評価について

  • 年会費の安さ、ETCの手数料、家族カードの年会費

    年会費の安さについて評価します。

    条件評価
    年会費無料
    1円 〜 2,000円
    2,001円 〜 20,000円
    20,001円 〜 50,000円
    50,001円以上
    初年度無料+1
    ETC年会費・発行手数料無料+1
    家族カード年会費無料
    (本会員が有料の場合のみ)
    +1
  • ポイント還元率の高さ

    ポイント還元率の高さによって評価を決めています。

    ポイント還元率評価
    2.0%
    1.5% 〜 1.99%
    1.2% 〜 1.49%
    1.0% 〜 1.19%
    0.6% 〜 0.99%
    0.3% 〜 0.59%
    0.3%未満
    ポイントなし
  • 国際ブランドの多様性

    国際ブランドの多様性がどれだけあるかを評価しています。
    1つだけしか選べない場合は「2」、2つの場合は「3」、3つの場合は「4」、4つの場合は「5」としています。

    選べる国際ブランドの数評価
    4つ以上
    3つ
    2つ
    1つ

    例えば、楽天カードの場合、選べる国際ブランドは、「マスターカード」「VISA」「JCB」「アメックス」の4つとなるので、「5」としています。

  • 決済機能の多様性

    「waon」「Edy」などの電子マネー機能や、「Applepay」「googlepay」などのスマホ決済機能の数の多さで評価します。

    決済機能の数評価
    5つ以上
    3〜4つ
    1〜2つ
  • 旅行保険

    無料で付帯されている旅行保険の内容について、加算方式で評価します。

    加算条件評価
    海外旅行保険が付帯+1
    国内旅行保険が付帯
    家族特約が付帯
    航空遅延保険が付帯
    適応条件が「自動付帯」
    手厚い補償金額
    傷害・疾病治療がない-1
    旅行保険機能なし

    例えば、エポスカードの場合は、海外旅行保険が自動付帯されているので、「2」となります。

2020年05月22日

クレジットカードを二枚持つメリットは?おすすめの選び方は?

クレジットカードを二枚持つメリットは?おすすめの選び方は?

クレジットカードを二枚以上持っているという人はかなり多いです。

ただ、一枚しか持っていないという人の中には、「なぜ二枚もカードを持つ必要があるの?」と思ってしまうでしょう。

そこで、この記事では、クレジットカードを二枚持つメリットや、おすすめの選び方について詳しく解説していきます。

  1. - 目次 -
  2. 1 クレジットカードを二枚持つメリット
    1. 1.1 一枚目でついていない機能を補える
    2. 1.2 審査に通りやすい
    3. 1.2 予備で使える
  3. 2 二枚目のクレジットカードを作る時の注意点は?
    1. 2.1 お金の管理を徹底する
    2. 2.2 年会費が無料のカードを選ぶ
  4. 3 二枚目のカードのおすすめの選び方は?
  5. 4 まとめ

クレジットカードを二枚持つメリット

クレジットカードを二枚持つメリットはいくつかあります。

「クレジットカードは一枚で十分」と思っている人も、これから紹介するメリットを見たら、「やっぱり二枚目が欲しい」と思うかもしれません。

では、詳しく見ていきましょう。

一枚目でついていない機能を補える

まずは一枚目のクレジットカードについていない機能を補えるということです。

例えば海外保険。

クレジットカードには、海外保険が付帯されているカードとそうでないカードがあります。

もし海外に行く機会が多いのであれば、当然海外保険が付帯しているカードを使うことが便利です。

また、異なる国際ブランドのカードを作ることで、利用できる店舗が増得ます。

更に、それぞれのカードによってサービス内容や特典なども異なるため、二枚持っておくことで両方のサービス、特典を受け取ることができる場合もあるのです。

審査に通りやすい

クレジットカードというのは、誰でも簡単に作れるわけではありません。

その人の信用や過去の支払い滞納などの履歴を見て、審査が行われます。

これをクレジットヒストリーというのですが、一枚目のカードでしっかりと期限までに支払いをしていれば、二枚目のカードがより作りやすくなるのです。

ただ、家賃の滞納や携帯料金遅延なども利用履歴として見られる場合がありますので、しっかりと期限までに支払えるようにしておきましょう。

予備で使える

クレジットカードを二枚持っておくと、予備として使うことができます。

というのも、場合によっては何らかの理由でクレジットカードが一時的に使えなくなってしまう可能性もあるのです。

その際に、クレジットカードを一枚しか持っていないと、最悪現金で支払う必要があり、もし手持ちの現金がない場合は買い物ができないこともあります。

そうなってしまうと、お金をおろしてもう一度会計をしなければならず、二度手間且つ恥ずかしい思いをしてしまうことになるのです。

また、どれだけお金の管理をしていても、急な出費で限度額に達してしまうこともあります。

この場合に、二枚目のクレジットカードを持っていれば、スムーズに買い物をすることができるのです。

二枚目のクレジットカードを作る時の注意点は?

