評価について

  • 年会費の安さ、ETCの手数料、家族カードの年会費

    年会費の安さについて評価します。

    条件評価
    年会費無料
    1円 〜 2,000円
    2,001円 〜 20,000円
    20,001円 〜 50,000円
    50,001円以上
    初年度無料+1
    ETC年会費・発行手数料無料+1
    家族カード年会費無料
    (本会員が有料の場合のみ)
    +1
  • ポイント還元率の高さ

    ポイント還元率の高さによって評価を決めています。

    ポイント還元率評価
    2.0%
    1.5% 〜 1.99%
    1.2% 〜 1.49%
    1.0% 〜 1.19%
    0.6% 〜 0.99%
    0.3% 〜 0.59%
    0.3%未満
    ポイントなし
  • 国際ブランドの多様性

    国際ブランドの多様性がどれだけあるかを評価しています。
    1つだけしか選べない場合は「2」、2つの場合は「3」、3つの場合は「4」、4つの場合は「5」としています。

    選べる国際ブランドの数評価
    4つ以上
    3つ
    2つ
    1つ

    例えば、楽天カードの場合、選べる国際ブランドは、「マスターカード」「VISA」「JCB」「アメックス」の4つとなるので、「5」としています。

  • 決済機能の多様性

    「waon」「Edy」などの電子マネー機能や、「Applepay」「googlepay」などのスマホ決済機能の数の多さで評価します。

    決済機能の数評価
    5つ以上
    3〜4つ
    1〜2つ
  • 旅行保険

    無料で付帯されている旅行保険の内容について、加算方式で評価します。

    加算条件評価
    海外旅行保険が付帯+1
    国内旅行保険が付帯
    家族特約が付帯
    航空遅延保険が付帯
    適応条件が「自動付帯」
    手厚い補償金額
    傷害・疾病治療がない-1
    旅行保険機能なし

    例えば、エポスカードの場合は、海外旅行保険が自動付帯されているので、「2」となります。

2019年08月10日

提携カードについて

提携カードについて
  1. - 目次 -
  2. 1 提携カードとは
    1. 1.1 楽天カードは提携カードじゃない!?
  3. 2 提携カードを発行する理由
    1. 2.1 企業側のメリット
      1. 2.1.1 ショッピングインセンティブ
      2. 2.1.2 加盟店手数料の削減
      3. 2.1.3 ユーザーの囲い込み
    2. 2.2 ユーザー側のメリット
      1. 2.2.1 会員割引/特典
      2. 2.2.2 ポイント還元
    3. 2.3 提携カードのデメリット
      1. 2.3.1 企業側のデメリット
      2. 2.3.2 ユーザーのデメリット
  4. 3 提携カードの種類
    1. 3.1 おすすめの提携カード
      1. 3.1.1 MUJIカード
      2. 3.1.2 JR東海エクスプレス・カード
      3. 3.1.3 LOFTカード
  5. 4 まとめ

提携カードとは

この記事では提携カードについて詳しく説明してきます。

  • 提携カードとは、クレジットカード発行会社が、提携先の企業とアライアンスを組み、発行するクレジットカードのことです。

例えば、クレディセゾン(カード発行会社)が、高島屋(提携先企業)とアライアンスを組み、高島屋カード(提携カード)を発行しています。

髙島屋友の会カード

カード発行会社はクレディセゾン以外にも、JCBや三井住友、ニコスなど多数あります。
提携先企業については、無数にあるので、提携カードも(何百枚か何千枚か)無数にあります。

楽天カードは提携カードじゃない!?

楽天カード

楽天カードについては、提携カードではないです。
理由は、楽天カードは楽天カード株式会社が発行しているためです。

提携カードを発行する理由

ビジネスマン

提携カードを発行するメリットは、企業とユーザーのどちらにもありますので、分けて説明します。

企業側のメリット

提携カードを発行する企業のメリットについて説明します。

  • ショッピングインセンティブ
  • 加盟店手数料の削減
  • ユーザーの囲い込み

ショッピングインセンティブ

ユーザーがクレジットカードで支払いをすると、お店からクレジットカード会社は手数料をもらえます。
ユーザーが提携カードで支払いをした場合は、お店からもらう手数料の一部を、提携企業ももらえます。

加盟店手数料の削減

こちらも同様ですが、ユーザーがクレジットカードで支払いをすると、お店からクレジットカード会社へ手数料を支払わないといけません。
ユーザーがその店(提携企業)の提携カードで支払いをした場合は、その店(提携企業)のクレジットカード会社へ手数料が安くなります。

