評価について

  • 年会費の安さ、ETCの手数料、家族カードの年会費

    年会費の安さについて評価します。

    条件評価
    年会費無料
    1円 〜 2,000円
    2,001円 〜 20,000円
    20,001円 〜 50,000円
    50,001円以上
    初年度無料+1
    ETC年会費・発行手数料無料+1
    家族カード年会費無料
    (本会員が有料の場合のみ)
    +1
  • ポイント還元率の高さ

    ポイント還元率の高さによって評価を決めています。

    ポイント還元率評価
    2.0%
    1.5% 〜 1.99%
    1.2% 〜 1.49%
    1.0% 〜 1.19%
    0.6% 〜 0.99%
    0.3% 〜 0.59%
    0.3%未満
    ポイントなし
  • 国際ブランドの多様性

    国際ブランドの多様性がどれだけあるかを評価しています。
    1つだけしか選べない場合は「2」、2つの場合は「3」、3つの場合は「4」、4つの場合は「5」としています。

    選べる国際ブランドの数評価
    4つ以上
    3つ
    2つ
    1つ

    例えば、楽天カードの場合、選べる国際ブランドは、「マスターカード」「VISA」「JCB」「アメックス」の4つとなるので、「5」としています。

  • 決済機能の多様性

    「waon」「Edy」などの電子マネー機能や、「Applepay」「googlepay」などのスマホ決済機能の数の多さで評価します。

    決済機能の数評価
    5つ以上
    3〜4つ
    1〜2つ
  • 旅行保険

    無料で付帯されている旅行保険の内容について、加算方式で評価します。

    加算条件評価
    海外旅行保険が付帯+1
    国内旅行保険が付帯
    家族特約が付帯
    航空遅延保険が付帯
    適応条件が「自動付帯」
    手厚い補償金額
    傷害・疾病治療がない-1
    旅行保険機能なし

    例えば、エポスカードの場合は、海外旅行保険が自動付帯されているので、「2」となります。

2019年08月20日

プラチナカードについて

プラチナカードについて
  1. - 目次 -
  2. 1 プラチナカードの印象
  3. 2 プラチナカードのメリット
    1. 2.1 ポイント還元率が高い
      1. 2.1.1 カードをたくさん使うとポイント還元率が上がるシステム
      2. 2.1.2 マイルがたまりやすいプラチナカード
    2. 2.2 ステイタス性
    3. 2.2 デザインがかっこいい!
    4. 2.3 旅行保険がすごい!
      1. 2.3.1 保険の適応条件
      2. 2.3.2 家族特約について
      3. 2.3.3 国内旅行保険について
      4. 2.3.4 航空遅延・ロストバゲージ保険について
      5. 2.3.5 海外旅行のもしもについて
    5. 2.4 コンシェルジュサービス
    6. 2.5 世界中の空港ラウンジが使える!
      1. 2.4.1 空港ラウンジのサービス内容
      2. 2.4.2 空港ラウンジの注意点
      3. 2.4.3 海外ラウンジについて
    7. 2.6 レストランが半額!
  4. 3 年会費の元をとろう!
    1. 3.1 プラチナカードは年会費が高い
    2. 3.1 プラチナカードの損益分岐点
  5. 4 プラチナカードを持つためには
    1. 4.1 エポスプラチナカード
  6. 5 まとめ

プラチナカードの印象

東京夜景

プラチナカードの印象てどう思いますか?

持っていると、お金持ちの印象を受けると思います。
ブランドバックや高級時計を持つのと、似ている気がします。

レストランやショッピングの支払いの際は、プラチナカードの見せ場です。
店員さんや同伴者から、お金持ちと思われます。

そんなプラチナカードですが、ステイタス性以外にも、たくさんメリットがあるので、この記事で紹介していきます。

プラチナカードのメリット

プラチナカードのメリットについて、まとめてみました。

  • ポイント還元率が高い
  • デザインがかっこいい!
  • 旅行保険がすごい!
  • コンシェルジュサービス
  • 世界中の空港ラウンジが使える!
  • レストランが半額!

