評価について

  • 年会費の安さ、ETCの手数料、家族カードの年会費

    年会費の安さについて評価します。

    条件評価
    年会費無料
    1円 〜 2,000円
    2,001円 〜 20,000円
    20,001円 〜 50,000円
    50,001円以上
    初年度無料+1
    ETC年会費・発行手数料無料+1
    家族カード年会費無料
    (本会員が有料の場合のみ)
    +1
  • ポイント還元率の高さ

    ポイント還元率の高さによって評価を決めています。

    ポイント還元率評価
    2.0%
    1.5% 〜 1.99%
    1.2% 〜 1.49%
    1.0% 〜 1.19%
    0.6% 〜 0.99%
    0.3% 〜 0.59%
    0.3%未満
    ポイントなし
  • 国際ブランドの多様性

    国際ブランドの多様性がどれだけあるかを評価しています。
    1つだけしか選べない場合は「2」、2つの場合は「3」、3つの場合は「4」、4つの場合は「5」としています。

    選べる国際ブランドの数評価
    4つ以上
    3つ
    2つ
    1つ

    例えば、楽天カードの場合、選べる国際ブランドは、「マスターカード」「VISA」「JCB」「アメックス」の4つとなるので、「5」としています。

  • 決済機能の多様性

    「waon」「Edy」などの電子マネー機能や、「Applepay」「googlepay」などのスマホ決済機能の数の多さで評価します。

    決済機能の数評価
    5つ以上
    3〜4つ
    1〜2つ
  • 旅行保険

    無料で付帯されている旅行保険の内容について、加算方式で評価します。

    加算条件評価
    海外旅行保険が付帯+1
    国内旅行保険が付帯
    家族特約が付帯
    航空遅延保険が付帯
    適応条件が「自動付帯」
    手厚い補償金額
    傷害・疾病治療がない-1
    旅行保険機能なし

    例えば、エポスカードの場合は、海外旅行保険が自動付帯されているので、「2」となります。

2019年08月17日

クレジットカードの審査について

クレジットカードの審査について
  1. - 目次 -
  2. 1 クレジットカードの審査とは
    1. 1.1 デビットカードには、審査はない
  3. 2 審査の内容について
    1. 2.1 入会資格について
    2. 2.2 主な審査基準について
      1. 2.2.1 クレジットヒストリー
      2. 2.2.2 年収
      3. 2.2.3 雇用形態
      4. 2.2.4 勤続年数
      5. 2.2.5 借入額
      6. 2.2.6 居住年数
  4. 3 審査に落ちるポイント
    1. 3.1 大学生の場合
    2. 3.2 社会人の場合
      1. 3.2.1 安定性がある
      2. 3.2.2 ブラックリスト載っていないか
      3. 3.2.3 虚偽の記載がないか
  5. 4 スコアリングについて
  6. 5 まとめ

クレジットカードの審査とは

クレジットカードを申し込むと必ず審査があります。

クレジットカードに審査が必要な理由は、カード会社への支払いが、後払いであるからです。
貸し倒れがないように、必ず審査を通します。

デビットカードには、審査はない

デビットカードには審査はないので、誰でも申し込むことができます。

デビットカードに審査がない理由は、カード会社への支払いのタイミング、お店への支払いと同時だからです。
つまり、カード会社は貸し倒れのリスクがないので、審査をする必要がないのです。

審査の内容について

チェック

クレジットカードの審査基準については、カード会社は基本的には開示していません。

ただ、ある程度の見てるポイントについては、わかりますので、説明します。

入会資格について

まず、審査の前に入会資格をクリアしているか、確認しましょう。

入会資格とは、主に年齢制限のことになります。
一般のクレジットカードの場合は、18歳以上(高校生を除く)が多いですね。

主な審査基準について

審査基準については、以下ポイントが重要視されていますので、まとめてみました。

  • クレジットヒストリー
  • 年収
  • 雇用形態
  • 勤続年数
  • 借入額
  • 居住年数

順に説明していきます。

クレジットヒストリー

クレジットヒストリーとは、信用情報機関に登録されている個人情報のことです。
信用情報機関は、過去の借金や自己破産などの個人情報を持っています。

審査の際、カード会社は、信用情報機関に申込者のクレジットヒストリーにて、ブラックリストに載っていないか確認しています。

年収

一定の収入がないと、クレジットカードは持てません。
年収が100万円以下でも、審査は通る可能性はあるので、正直に記載しましょう。

雇用形態

アルバイトや派遣社員の場合は、安定収入がなくなる可能性が高いので、審査では不利になってしまいます。

勤続年数

正社員であっても、勤続年数が少ないと、マイナス評価になります。
転職を繰り返すのは、良くない評価になります。

借入額

もちろんですが、借金はない方が良いです。

居住年数

居住年数も長い方が良いです。

審査に落ちるポイント

悪い

収入がない主婦や学生、フリーターの方でも、クレジットカードを持つことは可能です。
審査に落ちてしまうパターンについて説明します。

大学生の場合

クレジットカードは、大学生であれば、持つことができます。
ただし、親の承諾が必須になります。

社会人の場合

社会人の場合は、以下の項目が、審査に通る最低ポイントになります。

  • 安定性がある
  • ブラックリスト載っていないか
  • 虚偽の記載がないか

こちらも順に説明していきます。

安定性がある

収入がない場合は、審査が落ちます。デビットカードを申し込みましょう。

ブラックリスト載っていないか

以下の内容に当てはまると、審査は厳しくなります。

  • 過去に、携帯代の未払いをしている
  • 過去に、クレジットカードの未払いをしている
  • カードローンの借り入れがある
  • 債務整理、自己破産をしたことがある

虚偽の記載がないか

カード会社から、申告した勤めている会社へ在籍確認の電話が入ることがあります。

虚偽と判断されると、そのカード会社のクレジットカードは二度と作れなくなります。
かっこ悪いからといって、申し込み時に誇張した記載は絶対にやめましょう。

スコアリングについて

カード会社は、申し込んだ人がそのカードを持つのが相応しいかを審査します。
ゴールドカードやプラチナカードの申し込みに対しては、審査についても厳しくチェックされます。

その際に、審査基準に使われるのが、スコアリングです。
カードごとに設定された合格点のスコアを超えると、審査通過となります。

スコアは、上記で説明した年収、勤続年数、居住年数などに、点数をつけて計算されます。
なので、年収が良くても、その他のスコアが低いと審査落ちすることも考えられます。

まとめ

審査が心配な方でも、短期間で、申し込み内容が変わると思わないので、 とりあえず申し込んでみたら良いと思います。
落ちてしまった場合は、残念ですが、別のカードで申し込みましょう。

以上

関連記事