評価について

  • 年会費の安さ、ETCの手数料、家族カードの年会費

    年会費の安さについて評価します。

    条件評価
    年会費無料
    1円 〜 2,000円
    2,001円 〜 20,000円
    20,001円 〜 50,000円
    50,001円以上
    初年度無料+1
    ETC年会費・発行手数料無料+1
    家族カード年会費無料
    (本会員が有料の場合のみ)
    +1
  • ポイント還元率の高さ

    ポイント還元率の高さによって評価を決めています。

    ポイント還元率評価
    2.0%
    1.5% 〜 1.99%
    1.2% 〜 1.49%
    1.0% 〜 1.19%
    0.6% 〜 0.99%
    0.3% 〜 0.59%
    0.3%未満
    ポイントなし
  • 国際ブランドの多様性

    国際ブランドの多様性がどれだけあるかを評価しています。
    1つだけしか選べない場合は「2」、2つの場合は「3」、3つの場合は「4」、4つの場合は「5」としています。

    選べる国際ブランドの数評価
    4つ以上
    3つ
    2つ
    1つ

    例えば、楽天カードの場合、選べる国際ブランドは、「マスターカード」「VISA」「JCB」「アメックス」の4つとなるので、「5」としています。

  • 決済機能の多様性

    「waon」「Edy」などの電子マネー機能や、「Applepay」「googlepay」などのスマホ決済機能の数の多さで評価します。

    決済機能の数評価
    5つ以上
    3〜4つ
    1〜2つ
  • 旅行保険

    無料で付帯されている旅行保険の内容について、加算方式で評価します。

    加算条件評価
    海外旅行保険が付帯+1
    国内旅行保険が付帯
    家族特約が付帯
    航空遅延保険が付帯
    適応条件が「自動付帯」
    手厚い補償金額
    傷害・疾病治療がない-1
    旅行保険機能なし

    例えば、エポスカードの場合は、海外旅行保険が自動付帯されているので、「2」となります。

2020年05月22日

クレジットカードと電子マネーの違いって何?どっちを使えばいいの?

クレジットカードと電子マネーの違いって何?どっちを使えばいいの?

クレジットカードと電子マネーの違いをご存じでしょうか。

最近では、かなりキャッシュレスの動きが大きくなり、これを機にポイントを貯めて節約をしよう、お得に買い物をしようと考えている人もいると思います。

ただ、場合によっては、「クレジットカードで支払うのと電子マネーで支払うのでは、どちらがお得なのだろうか」と感じることもあるでしょう。

そこで、この記事では、クレジットカードと電子マネーの違いやどちらを使うべきなのかということについて、詳しく解説していきます。

  1. - 目次 -
  2. 1 クレジットカードと電子マネーの特徴は?
    1. 1.1 クレジットカード
    2. 1.2 電子マネーの特徴
  3. 2 クレジットカードと電子マネーは使い分ける必要がある?なぜ?
    1. 2.1 電子マネーが使えないこともあるから
    2. 2.2 ポイント付与数に違いがあるから
  4. 3 電子マネーとクレジットカードを最大限に活用するためには?
  5. 4 キャンペーンを有効活用するとよりお得?
  6. 5 電子マネーとクレジットカードを使う時の注意点は?
  7. 6 まとめ

クレジットカードと電子マネーの特徴は?

クレジットカードと電子マネーには、大きな違いがいくつかあります。

それでは詳しく見ていきましょう。

クレジットカード

クレジットカードの一番の特徴は、とにかく使えるお店がたくさんあるということです。

日本だけでなく、海外でも簡単に決済をすることができるため、円という通貨が使えない地域でも気軽に支払いを行うことができるのです。

また、クレジットカードというのは、使った瞬間に決済されるのではなく、決まった日にちに銀行口座から引き落としがなされます。

つまり、信用を担保にお金を借りているのと同じことなのです。

電子マネーの特徴

電子マネーには、プリペイドタイプと、ポストペイタイプの二種類に分けることができます。

プリペイドタイプは、使う前にお金を電子マネーに交換する必要があり、グループ店などでしか使えないことが多いです。

ただ、プリペイドタイプの電子マネーは、あらかじめチャージをする必要があるため、使いすぎてしまうということを防止することができます。

代表的なもので言うと、nanacoやWAON、楽天edyなどが挙げられます。

一方、ポストペイタイプというのは、電子マネーとクレジットカードを紐づけ、使った分だけクレジットカードの利用分から請求されるという特徴を持っています。

例えば、Quickpayや、applepayなどがこれに該当します。

ポストペイタイプは、チャージをする必要がないため、気軽に利用することができる分、無駄遣いに注意が必要です。

クレジットカードと電子マネーは使い分ける必要がある?なぜ?