それぞれのメリットについて、説明していきます。

ポイント還元率が高い

ゴールドカード

プラチナカードのポイント還元率はかなり高いです。
ポイント還元率を表に、まとめてみました。

カード名ポイント名ポイント還元率
エポスプラチナカードエポスポイント0.5%~2.5%
セゾンプラチナ・アメックス永久不滅ポイント/JALマイル0.75%~1.25%
Orico Card THE PLATINUMオリコポイント1.0%
ジャックスカードプラチナラブリィポイント1.5%~2.0%
JALアメックスプラチナJALマイル1.0%
MUFGカード・プラチナ・アメックスサンクスポイント0.5%~0.75%
楽天ブラックカード楽天スーパーポイント1.0%
三井住友VISAプラチナカードワールドポイント+VJAギフトカード0.5%~1.0%
JCBプラチナOki Dokiポイント0.5%~0.85%
ANA VISAプラチナ プレミアムカードANAマイル1.5%
アメックス・プラチナ・カードAMEXリワードポイント0.5%~1.0%

カードをたくさん使うとポイント還元率が上がるシステム

プラチナカードは、利用金額が上がるとポイント還元率が上がるシステムが導入されているカードがあります。

エポスプラチナカードは、年間の利用金額の合計が、100万円を超えるとボーナスポイントがもらえます。
ボーナスポイントと通常のポイント還元を合わせると、最大2.5%もの還元率になります。

ジャックスカードプラチナは、年間の利用金額の合計によって、翌年のポイント還元率がアップする「ラブリィ☆アップステージ」を導入しています。
そもそものポイント還元率が常時1.5%と異常なカードですが、それが最大2.0%まで引き上がります。

マイルがたまりやすいプラチナカード

セゾンアメックスプラチナは、JALマイルがめちゃくちゃたまりやすいカードです。
常時1.125%でJALマイルがたまるカードです。これは、JALアメックスプラチナを超えています。

ANA VISAプラチナカードは、常時1.5%でANAマイルがたまるカードです。
年会費は高いですが、すぐにハワイに行けるくらいのマイルがたまります。

プラチナカードを持つような方は、エンゲル係数が高く、お金もたくさん使う方が多いです。
その分、ポイントもたくさん貯まるので、ポイント還元率が高いカードをオススメします。

ステイタス性

ハイスペック男子

プラチナカードを持つ理由として、ステイタス性を重視する方は多いです。

ステイタスの階級では、プラチナカードは2番目になります。
クレジットカードのヒエラルキー(階級)を図に示します。

ゴールドカード

幻のカードと呼ばれる、ブラックカードこそが、最高峰のステイタスカードになります。
ブラックカードを所持している方は、世界でもほんのひと握りしかいない、超VIPカードになります。

ただし、ステイタス性が上がる分、比例して年会費も高額になります。
プラチナカードは最低2万円以上、ブラックカードは最低5万円以上必要となります。
入会については、カード会社からのインビテーション(招待制)がないと入会できません。

デザインがかっこいい!

シャンパン

プラチナカードですが、券面の色は白金ではなく、ブラックの方が多いです。

プラスチックのカードで白金を表現すると、シルバーに見えてしまい、ゴールドカードの方が、格上に見えてしまいます。
実際、セゾンアメックスプラチナにおいては、見た目では、セゾンアメックスゴールドの方が、高級感があるように思えます。

プラチナカードの券面は、ブラックの方がシックでカッコいいですね!

旅行保険がすごい!

ホテル

プラチナカードには、手厚い海外旅行保険と国内旅行保険、航空遅延補償が付いてきます。
他にも、ゴルフ保険などもついてくるカードもあります。

旅行保険の内容で、重要なポイントを説明します。

  • 保険の適応条件
  • 家族特約について
  • 国内旅行保険について
  • 航空遅延・ロストバゲージ保険について

保険の適応条件

クレジットカードの旅行保険には、カードによって保険適応条件が異なります。
保険適応条件には、利用付帯と自動付帯の2パターンがあります。

  • 利用付帯の場合は、旅費(ホテル代、移動費など)をクレカで支払うことが、保険適応の条件となります。
  • 自動付帯の場合は、所持しているだけで、保険が適応となります。

自動付帯の方が、シンプルで良いですよね。

家族特約について

家族特約とは、クレジットカードの持ち主の家族も、保険の補償を受けられる特約になります。
家族特約がない保険ですと、自分のみしか保険適応されません。
家族をお持ちの方は、自分のクレカの旅行保険に家族特約が付いているかの確認をしましょう。

国内旅行保険について

プラチナカードは、海外旅行保険だけでなく、国内旅行保険も付いています。
国内旅行でも、旅行中に事故など会った場合は、保険が適応されます。

航空遅延・ロストバゲージ保険について

プラチナカードは、航空遅延・ロストバゲージ保険が付いています。
この保険が付いていると、飛行機の遅延・欠航などになった場合に、宿泊費などを補償してもらえます。 また、登場の際に預けたトランクなどの到着が遅れたり、紛失した場合も、補償してもらえます。

海外旅行のもしもについて

海外で、もし事故で怪我したり、マラリヤなどの伝染病にかかってしまった場合、海外の病院に行くことになります。
病院代は、全額実費になってしまい、高額な治療費を請求されることがあります。

海外では、日本よりも治安が悪いところが多いです。
旅行者を狙ったスリなどの盗難被害や、最悪の場合は、恐喝や強盗にあうこともあります。

そういうもしもの時に、海外旅行保険に入っていれば、治療費や盗難被害にあった金額を補償してくれます。

海外旅行するのであれば、海外旅行保険付きのクレジットカードを持つことをオススメします。

プラチナカードの旅行保険については、以下の記事でさらに詳しく説明しています!

