評価について

  • 年会費の安さ、ETCの手数料、家族カードの年会費

    年会費の安さについて評価します。

    条件評価
    年会費無料
    1円 〜 2,000円
    2,001円 〜 20,000円
    20,001円 〜 50,000円
    50,001円以上
    初年度無料+1
    ETC年会費・発行手数料無料+1
    家族カード年会費無料
    (本会員が有料の場合のみ)
    +1
  • ポイント還元率の高さ

    ポイント還元率の高さによって評価を決めています。

    ポイント還元率評価
    2.0%
    1.5% 〜 1.99%
    1.2% 〜 1.49%
    1.0% 〜 1.19%
    0.6% 〜 0.99%
    0.3% 〜 0.59%
    0.3%未満
    ポイントなし
  • 国際ブランドの多様性

    国際ブランドの多様性がどれだけあるかを評価しています。
    1つだけしか選べない場合は「2」、2つの場合は「3」、3つの場合は「4」、4つの場合は「5」としています。

    選べる国際ブランドの数評価
    4つ以上
    3つ
    2つ
    1つ

    例えば、楽天カードの場合、選べる国際ブランドは、「マスターカード」「VISA」「JCB」「アメックス」の4つとなるので、「5」としています。

  • 決済機能の多様性

    「waon」「Edy」などの電子マネー機能や、「Applepay」「googlepay」などのスマホ決済機能の数の多さで評価します。

    決済機能の数評価
    5つ以上
    3〜4つ
    1〜2つ
  • 旅行保険

    無料で付帯されている旅行保険の内容について、加算方式で評価します。

    加算条件評価
    海外旅行保険が付帯+1
    国内旅行保険が付帯
    家族特約が付帯
    航空遅延保険が付帯
    適応条件が「自動付帯」
    手厚い補償金額
    傷害・疾病治療がない-1
    旅行保険機能なし

    例えば、エポスカードの場合は、海外旅行保険が自動付帯されているので、「2」となります。

2019年08月15日

現金 vs キャッシュレス

現金 vs キャッシュレス
  1. - 目次 -
  2. 1 キャッシュレス化について
    1. 1.1 キャッシュレス化のメリット
      1. 1.1.1 紛失・消失がなくなる
      2. 1.1.2 強盗や盗難対策
      3. 1.1.3 偽造されない
      4. 1.1.4 造幣・管理コストの削減
      5. 1.1.5 衛生的
      6. 1.1.6 ボーダレス
      7. 1.1.7 決済が早い
      8. 1.1.8 人手不足対策
      9. 1.1.9 脱税防止効果
      10. 1.1.10 マネーロンダリングの防止効果
    2. 1.2 キャッシュレス社会のデメリット
      1. 1.2.1 神社などのお布施ができない
      2. 1.2.2 割り勘できない
      3. 1.2.3 セキュリティ問題
      4. 1.2.4 決済機器の故障で、支払いができない
      5. 1.2.5 決済方法が、複雑になる
      6. 1.2.6 災害などにお緊急時に困る
  3. 2 日本は世界から遅れている
    1. 2.1 現金主義の日本
  4. 3 日本はキャシュレス比率が低い理由
    1. 3.1 心情要因
    2. 3.2 環境要因
      1. 3.2.1 クレジットカードが使えない店が多い
      2. 3.2.2 日本札は信頼されている
      3. 3.2.3 治安が良いため
      4. 3.2.4 現金決済のインフラが整っている
  5. 4 現金のメリット
    1. 4.1 ほぼどこでも使える
    2. 4.2 分配ができる
    3. 4.3 印象が良い
  6. 5 まとめ

キャッシュレス化について

コイン

現在、世界中で、キャッシュレス化が進んでおり、日本政府もキャッシュレス化を推進しております。
キャッシュレス化することでどんなメリットがあるのでしょうか、簡単に説明します。

キャッシュレス化のメリット

メリットは以下の通りです。

  • 紛失・消失がなくなる
  • 盗まれない
  • 偽造されない
  • 管理コストの削減
  • 衛生的
  • ボーダレス
  • 決済が早い
  • 人手不足対策
  • 脱税防止
  • マネーロンダリング防止

紛失・消失がなくなる

現金は、無くすリスクはあります。
紙幣は燃やしてしまうと、消滅します。お金が消滅すると、お金の循環に影響を及ぼします。
クレジットカードは、無くしても再発行すれば、問題ないです。

