評価について

  • 年会費の安さ、ETCの手数料、家族カードの年会費

    年会費の安さについて評価します。

    条件評価
    年会費無料
    1円 〜 2,000円
    2,001円 〜 20,000円
    20,001円 〜 50,000円
    50,001円以上
    初年度無料+1
    ETC年会費・発行手数料無料+1
    家族カード年会費無料
    (本会員が有料の場合のみ)
    +1
  • ポイント還元率の高さ

    ポイント還元率の高さによって評価を決めています。

    ポイント還元率評価
    2.0%
    1.5% 〜 1.99%
    1.2% 〜 1.49%
    1.0% 〜 1.19%
    0.6% 〜 0.99%
    0.3% 〜 0.59%
    0.3%未満
    ポイントなし
  • 国際ブランドの多様性

    国際ブランドの多様性がどれだけあるかを評価しています。
    1つだけしか選べない場合は「2」、2つの場合は「3」、3つの場合は「4」、4つの場合は「5」としています。

    選べる国際ブランドの数評価
    4つ以上
    3つ
    2つ
    1つ

    例えば、楽天カードの場合、選べる国際ブランドは、「マスターカード」「VISA」「JCB」「アメックス」の4つとなるので、「5」としています。

  • 決済機能の多様性

    「waon」「Edy」などの電子マネー機能や、「Applepay」「googlepay」などのスマホ決済機能の数の多さで評価します。

    決済機能の数評価
    5つ以上
    3〜4つ
    1〜2つ
  • 旅行保険

    無料で付帯されている旅行保険の内容について、加算方式で評価します。

    加算条件評価
    海外旅行保険が付帯+1
    国内旅行保険が付帯
    家族特約が付帯
    航空遅延保険が付帯
    適応条件が「自動付帯」
    手厚い補償金額
    傷害・疾病治療がない-1
    旅行保険機能なし

    例えば、エポスカードの場合は、海外旅行保険が自動付帯されているので、「2」となります。

2019年08月11日

クレジットカードて何?

クレジットカードて何?
  1. - 目次 -
  2. 1 クレジットカードとは
    1. 1.1 クレジットカードのシステム
    2. 1.2 クレジットカードのビジネスモデル
      1. 1.2.1 加盟店手数料について
      2. 1.2.2 年会費
      3. 1.2.3 リボ払い・分割払いの金利
      4. 1.2.4 キャッシングについて
      5. 1.2.5 ビッグデータビジネス
  3. 2 デビットカードとの違い
    1. 2.1 デビットカードのメリット
  4. 3 クレジットカードの申し込み方法について
    1. 3.1 申し込みに必要なもの
    2. 3.2 申し込みの条件について
    3. 3.3 クレジットカードの審査について
  5. 4 国際ブランドについて
    1. 4.1 国際ブランドとは
    2. 4.2 国際ブランドのそれぞれの特徴について
      1. 4.2.1 VISA
      2. 4.2.2 MasterCard
      3. 4.2.3 JCB
      4. 4.2.4 American Express
      5. 4.2.5 Diners Club
      6. 4.2.6 銀聯カード
      7. 4.2.7 Discover
    3. 4.3 おすすめの国際ブランド
  6. 5 クレジットカードのメリット
    1. 5.1 現金よりも安全です!
      1. 5.1.1 紛失保険・盗難保険
      2. 5.1.2 もしもの対処法について
    2. 5.2 ポイントがもらえる
    3. 5.3 旅行保険が無料!
      1. 5.3.1 保険の手続き
      2. 5.3.2 保険の適応条件
      3. 5.3.2 保険の補償内容について
    4. 5.4 キャッシュフローの改善
    5. 5.4 入会特典がすごい!
      1. 5.4.1 入会キャンペーンについて
      2. 5.4.2 ポイントサイトで申し込みしましょう
    6. 5.6 かっこいい!
      1. 5.6.1 衛生的
    7. 5.7 優待特典
  7. 6 キャッシュレス化
    1. 6.1 キャッシュレス化のメリット
    2. 6.2 日本は遅れている
  8. 7 まとめ

クレジットカードとは

この記事では、以前クレジットカードの広告を担当していた私が、クレジットカードについて、わかりやすく説明していきます!