コンシェルジュサービス

コンシェルジュ

プラチナカードには、コンシェルジュサービスがついています。
コンシェルジュサービスの使い方としては、以下の内容であれば、対応可能となります。

  • レストランの手配
  • ゴルフ場の手配
  • ホテルの手配
  • 飛行機の手配
  • レンタカーの手配
  • 演劇などのチケットの手配

上記の内容であれば、丸投げしても柔軟に対応してもらえます。
自分で手配するより、楽なので、便利ですね。

記念日などでレストランを探すときは、コンシェルジュに任してみてはいかがでしょうか。

世界中の空港ラウンジが使える!

空港ラウンジ

空港ラウンジは、空港での飛行機の待ち時間を、快適に過ごせる会員制の待合室です。
プラチナカードを持っていれば、国内と海外の空港ラウンジをどちらも無料で使えるようになります。

空港ラウンジのサービス内容

空港ラウンジのサービス内容について説明します。

  • ドリンク類が、無料で飲み放題
    (※アルコールは有料のパターンが多いです)
  • 軽食(サンドイッチ、乾き物など)が食べ放題
  • 無線LAN環境、充電設備が完備
  • 置いてある雑誌、新聞が読み放題
  • シャワールーム(有料)

出張で使う時は、ネットが使えるので、仕事ができて便利です。
トイレも空いていて、綺麗です。

空港ラウンジの注意点

便利そうなのですが、注意点がありますので、以下にまとめます。

  • 搭乗口から離れていることがある
  • 制限区外(保安検査前)にあることもある
  • 同伴者は有料

家族旅行で来てる場合、同伴者が有料となってしまうので、致命的です。
また、制限区外にあるラウンジに関しては、かなり時間に余裕がないと、使えないですね。

海外ラウンジについて

プライオリティ・パス

プラチナカードの場合は、海外ラウンジが使えるプライオリティパスもしくは、ラウンジキーが無料で発行可能です。
プライオリティ・パスを、普通に直接申込むと、プレステージの年会費が$429(45,500円)もします。
プラチナカードの年会費の方が安いですね。

海外の空港ラウンジも国内の空港ラウンジと同様に、同伴者は有料となってしまいます。
ただし、カードによっては、同伴者もラウンジサービスが無料になったり、家族カードでもプライオリティパスを発行できたりします。

この辺りがプラチナカードの空港ラウンジサービスにおける差別化ポイントになります。
以下に同伴者も無料か表でまとめましたので、チェックしましょう。

カード名国内ラウンジ海外ラウンジ
同伴者
(1名まで)
同伴者
(1名まで)
家族カード
エポスプラチナカードプライオリティパス××
セゾンプラチナ・アメックス×プライオリティパス××
Orico Card THE PLATINUM×ラウンジ・キー××
ジャックスカードプラチナ×ラウンジ・キー××
JALアメックスプラチナ×プライオリティパス××
MUFGカード・プラチナ・アメックス×プライオリティパス×
楽天ブラックカード×プライオリティパス
(※1)
×
三井住友VISAプラチナカードプライオリティパス×
JCBプラチナ×プライオリティパス×
ミライノカード PLATINUM×プライオリティパス××
ANA VISAプラチナ プレミアムカードプライオリティパス××
アメックス・プラチナ・カードアメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクション
(※2)

※1 同伴者2名まで

※2 空港ラウンジサービスによって無料の同伴者数が異なります。

楽天ブラックカードについては、なんとプライオリティパスが同伴者2名まで無料なってます。
年会費が32,400円(税込)なのに、他のカードよりも優秀です。

アメックスプラチナのアメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクションについてですが、
これは、 プライオリティパスを含んだ9つのラウンジサービスで構成されており、 世界130ヶ国500空港1,200ヶ所以上のラウンジを利用できます。 (詳しくはこちら→AMEX公式ページ)

レストランが半額!

