナMUFGカード・プラチナ・アメックス
カード名三井住友VISAプラチナセゾンプラチナアメックスJCB プラチナジャックスカードプラチナMUFGカード・プラチナ・アメックス
被保険者本会員本会員本会員本会員本会員
家族特約対象者【三井住友VISAプラチナ】
1.本会員の配偶者
2.本会員と生計を共にする同居の親族
3.本会員と生計を共にする別居の未婚の子
親族とは6親等以内の血族または3親等以内の姻族となります。
【セゾンプラチナアメックス】
本会員の配偶者、本会員または配偶者と生計をともにする同居の親族及び別居の未婚のお子様です。
【JCB プラチナ】
会員の配偶者
会員と生計を 共にする同居の両親(義親含む)
会員と生計を 共にする未婚の子
【ジャックスカードプラチナ】
本会員の配偶者および満19歳未満の方で本会員と生計を共にする同居の親族
または別居の未婚のお子様が対象となります。
【MUFGカード・プラチナ・アメックス】
本会員の配偶者
本会員と生計をともにする同居の両親(義親含む)
本会員と生計をともにする未婚の子
※両親、子については、収入の無い方のみ対象となります。
海外旅行適応条件自動付帯自動付帯自動付帯自動付帯自動付帯
傷害死亡・後遺障害1億円1,000万円1億円1,000万円1億円1,000万円1億円1,000万円

1億円

(※1)

1,000万円
傷害治療費用500万円500万円300万円300万円1,000万円200万円300万円200万円200万円200万円
疾病治療費用500万円500万円300万円300万円1,000万円200万円300万円200万円200万円200万円
賠償責任1億円1億円5,000万円5,000万円1億円2,000万円3,000万円1,000万円3,000万円3,000万円
携行品損害100万円100万円50万円50万円100万円50万円100万円100万円50万円50万円
救援者費用1,000万円1000万円300万円300万円1,000万円200万円300万円200万円200万円200万円
国内旅行被保険者 本会員・家族カードのみ本会員・家族カード家族特約本会員・家族カードのみ本会員・家族カード家族特約本会員・家族カード家族特約
適応条件自動付帯自動付帯自動付帯利用付帯利用付帯
傷害死亡・後遺障害1億円-5,000万円1,000万円1億円-1億円2,000万円5,000万円1,000万円
入院保険金日額5,000円-5,000円5,000円5,000円-5,000円5,000円5,000円5,000円
通院保険金日額2,000円-3,000円3,000円2,000円-3,000円3,000円2,000円2,000円
手術保険金20万円-20万円-入院日額×倍率(10倍、20倍または40倍)-5,000円×倍率5,000円×倍率5,000円×(10〜40倍)5,000円×(10〜40倍)
航空便遅延・ロストバゲージ保険被保険者本会員・家族カードのみ本会員・家族カード家族特約本会員・家族カードのみ本会員・家族カード家族特約本会員・家族カード家族特約
適応条件 自動付帯
※国内旅行は利用付帯
自動付帯自動付帯 自動付帯
※国内旅行は利用付帯
自動付帯
乗継遅延費用2万円-3万円2万円-3万円2万円
出航遅延・欠航費用等2万円-3万円2万円-3万円1万円
寄託手荷物遅延費用2万円-10万円2万円-3万円1万円
寄託手荷物紛失費用4万円-10万円4万円-6万円2万円
公式ページ
カード名ANA VISAプラチナ プレミアムカードJALアメックスプラチナエポスプラチナカードOrico Card THE PLATINUMミライノ カード PLATINUMアメックスプラチナ
カード名ANA VISAプラチナ プレミアムカードJALアメックスプラチナエポスプラチナカードOrico Card THE PLATINUMミライノ カード PLATINUMアメックスプラチナ
被保険者本会員本会員本会員本会員本会員本会員
家族特約対象者【ANA VISAプラチナ プレミアムカード】
1.本会員の配偶者
2.本会員と生計を共にする同居の親族
3.本会員と生計を共にする別居の未婚の子
親族とは6親等以内の血族または3親等以内の姻族となります。
【JALアメックスプラチナ】
本会員のご家族で、カードをお持ちでない配偶者
生計を共にする収入のない同居の両親(義親含む)
生計を共にする収入のない未婚の子
【エポスプラチナカード】
エポスプラチナカード本会員と生計を共にする親族。
親族とは、6親等内の血族、配偶者及び3親等内の姻族となります。
【Orico Card THE PLATINUM】
会員(家族会員除く)と生計を共にする親族をいいます。
※家族特約における親族とは、6親等内の血族および3親等内の姻族をいい、
配偶者のみの親族(本人と養子縁組していない別居の未婚の子や、内縁の配偶者の同居の未婚の子)を含みます。
なお、同居のご家族であっても、お勤めをされている方などの場合は家族特約の対象とならない場合があります。
【ミライノ カード PLATINUM】
①カード本会員の配偶者
②カード本会員またはカード本会員の配偶者と生計を共にする同居の親族
③カード本会員またはカード本会員の配偶者と生計を共にする別居の未婚の子
【アメックスプラチナ】
カード会員の配偶者様、カード会員と生計を共にするお子様・ご両親などの親族となります。
親族とは、6親等以内の血族、3親等以内の姻族の方をいいます。
海外旅行適応条件自動付帯自動付帯自動付帯自動付帯自動付帯自動付帯
傷害死亡・後遺障害1億円1,000万円

