評価について

  • 年会費の安さ、ETCの手数料、家族カードの年会費

    年会費の安さについて評価します。

    条件評価
    年会費無料
    1円 〜 2,000円
    2,001円 〜 20,000円
    20,001円 〜 50,000円
    50,001円以上
    初年度無料+1
    ETC年会費・発行手数料無料+1
    家族カード年会費無料
    (本会員が有料の場合のみ)
    +1
  • ポイント還元率の高さ

    ポイント還元率の高さによって評価を決めています。

    ポイント還元率評価
    2.0%
    1.5% 〜 1.99%
    1.2% 〜 1.49%
    1.0% 〜 1.19%
    0.6% 〜 0.99%
    0.3% 〜 0.59%
    0.3%未満
    ポイントなし
  • 国際ブランドの多様性

    国際ブランドの多様性がどれだけあるかを評価しています。
    1つだけしか選べない場合は「2」、2つの場合は「3」、3つの場合は「4」、4つの場合は「5」としています。

    選べる国際ブランドの数評価
    4つ以上
    3つ
    2つ
    1つ

    例えば、楽天カードの場合、選べる国際ブランドは、「マスターカード」「VISA」「JCB」「アメックス」の4つとなるので、「5」としています。

  • 決済機能の多様性

    「waon」「Edy」などの電子マネー機能や、「Applepay」「googlepay」などのスマホ決済機能の数の多さで評価します。

    決済機能の数評価
    5つ以上
    3〜4つ
    1〜2つ
  • 旅行保険

    無料で付帯されている旅行保険の内容について、加算方式で評価します。

    加算条件評価
    海外旅行保険が付帯+1
    国内旅行保険が付帯
    家族特約が付帯
    航空遅延保険が付帯
    適応条件が「自動付帯」
    手厚い補償金額
    傷害・疾病治療がない-1
    旅行保険機能なし

    例えば、エポスカードの場合は、海外旅行保険が自動付帯されているので、「2」となります。

2019年07月20日

マイルをためる方法

マイルをためる方法
  1. - 目次 -
  2. 1 マイルをためるには?
  3. 2 クレジットカードでたまるマイルについて
    1. 2.1 ANAマイルとJALマイルのどちらがたまりやすい?
      1. 2.1.1 還元率が常時1.5%のカードがある
      2. 2.1.2 ポイント交換で、(高い交換率の)ソラチカルートがある
      3. 2.1.3 アメックス・スカイ・トラベラー・カードがJALマイルに変換できない
    2. 2.1 ANA・JAL以外のマイルもたまる!
  4. 3 クレジットカードを使ってためる
    1. 3.1 カード入会でためる
      1. 2.1.1 入会ボーナス
      2. 2.1.2 継続ボーナス
    2. 3.2 ショッピングマイル
      1. 3.2.1 セゾンビジネスプラチナアメックス
      2. 3.2.2 スターウッド・プリファード・ゲスト・アメックス・カード(SPG)
      3. 3.2.3 アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
      4. 3.2.4 ANA VISAプラチナ プレミアムカード
    3. 3.3 搭乗ボーナス
      1. 3.3.1 入会搭乗ボーナス/毎年初回搭乗ボーナス(JALのみ)
      2. 3.3.2 搭乗ボーナスによる加算
  5. 4 ポイント交換でためる
    1. 4.1 【ANAマイルのみ】Gポイント〜ソラチカルート交換率最大81%!!
      1. 4.1.1 ANA To Me CARD PASMO JCB ソラチカカード
      2. 4.1.2 貯めているポイントをGポイントに変換する
    2. 4.2 JALマイルは交換率は50%!?
  6. 5 マイル還元以外のクレジットカードの利点
    1. 5.1 旅行保険付帯
    2. 5.2 空港ラウンジの利用

マイルをためるには?