「クレジットカード」の言葉は、みなさん知ってますよね。
でも、「クレジットカードを説明する」となると、意外とできないのではないでしょうか。

クレジットカードについて、一言で説明すると以下のようになります。

  • クレジットカードとは、支払いを後払いにできる便利なカードです。

シンプル過ぎですね。
「そんなことは分かってる」とつっこまれそうでね。。。

では、もっと詳しく説明していきます。

クレジットカードのシステム

クレジットカードを説明する上で、まずお金の流れを説明します。

  • ①お店で商品のお金をクレジットカードでの支払う
  • ②クレジットカード会社がお店にお金を支払う
  • ③クレジットカード会社へ自分の銀行口座からお金が引き落とされる

まとめますと、「クレジットカードで支払うと、クレジットカード会社が支払いを立て替えてくれている」ということになります。

料金を立て替えてくれるなんて、すごく優しいですね!
僕は、もし友達に買い物の料金を立て替え欲しいと言われたら、嫌な気持ちになります。。。

どうして、クレジットカード会社が優しくしてくれる(=立て替えてくれる)のか、説明します。

クレジットカードのビジネスモデル

クレジットカード会社が立て替えてくれる理由は、ビジネスモデルを見れば、理解できます。
以下にビジネスモデルをまとめてみます。

  • 加盟店手数料
  • 年会費
  • リボ払い・分割払いの手数料
  • キャッシング金利
  • ビッグデータビジネス

5つにまとめましたので、詳しく説明します。

加盟店手数料について

加盟店とは、クレジットカード会社とクレジットカードが使えるように契約をしているお店のことです。
そして、加盟店手数料とは、ユーザーがお店(加盟店)でクレジットカード決済した場合、お店(加盟店)がクレジットカード会社に支払う手数料のことです。

例えばですが、レストラン(加盟店)の食事代の10,000円をクレジットカードで支払ったとします。 加盟店手数料が5%の場合、そのレストランは、クレジットカード会社から加盟店手数料の500円が引かれた金額の9,500円をもらうことになります。

ということは、クレジットカードで支払われるとお店が損することになります。
それでも、お店はクレジットカードを使えるようする理由があります。

クレジットカードが使えないお店は、不便ですよね。
もし、クレジットカードが使えないと、顧客満足度が下がり、客足が遠のきます。
だから、客のために、クレジットカード決済を導入するお店が多いのです。

年会費

これは、そのままですね。
クレジットカードは年会費がかかるカードと、無料のカードあります。

リボ払い・分割払いの金利

クレジットカードは、分割払いやリボ払いなどの支払い方法があります。
分割払いとは、商品の支払いを何回かに分けて支払うことができるサービスです。
リボ払いも同様なのですが、リボの場合は、ひとつの商品ではなく、当月の支払い全体に対して、分割支払いするサービスになります。

高額な買い物をした時や、支払いの余裕がない時などに使うと便利です。

分割払いやリボ払いをしてしまうと、数%の金利が発生します。
分割払いは2回までは、金利はかかりません。ただし、2回払いの場合は、店頭で伝えないと対応できないことがあるので、注意しましょう。

3回以上の分割払いの場合は、金利がかかります。金利については、カード会社によって、まちまちです。 3回払いの場合は、約2%の金利になってます。10万円の3回払いだと、約2000円の金利を支払わないといけません。

キャッシングについて

キャッシングはその名の通り、クレジットカード会社からお金を借りることです。
カードローンと同様で金利がかかります。

ビッグデータビジネスについて

カード会社には、ものスゴイ数の購買データが蓄積しております。
このビッグデータを使ってマーケティングなどに役立てることが可能です。

ビッグデータのある特定層の行動パターンを分析して、その特定層に当てはまる人に、ピンポイントで興味がある広告を提示することができます。
このやり方はDMPと呼ばれるマーケティング手法なのですが、通常の広告よりも効果があり、さらに、広告コストも抑えることができます。


以上がカード会社が儲けている理由です。
ほんとクレジットカードは、いいビジネスになりますね。
カード会社のIRを見ると、かなり儲けていることもわかります。

デビットカードとの違い

クレジットカードとデビットカードの違いがわからない方が、多いので説明します。

違いは、支払いのタイミングです。

具体的に説明しますと、デビットカードは、支払うと同時に、口座からお金が引き落とされます
対して、クレジットカードは月締めで毎月使った合計を、口座から引き落としされています