南国ホテル

プラチナカードでは、高級レストランの食事が1人分が無料になるサービスがあります。
一部このサービスがないカードもあるので、一覧表にしてみました。

カード名同伴者無料サービス使用回数上限
エポスプラチナカードエポスプラチナカードグルメクーポン店舗ごとに1回/半年まで
アメックス・プラチナ・カード2 for 1ダイニング by 招待日和店舗ごとに1回/半年まで
Orico Card THE PLATINUMダイニング by 招待日和2回/月まで
ジャックスカードプラチナダイニング by 招待日和2回/月まで
三井住友VISAプラチナカードプラチナグルメクーポン
ダイニング by 招待日和(※1)
店舗ごとに1回/半年まで
2回/月まで
ANA VISAプラチナ プレミアムカードプラチナグルメクーポン店舗ごとに1回/半年まで
MUFGカード・プラチナ・アメックスプラチナ・グルメセレクション店舗ごとに1回/半年まで
JALアメックスプラチナプラチナ・グルメセレクション(※2)
グルメ・ベネフィット(※3)
店舗ごとに1回/半年まで
JCBプラチナグルメ・ベネフィット店舗ごとに1回/半年まで
ミライノカード PLATINUM××
セゾンプラチナ・アメックス××

※1 マスターカードのみ

※2 AmericanExpressのみ

※3 JCBのみ

同伴者無料サービスは、2名以上で行くと、1名分の料金が無料になります。
利用するには、各サイトより事前に予約する必要があります。

使用回数に制限があります。
マスターカードが提供する「ダイニング by 招待日和」は月2回までとなっており、
それ以外のサービスに関しては、店舗ごとに以下の半年の期間に、1回のみの利用が可能となっています。

  • A期間・・・4月1日から9月30日
  • B期間・・・10月1日から翌年3月31日

「店舗ごとに」なので、店を変えれば、何度でもこのサービスは使うことができます。

年会費の元をとろう!

年会費が高いプラチナカードですが、ポイント還元によって年会費を取り戻すことが出来るので紹介いたします。

プラチナカードは年会費が高い

プラチナカードの年会費は安くとも、2万円はかかります。
プラチナカードの年会費を一表にしてみました。

カード名年会費
(税込)
Orico Card THE PLATINUM20,000円
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード22,000円(※1)
エポスプラチナカード30,000円(※2)
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード22,000円
JCB プラチナ27,000円
ミライノ カード PLATINUM27,000円
JAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナ33,480円
三井住友VISAプラチナカード55,000円
ANA VISAプラチナ プレミアムカード86,400円
アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード140,400円

※1 年間200万円以上の利用で、次年度年会費が半額の11,000円となる。

※2 インビテーションからの申込の場合は、永年20,000円(税込)となります。
または、年間100万円以上利用を達成した場合、翌年以降永年20,000円(税込)となります。

アメックス・プラチナの場合、なんと年会費が140,400円(税込)もします。
エグいですね。。。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは200万円以上の利用で、翌年の年会費が、半額の10,800円になるのは、嬉しいですね。 1万円でプラチナカードが持てます!

年会費は高いけど、ポイント還元率も高いプラチナカードです。
どれだけ使えば、年会費分の元を取れるかをまとめてみました。

プラチナカードの損益分岐点

ポイント還元率と月々の利用金額で年会費の元が取れる利用金額をまとめてみました。

カード名ポイント還元率年会費
(税込)
元がとれる年間利用金額
(税込)
その他変換ポイント
エポスプラチナ0.5%20,000円1,000,000円年間100万円以上の利用で20,000ptのボーナスポイント
セゾンプラチナアメックス1.25%22,000円1,728,000円JAL(1.0%)+永久不滅ポイント(0.25%)
オリコプラチナ1.0%20,000円2,000,000円-
JALプラチナ1.0%33,480円3,348,000円-
MUFGプラチナ0.5%22,000円4,320,000円-
三井住友プラチナ1.0%54,000円5,400,000円50万以上の利用でVJAギフトカード(0.5%相当)がもらえる
JCBプラチナ0.5%27,000円5,400,000円-
ミライノPLATINUM0.5%27,000円5,400,000円-
ANAvisaプラチナ1.5%86,400円5,760,000円-
アメックスプラチナ1.0%140,400円14,040,000円-

プラチナカードの高い年会費だと、元を取るのも相当使わないと難しいようですね。
エポスカードとセゾンアメックスは、プラチナカードの中でもお得なカードですね!

プラチナカードを持つためには

プラチナカードの申し込みについては、普通に申し込むパターンと、カード会社からのインビテーション(招待制)で申し込むパターンがあります。

同じシリーズのゴールドカードを使っていると、いつか突然カード会社よりプラチナカードにしないかとインビテーション(招待)が届きます。
インビテーションが届いた場合は、まず審査に落ちることがないので、安心してプラチナカードを申し込めます。

エポスプラチナカード

エポスプラチナカード

エポスゴールドカードについては、普通に申し込み出来ますが、インビテーションを待ってから申し込むことをオススメします。
理由は、インビテーションからの申し込みの場合は、年会費が、ずっと20,000円になります。

まとめ

プラチナカードについて、まとめてみましたが、まだまだ奥が深いカードです。
カード個別に紹介していますので、詳しくはそれぞれのページにて確認してください。

関連記事