強盗や盗難のリスク

現金を持っていると、リスクが高いです。
レジや金庫にお金を置いておくと、強盗にあったり、従業員に盗まれることも考えられます。
クレジットカードの場合、盗難にあって使い込まれても、盗難保険により補償されます。

偽造されない

日本札は偽造されることはほとんどないので、安全ですが、海外では偽札があることは当たり前ですので、金額の大きい支払いでの現金は嫌がります。

造幣・管理コストの削減

現金を造幣するのにかなりのコストを使っています。
大金を輸送する場合は、必ず警備員を同行し、厳戒態勢で輸送となります。
金庫に保管するのにも、何重にもセキュリティをかけており、かなりの維持コストがかかります。

衛生的

現金はたくさんの人が触れております。
現金に菌が付いていることは、珍しくありません。

ボーダレス

現金を海外で使うには、外貨両替が必要となり、手数料も発生します。

決済が早い

ETC決済やアップルペイ、QR決済は早くて楽です。
また、現金の場合は、おつりが間違ってたり、足りないこともあります。

人手不足対策

レジ打ち業務、レジ締め作業などの、業務負担を減らすことができます。
人手が足りない時代ですので、キャッシュレス化で少しでも改善されれば良いですね。

脱税防止

お金の流れが明確になるので、脱税できなくなります。

マネーロンダリングの防止

お金の出どころが明確になるので、犯罪などで稼いだお金のマネーロンダリングができなくなります。


以上の通り、キャッシュレス化するメリットはたくさんあります。
結論、キャッシュレス社会の方が、より快適になります

キャッシュレス社会のデメリット

今度は逆に、完全キャッシュレス社会(現金廃止)になった場合の、デメリットについて説明します。

  • 神社などのお布施ができない
  • 割り勘できない
  • セキュリティ問題
  • 決済機器の故障で、支払いができない
  • 決済方法が、複雑になる
  • 災害などにお緊急時に困る

神社などのお布施ができない

神社やお寺で、お賽銭を入れる文化が消滅しますね。。
あとお年玉やチップを支払う文化もなくなることになります。

割り勘できない

割り勘するときに困ります。
対策は可能ですので、便利なアプリが生まれることを期待します。

セキュリティ問題

セブンペイや、仮想通貨のセキュリティが破られたりしました。
所詮セキュリティも人が作ったものなので、人によってセキュリティが絶対に破られないことなどないです。

何重もの対策が必要となります。

決済機器の故障で、支払いができない

これは、今でもよくあることですね。
代わりに現金を使います。

決済方法が、複雑になる

現状も、お店によって決済方法が異なります。
〇〇ペイも、増えてきて、何を使えば良いのやらといったところです。

災害などにお緊急時に困る

停電が起きると、決済できなくなります。


完全キャッシュレスには、まだまだ課題や多くて、今のところは難しいですね。

日本は世界から遅れている

渋谷

世界の先進国で比較すると、日本のキャッシュレス化は遅れています。
北欧では、キャッシュレス化がかなり進んでおり、現金が使えない店もあります。
電車などの公共のチケット販売機は、なんと現金を入れるところがなく、使えません。

もしかしたら、北欧では、何年後かに現金が廃止される時代が来るかもしれませんね。。

現金主義の日本

一方、日本では、現金派の人が今でもたくさんいます。

以下の経済産業省のデータ(2015年)によると、日本は、キャッシュレス比率が18.4%しかありません。
お隣の韓国では、なんと89.1%もキャッシュレス化が進んでおり、世界でも40~60%のところが多い中、かなり低いことがわかります。