普通に考えると、後払いのクレジットカードの方がいいですね。
デビットカードのメリットについて紹介します。

デビットカードのメリット

デビットカードのメリットは審査がないことです。

理由は、クレジットカードのように未払いのリスクがないためです。
年齢制限も、16歳以上であれば、申し込み可能です。クレジットカードの場合は、18歳以上です。


クレジットカードについては、審査がありますので、その辺りを以下の記事で詳しく説明します。

クレジットカードの申し込み方法について

クレジットカードの申し込みの方法について説明します。

申し込みに必要なもの

まず、申し込みする上で必要なのが、以下となります。

  • 銀行口座

引き落としするの銀行口座がないと、クレジットカードは使えません。

申し込みの条件について

申し込みの条件はカードによって異なります。
一般的な年会費無料のカードであれば、以下の条件となります。

  • 電話連絡可能な方
  • 18歳以上(高校生は除く)の方

学生の場合は、親の承認が必須になります。

クレジットカードの審査について

クレジットカードを持つには、審査があります。
以下に当てはまる方は、審査に落ちる可能性があります。

  • 過去に債務整理や自己破産したことがある方
  • 借金がある方、もしくは、借金があった方
  • 無職・フリーターで安定収入がない方
  • 専業主婦の方

審査には、本人に支払い能力があるか、クレジットヒストリーが問題ないかを確認しているようです。

クレジットヒストリーとは、信用情報機関に登録されている個人情報のことです。
信用情報機関は、過去の借金や自己破産などの個人情報を持っています。
審査の際、カード会社は、信用情報機関に申込者のクレジットヒストリーを確認しているようです。

審査については、以下記事に詳しくまとめていますので、チェックしてみてください。


審査が通れば、手続きは完了です。後日、クレジットカードが郵送されます。
もし、申し込み時に引き落とし口座の登録をしてない場合は、口座登録をしましょう。

クレジットカードの国際ブランドについて、説明します。

次にクレジットカードの機能について説明します。

国際ブランドについて

使える国際ブランド

クレジットカードの国際ブランドについて説明します。

国際ブランドとは

お店のレジの前や、入り口の扉なんかに、使えるVISAとかJCBのシールを見てませんか。
これは、クレジットカードのJCBやVISAの国際ブランドが使えるというマークです。

国際ブランドは、クレジットカード決済の会社のことです。
国際ブランドというだけあって、世界中でクレジットカードを使うことができます。

世界には、7つの国際ブランドがあります。
VISA、Mastercard、AMEX、JCB、銀聯カード、ダイナースカード、あと日本では馴染みがないですが、ディスカバーカードの7社です。
その内、VISA、Mastercard、AMEX、ダイナースカード、ディスカバーはアメリカの企業、銀聯カードが中国、そしてJCBが日本となっています。

国際ブランドの会社は、カード発行を委託しているパターンと自社発行を行っているパターンがあります。
以下の表にまとめてみました。

国際ブランドVISAマスターカードJCBアメックスダイナースクラブ
VISAマスターカードJCBAMEXVIダイナースSA
発行国アメリカアメリカ日本アメリカアメリカ

カード発行

委託-
自社--

国際ブランドのそれぞれの特徴について

国際ブランドのシェアは、VISAとMastercardの2トップになります
近年では、銀聯カードが急成長し、発行枚数では世界一となりました。

VISA

VISA

世界一の取り扱い高となるのか、VISAです。
世界中どこでも使えるカードです。
中国では、銀聯カードの方が使えます。

MasterCard

マスターカード

VISAについで、世界2位の取り扱い高となるのか、マスターカードです。
マスターカードも、世界中で使えるカードです。

JCB

JCB

唯一日本企業運営する国際ブランドです。
日本以外では、使えないところが多いです。
また最近では、日本でもJCBが使えないところが多くなってきました。
加盟店手数料が高いので、導入しない店が多いようです。VISAの方が使えます。