1億円

(※1)

1,000万円1億円2,000万円

1億円

(※1)

2,000万円1億円1,000万円

1億円

(※1)

1,000万円
傷害治療費用500万円500万円200万円200万円300万円200万円300万円200万円1,000万円500万円1,000万円1,000万円
疾病治療費用500万円500万円200万円200万円300万円200万円300万円200万円700万円350万円1,000万円1,000万円
賠償責任1億円1億円3,000万円3,000万円1億円1億円3,000万円1,000万円1億円5,000万円5,000万円5,000万円
携行品損害100万円100万円50万円50万円100万円100万円100万円100万円100万円50万円100万円100万円
救援者費用1000万円1000万円200万円200万円200万円200万円300万円200万円500万円250万円1000万円1000万円
国内旅行適応条件自動付帯自動付帯利用付帯利用付帯自動付帯利用付帯
傷害死亡・後遺障害1億円-5,000万円1,000万円1億円-1億円2,000万円1億円1,000万円1億円1,000万円
入院保険金日額5,000円-10,000円10,000円5,000円-5,000円5,000円5,000円2,500円5,000円5,000円
通院保険金日額2,000円-3,000円3,000円3,000円-3,000円1,500円5,000円2,500円3,000円3,000円
手術保険金20万円-10,000円×倍率(10倍・20倍または40倍)10,000円×倍率(10倍・20倍または40倍)20万円-入院保険金日額の5~10倍入院保険金日額の5~10倍--20万円20万円
航空便遅延・ロストバゲージ保険被保険者本会員・家族カードのみ本会員のみ本会員・家族カード家族特約本会員・家族カード家族特約なし本会員・家族カードのみ
適応条件 自動付帯
※国内旅行は利用付帯
自動付帯 自動付帯
※国内旅行は利用付帯
自動付帯
※国内旅行は利用付帯
-自動付帯
乗継遅延費用2万円- 一律2万円
※海外のみ
-2万円3万円- 3万円
※海外のみ
-
出航遅延・欠航費用等2万円- 一律2万円
※海外のみ
-2万円3万円- 3万円
※海外のみ
-
寄託手荷物遅延費用2万円--10万円3万円- 3万円
※海外のみ
-
寄託手荷物紛失費用4万円- 一律2万円(※2)
※海外のみ
-10万円10万円- 6万円
※海外のみ
-
公式ページ
カード名三井住友VISAプラチナセゾンプラチナアメックスJCB プラチナ
カード名三井住友VISAプラチナセゾンプラチナアメックスJCB プラチナ
被保険者本会員本会員本会員
家族特約対象者【三井住友VISAプラチナ】
1.本会員の配偶者
2.本会員と生計を共にする同居の親族
3.本会員と生計を共にする別居の未婚の子
親族とは6親等以内の血族または3親等以内の姻族となります。
【セゾンプラチナアメックス】
本会員の配偶者、本会員または配偶者と生計をともにする同居の親族及び別居の未婚のお子様です。
【JCB プラチナ】
会員の配偶者
会員と生計を 共にする同居の両親(義親含む)
会員と生計を 共にする未婚の子
海外旅行適応条件自動付帯自動付帯自動付帯
傷害死亡・後遺障害1億円1,000万円1億円1,000万円1億円1,000万円
傷害治療費用500万円500万円300万円300万円1,000万円200万円
疾病治療費用500万円500万円300万円300万円1,000万円200万円
賠償責任1億円1億円5,000万円5,000万円1億円2,000万円
携行品損害100万円100万円50万円50万円100万円50万円
救援者費用1,000万円1000万円300万円300万円1,000万円200万円
国内旅行適応条件自動付帯自動付帯自動付帯
傷害死亡・後遺障害1億円-5,000万円1,000万円1億円-
入院保険金日額5,000円-5,000円5,000円5,000円-
通院保険金日額2,000円-3,000円3,000円2,000円-
手術保険金20万円-20万円-入院日額×倍率(10倍、20倍または40倍)-
航空便遅延・ロストバゲージ保険被保険者本会員・家族カードのみ本会員・家族カード家族特約本会員・家族カードのみ
適応条件 自動付帯
※国内旅行は利用付帯
自動付帯自動付帯
乗継遅延費用2万円-3万円2万円-
出航遅延・欠航費用等2万円-3万円2万円-
寄託手荷物遅延費用2万円-10万円2万円-
寄託手荷物紛失費用4万円-10万円4万円-
公式ページ
カード名ジャックスカードプラチナMUFGカード・プラチナ・アメックスANA VISAプラチナ プレミアムカード
カード名ジャックスカードプラチナMUFGカード・プラチナ・アメックスANA VISAプラチナ プレミアムカード
被保険者本会員本会員本会員
家族特約対象者【ジャックスカードプラチナ】
本会員の配偶者および満19歳未満の方で本会員と生計を共にする同居の親族
または別居の未婚のお子様が対象となります。
【MUFGカード・プラチナ・アメックス】
本会員の配偶者
本会員と生計をともにする同居の両親(義親含む)
本会員と生計をともにする未婚の子
※両親、子については、収入の無い方のみ対象となります。
【ANA VISAプラチナ プレミアムカード】
1.本会員の配偶者
2.本会員と生計を共にする同居の親族
3.本会員と生計を共にする別居の未婚の子
親族とは6親等以内の血族または3親等以内の姻族となります。
海外旅行適応条件自動付帯自動付帯自動付帯
傷害死亡・後遺障害1億円1,000万円