表1

(参考)経済産業省 キャッシュレスビジョン

日本では、クレジットカードが使えないお店は、結構あります。
公共の電車のチケットも現金しか使えないところもあります。

外出するときは、現金を持ち歩かないと、クレカが使えないところが多いので、不安です。

日本政府としても、2027年までにキャッシュレス比率4割を目指しています。

日本はキャシュレス比率が低い理由

現金主義の方の心情について、どう考えているか説明します。

心情要因

以下が主な現金主義者の主な考えです。

  • 現金決済が不便と感じない
  • 浪費してしまいそうで不安になる
  • お金のありがたみが減る(=金銭感覚がなくなる)
  • 手元にないと不安になる

頑固な方が多そうですね。
ちなみに現金主義者の約6割が、女性となります。

次に、キャシュレス化が進まない環境要因について説明します。

キャシュレス化が進まない環境要因

日本の現金比率が高い環境要因が、以下となります。

  • クレジットカードが使えない店が多い
  • 日本札は信頼されている
  • 治安が良い
  • 現金決済のインフラが整っている

以下にて、詳しく説明します。

クレジットカードが使えない店が多い

日本にはクレジットカードが使えない店が多いです。
その理由については、お店がカード会社に支払う加盟店手数料が高いこと、および、端末導入費が高いことあげられます。

経済産業省の「キャッシュレス社会への取組み」によると、 日本の加盟店手数料は、業界平均が3.24%に対し、中国の加盟店手数料は、0.5%となっています。
日本とかなり差がありますね。。中国が安いのもありますが、日本の加盟店手数料が高すぎるようです。

近頃では、日本の国際ブランドであるJCBが使えない店が、日本で増加しております。
理由は、JCBの加盟店手数料が高いためです。
カード会社のビジネスモデル的にも、簡単には加盟店手数料を落とせないようです。

カード決済端末は数万~数十万円もするので、お店側のカード決済導入意欲を下げる要因になっています。

他にも、クレジットカードが使えない店が多い理由として、治安が良い事、偽札が少ない事もあげられます。

海外では、強盗にあったり、働いてるスタッフが盗んだりすることがあります。
また、偽札も多いので、加盟店手数料がかかってもカード決済の方が、安心のようです。

(参考)経済産業省 キャッシュレス社会への取組み

日本札は信頼されている

日本札は偽造が難しく、偽札が出回ることは、ほとんどありません。
世界中で、信頼の置ける紙幣として認められています。

流通している日本札は、一般の銀行を通じて、日本銀行に還流します。
その際、検査を通して、紙幣に汚れや破れがあると、新しい紙幣に交換されます。
なので、日本札は綺麗な紙幣が多く、評価も高いです。

治安が良いため

治安が良いため、現金を持ち歩いていても、盗まれることが少ないです。
また、財布を落としても、中身が入ったまま、戻ってくる国は珍しいです。

現金決済のインフラが整っている

現金決済のレジ機能が、日本中に行き渡っており、スムーズに現金で決済ができます。
ATMが、コンビニなどの至る所に普及されているので、どこでも現金が卸せます。

現金さえ持っていたら、安心する環境が隅々まで行き渡っているようですね。


キャッシュレス化が進んでいない時代であれば、素晴らしい環境となっていますが、今では時代遅れですね。 ITインフラが進むのが遅かったように、キャッシュレス化が進むのも遅くなりそうですね。

また、クレジットカードで支払うことで、他にもたくさんのメリットがあります。 別の記事で紹介しているので、チェックしてください。

現金のメリット

最後に現金のメリットについて説明します。

  • ほぼどこでも使える
  • 分配に便利
  • 印象が良い

ほぼどこでも使える

日本中で、現金が使えない店て何でしょう?
思いつくのは、ETC、ネット決済ですかね。

対して、現金しか使えない店は、山ほどあります。

分配ができる

現金は、かんたんに分配が可能です。

チップ、お年玉、おこずかい、お祝儀、割り勘、お賽銭など、現金を渡す文化が沢山あります。
現金がないと困ることが、たくさんありますね。

印象が良い

みんなお金は大好きです。
一万円札が嫌いな方なんているのでしょうか。。
特に日本では偽札もないので、現金の印象は良いですね。
昔のように、給料が現金払いが良かったと思う方も多いですね。

まとめ

結論、完全キャッシュレス化は、何十年も先になりそうですね。
日本札も新しくなることが、決まりましたし、政府も完全キャッシュレス社会については、考えていないと思います。

今の日本は、キャッシュレス比率を上げることが、重要ですね。
人材削減や犯罪の防止効果、そして、何よりも世の中が便利になるので、海外のようにどこでもキャッシュレスできるようになって欲しいと思います。

キャッシュレス比率が高い韓国では、お店にキャッシュレス決済を義務付けしています。
日本も、もう一歩踏み込んだキャッシュレス化対策が必要だと思います。

以上

関連記事