American Express

AMEX

通称、Amex(アメックス)と呼ばれています。
特徴は、ステイタスカードとして、ワンランク上の高級感があります。

Diners Club

ダイナースクラブ

クレジットカードの始まりが、ダイナーズクラブになります。
こちらも、アメックスと同様、ワンランク上の高級感を売りにしています。

銀聯カード

銀聯

中国企業が運営するの国際ブランドです。発行枚数は世界一となります。
銀聯カードは、中国であればかなり役に立ちます。海外でも、使えるところは増えています。

Discover

ディスカバー

日本では、発行されていないカードです。
アメリカで徐々にシェアを増やしている国際ブランドです。

おすすめの国際ブランド

ズバリ、VISAかMastercardのどちらかを持つべきです。
正直、JCBは入らないと思います。

中国に行くのであれば、銀聯カードは持っておいた方が良いでしょう。
ステイタスを求めるのであれば、アメックスかダイナースクラブをオススメします。

以上

クレジットカードのメリット

支払い

クレジットカードが便利な理由をまとめてみます。
これを読めば、現金派の方も、クレジットカードの良さがわかるはずです。

  • 現金よりも安全です!
  • ポイントがもらえる
  • 旅行保険が無料!
  • 入会特典がすごい!
  • キャッシュフローが改善
  • かっこいい!
  • 優待特典

ざっと書いてみましたが、詳しくは以下にて説明します。

現金よりも安全です!

クレジットカードは、現金よりも安全です。

もし、あなたが現金100万円を持って外にいるとき、不安にならないでしょうか?
ちなみに私の場合は、10万円でも不安になります。。

紛失保険・盗難保険

クレジットカードの場合、紛失保険・盗難保険が付いており、不正に使い込まれた場合、カード会社が補償してくれます。

もしもの対処法について

財布をなくした場合は、速やかにカード会社へ電話してください。
その電話で、不正利用がないか確認し、カードを停止しましょう。

もし、不正利用があった場合は、警察へ紛失届を提出し、紛失届け番号をカード会社へ伝えます。
カード会社が、調査を行い、問題なければ、不正利用された金額については、カード会社が補償してくれます。

ポイントがもらえる

クレジットカードで支払えば、ポイントがもらえます。
貯まったポイントは、毎月の支払いへの充当やアマゾンギフトや商品に交換できます。

ポイントの還元率は、三井住友VISAカードやJCBカードは0.5%ですが、楽天カードやオリコカードは1.0%もあります。
現金の場合ですと、ポイント還元はありません。グラフにするとこんな感じです。

たった1.0%の還元率でも、使い続けるとたくさんポイントが貯まります。年間100万円使えば、還元率1.0%の場合、1万円分のポイントがたまります。1万円は嬉しいですね。

電気ガス水道代などの公共料金を銀行振替にしてませんか。
もし、銀行振替にしてるなら、ポイントがたまるクレジットカード払いへ切り替えをオススメします。

海外旅行保険が無料!

旅行

クレジットカードには海外旅行保険が無料で付いているカードがあります。
旅行保険の内容は、カードによって、異なりますので、見極めのポイントを説明します。

保険の手続き

クレジットカードの旅行保険は、面倒な手続きは一切ないです。
所持しているだけで、保険が有効になります。

保険の適応条件

クレジットカードの旅行保険には、カードによって保険適応条件が異なります。
保険適応条件には、利用付帯と自動付帯の2パターンがあります。

  • 利用付帯の場合は、旅費(ホテル代、移動費など)をクレカで支払うことが、保険適応の条件となります。
  • 自動付帯の場合は、所持しているだけで、保険が適応となります。

自動付帯の方が、シンプルで良いですよね。

保険の補償内容について

カードによっては、補償内容がイマイチな保険もあります。
例えば、傷害死亡・後遺障害のみしか補償しない保険とかです。

もしもの時のために、保険の内容は確認しておきましょう。


海外で、事故で怪我したり、マラリヤなどの伝染病にかかってしまった場合、海外の病院に行くことになります。
病院代は、全額実費になってしまい、高額な治療費を請求されることがあります。
他にも、治安が悪い海外では、盗難や強盗にあうこともあります。

そういう時、海外旅行保険に入っていれば、治療費や盗難被害にあった金額を補償してくれます。
必ず、海外旅行保険に入るようにしましょう。

以下記事で、クレジットカードの保険についてさらに詳しく説明しているので、チェックしましょう。

キャッシュフロー

クレジットカードは、後払いになりますので、キャッシュフローが改善されます。
ただし、浪費家の方には、使いすぎに注意しましょう。
支払えなくなってしまったりすると大変なんで、しっかり自分で管理しましょう。

入会特典がすごい!