マイルをためるスタンダードな方法としては、飛行機に乗ることになりますが、 日常的にクレジットカードを使うだけでも、マイルは結構たまります。

一般の方は、日常的に飛行機に乗る機会なんてそんなに無いので、マイルをためるには、クレジットカードを使うことが一般的です。

この記事ではクレジットカードでマイルをためることにフォーカスして、どれくらいマイルがたまるのか?どのクレジットカードが良いのか?などを説明していきます。

マイラーさんも、この記事を読んで、今一度、自分のクレジットカードがそれで良いのかを見直しましょう。

クレジットカードでたまるマイルについて

マイルをためる上で、JALマイルかANAマイルのどちらを選択するのかが重要です。
両方ためるのは非効率的なので、どちらかに絞ってためましょう。

ANAJAL

ANAマイルとJALマイルのどちらがたまりやすい?

まず、人気なのは、ANAマイルです。

で、どちらが効率的にたまるのかで言うと、ANAマイルの方がたまりやすいです。
その理由について、以下にてまとめます。

  • 還元率が常時1.5%のカードがある。
  • ポイント交換で、(高い交換率の)ソラチカルートがある。
  • アメックス・スカイ・トラベラー・カードがJALマイルに変換できない。

還元率が常時1.5%のカードがある

ANAカードには常時1.5%の還元率のカードがあります。

ANA VISAプラチナ プレミアムカードANAダイナース プレミアムカード

ANA VISAプラチナ プレミアムカード、ANAダイナース プレミアムカードの2枚です。
マイルがたまる点においては最強の以下特徴があります。

  • ANAマイルの還元率が常時1.5%!
  • 年に1度、カード更新ごとに、10,000マイルプレゼント!
  • 搭乗ボーナス50%の加算!

ただし、年会費が、ANA VISAプラチナ プレミアムカードは86,400円、ANAダイナース プレミアムカードは167,400円もします。。プラチナカードとはいえ高すぎる。。。

一方、JALカードは、プラチナカードでも、還元率が1.0%しかなく、最も還元率が高いカードはスターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPG)の1.25%です。

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード

ポイント交換で、(高い交換率の)ソラチカルートがある

こちらについては、下部で説明いたします。

アメックス・スカイ・トラベラー・カードがJALマイルに変換できない

アメックス・スカイ・トラベラー・カードアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード

マイラー向けのマイルがたまりやすいスカイトラベラーは、ANAは交換可能ですが、残念ながら、JALマイルへは交換できません。

ANA・JAL以外のマイルもたまる!

アメックスの発行するSPGやスカイトラベラーは、世界中の航空会社のマイルに交換できます。

  • SPGカードでたまるMarriott Bonvoyポイントは、航空会社は、ANA,JALを含む40社以上へ交換可能
  • スカイトラベラーでたまるリワードポイントは、ANAを含む(JALは含まない)15社へ交換可能

ためるマイルを特定の航空会社に絞らない場合は、Marriott Bonvoyポイントやリワードポイントをためておくと、便利です。 いざ海外渡航の際に、マイルが使える航空会社の選択肢が増えるので、効率良くマイルを使うことができます。

クレジットカードを使ってマイルためる

クレジットカードでたまるパターンを、以下の3パターンに分けてみました。

  • カード入会でためる
  • ショッピングでためる
  • フライトでためる

順に説明していきます。

カード入会でためる

カードを発行時や、年に一度のカード更新時に、マイルがもらえます。

入会ボーナス

クレジットカードを発行すると、入会ボーナスでマイルやポイントがもらえます。
年会費が高いカードだと、10,000マイルも、もらえたりするので、すぐにマイルがたまります。

また、時期によっては入会キャンペーンを実施していることもあります。 通常よりもかなりお得にマイルがもらえることもあるので、良いキャンペーンの場合は、マイル狙いで申込もありです。

注意点として、マイルをもらうためだけに発行してしまうのは、多額の年会費がかかったり、カードの管理が複雑になるので、使わないカードは解約しましょう。

継続ボーナス

年に一度、クレジットカードの年会費の支払いすると、継続ボーナスでマイルやポイントがもらえます。
こちらも、年会費が高いカードだと、10,000マイルも、もらえたりするので、すぐにマイルがたまります。

