評価について

  • 年会費の安さ、ETCの手数料、家族カードの年会費

    年会費の安さについて評価します。

    条件評価
    年会費無料
    1円 〜 2,000円
    2,001円 〜 20,000円
    20,001円 〜 50,000円
    50,001円以上
    初年度無料+1
    ETC年会費・発行手数料無料+1
    家族カード年会費無料
    (本会員が有料の場合のみ)
    +1
  • ポイント還元率の高さ

    ポイント還元率の高さによって評価を決めています。

    ポイント還元率評価
    2.0%
    1.5% 〜 1.99%
    1.2% 〜 1.49%
    1.0% 〜 1.19%
    0.6% 〜 0.99%
    0.3% 〜 0.59%
    0.3%未満
    ポイントなし
  • 国際ブランドの多様性

    国際ブランドの多様性がどれだけあるかを評価しています。
    1つだけしか選べない場合は「2」、2つの場合は「3」、3つの場合は「4」、4つの場合は「5」としています。

    選べる国際ブランドの数評価
    4つ以上
    3つ
    2つ
    1つ

    例えば、楽天カードの場合、選べる国際ブランドは、「マスターカード」「VISA」「JCB」「アメックス」の4つとなるので、「5」としています。

  • 決済機能の多様性

    「waon」「Edy」などの電子マネー機能や、「Applepay」「googlepay」などのスマホ決済機能の数の多さで評価します。

    決済機能の数評価
    5つ以上
    3〜4つ
    1〜2つ
  • 旅行保険

    無料で付帯されている旅行保険の内容について、加算方式で評価します。

    加算条件評価
    海外旅行保険が付帯+1
    国内旅行保険が付帯
    家族特約が付帯
    航空遅延保険が付帯
    適応条件が「自動付帯」
    手厚い補償金額
    傷害・疾病治療がない-1
    旅行保険機能なし

    例えば、エポスカードの場合は、海外旅行保険が自動付帯されているので、「2」となります。

2020年05月22日

ラインペイって一体何?特徴やメリット、デメリットを徹底解説!

ラインペイって一体何?特徴やメリット、デメリットを徹底解説!

キャッシュレス化が進む中、ラインペイを利用してみたいと思っている人も増加傾向にあります。

ただ、ラインペイとは一体何なのか、メリット、デメリットはあるのかという様々な疑問を持つ人も多くいるでしょう。

そこで、この記事では、ラインペイの特徴やラインペイを使うことのメリットやデメリットについて詳しく解説していきます。

ラインペイのことが良くわからず、利用を躊躇してしまっているという人は、是非この記事を最後まで読んでみることをおすすめします。

  1. - 目次 -
  2. 1 ラインペイって何?安全性は?
  3. 2 ラインペイの使い方は?
  4. 3 ラインペイのメリット、デメリットは?
    1. 3.1 メリット
    2. 3.2 デメリット
  5. 4 ラインペイが使える店はどこ?
  6. 5 ラインペイのポイントや還元率について
  7. 6 チャージもできる?方法は?
  8. 7 ラインペイでポイントを貯めれば節約をすることもできる!
  9. 8 まとめ

ラインペイって何?安全性は?

ラインペイでは、できることが大きく分けると2つあります。

  • 1.お店やネットショップなどの支払い
  • 2.友達に送金

ラインペイは、クレジットカードとは違い、チャージをしなければ使うことができません。

また、カード型とスマホアプリ型があるため、自分の使いやすい方法で利用することができます。

「厳しい審査があるのでは?」

と思う人がいるかもしれませんが、ラインペイは、審査なし、会費無料で使うことができるため、気軽に使うことができます。

運営も当然、LINEですので、安全性については問題ないと言えるでしょう。

また、安全対策として、暗号化データで情報のやり取りをしています。

今までの運用実績からもトラブルは発生しておらず、口コミでも目立った悪い評価は見られないため、安心して使うことができます。

万が一、ラインペイが悪用されてしまったとしても、ラインペイはチャージをしないと使うことができないため、ラインペイの中に入っているお金しか損をすることはありません。

どうしても安全性に不安があるという人は、銀行口座やクレジットカードなどは登録せず、毎回コンビニでチャージして使うという方法もおすすめです。

ラインペイの使い方は?

ラインペイをリアル店舗で使う場合には、QRコードとバーコードを見せて支払うのが一般的です。

お会計の時に、店員さんに、「ラインペイでお願いします」というと、QRとバーコードの提示を求められますので、あらかじめ用意しておいたスマホ画面を見せて、決済完了です。

ラインペイは、使える店と使えない店がありますが、徐々にラインペイ加盟店が増えてきていますので、今後たくさんのお店やネットショップで使えるなる可能性が高いです。

現状使えるお店に関しては、後程詳しく解説します。

ラインペイのメリット、デメリットは?

