評価について

  • 年会費の安さ、ETCの手数料、家族カードの年会費

    年会費の安さについて評価します。

    条件評価
    年会費無料
    1円 〜 2,000円
    2,001円 〜 20,000円
    20,001円 〜 50,000円
    50,001円以上
    初年度無料+1
    ETC年会費・発行手数料無料+1
    家族カード年会費無料
    (本会員が有料の場合のみ)
    +1
  • ポイント還元率の高さ

    ポイント還元率の高さによって評価を決めています。

    ポイント還元率評価
    2.0%
    1.5% 〜 1.99%
    1.2% 〜 1.49%
    1.0% 〜 1.19%
    0.6% 〜 0.99%
    0.3% 〜 0.59%
    0.3%未満
    ポイントなし
  • 国際ブランドの多様性

    国際ブランドの多様性がどれだけあるかを評価しています。
    1つだけしか選べない場合は「2」、2つの場合は「3」、3つの場合は「4」、4つの場合は「5」としています。

    選べる国際ブランドの数評価
    4つ以上
    3つ
    2つ
    1つ

    例えば、楽天カードの場合、選べる国際ブランドは、「マスターカード」「VISA」「JCB」「アメックス」の4つとなるので、「5」としています。

  • 決済機能の多様性

    「waon」「Edy」などの電子マネー機能や、「Applepay」「googlepay」などのスマホ決済機能の数の多さで評価します。

    決済機能の数評価
    5つ以上
    3〜4つ
    1〜2つ
  • 旅行保険

    無料で付帯されている旅行保険の内容について、加算方式で評価します。

    加算条件評価
    海外旅行保険が付帯+1
    国内旅行保険が付帯
    家族特約が付帯
    航空遅延保険が付帯
    適応条件が「自動付帯」
    手厚い補償金額
    傷害・疾病治療がない-1
    旅行保険機能なし

    例えば、エポスカードの場合は、海外旅行保険が自動付帯されているので、「2」となります。

2019年07月21日

マイレージサービスについて

マイレージサービスについて
  1. - 目次 -
  2. 1 マイレージサービスとは
    1. 1.1 LCC(格安航空会社)はマイレージサービスがない!?
    2. 1.2 国内と海外の航空会社の違い
      1. 1.2.1 マイルを譲渡できる
      2. 1.2.2 マイルを購入できる
  3. 2 マイルをためる
  4. 3 マイルをつかう
    1. 3.1 マイルの価値について
    2. 3.2 特典航空券と交換する
    3. 3.3 航空会社のポイントへ交換する
      1. 3.3.1 マイルとの違いについて
      2. 3.3.2 ANA SKYコイン
      3. 3.3.3 e JALポイント
    4. 3.4 どこかにマイル
    5. 3.5 ギフト券、別のポイントへ交換する
  5. 4 まとめ

マイレージサービスとは

飛行機

マイレージサービスとは、世界各国の航空会社が導入しているポイント会員サービスのことです。

  • ANAマイレージクラブ
  • JALマイレージバンク
  • スカイマイル(デルタ航空)
  • AAdvantage(アメリカン航空)
  • フライング・ブルー(エールフランス)
  • クリスフライヤー・マイル(シンガポール航空)
  • プリビレッジ・クラブ(カタール航空)
  • 金鵬倶楽部(海南航空)
  • ロイヤルオーキッドプラス(タイ国際航空)
  • Infinity MileageLands(エバー航空)

導入することにより、顧客のリピート率が上がるため、各航空会社独自のマイレージサービスを提供しています。

1981年5月1日に、アメリカン航空がマイレージサービスの「AAdvantage」を世界で初めて導入しました。
結果、低迷していた業績が改善され、施策として成功しました。
この成功をきっかけに、世界中の航空会社にマイレージサービスが取り入れられるようになりました。

マイレージサービスは、単純にポイント会員サービスのことですから、 今では、リピート率を上げる為のマーケティングの基本ですね。

LCC(格安航空会社)はマイレージサービスがない!?

LCCは、Low-cost carrierの略で、格安航空会社のことです。

上記で、どこの航空会社もマイレージサービスあるみたいに書きましたが、 実は、LCCにはマイレージサービスがないところもあります。

LCCのマイレージサービスについてまとめてみます。

LCCマイレージサービスコードシェア
スカイマークスカイマークなしなし
ジェットスタージェットスターなしJAL・カンタス航空
エア・ドゥエア・ドゥDOマイルANA
ピーチピーチピーチポイントANA
エアアジア・ジャパンエアアジア・ジャパンエアアジアBIGエアアジア
スターフライヤースターフライヤーSTAR LINKANA
スプリング・ジャパンスプリング・ジャパンスプリングパス春秋航空
ソラシドエアソラシドエアソラシドスマイルクラブANA
アイベックスアイベックスなしANA・ユナイテッド航空
フジドリームフジドリームなしJAL

LCCには、値段を安くするために、マイレージサービスを導入しないパターンが多いです。
その分、低価格で提供できるので、マイレージサービスが無くても、ユーザーが集まります。

