評価について

  • 年会費の安さ、ETCの手数料、家族カードの年会費

    年会費の安さについて評価します。

    条件評価
    年会費無料
    1円 〜 2,000円
    2,001円 〜 20,000円
    20,001円 〜 50,000円
    50,001円以上
    初年度無料+1
    ETC年会費・発行手数料無料+1
    家族カード年会費無料
    (本会員が有料の場合のみ)
    +1
  • ポイント還元率の高さ

    ポイント還元率の高さによって評価を決めています。

    ポイント還元率評価
    2.0%
    1.5% 〜 1.99%
    1.2% 〜 1.49%
    1.0% 〜 1.19%
    0.6% 〜 0.99%
    0.3% 〜 0.59%
    0.3%未満
    ポイントなし
  • 国際ブランドの多様性

    国際ブランドの多様性がどれだけあるかを評価しています。
    1つだけしか選べない場合は「2」、2つの場合は「3」、3つの場合は「4」、4つの場合は「5」としています。

    選べる国際ブランドの数評価
    4つ以上
    3つ
    2つ
    1つ

    例えば、楽天カードの場合、選べる国際ブランドは、「マスターカード」「VISA」「JCB」「アメックス」の4つとなるので、「5」としています。

  • 決済機能の多様性

    「waon」「Edy」などの電子マネー機能や、「Applepay」「googlepay」などのスマホ決済機能の数の多さで評価します。

    決済機能の数評価
    5つ以上
    3〜4つ
    1〜2つ
  • 旅行保険

    無料で付帯されている旅行保険の内容について、加算方式で評価します。

    加算条件評価
    海外旅行保険が付帯+1
    国内旅行保険が付帯
    家族特約が付帯
    航空遅延保険が付帯
    適応条件が「自動付帯」
    手厚い補償金額
    傷害・疾病治療がない-1
    旅行保険機能なし

    例えば、エポスカードの場合は、海外旅行保険が自動付帯されているので、「2」となります。

2019年08月18日

ゴールドカードについて

ゴールドカードについて
  1. - 目次 -
  2. 1 ゴールドカードの印象
  3. 2 ゴールドカードを持つ理由
    1. 2.1 ゴールドカードのステイタス性について
    2. 2.2 見た目がかっこいい!
      1. 2.2.1 MUFGカード ゴールド
    3. 2.3 ポイント還元率が高い
    4. 2.4 旅行保険の充実
      1. 2.4.1 保険の適応条件
      2. 2.4.2 家族特約について
      3. 2.4.3 国内旅行保険について
      4. 2.4.4 航空遅延・ロストバゲージ保険について
      5. 2.4.5 海外旅行のもしもについて
    5. 2.5 利用限度額が高い
    6. 2.6 空港ラウンジサービス
    7. 2.7 初年度の年会費が無料!
  4. 3 ゴールドカードの種類について
    1. 3.1 ヤングゴールドについて
    2. 3.2 ゴールドカードとの違いについて
  5. 4 損益分岐点
    1. 4.1 還元率損益分岐点表
    2. 4.2 dカードゴールド
  6. 5 ゴールドカードを持つためには
    1. 5.1 イオゴールドカード
    2. 5.2 エポスゴールドカード
    3. 5.3 審査について
  7. 6 まとめ

ゴールドカードの印象

ゴールドカード

ゴールドカードの印象て皆さんどう思いますか?

ポジティブな意見としては、以下のような意見が多いです。

  • 見た目がかっこいい
  • お金持ち
  • ポイントがたくさん貯まりそう

逆に、ネガティブな意見としては、以下のような意見が多いようです。

  • 見栄っ張り
  • 年会費が高い
  • 審査が厳しそう

実際にそうなのでしょうか。
この記事では、、ゴールドカードを持ちたい方に向けて、詳しく解説して行きます!

ゴールドカードを持つ理由

実際にゴールドカードを持っている方は、どんな理由でゴールドカードを持つのかをまとめてみました。

  • ステイタスが高い
  • 見た目がかっこいい
  • ポイント還元率が高い
  • 旅行保険の充実
  • 利用限度額が高い
  • 空港ラウンジサービス
  • 初年度の年会費が無料!

中でも、「ステイタス」と「ポイント還元率」を重視している方の割合が高いようです。

ゴールドカードのステイタス性について

ハイスペック男子

ゴールドカードを持つ理由として、ステイタス性を重視する方は多いです。

ステイタスの階級では、ゴールドカードは3番目になります。
クレジットカードのヒエラルキー(階級)を図に示します。

ゴールドカード

幻のカードと呼ばれる、ブラックカードこそが、最高峰のステイタスカードになります。
ブラックカードを所持している方は、世界でもほんのひと握りしかいない、超VIPカードになります。

ただし、ステイタス性が上がる分、比例して年会費も高額になります。
プラチナカードは最低2万円以上、ブラックカードは最低5万円以上必要となります。
入会については、カード会社からのインビテーション(招待制)がないと入会できません。

ゴールドカードの年会費は、ヤングゴールドの場合は、最低2,000円からとなっており、上位のカードと比べるとかなり安いですね。

ゴールドカードより上位カードのプラチナカードについては、以下の記事で詳しく説明しています。

見た目がかっこいい!