ANAカードは複数持ちが可能なので、裏技として、以下のカードを複数持ちすることで、 毎年の継続ボーナスを、ガツンと獲得できます。

カード年会費入会・継続ボーナス
ANA JCB 一般カードANA JCB 一般カード2,160円
(初年度無料)
1,000マイル
ANA VISA 一般カードANA VISA 一般カード2,160円
(初年度無料)
1,000マイル
ANA マスター 一般カードANA マスター 一般カード2,160円
(初年度無料)
1,000マイル
ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード2,160円
(初年度無料)
1,000マイル
ANA VISA SuicaカードANA VISA Suicaカード2,160円
(初年度無料)
1,000マイル
ANA VISA nimoca カードANA VISA nimoca カード2,160円
(初年度無料)
1,000マイル

注意点として、同じ国際ブランドの上位カードを持つ場合は、重複できません。

上記のカードを全て継続すると、合計年会費が12,960円で、6,000マイル手に入ります。
6,000マイルですと、ANAではローシーズンの東京〜大阪間の片道チケットが発行できます。
新幹線代とそんなに変わらないですが、良いのか悪いのかは、微妙なところです。。。

かなりのパワープレーですが、どうしても、マイルをためたい方は有りかもですね。

ショッピングマイル

マイルをガンガン貯めたいのであれば、この方法がベストです。
マイル還元率の良いカードであれば、飛行機をあまり乗らない方でも、国内往復分のマイルくらいなら1年くらいで貯まります。

セゾン・ビジネス・プラチナ・アメックス

セゾン・ビジネス・プラチナ・アメックス

ショッピングでJALマイルを貯めるので、おすすめのカードは、セゾン・ビジネス・プラチナ・アメックスです。
良い点は、JALマイルがたまりやすいところと、コスパが良いところです。

  • JALマイルが還元率が常時1.125%!
  • 年会費が年間200万円以上の利用で、半額になる。(21,600円→10,800円)

まず、セゾンマイルクラブ(プラチナは年会費無料)に加入する必要があります。
セゾンマイルクラブの仕組みについて説明します。
加入すれば、ショッピング金額の1.0%(JALマイル)+0.25%(永久不滅ポイント)が、それぞれ還元されます。 永久不滅ポイントをJALマイルに交換する事(交換率は50%)で、JALマイルの還元率を1.125%としております。

年間200万以上使う人に限られますが、この還元率の良さで、この年会費は異常です。
そもそも、JALカードのプラチナよりも、JALマイルの還元率が高いのも異常ですね。。

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPG)

良く海外旅行に行く方に、おすすめなのが、スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPG)となります。
年会費は、33,480円と高いですが、常時、マイルの還元率が1.25%もあります。マイルの種類も世界の航空会社(ANA,JALを含む)40社以上へ交換することが可能です。 さらに、特典として、入会ボーナス、年1度のホテル無料宿泊券など、素晴らしい特典も付いています。

SPGは条件付きにはなりますが、常時1.0%~1.25%還元率のカードになります。
マイルについてもANA,JALだけでなく世界の航空会社へも転換可能です。
還元率は100円でMarriott Bonvoy(MB)ポイントが3ポイント貯まります。
通常は3MBポイントで1マイルと交換ですが、60,000MBポイントでの交換は5000マイルのボーナスがついて、 25,000マイルへと交換です。
このカードの特典として、毎年、世界各地のMB参加ホテルに無料で泊まれます。人数は2名までです。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

スカイトラベラーもおすすめです。
常時還元率が1.0%と高く、入会ボーナスもついてきます。 特徴としては、スカイトラベラーで、航空券を購入すると3%or5%へポイント還元がアップします。
さらに、航空券だけではなく、対象旅行代理店で予約したホテル代、新幹線、フェリーなどの費用も3%or5%の対象となります。 デメリットとしては、JALマイルに交換できない事、ANAマイルに交換するには手数料(5,400円/年)がかかしまいます。