ピーチにおいては、マイレージサービスというよりは、ポイントサービスに近いサービスです。

通常、マイルを貯めるには、区間マイル(距離)によって貯まるマイル数が決まりますが、ピーチの場合は、航空券の金額の1%となっています。

国内と海外の航空会社の違い

国内のJAL,ANAと、海外の航空会社のマイレージサービスに違いがあるので、説明します。

  • マイルを譲渡できる
  • マイルを購入できる

マイルを譲渡できる

海外の航空会社(デルタ、ハワイアン航空など)は、自分がためたマイルを誰かに送ることができます。
その分、手数料はかかってしまいます。

マイルを購入できる

海外の航空会社(デルタ、ハワイアン航空など)は、直接航空会社からマイルを購入することが可能です。
マイルを使って予約するときに、あとちょっと足りなかったりすると、購入できると便利です。
その分、値段は安くはないです。

海外の航空会社の方が、自由度が高く便利ですね!
日本もマイルを譲渡できたり、購入できれば良いのですが、、

マイルをためる

マイルをためるには、以下の方法があります。

  • 飛行機に乗ってためる
  • クレジットカードで貯める
  • 貯まってるポイントをマイルに交換する
  • マイルを購入する

こちらの説明については、以下の記事で詳しく記載してますので、チェックしてください。

マイルをつかう

飛行機

たまったマイルの使い道は、たくさんあります。
どの使い道が良いか、まとめてみました。

マイルの価値について

マイルを使う上で、大切なのが、マイルの価値についてです。
マイルの使い方によって、そのマイルの価値が変わります。

なので、この記事では、マイルの使い方として、使い方によるマイルの価値を重視して説明します。

  • 特典航空券と交換する
  • 航空会社のポイントへ交換する
  • どこかにマイル
  • ギフト券、別のポイントへ交換する

特典航空券と交換する

マイルの使い方として、1番ポピュラーな使い道が、特典航空券にすることです。
この使い方が、マイルの価値を高める最もお得な使い方になります。

以下の表にて、マイルの価値について、事例を並べてみました。
参考になると思います。

航空会社往復区間 br (東京発着)クラス必要マイル数別途税金等通常料金マイルの価値
ANA大阪エコノミー(バリュー)10,000~15,000-26,500円1.8円~2.2円
エコノミー10,000~15,000-51,500円3.4円~5.2円
JAL沖縄エコノミー(特割)12,000~15,000-58,520円3.9円~4.9円
エコノミー12,000~15,000-83,220円5.5円~6.9円
ANAハワイエコノミー40,00022,320円97,810円1.8円
ビジネス65,00022,320円282,810円4.0円
ファースト120,00022,320円1,523,810円12.5円

表を見ていただいて、わかると思いますが、マイルの価値は、ビジネスクラスやファーストクラスになれば、高まることがわかります。

ハワイのビジネスクラスなんかは、通常運賃では、エコノミークラスの3倍も差があるのですが、マイルでは、1.5倍ほどです。
ビジネスクラスやファーストクラスはマイルだとかなりお得ですね。

航空会社のポイントへ交換する

JAL,ANAはマイレージサービス以外にも、ポイントサービスも行なっています。

  • ANA SKYコイン
  • e JALポイント

マイルとの違いについて

主な違いは、1ポイント=1円として、利用できるところです。

また、貯め方についても、違いがあります。
主な貯め方としては、2パターンありまして、マイルからの交換、別のポイントからの交換です。

マイルからの交換の場合は、ロット数によって、交換率が上がります。

ANA SKYコイン

マイルからの交換の場合は、ロット数、ANAのランクなどによって変動します。
最大で、交換率が1.7倍(1マイル=1.7SKYコイン)まで上がります。
詳しくはこちら(ANA SKYコイン)

e JALポイント

マイルからの交換の場合は、5000マイル単位で交換できます。

  • 5,000マイル=5,000ポイント(5,000円相当)
  • 10,000マイル=15,000ポイント(15,000円相当)

10,000マイルの場合、1.5倍になるので、お得です。
詳しくはこちら(e JALポイント)

どこかにマイル

宮島

JALのどこかにマイルのサービスは、とてもお得プランなので、紹介します。

6,000マイルで国内線の往復ができる、とってもお得なプランです。
ただし、行き先は選ぶことが出来ません。申し込み時に4ヶ所の空港が提案されて、三日以内にJALより、行き先の通知が入ります。

地方出身の方などは、ただの帰郷になりかねないので、ドキドキします。
また、発着の空港が東京(羽田)、大阪(伊丹)に限られてしまいます。

マイルもとっても、お得ですし、たまにはこういった旅も楽しいかも!?

ギフト券、別のポイントへ交換する

JAL,ANAのマイルは、楽天スーパーポイントやWAONポイントなどに、1マイル=1ポイント以上で、交換が可能です。

まとめ

マイルを賢く貯めて、お得に使いましょう!

以上

関連記事