1億円

(※1)

1,000万円1億円1,000万円
傷害治療費用300万円200万円200万円200万円500万円500万円
疾病治療費用300万円200万円200万円200万円500万円500万円
賠償責任3,000万円1,000万円3,000万円3,000万円1億円1億円
携行品損害100万円100万円50万円50万円100万円100万円
救援者費用300万円200万円200万円200万円1000万円1000万円
国内旅行適応条件利用付帯利用付帯自動付帯
傷害死亡・後遺障害1億円2,000万円5,000万円1,000万円1億円-
入院保険金日額5,000円5,000円5,000円5,000円5,000円-
通院保険金日額3,000円3,000円2,000円2,000円2,000円-
手術保険金5,000円×倍率5,000円×倍率5,000円×(10〜40倍)5,000円×(10〜40倍)20万円-
航空便遅延・ロストバゲージ保険被保険者本会員・家族カード家族特約本会員・家族カード家族特約本会員・家族カードのみ
適応条件 自動付帯
※国内旅行は利用付帯
自動付帯 自動付帯
※国内旅行は利用付帯
乗継遅延費用3万円2万円2万円-
出航遅延・欠航費用等3万円1万円2万円-
寄託手荷物遅延費用3万円1万円2万円-
寄託手荷物紛失費用6万円2万円4万円-
公式ページ
カード名JALアメックスプラチナエポスプラチナカードOrico Card THE PLATINUM
カード名JALアメックスプラチナエポスプラチナカードOrico Card THE PLATINUM
被保険者本会員本会員本会員
家族特約対象者【JALアメックスプラチナ】
本会員のご家族で、カードをお持ちでない配偶者
生計を共にする収入のない同居の両親(義親含む)
生計を共にする収入のない未婚の子
【エポスプラチナカード】
エポスプラチナカード本会員と生計を共にする親族。
親族とは、6親等内の血族、配偶者及び3親等内の姻族となります。
【Orico Card THE PLATINUM】
会員(家族会員除く)と生計を共にする親族をいいます。
※家族特約における親族とは、6親等内の血族および3親等内の姻族をいい、
配偶者のみの親族(本人と養子縁組していない別居の未婚の子や、内縁の配偶者の同居の未婚の子)を含みます。
なお、同居のご家族であっても、お勤めをされている方などの場合は家族特約の対象とならない場合があります。
海外旅行適応条件自動付帯自動付帯自動付帯
傷害死亡・後遺障害