クレジットカードは、申し込むだけで数千円相当のポイントがもらえることがあります。

入会キャンペーンについて

入会キャンペーンとは、カード会社の広告施策になります。
ユーザーにインセンティブを渡すことで、カード発行を促進させます。

カード会社は、年間何億円もの広告費を使って、新規カード発行枚数を稼いています。
その莫大な広告費を一枚あたりの発行枚数で、割り出すと、1枚あたりの1万円以上の広告費が使われていることになります。


時期によっては、素晴らしい入会キャンペーンを実施してることがあります。
特に3月頃に良いキャンペーンをしていることが多いと考えられます。
なぜかというと、カード会社は余った広告宣伝費を、期末に予算消化するためです。

ポイントサイトで申し込みしましょう

ポイントサイトとは、ポイントサイト内にある、バナーをクリックして、その商品を購入すると、ポイントがもらえるサービスです。
ポイントサイトに登録して、申し込みたいクレジットカードのバナーをクリックして、申し込みすると、ポイントがもらえます。
特にオススメはA8セルフバックになります。

かっこいい!

クレジットカードは、見た目がかっこいいカードがあります。
特にかっこいいのは、アメックスやダイナーズクラブですね。
年会費が高いので、庶民には贅沢なカードです。

衛生的

現金と比較してですが、クレジットカードは自分しか触らないので、衛生的です。
あまり意識してない人は多いと思いますが、現金は、色んな人が触っているので、汚いです。
衛生微生物研究センターが調査したところ、紙幣の方が、菌が多く付着していたようです。
10円は銅でできているので、殺菌作用があり、菌は少なめです。

優待特典

カード会社によって、独自の優待特典があるので、説明します。

クレディセゾン

セゾングループのカードでは、西友やLIVINで毎月第1・第3土曜日に利用すれば5%OFFになります。
e+(イープラス)で、セゾン会員限定チケットの購入が可能。

楽天カード

楽天グループ内で楽天カードを使うと、SPUでポイント還元率がアップします!

エポスカード

ビッグエコー、シダックスなどのカラオケ店でルーム料金が常時30%OFF!


などなど、他にも優待特典が満載です。
別途、優待情報については、更新して行きます!

キャッシュレス化

支払い

世界中で、キャッシュレス化が進んでおり、日本でもキャッシュレス化を推進しております。
キャッシュレス化することでどんなメリットがあるか、簡単に説明します。

キャッシュレス化のメリット

以下の通りです。

  • 紛失・消失がなくなる
  • 盗まれない
  • 偽造されない
  • 管理コストの削減
  • 衛生的
  • ボーダレス
  • 決済が早い
  • 脱税防止

紛失・消失がなくなる

現金は、無くすリスクはあります。
紙幣は燃やしてしまうと、消滅します。お金が消滅すると、お金の循環に影響を及ぼします。

盗まれない

現金は、盗難のリスクはあります。

偽造されない

偽札が出回ることがなくなります。

管理コストの削減

現金を造幣、輸送、保存するのには、かなりのコストがかかります。

衛生的

現金は菌が付いています。

ボーダレス

クレジットカードは世界中で使えます。

決済が早い

ETCがいい例です。

脱税防止

お金の流れが明確になるので、脱税できなくなります。


キャッシュレス化はメリットはたくさんあります。
キャッシュレス社会の方が快適になりますので、協力してくださいね。

日本は遅れている

世界の先進国で比較すると、日本のキャッシュレス化は遅れています。 北欧では、キャッシュレス化がかなり進んでおり、現金が使えない店もあります。電車などの公共のチケット販売機は、なんと現金を入れるところがなく、使えません。

もしかしたら、北欧では、何年後に現金が廃止される時代が来るかもしれませんね。。

一方、日本では、現金派の人が今でもたくさんいます。
IT化も遅れてましたし、対応力が低いですね。

キャッシュレスについて、以下記事でさらに詳しく説明していますので、チェックしてみてください。

まとめ

クレジットカードのメリットについてわかったのではないでしょうか。
支払いについては、積極的にクレジットカードを使うようにしましょう。

以上

関連記事