クレジットカードと電子マネーをよりお得に使うためには、時と場合によって両者を使い分ける必要があります。

では、なぜわざわざ使い分ける必要があるのかということについて、詳しく見ていきましょう。

電子マネーが使えないこともあるから

先ほども解説したように、電子マネーでの決済というのは、割と最近導入されたシステムですので、中には使えないお店というのも出てきます。

また、グループ店舗でしか使えない電子マネーもあるため、そのような場合にはクレジットカードで決済をする必要があります。

ただ、クレジットカードが使えなくて、電子マネーが使えるというお店はかなり少ないため、その点クレジットカードの方が利便性の面で分があると言えるでしょう。

しかし、これから更にキャッシュレス決済や電子マネーでの決済が進歩してくれば、クレジットカードと電子マネーの格差がなくなる可能性もあります。

ポイント付与数に違いがあるから

クレジットカードや電子マネーで支払いをすると、ポイントが貰える可能性があります。

どれくらいポイントが貰えるかというのは、購入代金や還元率などによっても異なるため、一概に言うことはできませんが、そのポイントを貯めて、買い物で使うというようなことも可能です。

また、場合によっては、クレジットカードで支払うよりも電子マネーで支払った方が、ポイント還元率が良いという場合もあります。

逆も然りですが、どちらの方がお得なのかということを正しく判断して、使い分けていくことが大事になってきます。

電子マネーとクレジットカードを最大限に活用するためには?

先程も解説したように、電子マネーというのは、どこでも使えるというわけではありません。

場合によっては、対応していないお店などもあるため、せっかくレジの時間を短縮するために電子マネーを使おうとしたのに、結局現金で支払う羽目になったという状態になってしまうこともあります。

そのような事を避けるためには、電子マネーとクレジットカードが一体化したカードを作ることが大事です。

例えば、

・楽天カード(楽天edyとクレジットカードが一体化している)

・セブンプラスカード(nanacoとクレジットカードが一体化している)

・イオンカード(WAONとクレジットカードが一体化している)

というようなクレジットカードを作ることで、電子マネーで支払うこともできますし、クレジットカードとして使うこともできます。

キャンペーンを有効活用するとよりお得?

最近では、かなりキャッシュレス決済を導入している企業が増えました。

そのため、どの企業も、いかに自分のシステムを使ってもらえるかを重視していて、「ポイント還元祭」「〇日までポイント還元率50%」

などと、それぞれがキャンペーンを行っていることも多いです。

そのようなキャンペーンを利用すると、更にお得にポイントを獲得することができるのです。

もし電子マネーを使っているのであれば、キャンペーンの開催有無を調べて、賢く使っていくことをおすすめします。

賢い使い方と言えば、電子マネーのチャージ方法にも裏技があります。

それは、クレジットカードがからチャージをするという方法です。

クレジットカードからチャージをすると、「電子マネーを買う」のと同じことですので、クレジットカードの方でもポイント貯めることができます。

つまり、チャージしただけでポイントを貰うことができるのです。

このようなシステムを上手く利用することで、よりお得、より賢く買い物をすることができるようになるでしょう。

電子マネーとクレジットカードを使う時の注意点は?

電子マネーやクレジットカードで支払いを行えば、・時短・ポイント貯まる

というメリットを得ることができますが、注意しなければならないこともあります。

それが、無駄遣いです。

ポイントを貯めようとすると、どうしてもポイント還元率が高い商品を探してしまいがちですが、ポイント目当てにたくさんのお金を消費してしまっては本末転倒です。

また、電子マネーやクレジットカードでたくさん買い物をすると、何にどれくらいお金を使ったのか把握しにくくなってしまうため、お金の管理は徹底して行う必要があります。

まとめ

このように、電子マネーとクレジットカードは似ているようで、いくつか特徴に違いがあります。

どちらを使えばお得なのかというのは、時と場合によりますが、どちらのメリットも最大限に得たいという場合には、クレジットカードと電子マネー機能が一体化したカードを1枚持っておくと便利です。

また、普段現金で買い物をしているという人も、カードや電子マネーで決済した方がお得になる場合もありますので、一度検討してみることをおすすめします。

関連記事