1億円

1,000万円1億円2,000万円

1億円

2,000万円
傷害治療費用200万円200万円300万円200万円300万円200万円
疾病治療費用200万円200万円300万円200万円300万円200万円
賠償責任3,000万円3,000万円1億円1億円3,000万円1,000万円
携行品損害50万円50万円100万円100万円100万円100万円
救援者費用200万円200万円200万円200万円300万円200万円
国内旅行適応条件自動付帯利用付帯利用付帯
傷害死亡・後遺障害5,000万円1,000万円1億円-1億円2,000万円
入院保険金日額10,000円10,000円5,000円-5,000円5,000円
通院保険金日額3,000円3,000円3,000円-3,000円1,500円
手術保険金10,000円×倍率(10倍・20倍または40倍)10,000円×倍率(10倍・20倍または40倍)20万円-入院保険金日額の5~10倍入院保険金日額の5~10倍
航空便遅延・ロストバゲージ保険被保険者本会員のみ本会員・家族カード家族特約本会員・家族カード家族特約
適応条件自動付帯 自動付帯
※国内旅行は利用付帯
自動付帯
※国内旅行は利用付帯
乗継遅延費用 一律2万円
※海外のみ
-2万円3万円
出航遅延・欠航費用等 一律2万円
※海外のみ
-2万円3万円
寄託手荷物遅延費用-10万円3万円
寄託手荷物紛失費用 一律2万円(※2)
※海外のみ
-10万円10万円
公式ページ
カード名ミライノ カード PLATINUMアメックスプラチナ
カード名ミライノ カード PLATINUMアメックスプラチナ
被保険者本会員本会員
家族特約対象者【ミライノ カード PLATINUM】
①カード本会員の配偶者
②カード本会員またはカード本会員の配偶者と生計を共にする同居の親族
③カード本会員またはカード本会員の配偶者と生計を共にする別居の未婚の子
【アメックスプラチナ】
カード会員の配偶者様、カード会員と生計を共にするお子様・ご両親などの親族となります。
親族とは、6親等以内の血族、3親等以内の姻族の方をいいます。
海外旅行適応条件自動付帯自動付帯
傷害死亡・後遺障害1億円1,000万円

1億円

1,000万円
傷害治療費用1,000万円500万円1,000万円1,000万円
疾病治療費用700万円350万円1,000万円1,000万円
賠償責任1億円5,000万円5,000万円5,000万円
携行品損害100万円50万円100万円100万円
救援者費用500万円250万円1000万円1000万円
国内旅行適応条件自動付帯利用付帯
傷害死亡・後遺障害1億円1,000万円1億円1,000万円
入院保険金日額5,000円2,500円5,000円5,000円
通院保険金日額5,000円2,500円3,000円3,000円
手術保険金--20万円20万円
航空便遅延・ロストバゲージ保険被保険者なし本会員・家族カードのみ
適応条件-自動付帯
乗継遅延費用- 3万円
※海外のみ
-
出航遅延・欠航費用等- 3万円
※海外のみ
-
寄託手荷物遅延費用- 3万円
※海外のみ
-
寄託手荷物紛失費用- 6万円
※海外のみ
-
公式ページ

※1 自動付帯分5000万円+利用付帯分5000万円

※2 パスポートの紛失で見舞金がもらえます。

2019年11月11日

プラチナカード旅行保険

プラチナカード旅行保険

この記事ではプラチナカードの旅行保険について、まとめてみました。
プラチナカードは年会費が高い分、かなり手厚い旅行保険が付帯されています。
各プラチナカードの旅行保険の内容を比較し、分析して、詳しく解説していきます!

  1. - 目次 -
  2. 1 海外旅行保険について
    1. 1.1 被保険者について
      1. 1.1.1 家族特約
    2. 1.2 適応条件
      1. 1.2.1 旅行保険の申請は必要なし
    3. 1.3 傷害死亡・後遺障害
    4. 1.4 傷害治療費用
    5. 1.5 疾病治療費用
    6. 1.6 賠償責任
    7. 1.7 携行品損害
    8. 1.8 救援者費用
  3. 2 国内旅行保険の内容
    1. 2.1 手術・入院・通院で日額の補償
  4. 3 航空遅延・欠航・ロストバゲージの保険
    1. 3.1 乗継遅延費用の補償
    2. 3.2 出航遅延、欠航費用の補償
    3. 3.3 寄託手荷物遅延
    4. 3.4 寄託手荷物紛失