では、ラインペイを使うメリットとデメリットは一体何なのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

メリット

  • 手数料がかからないこと
  • ポイント還元率が高いこと
  • 使いすぎを防止できること

手数料というのは、数百円であることがほとんどですが、それがどんどん積もっていくと、結構大きな損になってしまいます。

しかし、ラインペイの場合は、入金手数料や送金手数料がかからないため、積極的に利用することができるのです。

また、ラインペイは、最高2%のポイント還元率となっています。

ポイントを貯めて、会計の時に使うこともできますし、そのままチャージすることもできるのです。

更に、ラインペイは、チャージすることで使うことができるようになりますので、ついつい使いすぎてしまうという状態を防止することができるのです。

デメリット

ただ、ラインペイには、デメリット存在します。

  • 使えるお店が若干少ないこと

ラインペイは、まだあまり知名度が高い方ではなく、対応しているお店も若干少ない傾向にあります。

そのため、使いたいときに使えないという事態が起こってしまう可能性もあります。

ラインペイが使える店はどこ?

ラインペイが使える代表的なお店をいくつか紹介します。

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミマ
  • ミニストップ
  • ビックカメラ
  • ビッグエコー
  • はなの舞

続いてラインペイが使える代表的なネットショップをいくつか紹介します。

  • ZOZOTOWN
  • ラクマ
  • まんが王国

これから徐々にラインペイ加盟店が増えてくることが予想されますが、現状このようなお店で使うことができます。

見るとわかる通り、基本的にコンビニでは使うことができますので、コンビニを良く利用する人は是非ラインペイを使ってみることをおすすめします。

ラインペイのポイントや還元率について

ラインペイのポイントについて、先ほど少し解説しましたが、還元率というのは人によって異なります。

なぜなら、マイカラーと呼ばれるランク制度のようなものがあるからです。

これは、前月の利用額によって決定され、以下のようになります。

  • ホワイト 1万円未満 0.5%
  • レッド 1万円以上5万円未満 0.8%
  • ブルー 5万円以上10万円未満 1%
  • グリーン 10万円以上 2%

グリーンまで行くと最大2%の還元率となりますが、あまり10万円をラインペイで支払うという人はいないでしょう。

そのため、大体は0.8%から1%の間になると思います。

ただ、ラインペイでは定期的にキャンペーンが行われていて、この期間中は20%のポイントが貰えるため、積極的に活用していくことをおすすめします。

チャージもできる?方法は?

先ほど、ラインペイはチャージをすることで利用できると解説しました。

チャージ方法には、いくつかの種類があり、自分の好きな方法を選ぶことができます。

チャージ方法としては、以下になります。

  • コンビニの機械でチャージ
  • 銀行口座からチャージ
  • レジでチャージ
  • ラインペイカードでチャージ

どの方法も全く難しくなく、数分でチャージを完了させることができるため、一番やりやすい方法でチャージをしてみることをおすすめします。

ラインペイでポイントを貯めれば節約をすることもできる!

ラインペイなどの電子マネーで支払いをすることで、お得にポイントを獲得することができます。

現金で支払った場合は、当然ポイントなども付きません。

ラインペイで獲得したポイントは、様々な場面で使うことができるため、コツコツと貯めていくことで節約に繋げることができるのです。

ただ、ラインペイのポイントはマイカラー制度となっています。

気を付けなければならないのは、ランクを上げようとしてたくさんのお金を使ってしまうことです。

たくさんラインペイで支払いをすれば、当然ランクも上がっていきますが、お金も無くなってしまいます。

必要な支払いに使うのであれば問題ありませんが、ランクを上げるためにたくさんの支払いをするというのは、本末転倒になってしまうことがあります。

そのため、ラインペイは計画的に使っていくことをおすすめします。

しっかりと支出管理を行いながら使っていくことで、会計に時間をかけることもなくなりますし、お金や小銭をたくさん持ち歩く必要もなくなるのです。

まとめ

ラインペイは、徐々に人気が高まってきている決済方法です。

ラインが運営していて、暗号化されたデータを送受信しているため、安全性も高いと言えます。

また、口コミを見て、悪い評価が少なく、気軽に使うことができるでしょう。

ラインペイを使うと、代金やランクに応じてポイントを獲得することができるため、お得に買い物をして、賢くポイントを貯めていくことができるでしょう。

もし、節約をしたい、支払いを簡素化したいと考えているのであれば、ラインペイの導入を検討してみることをおすすめします。

関連記事