ANA VISAプラチナ プレミアムカード

接待や、経費などで高額な出費をする方におすすめなのが、ANAVISAプラチナです。 年会費は86,400円とかなり高いですが、ANAマイル還元率が常時1.5%もあります。 さらに、毎年毎年初回搭乗ボーナスで、10,000マイルももらえます。 年間、1,000万くらい使う方であれば、それだけでマイルが15万マイルもたまるので、家族三人で、ハワイ往復できます。

搭乗ボーナス

JALカードとANAカードで少し違いがあるので、分けてみます。

  • 入会搭乗ボーナス/毎年初回搭乗ボーナス(JALのみ)
  • 搭乗ボーナス

入会搭乗ボーナス/毎年初回搭乗ボーナス(JALのみ)

入会搭乗ボーナスは、カード入会後初めて搭乗するともらえるボーナスです。 毎年初回搭乗ボーナスは、カード継続で年会費を払ってから、1回目の搭乗でもらえるボーナスです。

ANAの場合は、搭乗しなくても、クレジットカードの入会時と継続にボーナスマイルがもらえます。

搭乗ボーナスによる加算

ANA/JALカードを持っていれば、飛行機に搭乗した時にもらえるフライトマイルに追加で搭乗ボーナスをもらえます。

搭乗ボーナスマイル = フライトマイル(区間基本マイレージ × クラス・運賃倍率) x 搭乗ボーナス(%)

もし、ANA VISAプラチナを持っていれば、1.5倍もマイルがもらえることになります。

ポイント交換でためる

マイルは別のポイントから交換してためることが可能です。
例えば、クレジットカードでためた楽天スーパーポイントや、永久不滅ポイントからマイルへ交換ができます。

SPGのMarriott Bonvoyポイントや、スカイ・トラベラーのリワードポイントもこの事例に当てはまりますが、マイルが貯まるクレジットカードのポイントは例外として、話を進めます。

ポイント交換でマイルをためるにあたり、重要になるのが、交換率です。

例えばですが、三井住友のワールドプレゼントを普通にANAマイルへ交換した場合、交換率は60%になります。
10,000円分のポイントを持っていたとしても、6000マイルとなり、目減りしてしまいます。

実は、違う方法で、ポイント交換することで交換率をあげる裏技があるので、紹介します。

  • 【ANAマイルのみ】Gポイント〜ソラチカルート交換率最大81%!!
  • JALマイルは交換率最高で50%!?

ANAマイルの方が貯めやすい状況です。
方法を以下にて説明します。

【ANAマイルのみ】Gポイント〜ソラチカルート交換率最大81%!!

ANAマイルの場合、ソラチカカードを持っていれば、交換率最大81%でマイルへ変換できます。
以下にて、そのルートをゴールから説明します。

  • 【ANAマイル】★ゴール
    メトロポイントをソラチカカードを利用して、ANAマイルへ変換する。
  • ⬆︎(交換率90%)
  • 【メトロポイント】
    LINEポイントをメトロポイントへ変換する。
  • ⬆︎(交換率90%)
  • 【LINEポイント】
    「G Point」でGポイントをLINEポイントへ変換する。
  • ⬆︎(交換率100%)
  • 【Gポイント】
    貯めているポイントを ポイントサイトの「G Point」のGポイントへ変換する。

手順は上記の通りです。
需要なポイントとしては、ソラチカカードが必要なこと、貯めているポイントをGポイントに変換することです。

まずはソラチカカード の説明をします。

ANA To Me CARD PASMO JCB ソラチカカード

メトロポイントをANAマイルで交換するために、ソラチカカードを申し込む必要があります。

ソラチカカード
ソラチカカード
年会費ポイント還元率ポイント種類国際ブランド
2,160円
(初年度無料)
0.5~1.0%
(※1)

