評価について

  • 年会費の安さ、ETCの手数料、家族カードの年会費

    年会費の安さについて評価します。

    条件評価
    年会費無料
    1円 〜 2,000円
    2,001円 〜 20,000円
    20,001円 〜 50,000円
    50,001円以上
    初年度無料+1
    ETC年会費・発行手数料無料+1
    家族カード年会費無料
    (本会員が有料の場合のみ)
    +1
  • ポイント還元率の高さ

    ポイント還元率の高さによって評価を決めています。

    ポイント還元率評価
    2.0%
    1.5% 〜 1.99%
    1.2% 〜 1.49%
    1.0% 〜 1.19%
    0.6% 〜 0.99%
    0.3% 〜 0.59%
    0.3%未満
    ポイントなし
  • 国際ブランドの多様性

    国際ブランドの多様性がどれだけあるかを評価しています。
    1つだけしか選べない場合は「2」、2つの場合は「3」、3つの場合は「4」、4つの場合は「5」としています。

    選べる国際ブランドの数評価
    4つ以上
    3つ
    2つ
    1つ

    例えば、楽天カードの場合、選べる国際ブランドは、「マスターカード」「VISA」「JCB」「アメックス」の4つとなるので、「5」としています。

  • 決済機能の多様性

    「waon」「Edy」などの電子マネー機能や、「Applepay」「googlepay」などのスマホ決済機能の数の多さで評価します。

    決済機能の数評価
    5つ以上
    3〜4つ
    1〜2つ
  • 旅行保険

    無料で付帯されている旅行保険の内容について、加算方式で評価します。

    加算条件評価
    海外旅行保険が付帯+1
    国内旅行保険が付帯
    家族特約が付帯
    航空遅延保険が付帯
    適応条件が「自動付帯」
    手厚い補償金額
    傷害・疾病治療がない-1
    旅行保険機能なし

    例えば、エポスカードの場合は、海外旅行保険が自動付帯されているので、「2」となります。

2019年06月24日

大学生向けクレジットカードについて

大学生向けクレジットカードについて
  1. - 目次 -
  2. 1 学生向けカードとは
    1. 1.1 大学生のクレジットカード保有率
  3. 2 学生限定の特典て何がお得なの?メリットを知ろう!
    1. 2.1 年会費が無料
    2. 2.2 無料で旅行保険が付いてくる
  4. 3 クレジットカードのメリット
    1. 3.1 使えば使うほどポイントが貯める
    2. 3.2 海外旅行中の事故などの保険
    3. 3.3 キャッシュフローの改善
    4. 3.4 無くしても安心!ショッピング保険!
    5. 3.5 入会キャンペーン
    6. 3.6 様々な特典
  5. 4 クレジットカードを持つためには

学生向けカードとは

学生は世間では、なにかと優遇されます。
それは、クレジットカードでも同じ!
学生限定の優待がついているお得なクレジットカードについて紹介していきます!

学生

なぜクレジットカード会社が学生限定キャンペーンをしてまで、大学生にクレジットカードを持ってもらいたいのでしょうか。その理由について説明します。

カード会社は、大学生に自社のクレジットカードを、一度もってもらう事で、 ずっと自社のクレジットカードを使い続けてもらうことが、目的です。

学生の内は、お金をあまり使わないかもしれませんが、使い続けてもらう事で、何年後かに、社会人になり、たくさん使ってもらおうと考えています。

大学生のクレジットカード保有率

日本クレジット協会の調査(平成30年8月)によると、54%の学生がクレカを所持しているようです。半分の学生が持っていると言うことになります。

カードを持つ理由でもっとも多いのは、ネットショッピングの決済に必要だからとなってます。
アマゾン、楽天などネットショップの、利用率が年々上がっているのが背景にあります。

カードを持つ理由の2番目に多いのは、海外旅行や海外留学のためとなっています。

クレジットカードには旅行保険が無料で付いているカードがあります。
また、実は海外の方が、日本よりキャッシュレス化が進んでおり、大体どこでもクレカの支払いができます。
スリや窃盗などが多い海外では、現金の持ち運びは最小に抑えて、クレカをメインで支払うことをオススメします。
海外に行く学生にとっては、必須アイテムですね。

学生限定の特典て何がお得なの?メリットを知ろう!

大きくは2つのメリットがあります。

年会費が無料

通常ですと、年会費がかかるクレジットカードを学生の間はタダで使うことができます。

無料で旅行保険が付いてくる

海外旅行先で怪我や伝染病にかかってしまった場合、海外では日本の健康保険は使えないので、 全額実費になり、高額な治療費を請求されることがあります。

また他にも、日本と違い、海外では油断してると、カバンを盗まれたり、運が悪いと強盗にあうこともありえます。

そういった際に、海外旅行保険に入っていれば、治療費や被害にあった金額を保障してくれます。

クレジットカードには、海外旅行保険が無料で付帯されているカードがあります。

クレジットカードのメリット

ここで初めてクレジットカードを持つ学生さんの為に、クレジットカードのメリットを紹介致します。

ヤッホー

使えば使うほどポイントが貯める

クレジットカードは使えば、その分ポイントが還元され、 毎月の支払いへの充当やアマゾンギフトなどに交換できます。
ポイント還元率は、一般的に0.5%くらいが多いですが、楽天カードやオリコカードは倍の1.0%もあり、かなり差があります。
グラフにするとこんな感じです。