クレジットカードを二枚持つと、何だかお金持ちになった気分になってしまいます。

なぜなら、それぞれのカードに限度額が設定されていて、二枚持つことで、更に限度額が増えるからです。

二枚のカードの限度額を合算すると、かなり高額になることもあり、「これだけ使えるんだ!」と勘違いしてしまうことにもなりかねません。

ただ、クレジットカードを無計画に使っていくと、後で後悔することになります。

そのようなことを避けるためにも、二枚目のカードを作る時は以下の注意点を意識するようにしてください。

お金の管理を徹底する

まずはお金の管理を徹底することです。

これは基本中の基本ですが、クレジットカードで支払う場合には、現金がなくなるわけではなく、すぐに引き落とされるわけでもありません。

そのため、買い物をしたという感覚が薄れてしまうことが多く、ついついたくさんの買い物をしてしまうことがあります。

また、クレジットカードの利用状況はオンラインで確認することもできますが、それぞれのカードによって使っている額が違えば、今月どれだけの出費をしたのか把握しにくくなってしまいます。

そのため、「一枚目のカードは○○用、二枚目のカードは○○用」というように、役割を自分の中で決めてしまうことがおすすめです。

そうすることで、適当にクレジットカードで支払いをすることが減り、支出管理を徹底することができるでしょう。

また、お金の使い方があまり上手でない人の場合は、「一枚目のカードで買い物をしすぎたから、二枚目のカードで支払おう」という人がいます。

お金に関しての基本的知識がある人であれば、「そんなことする人いるの?」と思ってしまうかもしれませんが、結構いるのです。

一枚目のカードで支払っても、二枚目のカードで支払っても、1か月のうちに使った金額が翌月に引き落とされるため、変わりはありません。

このようなことを避けるためにも、一枚目のカードの締め日と支払日、二枚目のカードの締め日と支払日をしっかり確認しておくことをおすすめします。

年会費が無料のカードを選ぶ

クレジットカードの中には、年会費が発生する物もあります。

例えば、ステータスとされているチタンカードやブラックカードというのは、持っているだけでかなり高額な年会費が取られます。

最近では、ゴールドカードを比較的若いうちから持っている人もいるため、あまりレア度は高くありませんが、ゴールドカードでも年会費が取られることがあるのです。

クレジットカードというのは、ステータスだと考えている人もいますが、そのために毎年高い年会費を払っているのは賢い方法だとは言えません。

クレジットカードというのは、正しく使うとポイントを賢く貯めることができるのですが、間違った使い方をすると支払いに困ったり、お金の水漏れを発生させてしまったりする原因になるのです。

もし二枚目のカードを作るのであれば、年会費がかからない物を選んでみることをおすすめします。

短期間に連続して申し込まない

一枚目のカードを作った時に、「面倒くさいから一気に申し込んでしまえ」という人もいます。

ただ、連続してクレジットカードを発行すると、「申し込みブラック」という状態になってしまうこともあります。

例えば、かなり短い期間でカードローンや、クレジットカードなどをいくつも申し込んだりすると申し込みブラックになってしまい、断られてしまうことがあるのです。

二枚のクレジットカードを連続して申し込むくらいであれば、あまり心配はいりませんが、それ以外にカードローンなどの申し込みもしているという場合には、期間を開けてから申し込みをすることが大事になってきます。

二枚目のカードのおすすめの選び方は?

二枚目のカードを選ぶ際に大事になることは、以下になります。

  • 年会費
  • 異なるサービス内容です。

例えば、楽天カードを使っている場合には、ビックカメラSuicaカードがおすすめです。

楽天カードには、海外旅行保険が付帯されているのですが、国内旅行傷害はついていません。

これをビックカメラSuicaカードで補うことができるのです。

そして、イオンカードを持っている場合には、リクルートカードを二枚目として持つことがおすすめです。

イオンで買い物をする場合は、イオンカードの方がお得にポイントを貰うことができますし、「ときめきポイントTOWN」を利用することで、最大21倍のポイントを貰うことができます。

ただ、海外旅行保険がついていないため、これをリクルートカードで代用するのです。

更に、リクルートカードのポイントをポンタポイントに変えることもできるため、非常にお得になるのです。

まとめ

このように、二枚目のカードを持っておくメリットというのはたくさんあります。

その場合は、一枚目のカードで不足しているサービスや特典を補えるカードを選ぶことが大事になります。

また、クレジットカードを二枚持つことで、お金の管理がやや複雑になるため、しっかりと支出管理を行うことが大切になってきます。

関連記事