Oki Dokiポイント/メトロポイント/ANAマイル

JCB
良い点
①入会時・継続時に1000マイルもらえる
②搭乗ボーナスが10%
メトロポイントから90%でANAマイルへ変換できる
④1000円ごとに、Oki Dokiポイントが1ポイント貯まる
⑤東京メトロを定期券区間外で利用すると、平日5ポイント・土日休15ポイント貯まる
⑥東京メトロの定期券、売店、自動販売機で利用すると、メトロポイントが貯まる
⑦PASMOと一体型でオートチャージができる
⑧海外旅行保険自動付帯

※1 10マイルコースを選択するとマイル還元率が1.0%になりますが、マイル移行手数料5,400円/年が掛かってします。

ソラチカカードは、上記の通り、メトロポイントから90%でANAマイルへ変換できる点以外でも、普通に便利なカードです。

ダメなところとしては、⑧の海外旅行保険については、傷害・疾病補償が付いていないので、海外で怪我や病気をしても、役に立たない保険です。

貯めているポイントをGポイントに変換する

貯めているポイントをGポイントに変換する事で、Gポイント〜ソラチカルートが完成します。
以下がGポイントへの交換リストです。

    【クレカ系ポイント】
  • ワールドプレゼント(三井住友VISAカード)
    200ポイント → 1,000G
  • Reader's Card ポイント(ジャックスカード)
    1,400ポイント → 1,600G
  • ジャックスラブリィポイント(ジャックスカード)
    1,000ポイント → 1,000G
  • JRキューポ(JQ CARD)
    1,000ポイント → 1,000G
  • LIFEサンクスポイント(ライフカード)
    300ポイント → 1,200G
  • わくわくポイント(セディナ)
    1000ポイント → 800G
  • 【ショッピング系ポイント】
  • マツキヨポイント(マツモトキヨシ)
    500ポイント → 350G
  • 西鉄ホテルグループポイントメンバーズ(西鉄ホテルグループ)
    4000ポイント → 1,000G
  • cecile(ディノス・セシール)
    105ポイント → 100G
  • ウィズ京葉ガス がすたんポイント(京葉ガス)
    300ポイント → 300G
  • エアトリ(エボラブルアジア)
    110エアトリポイント → 100G
  • 【ポイントサイト/モニター系ポイント】
  • モッピー
    300モッピーポイント → 300G
  • マクロミル
    300ポイント → 300G
  • キューモニター(インテージ)
    50ポイント → 50G
  • ちょびリッチ
    1,000ちょびポイント → 500G
  • CLUB Panasonic(パナソニック)
    300コイン → 300G
  • イーツアーポイント(イーツアー)
    2,000ポイント → 1,800G
  • ポイントアプリ【イッカツ】
    5,250ポイント → 500G
  • My GreenStamp(グリーンスタンプ)
    400ポイント → 240G
  • アイリサーチ(ネオマーケティング)
    500ポイント → 500G
  • infoQ(GMOリサーチ)
    1,000ポイント → 1,000G
  • ポケット・ポイント(ポケットカード)
    300ポイント → 900G
  • e-comResearch(情報開発センター)
    500ポイント → 500G
  • あんぱら(イード)
    500ポイント → 350G
  • Tigers-net.com(アイテック阪急阪神)
    100ポイント → 90G
  • ユメアルポイント(ユニコム)
    100ポイント → 100G
  • ビジネスエリートカード(パップ・ザ・セカンドコーポレーション)
    1,000ポイント → 800G
  • なるほどMC.net(クレオ)
    500ポイント → 500G
  • Gamboo(ギャンブー)(日本トーター)
    500Gambooポイント → 500G
  • ポケフル(アイブリッジ)
    5,000PFポイント → 500G
  • アドボンバー
    1ポイント → 1G
  • GetMoney!(インフォニア)
    5,000Pt → 500G
  • ファンくる(ROI)
    5,000Rポイント → 500G
  • ライフメディア(ニフティネクサス)
    500ライフメディアポイント → 500G
  • Point Income(ファイブゲート)
    5,000pt → 500G
  • RealPay(リアルワールド)
    1,000リアル → 100G
  • ナビタイムマイレージ(ナビタイムジャパン)
    100ポイント → 100G
  • ポイントポータル Chance(レオパレス21)
    1,250ポイント → 1,000G
  • i2iポイント(エムフロ)
    5,000ポイント → 500G
  • CAPAT(プラグ)
    300ポイント → 300G
  • エルネ(DNPソーシャルリンク)
    5,000ポイント → 350G
  • やましなポイント(山科区スマートフォンアプリ運営協議会)
    10,000やましなポイント → 100G
  • Manegy マネジー(MS-Japan)
    10500マネジーポイント → 1000G
  • クラス エル(レオパレス21)
    1,250レオマイル → 1,000G