見てわかる通りクレカは使えば使うだけ、得します。年間100万円使えば、ポイント還元率が1.0%以上のカードなら、1万円も得します。
今の時代は電気ガス水道代などの公共料金もクレジットカードで支払えます。 どう考えても、クレカで支払った方がお得なので、基本的に払えるものは全てクレカで支払いましょう。

海外旅行中の事故などの保険

クレジットカードには旅行保険がついているカードがあるので、わざわざ旅行保険に加入する必要もなく、申請の必要もございません。 クレカの保険がない方は、旅行代理店から申し込むか、自分で保険会社へ申し込みをしないといけません。

クレカの旅行保険で結構重要なポイントは利用付帯と自動付帯です。保険適応になる条件に違いがあります。

利用付帯は、旅費(ホテル代、航空チケットなど)をそのクレジットで支払うことが保険適応の条件となります。
一方、自動付帯は、所持いるだけで、保険が適応となります。なので、別のクレカで旅費を支払っても旅行保険が適応されます。自動付帯が良いです。
もし、現状で保険付きのクレカを持っているなら、自動付帯かどうか保険適応条件をチェックしましょう。

当サイトでは、クレカの保険適応条件や保険の補償額をまとめてますので、チェックしましょう。

キャッシュフローの改善

クレジットカードで支払った場合は、クレジットカード会社への支払いが約1ヶ月後になります。
これが借金してるみたいで、嫌う方も多いです。合理的な観点では、支払いが遅れてくれる方が、 その分余裕が生まれるので、キャッシュフローが良くなり、本来は良いはずです。
しかし、金遣いが荒い方は、クレカの使いすぎで、破滅する恐れがあります。自業自得ですね。

また、クレカは分割払い可能です。高額な買い物をした時や、支払いの余裕がない時などに分割で支払います。
分割払いを利用するには、店頭でお支払い時に分割にしてもらうパターンと、後からネットなどから分割にするパターンがあります。

分割払いは2回までは、金利はかかりません。 ただし、2回払いの場合は、店頭で伝えないと対応できないことがあるので、注意しましょう。
分割3回以上の場合は金利がかかります。金利については、クレジットカード会社によって、まちまちです。 3回払いの場合は、約2%の金利になってます。10万円の3間回払いだと、約2000円が金利としてプラスされます。

他にもボーナス一括払い、リボ払いがあります。
ボーナス一括払いについては、名の通り、夏と冬のボーナスで一括返済できるシステムとなってます。
しかも、金利がかからないので、とってもお得です。7月に買ったものを12月まで支払いを待ってもらえることも可能な訳です。
コツコツ貯めて高額なものを買うより、先に手に入れて後払いの方が、その分早く手に入るので、いいですね。

リボ払いについては、分割払いとどう違うの?と思う方が多いと思いますので、説明します。

分割払い/リボ払い/ボーナス一括払いの違い
種類対象年利
分割払い商品などの支払いの一部12%~15%
ボーナス一括払い商品などの支払いの一部なし
リボ払い月の支払い全額15.0%

こちらの表を見ていただいたら分かるように、分割払いとリボ払いの違いは、 分割の対象が商品などの支払いの一部に対し、リボ払いは月額の支払い全額なのかの違いです。 あと少し金利も違っています。

あんまり、カツカツでクレジットカードを使うのは、よろしくないので、計画性を持って使うようにしましょう。

無くしても安心!盗難保険・紛失保険

全てのクレカには、盗難保険と紛失保険が付いています。
もしクレカの不正利用などで被害にあった場合、被害にあった分は、カード会社が補償してくれます。

対処法について

財布をなくした場合は、速やかにカード会社へ電話してください。
その電話で、不正利用がないか確認し、カードを停止しましょう。

もし、不正利用があった場合は、警察へ紛失届を提出し、紛失届け番号をカード会社へ伝えます。
カード会社が、調査を行い、問題なければ、不正利用された金額については、カード会社が補償してくれます。

入会キャンペーン

カードによって、素晴らしい入会キャンペーンを実施してることがあります。
カード会社にとって、クレジットカードを持ってもらう為に、広告費用を莫大に使います。 その一環で、入会した時にも、入会特典がついてくるカードがたくさんあります。
時期によっても、入会キャンペーンの内容は変わりますので、良いキャンペーンがある場合は、 早めに申し込みましょう!

様々な特典

カードによって、大手ショッピング店舗や娯楽施設と提携している事があります。
例えば、セゾングループのカードを西友やLIVINで毎月第1・第3土曜日に利用すれば5%OFFになったり、 楽天市場で楽天カードを使うと、ポイントが2倍になったり、エポスカードでは、ビッグエコー、シダックスなどのカラオケ店で 常時ルーム料金30%OFFになったりと、素晴らしい特典が揃ってます。
自分のライフワークにあったカードを見つけましょう!

クレジットカードを持つためには

準備物としては以下が必要となります。

  • ・引き落としの為の銀行口座

審査についても重要なポイントとなります。

  • ・電話連絡可能な方
  • ・18歳以上(高校生は除く)の方
  • ・学生の場合は、親権者の確認が可能な方

社会人の場合ですと、安定収入がない場合は、クレジットカードを持つことはできません。
なので、学生の場合は、親の確認が必須になります。 過去に、携帯代の未払いなどあった場合は、審査に落ちる事もあるので、気を付けましょう。

関連記事