ゴールドカード

ゴールドカードは見た目がかっこいいですね。
見た目だけで言うと、プラチナカードのシルバー色よりも、ゴールドカードのゴールド色の方がゴージャス感があると思います。
レストランやショッピングの支払いで、スッと出すと、優越感に浸れますね。

見た目だけなら、以下のヤングゴールドがオススメです。

MUFGカード ゴールド

高級感漂うゴージャスな見た目なのに、年会費が約2,000円のはったりカードです。
見た目だけで言うと、年会費1万円は超えてますね!

MUFGカード ゴールド
MUFGカード ゴールド
年会費ポイント還元率ポイント種類国際ブランド
2,095円
※初年度無料
0.49%グローバルポイント
マスターカード銀聯
おすすめポイント
①国内空港ラウンジが使える
②年会費が安い

ポイント還元率が高い

ゴールドカード

ゴールドカードのポイント還元率は、一般カードよりも優遇されていることが多いです。
同シリーズで、下位カードとのポイント還元率の違いを表にまとめてみました。

シリーズポイント還元アップ特典一般カードとゴールドカードの還元率の違い
セゾンアメックス還元率が常時0.75%(+0.25%)になる。
楽天カード楽天で利用の場合、還元率が+2.0%アップ
オリコ・ザ・ポイント電子マネーで決済すると、還元率が+0.5%アップ
エポス年間の利用額によってボーナスポイントがもらえる。
ニコスグローバルPLUS、アニバーサリー月の制度によって、ポイント還元率がアップします。
ジャックスラブリィ☆アップステージで翌年のポイント還元率がアップする
dカードドコモへの支払いの10%もポイント還元される!
JCB×-
三井住友VISAカード×-
ライフカード×-

ゴールドカードになれば、ポイント還元率もアップすることがわかります。

ポイント還元率に差ができると、利用金額によっては、ゴールドカードの年会費を差し引いても、一般カードより得することもあります。

毎月の利用金額、ゴールドカードの年会費、ポイント還元率の差から、ゴールドカードの方が得になる損益分岐点となる利用金額を算出することができます。

旅行保険の充実

支払い

全てのゴールドカードには、海外旅行保険が無料で付いています。
カードによって、旅行保険の内容が、異なりますので、見極めのポイントを説明します。

  • 保険の適応条件
  • 家族特約について
  • 国内旅行保険について
  • 航空遅延・ロストバゲージ保険について

保険の適応条件

クレジットカードの旅行保険には、カードによって保険適応条件が異なります。
保険適応条件には、利用付帯と自動付帯の2パターンがあります。

  • 利用付帯の場合は、旅費(ホテル代、移動費など)をクレカで支払うことが、保険適応の条件となります。
  • 自動付帯の場合は、所持しているだけで、保険が適応となります。

自動付帯の方が、シンプルで良いですよね。

家族特約について

家族特約とは、クレジットカードの持ち主の家族も、保険の補償を受けられる特約になります。
家族特約がない保険ですと、自分のみしか保険適応されません。
家族をお持ちの方は、自分のクレカの旅行保険に家族特約が付いているかの確認をしましょう。

国内旅行保険について

ゴールドカードは、海外旅行保険だけでなく、国内旅行保険も付いていることがあります。
国内旅行でも、旅行中に事故など会った場合は、保険が適応されます。

航空遅延・ロストバゲージ保険について

ゴールドカードは、航空遅延・ロストバゲージ保険が付いていることがあります。
この保険が付いていると、飛行機の遅延・欠航などになった場合に、宿泊費などを補償してもらえます。 また、登場の際に預けたトランクなどの到着が遅れたり、紛失した場合も、補償してもらえます。

以下記事で、ゴールドカードとヤングゴールドの旅行保険について、詳しく説明しているので、確認してみて下さい。


海外旅行のもしもについて

海外で、もし事故で怪我したり、マラリヤなどの伝染病にかかってしまった場合、海外の病院に行くことになります。
病院代は、全額実費になってしまい、高額な治療費を請求されることがあります。

海外では、日本よりも治安が悪いところが多いです。
旅行者を狙ったスリなどの盗難被害や、最悪の場合は、恐喝や強盗にあうこともあります。

そういうもしもの時に、海外旅行保険に入っていれば、治療費や盗難被害にあった金額を補償してくれます。

海外旅行するのであれば、海外旅行保険付きのクレジットカードを持つことをオススメします。

利用限度額が高い

ゴールドカードは一般カードに比べて、利用限度額が高いです。
ただし、ゴールドカードだからといって、必ずしも高いわけではなく、人それぞれの与信に合わせて、限度額は変動します。