こちらで全部じゃないですが、結構Gポイントに変えれるようです。
残念ながら、メジャーな楽天ポイントなどは、Gポイントに変えられないようです。

貯めているポイントをGポイントに変換できたら、あとは、それをLINEポイントに変換し、 メトロポイントに変換し、そしてANAマイルへ変換するめんどくさい手順で、効率良くポイント変換ができるようになります!

JALマイルは交換率は50%!?

JALマイルの場合は、ポイントサイトのモッピーから80%で交換できますが、かなりめんどくさい条件があります。

  • モッピー公式プリペイドカード「POINT WALLET VISA PREPAID」の申込
  • 「ドリームキャンペーン対象広告」15,000P以上の利用

めんどくさいですね。。
要は、モッピーのユーザーになれという事です。しかも、15000Pは高いです。
クレカを何枚か申し込んだり、FXを申し込んだりしないとだめでしょう。。。
まあそれで、15000円分のポイントも貯まるので、そこまで悪くはないとは思いますが、、

モッピー以外では、基本的に50%の還元率になってしまうので、ポイント交換は、ANAマイルの方が貯めやすいですね。

マイル還元以外のクレジットカードの利点

クレジットカードにはマイルがためる以外にも、旅行者向けの機能が備わってますので、以下にて紹介します。

  • 旅行保険付帯
  • 空港ラウンジの利用

旅行保険付帯

海外旅行先で怪我や伝染病にかかってしまった場合、海外では日本の健康保険は使えないので、 全額実費になり、高額な治療費を請求されることがあります。

また他にも、日本と違い、海外では油断してると、カバンを盗まれたり、運が悪いと強盗にあうこともありえます。

そういった際に、海外旅行保険に入っていれば、治療費や被害にあった金額を保障してくれます。

クレジットカードには、海外旅行保険が無料で付帯されているカードがあります。

カードのランクに比例して、保険の内容も良くなります。
マイルがたまるカードには付帯されているパターンが多いので、保険が付帯されているか確認しましょう。

空港ラウンジの利用

空港ラウンジ

空港ラウンジは、空港での飛行機の待ち時間を、快適に過ごせる会員限定の待合室です。
ゴールドカード以上のランクであれば、ほぼ空港ラウンジが利用可能です。(ヤングゴールドもOK)

以下が空港ラウンジのサービスになります。

  • アルコールを含むドリンク類が、飲み放題。
    (※アルコールが有料になる空港もあります。)
  • 軽食(サンドイッチ、乾き物など)が食べ放題。
  • 無線LAN環境、充電設備が完備されている。
  • 雑誌、新聞が読み放題。
  • シャワールーム
    (※完備されていない場合や、有料の場合もあります。)

出張で使う時は、仕事ができるので、便利です。
トイレが空いてて綺麗なのも、良かったりします。

便利そうなのですが、注意点がありますので、以下にまとめます。

  • 搭乗口から離れていることがある。
  • 制限区外(保安検査前)にあるパターンもある。
  • 同伴者は有料

同伴者は有料となるのは、家族旅行で来てる場合、致命的です。
また、制限区外にあるラウンジに関しては、かなり時間に余裕がないと、使えないですね。

関連記事