ユーザーの囲い込み

提携カードのユーザーメリットを高くすることで、ユーザーのリピート率が上がります。

ユーザー側のメリット

提携カードを使うとどんなメリットがあるかを説明します。

  • 会員割引/特典
  • ポイント還元

会員割引/特典

提携カードの特約店で、提携カードを使うと、値引きしてくれるお店があります。
例えば、AOYAMAライフマスターカードは、洋服の青山で使うと常時5%に割引になります。
さらに、年に一度金券がもらえたりする特典も付いてきます。

ポイント還元

提携カードがあるお店やサービスは、ポイントサービスがあることが多いです。
例えば、TUTAYAカードの場合は、TUTAYAで使うとポイント還元率がアップします。

提携カードのデメリット

ビジネスマン

メリットばかりの提携カードですが、デメリットもありますので、説明します。

企業側のデメリット

提携カードはスタートするまでに、 かなりの手間および費用がかかることです。
それだけ、手間と時間および費用を掛けても、発行枚数が予想以上に伸びない可能性もあります。

提携カードを発行した後も、カードの管理やマーケティングなどの運営する必要がある為、カード発行数が伸びないと、赤字になる可能性もあります。

ユーザーのデメリット

入会キャンペーンにつられて、提携カードを発行したけど、全然使わなかったパターンはありがちです。
使わないカードを何枚も発行すると、管理ができなくなってしまいます。

結果、年会費がかかるカードや、ポイント有効期限があるカードを放置して、無駄な出費をしてしまうなんてことは、ありがちです。

対策として、カードの整理をして、不要なカードを解約すること。
不必要なカードは申し込まないことが、重要です。

提携カードの種類

提携カードの種類は、何百何千とあり、使い方や特典内容もそれぞれ異なります。
複雑なので、提携カードを大きくカテゴライズして、まとめてみました。

交通機関種類カード
交通機関航空ANAカード、JALカード、Peach Card
電車KOBE PiTaPa、京王パスポート
新幹線エクスプレス・カード
ショッピングコンビニファミマTカード、ポンタカード
百貨店タカシマヤカード、PARCOカード
スーパーウォルマートカード
ネットショップAmazon Mastercard、ベルメゾンメンバーズカード
サービス業ガソリンエネオスカード、出光カード
テーマパークディズニーカード、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン VISAカード
ファンクラブYoshikiカード、YAZAWAカード
ホテルニューオータニクラブ、SPG
ロードサービスJAFカード
金融銀行みずほマイレージクラブカード、りそなカード

全て記載するとキリがないので、一部のみを抜粋しました。
まだまだ、提携カードはありまして、中には「誰が持つの?」と思うくらいマニアックなカードもあります。

おすすめの提携カード

私が使っているおすすめのカードを紹介します。
参考にしてください(^^)

MUJIカード

無印良品によく行くので、作りました。
でも、最近全然行ってないので、解約しようか検討中。

MUJIカード
MUJIカード
年会費ポイント還元率ポイント種類国際ブランド
永年無料0.5%
※無印良品では1.8%
MUJIポイント/永久不滅ポイント
VISAamex
おすすめポイント
①入会時に1000ポイントがもらえる
②無印良品で買い物に関しては永久不滅ポイント3倍(=還元率1.5%)になる
 ※MUJIポイントに換算すると、還元率が1.8%になる。
③永久不滅ポイントからMUJIポイントへの交換率が200P(永久不滅)で1200P(MUJI)になる。

JR東海エクスプレス・カード

大阪と東京を定期的に行ったり来たりするので、作りました!
年会費はかかりますが、かなり便利です。おすすめです!!

JR東海エクスプレス・カード
エクスプレスカード
年会費(税込)ポイント還元率ポイント種類国際ブランド
1,080円0.5%グリーンプログラムポイント
ワンダフルプレゼント21
VISAJCBマスターカード
特典
①グリーンプログラムのポイントが貯まれば、グリーン車に無料でグレードアップ!
②エキスプレス予約がいつでも会員価格で割引される。

LOFTカード

昔作ったのですが、今はほとんど使ってません。
「じゃあ、紹介すんなよ」て感じですね。。。

LOFTカード
loftカード
年会費ポイント還元率ポイント種類国際ブランド
永年無料0.5% 永久不滅ポイント
VISAJCBマスターカードamex
特典
毎月、月末の3DAYS(金・土・日)期間中はロフト店頭商品が5%OFF!

まとめ

提携カードは、使い方によっては、ほんとお得で便利なカードです。
だからといって、あれもこれも申込してしまうと、クレジットカードの枚数が無駄に増えてしまいます。
あるあるなので、当てはまる方は、まずは整理をしましょう!

以上

関連記事