空港ラウンジサービス

空港ラウンジ

空港ラウンジは、空港での飛行機の待ち時間を、快適に過ごせる会員制の待合室です。
ゴールドカードであれば、国内の空港ラウンジが利用可能です。

空港ラウンジサービスについて説明します。

  • ドリンク類が、飲み放題。
    (※アルコールが有料になる空港もあります。)
  • 軽食(サンドイッチ、乾き物など)が食べ放題。
  • 無線LAN環境、充電設備が完備されている。
  • 雑誌、新聞が読み放題。
  • シャワールーム
    (※完備されていない場合や、有料の場合もあります。)

出張で使う時は、仕事ができるので、便利です。
トイレが空いてて綺麗なのも、良かったりします。

便利そうなのですが、注意点がありますので、以下にまとめます。

  • 搭乗口から離れていることがある。
  • 制限区外(保安検査前)にあることもある。
  • 同伴者は有料

同伴者は有料となるのは、家族旅行で来てる場合、致命的です。
また、制限区外にあるラウンジに関しては、かなり時間に余裕がないと、使えないですね。

初年度の年会費が無料!

ゴールドカードは年会費がかかりますが、初年度無料で持てるカードが多数あります。
年会費が10,800円(税抜)もするセゾンアメックスのゴールドカードも初年度は年会費無料で持てます。

なので、翌年の年会費の更新が来る前に、解約してしまえば、年会費を払わずに済みます。
一度お試しに持ってみるのも良いと思います。

ゴールドカードの種類について

ゴールドカードの中でも、ヤングゴールドとゴールドカードの2種類に分けることができます。
ヤングゴールドについて、詳しく説明します。

ヤングゴールドについて

MUFGカード ゴールドMUFGカード ゴールドプレステージ

ヤングゴールドは、20代向けの年会費が安いゴールドカードになります。
ヤングゴールドの特徴は、見た目がゴールドカードとほとんど同じ(上記MUFGカードの左がヤングゴールド、右がゴールドカード)で、手頃な年会費となっているため、人気があります。

ゴールドカードとの違いについて

ヤングゴールドとゴールドカードの違いをまとめました。

  • 年会費
  • 旅行保険の内容
  • 限度額
  • 審査

限度額や保険の内容について、あまり気にしないのなら、ヤングゴールドで十分ですね。

損益分岐点

ゴールドカードは年会費がかかりますが、利用額によってポイント還元により年会費を取り戻せます。
実質年会費無料になるので、その損益分岐について説明します。

還元率損益分岐点表

還元率と月々の利用金額で年会費の元が取れる損益分岐点を表にしました。

年会費
(税込)
ポイント還元率月額利用金額
(損益分岐点)
対象カード
3,300円0.5%54,000円ミライノカードGOLD、
JCB GOLD EXTAGE
5,500円90,000円三井住友VISAプライムゴールドカード
11,000円180,000円 三井住友VISAゴールドカード、
JCBゴールド、
MUFGカードゴールドプレステージ
0.75%120,000円セゾンアメックスゴールド
1.0%90,000円楽天プレミアムカード

年会費の低い方が、元を取りやすいですね。

dカードゴールド

dカード ゴールド

ここでdカードゴールドが、ドコモユーザーであれば、かなりお得なので紹介いたします。
dカードゴールドのすごいところは、docomoの支払いに対する、還元率が10%もあることです。

年会費
(税込)
ポイント還元率docomo支払い
(損益分岐点)
対象カード
11,000円10%9,000円dカードGOLD

家族の携帯代をまとめてたりすると、かなりお得になりますね。
また、dカードは海外旅行保険も家族特約付きでついており、通常のショッピングでも還元率が1.0%もあります。
docomoで契約している家族は、必須アイテムですね。

ゴールドカードを持つためには

ゴールドカードの申し込みについては、普通に申し込むパターンと、カード会社からのインビテーション(招待制)で申し込むパターンがあります。

一般カードを使っていると、いつか突然カード会社よりゴールドカードにしないかとインビテーション(招待)が届きます。
インビテーションが届いた場合は、まず審査に落ちることがないので、安心してゴールドカードを申し込めます。

イオンゴールドカード

イオンゴールドカード

イオンゴールドカードについては、インビテーションのみとなります。
しかも、このカードの特徴としては、ゴールドカードなのに年会費が無料です。
しかも、他のゴールドカードと同様に、旅行保険機能と空港ラウンジ機能が付いています

持ちたい方は、通常のイオンカードから始めて、気長にインビテーションが来るのを待ちましょう。

エポスゴールドカード

エポスゴールドカード

エポスゴールドカードについては、普通に申し込み出来ますが、インビテーションを待ってから申し込むことをオススメします。
理由は、インビテーションからの申し込みの場合は、ゴールドカードなのに年会費が無料になるためです。
しかも、他のゴールドカードと同様に、旅行保険機能と空港ラウンジ機能が付いています

ゴールドカードの審査について

ゴールドカードの審査については、一般カードよりも審査が厳しくなります。
基本的に大学生は申し込みことが出来ません。

まとめ

この記事を読んで、ゴールドカードの印象は、変わりましたか?

ゴールドカードはステイタス性以外にも、素晴らしい点がいくつもありますね。
ヤングゴールドであれば、案外簡単に持つこともできます。
ゴールドカードイコールお金持ちでは無いですね。

関連記事