海外旅行保険について

家族旅行

海外へ出張や旅行に出かける際に、もしプラチナカードがあれば、わざわざ旅行保険に入る必要はありません。
比較表の通り、全てのプラチナカードに自動付帯の海外旅行保険が付帯されています。

プラチナカードの海外旅行保険の特徴は、補償内容が手厚く、適応範囲も家族全員となるところです。
海外旅行中に、子供が怪我したり、病気になった場合、日本の健康保険は使えないので、高額な治療費が発生する恐れがあります。
そういったときに、プラチナカードの旅行保険で治療費が補償されるので、助かりますね。

被保険者について

被保険者については、以下の3パターンになります。

  • ①会員本人
  • ②追加(家族)カード会員
  • ③家族特約

年会費無料のクレジットカードの場合は、①のみ適応されないことがほとんですが、
プラチナカードの場合は、①~③まで全て被保険者として、適応されます。

家族特約

家族特約とは、カード会員の家族にも保険が適応となるサービスです。
家族で海外旅行に行く方には、かなりおすすめのサービスです。

比較表でも、本会員と家族特約で分けています。
補償内容は本会員の方が、優れていますが、十分な補償内容と言えるでしょう。

家族特約の対象者については、配偶者、無収入の未婚の子供、無収入の親族が対象になります。
配偶者であれば、収入があっても対象となります。

適応条件

クレジットカードの旅行保険には、保険が適応されるための条件が無いパターンと有るパターンがあります。 一般的に、無いパターンを「自動付帯」と呼んでおり、有るパターンを「利用付帯」と呼んでいます。

  • 利用付帯の場合は、旅費(ホテル代、移動費など)をクレカで支払うことが、保険適応の条件となります。
  • 自動付帯の場合は、所持しているだけで、保険が適応となります。

自動付帯の方が、シンプルで良いですよね。

プラチナカードの海外旅行保険の場合は、基本的に全て自動付帯になります。

旅行保険の申請は必要なし

クレジットカードの旅行保険は、事前に申請は必要無いです。
適応条件の「自動付帯」か「利用付帯」かだけ気にしましょう。

傷害死亡・後遺障害

旅行中に事故などにより、死亡または、後遺障害が生じた場合、事故の日から180日以内であれば、保険が適応されます。
一部のプラチナカードは自動付帯と利用付帯で補償限度額が変わります。

死亡の場合は、全額補償。
後遺症障害は程度に応じて保険金額の3%~100%の補償となります。

傷害治療費用

旅行中に事故などによって怪我をした場合、事故の日から180日以内にかかった治療費、入院費を補償します。

海外は日本の保険が効かないので、治療費が高いです。
もし、救急車を呼んでしまったり、入院することになったりした場合は、10万円以上かかる事もざらにあります。

交通事故

疾病治療費用

海外で特定の伝染病(天然痘、ペスト、コレラ、ラッサ熱、発疹チフスなど)にかかった場合は、治療費、入院費を補償します。

賠償責任

事故などで、他人に怪我を負わしたり、物を壊してしまったりして、法律上の賠償を負った際に、費用を補償します。

携行品損害

泥棒

携行品(財布、カバン、カメラなど)を盗まれたり、火災にあったりした場合に、補償してもらえます。

救援者費用

事故により、遭難した際の捜索救助費用。被保険者が死亡した際の遺体処理費用などを補償します。

国内旅行保険の内容

国内旅行でも、旅行中に事故などで怪我をした場合は、手術費用などを補償してもらえます。
海外旅行保険と違って、補償の範囲に、盗難や賠償などの保険はついていません。
適応条件についても、利用付帯になるパターンが多くなります。

手術・入院・通院で日額の補償

事故などにより、怪我を負った場合は、入院、通院した場合、日額でお金がもらえます。

航空遅延・欠航・ロストバゲージの保険

空港

台風や雪などで、飛行機が飛ばないことはたまにあります。 そんな時、保険があれば、嬉しいですね。

乗継遅延費用の補償

乗継が到着機の遅延などによって、乗継を長時間待たされた時、食事代やホテル代などを補償してもらえます。

出航遅延、欠航費用の補償

搭乗予定の航空機が長時間の遅延、欠航になった場合に、食事代やホテル代などを補償してもらえます。

寄託手荷物遅延

搭乗時に、預けた手荷物の到着が長時間遅れた場合、衣類や生活用品の購入費用を補償してもらえます。

寄託手荷物紛失

搭乗時に、預けた手荷物の到着が紛失した場合に、衣類や生活用品の購入費用を補償してもらえます。

以上

関連記事